HEADLINE

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- | CM(-) | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上条「……まずは、その幻想をぶち殺す!」 マサル「どれ?」

2010/12/29 19:33 | CM(3) | とある SS
1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/12/29(水) 00:56:16.17 ID:XlEQIca10
上条「……え?」

マサル「どれ?」

上条「(幻想が)増えてるーーーっ!?」ガビーン!

フーミン「ちょっとマサルくん、空気読もうよ!」

マサル「そうだぞ! アフロ?くん!」

アフロ?くん「僕ですかー!? しかもまた疑問系ー!?」

マチャ彦「ええい、話が進まんじゃないか! よし、おれが、」

マサル「こうなったら仕方が無い! ……セクシーコマンドーで決着をつけよう!」


6 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/12/29(水) 01:01:40.80 ID:1wQTq7uq0
黒子はきっといいセクシーコマンドー使いになれる


9 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/12/29(水) 01:09:08.37 ID:XlEQIca10
上条「え? セクシー……何だって?」

フーミン「ほら、知らないよ普通の人は」

マサル「セクシーコマンドーを知らないだと? ちゃんちゃらおかしいぜ」

アフロ?くん「鼻で笑っちゃいますね」

マチャ彦「みんな、そんな言い方は止せよ……、可哀相じゃないか」

上条「なんか哀れまれてる? なんなのこいつら!」

インデックス「とうま! 彼らはセクシーメイトなんだよ!」

上条「インデックス! 知ってるのか!?」

インデックス「10万3000冊の魔道書の一冊に、セクシーコマンドーの事が書いてあるんだよ!」

上条「って事は魔術なのか、セクシー何とかってのは? それなら俺の右手で!」

インデックス「あ、とうま!」

 ピキーン! サアアアァァ

マサル「エリーゼの憂鬱……!」

上条「んなっ……!?」

マサル「リアル・ゲコタ・キモチワルイ!」

10 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/12/29(水) 01:17:21.68 ID:XlEQIca10
 ドグシャアッ!

上条「ぐっ、まるで動きが見えなかった……。
    こんな奴は初めてだ……上条さんの戦った中で一番の強敵かもしれない……。
    しかし次は違う、上条さんは殺してみせるぜ、そのふざけた幻想をな……」

 ズズ……ン

インデックス「とうまーーーっ!」

マサル「ふぅ、良い汗かいた。次は額に書く番だな」キュポ

フーミン(ああ、また書くんだ……)

マサル「何書こうかな」コツコツ

インデックス「うんこにするんだよ、うんこ!」

マチャ彦「女の子がうんこ言うな!」

アフロ?くん「大便と言うべきですよね、ドゥフフ……」

マサル「ふんふふ~ん♪」キュキュキュー

フーミン「マサルくん、そろそろジャッジメントが来ちゃうよ!?」

マサル「何い? 書きかけだが仕方が無い、後は君に頼んだ」

インデックス「任せてほしいんだよ!」

13 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/12/29(水) 01:36:02.20 ID:XlEQIca10
…………

上条「……はっ!」

インデックス「とうま! 気がついたんだね!」プークスクス

上条「奴らは?」

インデックス「逃げてったんだよ」クスクス

上条「そうか……」

黒子「連絡を受けて駆けつけて来たのですが……遅かったようですわね」プークスクス

上条「白井か……。済まない、奴らを止められなかった」

黒子「一人で出来る事には限界がありますわ。お気になさらないように」クスクス

上条(何でこいつら笑ってるんだ?)

14 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/12/29(水) 01:38:54.30 ID:RonO52hMI
漫画が思い出せない

15 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/12/29(水) 01:40:34.81 ID:XlEQIca10
 タッタッタッ

美琴「黒子! あいつらは!? ……って何よその顔ーーーっ!」

上条「え? 何が?」

美琴「顔にいっぱい、うんこ描かれてるーーーっ!」

上条「何だってーーーっ!」ガビーン!

美琴「ここまで来ると笑えるわ!」ゲラゲラ

上条「人の不幸を笑うなーーーっ!」

美琴「だって、だって……」ゲラゲラゲラゲラ

初春「笑い事じゃありませんよ、御坂さん」プックスクス

美琴「初春さん?」

初春「佐天さんが……佐天さんが、同じような目に……」クスクス

美琴「佐天さんが!?」

初春「うんこじゃなくて……肉って文字が……しかも間違えたのか、何ヶ所も……」ゲラゲラ

上条「あいつら……好き放題やりやがるな……」

17 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/12/29(水) 01:48:04.21 ID:XlEQIca10
上条「とにかく、俺たちの出来る事を考えよう」

美琴「じゃ、顔を洗えば?」クスクス

インデックス「そのままじゃ放送事故なんだよ」クスクス

黒子「そうですわね」クスクス

初春「『上条当麻の顔がうんこなう』っと……」ゲラゲラ

上条「くっ、不幸だ……」


――

一方通行「散歩もたまにはいいもンだなァ」

打ち止め「貴方とお散歩楽しいなって、ミサカはミサカはるんるん気分で言ってみる!」

 ドンッ!

一方通行「っ痛……。おい、ぶつかっといて謝罪も無しですかァ、コラ?」

マサル「ん……ああ……サムソンがどうしたって?」

一方通行「意味不明な事、喋ってンじゃねえよ! 謝れってンだよ!」

フーミン「マ、マサルくん、謝りなよ」

マサル「断る!」

18 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/12/29(水) 01:59:22.75 ID:XlEQIca10
一方通行「へえ……面白い事言ってくれるじゃねえか」

マサル「面白くなるのはこれからさ……」

一方通行「どう面白くなるのかなァ? この学園都市第一位の俺相手にさァ!」

マサル「隣の空き地に囲いが出来たそうだ……」

一方通行「ンァ?」

マサル「それを聞いてオレは思った……」

フーミン(小噺で面白くするのーーーっ!?)

マサル「カッコイイってね」クスクス

一方通行「……舐めてンだな舐めてンですねこの俺を一方通行を、あァ?」

マサル「それはこっちのセリフだ!」

一方通行「何ィ?」

マサル「そんなおかしな服を着て……恥ずかしくないのか君は!」

フーミン「鏡見てから言って!?」

一方通行「そォかいそォかい、おかしな服かい……。

       お前、お家に歩いて帰れると思うなよォ?」


19 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/12/29(水) 02:10:52.91 ID:XlEQIca10
マサル「何だと……」

一方通行「今更、後悔したって遅ェンだよ」

マサル「なら、オレはバイクで家に帰るとするぜ!」

フーミン「意味が違うから!」ガビーン!

一方通行「とことン馬鹿にしてくれるじゃねェか? ……いっぺん死ンどけ、コラァ!」

 キィィィィン! ガッ! ドガガガガッ!

フーミン「うわあっ! アスファルトがめくれ上がって……マサルくーーーん!」

マサル「平気さ、フーミン」

一方通行「ンなっ!? いつの間に後ろに!?」

マサル「忍法、身代わりの術……!」

 → キン消し

フーミン「だからそれ、意味が無いから!」ガビーン!

一方通行「畜生、とことンとことン馬鹿にしてくれる……いいぜ、見せてやるよ第一位の最強(強さ)をなァ!
       てめェら骨も残さねェから覚悟しやがれ!」

マサル「望むところだ!」

一方通行「望むのかよ」ガビーン!

20 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/12/29(水) 02:23:02.46 ID:XlEQIca10
 ~ 省略 ~

一方通行「反射が……効かねェ、だと……」グフッ

マサル「効いたさ。……オレの心には、な」

一方通行「へっ、言うじゃねェか……」

マサル「ほら、立ちたまえ」スッ

一方通行「……ありがとよ」ガシッ

打ち止め「もう、いいの? ってミサカはミサカは首を傾げてみたり」

一方通行「あァ……帰ェるぞ。じゃあな、ステキカットさンよ」

マサル「さよなら、ウルトラマン」

――

一方通行「……手ェ握った時に、ガムをつけられるとはな。あんな奴、初めてだぜ」

――

マサル「初めてだ。道路標識を、手につけられるとは」

フーミン「大きすぎるよ! 普通、気がつくでしょ! どこから持ってきたの彼!」ガビーン!

21 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/12/29(水) 02:23:53.27 ID:45yUR99/P
ダメだ面白い

23 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/12/29(水) 02:40:15.38 ID:XlEQIca10
――

上条「……何で消えないんだ、この落書きは」

黒子「特殊なインクですの。一週間は消えませんわね」クスクス

美琴「ま、まあ仕方ないじゃない。大事なのは、あいつらを何とかする事よ!」

上条「……だな。こんな落書き、アレに比べればただの悪戯だ」

初春「そう、ですね。このままでは学園都市自体が危ないです」クスクス

黒子「彼らの使う、セクシーコマンドーという技がキーですわね」クスクス

インデックス「わたしは知ってるんだよ! 敵の情報を知るのは戦略的に大いにありなんだよ!」クスクス

上条「よし、インデックス。教えてくれ、セクシーコマンドーってやつを」

黒子「何やら卑猥な響きですが……必要な事ですし」クスクス

美琴「電撃も、あの男には通じなかった。なら、同じ技を使えば……」プリプリ

インデックス「それじゃあ説明するね……」クスクス

 インデックスの講義は三日三晩続いた。
 想像を絶するその内容、そして技の練習に不眠不休で全員が耐え抜き、
 とうとう三人はセクシーコマンドーを習得してしまった。

初春「私は辞退しましたよ? だって馬鹿みたいで恥ずかしいじゃないですか」クスクス

29 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/12/29(水) 02:57:36.95 ID:XlEQIca10
――

マサル「学園都市ってこんなもんか。意外と普通だな」

マチャ彦「キャシャリンが清掃ロボに吸い込まれてから、もう三日か……」

アフロ?くん「あの男にやられた僕のアフロは、既に新毛が生えてきましたし」

フーミン「そういえばモエモエは?」

マサル「ん? ここに来た時に、知り合いがいるからって別行動をとってるじゃないか」

フーミン「そうだったっけ? まあ、メソくんが一緒だから心配は……」

マチャ彦「……」

アフロ?くん「……」

フー・マチャ・アフロ「モエモエを探そう!」

マサル「いきなりどうした君たち?
     まあ、探すんならそれもいいさ。歌いながらぶらり途中下車するのも良し!」

――

モエモエ「そうなんですよー、もうヒゲが好評で!」

冥土帰し「うんうん。お父さんの血なのかなぁ、君の作るヒゲは一級品だよ」

モエモエ「あの、それで……例の薬は完成したんですか?」

30 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/12/29(水) 03:13:56.73 ID:XlEQIca10
冥土帰し「……ああ。しかし、本当にいいのかい?」

モエモエ「はい。……どうしても、必要なんです」

冥土帰し「この瓶に入っているよ。だけどくれぐれも扱いには注意してほしい」

モエモエ「もちろんです。おかしな事には使いませ……あっ」

 ポロッ パリーーーン!

メソ「モキュ? モキュモキュ」ペロペロ

モエモエ「メ、メソくん、ダメだよーーーっ!」

冥土帰し「……いかん! すぐにここから避難するんだ!」
      僕が何とか食い止めておく! ここには動かせない患者が大勢いるんだ!」

モエモエ「でも、あたしのせいで! 一人だけ逃げるなんてできません!」

冥土帰し「君のせいじゃないよ。不幸な事故だったんだ。それより早く……」

メソ「モキュ?」キュウ?

冥土帰し「……行ったか」

メソ「モ……モキュ、キュキュキュ……キュレ、キレ、キテレツ……」

 ミチミチ……ピキピキ……グキュグキュリ……

冥土帰し「やはり……変化、いや、進化が始まるというのか?」

32 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/12/29(水) 03:25:19.65 ID:WqX+FDGvO
キャシャリンいないと思ったら扱いひでぇwww

是非続けてくれたまえ

33 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/12/29(水) 03:37:29.96 ID:j0ZeotCtO
これはおもしれぇ

35 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/12/29(水) 04:21:44.40 ID:XlEQIca10
――

上条「この三日間、ありとあらゆるシミュレーションを重ね特訓をした。
    奴らの被害者たちの為にも、負けられないな」

美琴「そうね。たっぷり懲らしめてやらなくちゃね。
    ……落書き、消えないわね」プスプス

黒子「ジャッジメントとして、一人の乙女として……負けるわけにはいきませんの」クスクス


初春(皆さん、頑張ってください! 私は物陰から応援してますからね!)ゲラゲラ


上条「さて、まずは奴らを見つけないと話にならない訳だが」

黒子「初春はどこですの? 
    学園都市の監視カメラで見つけられるはずですのに」

美琴「ん? ねえ、病院の方から、何か聞こえる!」

 ズズズ…… キャー! ギャー! タスケテー! ナマステー!

上・美・黒( 絶 対 い る !)

上条「行こう!」

美琴「ええ!」

黒子「エ、エ、エクスタシ~ですの!」

36 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/12/29(水) 04:33:04.10 ID:XlEQIca10
――

マサル「すいません、肉じゃがください」

フーミン「マサルくん、買い食いしている場合じゃないよ! モエモエを探さないと!」

マチャ彦「そうだぞ、モエモエの身に何かあったら大変だ」

アフロ?くん「正直、妄想だけで辛抱たまりませんぞ」

 ズズズ…… ウッフ~ン アッハッ~ン イヤン バカン ソコハダメヨン

フー・マチャ・アフロ「 多 分 あ っ ち だ !」

 ワサワサワサワサワサワサ

マサル「ま、待てよぅ僕の君たちぃ! 全くしょうがないなぁ」

クレープ屋店員「あの、肉じゃがクレープ出来ましたけど」

マサル「どうも。お釣りは取っておきたまえ」チャリン

クレープ屋店員「お客様、金額が足りませんが……お客様?」

 シーン

クレープ屋店員「……もういないよ。まあ良く頑張ったよ私は、うん」

店長「キミ……ク☆ビ♪」

37 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/12/29(水) 04:43:45.72 ID:XlEQIca10
――

冥土帰し「むむ……何なんだこの生き物は!」

ドーピング・コンメソ「モギュ……モギュ……」

冥土帰し「でかい……なんか触手が生えたし……ヒゲがもっさりしてて……」

ドーピング・コンメソ「モギュ?」

冥土帰し「いいね!」キュピーン!

 ゴッ!

患者A「先生! せんせーいっ!」

患者B「ダメだ、とても幸せそうな顔で気絶している……」

患者A「このまんまやったらボクらもやられてしまうな」

患者B「糞っ、この足が動けば……。無理か。もうダメだ……」

患者A「諦める事はあらへんよ」

患者B「どうしてあんたは笑ってられるんだ!」

患者A「それはやな……こういう時には、必ず助けにくる男を知ってるからや」

38 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/12/29(水) 04:51:05.89 ID:XlEQIca10
サトル「そんな事は、させないぞ!」

患者A「ほら、来よった……って誰!? あのオッサン、誰やのん!?」

患者B「こっちが聞きたいよ!」

サトル「キミたち……怪我なら学校でも治せるだろう?」

患者A「何言うとんの、このオッサン」

サトル「いい加減になさい!」

 バキィッ!

患者B「あ、あわわ……」

サトル「ふむ……あのもっさりした奴を何とかするのが先か。
     サトル・ミューティレーション!」

 キュィィィィン!

患者B「き、消えた? テレポート能力者なのか?」


ドーピング・コンメソ「モギュ?」

サトル「ただ今、参上!」ハアッ、ハアッ、ハアッ、ハアッ、


患者B「息、切れてるーーーっ! 走ったのかーーーっ!?」

39 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/12/29(水) 05:01:04.40 ID:XlEQIca10
サトル「ぬぅん……、でかいな。そしてもっさりとしている」

ドーピング・コンメソ「モギュ、モギュ……」


マサル「と、父さん!?」

サトル「ん? マサルか!」

フーミン「何でおじさんが学園都市に!?」

マサル「……コマネチ、だね。父さん」

サトル「ああ、コマネチだ! ムハハ!」ムハハ!

マチャ・アフロ(意味が分からーん!)ガビーン!


マサル「しかし、アレはもしかしてメソ……」

フーミン「そうだよ、メソくんだよ!」

マチャ彦「どうすりゃいいんだ、あんなでっかいの……」

アフロ?くん「僕の計算では、いくらマサルさんと言えど敵いっこありません! 無謀極まりないですぞ!」

フーミン「それに、倒すにもメソくんだし……」

マサル「……野郎、大事な青ヒゲ様を変な所に無駄生やししまくりやがって……。
     こてんぱんにのしてやる!」

40 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/12/29(水) 05:14:14.31 ID:XlEQIca10
フーミン「待ってよ、マサルくん! 幾らマサルくんと言えど、無茶だよ!」

マサル「フーミン、マチャ彦、アフロ?くん……こんな言葉を知ってるかい?

     『男なら……紳士服』」

マチャ彦「くっ……いや、流石に流されんぞ!」


上条「……良い事言うじゃないか、マサル、だっけか」

マサル「キミは……セクシーコマンドー大会で出会った、あの時の!」

上条「いや、そんなの知らないです」

フーミン「ほら、学園都市に来た日にアレをして、
      彼に見つけられて喧嘩をふっかけられたの忘れたの? マサルくん!」

上条「アレは、確かに許される事じゃないさ。だけど……、
    お前たちはあの怪物を何とかしようとしていたんだろ?
    これ以上、被害が及ばないように倒そうとしていたんだろ?
    だったら俺は、お前たちと共闘する」

美琴「ちょっとあんた!」

上条「『男なら……紳士服』か。忘れかけていた何かを、思い出させてくれたような気分だぜ!」

マサル「ふっ……少し見ない間に、たくましく、そしてわんぱくに育ったようだな」

黒子「うう……ちょっと分かる自分が恨めしいですの……」

42 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/12/29(水) 05:38:54.83 ID:XlEQIca10
上条「あの馬鹿みたいに大きな怪物……。
    おおかた、学園都市の、何かの実験の産物だろうが、俺たちとお前たちが組めば、倒せるかもしれない。
    昨日の敵は今日の友って言葉もある。
    そしてこの三日間で俺たちは強くなった。
    ……一緒に、やってみないか?」

マサル「良い面構えだ。よーし、思い切って……やっちゃおうかな♪」

美琴「冷蔵庫を買うかのようにーーーっ!」ガビーン!

サトル「ふむ、友情だな。父さんは、あっちで見学させてもらう! しっかりやれよ、マサル!」

マサル「グッドラック!」

 シュィィィィィィン!

ドーピング・コンメソ「モギュ~モギュ~」

 ムシャリ ムシャリ

マチャ彦「ビルを……喰ってる!?」

マサル「中身なら、人も喰ってただろうな」

フー・マチャ・アフロ(ありえるーーーっ!)ガビーン!

上条「ん? お前たち、あの怪物知ってるのか?」

マサル「あんなふざけた所にヒゲを無駄生やししている奴は知らん!」

43 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/12/29(水) 05:41:43.95 ID:XlEQIca10
上条「さぁて……やれるだけ、やってみますか」

マサル「俺も、本気を出すか」スッ

 ゴトンッ ゴトンッ

黒子「な、何ですの、この輪っか……凄く重いですの!」

美琴「というか髪の毛がしゅるる~って! しゅるる~って!」

マサル「それは俺のチャームポイントだ」

上条「ビリビリと白井は、ここで待機していてくれ。あの怪物は、俺とマサルで倒す」

美琴「そんな! あたしたちだって特訓したのに!」

44 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/12/29(水) 05:49:47.92 ID:XlEQIca10
黒子「……お姉さま。シスターの人が言っていました。
    セクシーな人がセクシーコマンドーをやるのは、カフェオレにミルクを入れるような事だ、と。
    わたくしたちでは、セクシーコマンドーにかけてはお二人の足を引っ張るばかりですの」

美琴「そんな……。分かったわよ、でも。……ちゃ、ちゃんと帰ってきなさいよ?」

上条「ビリビリ……。ああ、勿論だ!」

マチャ彦「俺たちは見学してようか」

フーミン「うん……正直、無理だよね」

アフロ?くん「君子、危うきに近寄らず……ですね」


初春(腰抜けですね、この人たち……)

――

打ち止め「どこかに行くの? ってミサカはミサカはついて行こうとする!」

一方通行「邪魔だクソガキィ……てめえは大人しく、ここに居ろ」

打ち止め「ええ~! ってミサカはミサカは駄々をこねて貴方を困らせてみる!」

一方通行「困るのが分かってンなら、言うなってンだよ……。アイツが『戦る』予感がすンだよ」

打ち止め「助けに行くの、ってミサカはミサカは……」

一方通行「ガムの礼、言うの忘れてたからよォ……美味かったって、一言、言って来らァ」

49 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/12/29(水) 06:09:32.39 ID:XlEQIca10
――

マサル「キミ、セクシーコマンドーはどこまで習ったんだ?」

上条「? 基本は一通り」

マサル「そうか。キミはグローバルパートナークラスだな」

上条「階級なんて知らねえよ」

マサル「ふふ……面白くなってきた」

上条「こっちはビビリまくってるんですけど」

マサル「俺が囮になる。げろしゃぶ、キミが止めを刺せ」

上条「げろしゃぶって俺の事!? 変なあだ名つけんな!」

マサル「変……? 失礼な奴だな、人がせっかく考えたあだ名を!」

上条「ああ、もう、げろしゃぶでいいから! 早くしないと被害が大きくなる!」

マサル「分かった……行くぞっ!

     48の前フリ技その23『夏★しちゃってるBoy』!!!」

ドーピング・コンメソ「モ、モギュ!?」

上条「今だ! 必殺『その幻想をぶち殺す!』!!!」

50 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/12/29(水) 06:17:46.29 ID:XlEQIca10
 ド……ズズ……ンン……

上条「良しっ、決まった!」

マサル「いやっ……メソが倒れる方向を見るんだっ!」

上条「ああっ! 安全な所に避難しているみんなが下敷きになるぞっ!」


フーミン「うわああああああああああああああああっ!!!」

マチャ彦「お、男は慌てず騒がず避難するっ!!!」

アフロ?くん「避難する時は、ええとええと……」

美琴「学生証を忘れずに!!!」

黒子「縦笛もですの!!!」

初春「死ぬのは嫌、死ぬのは嫌、死ぬのは、いやああああああっ!!!」


 キィィィィィィィィィィィィィィィィィンッ!

上条「怪物が、倒れない……?」

マサル「お前は!」


一方通行「はァい、ここから先、地面までは通行禁止だぜェ?」

51 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/12/29(水) 06:37:22.17 ID:XlEQIca10
――

マサル「ぴんひょろ。お前に助けられたな」

一方通行「(ぴんひょろ?)ガムのお返しだァ。気にすンな」

フーミン「食べたのーーーっ!?」ガビーン

マサル「道路標識も、高値で売れたぞ」キュピィーン!

フーミン「売っちゃったのーーーっ!?」ガビーン!

上条「何だか分かんないけど、助かったぜ」

一方通行「三下ァ……お前、また強くなりやがったなァ?」

マサル「彼は強いさ。大腸の具合が」

一方通行「流石はヒーロー様、って訳か。嫌んなるねェ、全く」

上条「お前だってヒーローだろ?」

一方通行「あァン?」

マサル「確かに。ここぞという時に現れる……。ヒーローの生き様だ」


サトル「若者はいい。素直に自分を出せるのだからな。
     私のように年を取ると、ついつい出遅れてしまう……うっかり寝てただけだがな! ムハハ!」

52 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/12/29(水) 06:40:49.65 ID:XlEQIca10
――

モエモエ「ああ、メソくん……大丈夫?」

メソ「モキュー♪」

冥土帰し「薬は少し舐めただけだったからね。効果も逆で、時間も短かったんだ」

マチャ彦「薬?」

モエモエ「な、何でもないの! 本当に何でもないの!」

アフロ?くん「まさか、モエモエすぁん。また、痩せ薬では……?」

モエモエ「うっ……だって、だって! 甘いものが美味しくて美味しくて、このままじゃ……!」

黒子「その乙女心は、よぉく分かりますのよ」

ガリガリに痩せ細り清掃ロボの上に乗り回転しながら現れた男「待った!」

フーミン「キ、キミは!」

キャシャリン「痩せるって事がどういう事か、分かっているのか!」

全員(凄い説得力だーーーっ!!!)ガビーン!

モエモエ「ゴメン、みんな……。あたし、また間違えちゃうとこだった」

キャシャリン(僕もまた、間違っていた……!
         でも、そのお陰で、この清掃ロボから骨の間接を外して抜け出る事が出来たんだから……まあ、良し!)

54 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/12/29(水) 06:54:44.13 ID:XlEQIca10
――

上条「行ってしまうのか」

マサル「ああ。ヨロシク仮面の録画が溜まってるはずなんでな」

美琴「今度は、あたしたちがわかめ高校に遊びに行きたいわね」

マチャ彦「案内は任せてくれ! 伊達に何度も留年はしてないからね!」

フーミン「そういえばマチャ彦って成人してるんだよね……」

マチャ彦「……言うなよ、凹むから」ズズーン

黒子「ま、まあ人生色々ありますわよ。……ねえ、初春?」

初春「ぬっふぇっ! 何で隠れてるのが分かったんですか!?」

黒子「わたくしの空間把握能力を甘くみないでほしいですわね。
    後ほどじっくりと、セクシーコマンドー+ジャッジメントの格闘術でお仕置きしてさし上げますの」

初春「し、白井さ~ん」ガクブルガクブル

アフロ?くん「……せっかく学園都市に来たのに、女子と仲良くなれなかったっスね」

キャシャリン「僕はほぼ三日間、清掃ロボの中にいたよ、ハハ……」

モエモエ「二人ともどうしたの? さ、帰ろうよ!」

アフロ・キャシャ「は~い」

55 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/12/29(水) 07:23:28.29 ID:XlEQIca10
 それからしばらくの時が過ぎた。
 学園都市内で新たな格闘技が流行し、風紀を乱すという理由で、禁止令が発令された。
 しかし、それでも続ける者が続出した為、学園都市での公式認定が成された。
 その格闘技の名は「セクシーコマンドー」。
 外の世界では、変わり者のする事だという認識が強く、更にマイナーなものなのだが、
 外界と隔離された封鎖的な状態の学園都市では、メジャーなものへと認識されるようになった。
 翌年の大覇星祭では公式種目として各校が代表を選出し、トーナメントを行い、
 優勝チームは学園外で「全国セクシーコマンドーフェスティバル」への参加が許され、
 その様子は衛星中継で見る事ができる事となる。

 主な指導者として、学園外の人物である少女が、インストラクターとして選ばれた事も、異例と言えよう。

 セクシーコマンドーが流行する少し前に、それに関連した事件が何件か起こったとされているが、
 公式な発表はされていない。

――

土御門「……花中島マサル。最初の事件で、あんな事をしでかしたのに無罪放免なのか」

アレイスター「……」

土御門「黙して語らず、か。何を考えているのやら」

 カッ カッ カッ……

アレイスター(……あんな理解不能な原石、どう扱っていいのやら分かないだろう。
         しかし、学園都市、そして彼らに与えた影響は大きい。
         それが吉と出るか凶と出るかは――彼ら次第なのかも知れない)

  -End-

56 南部十四朗 ◆pTqMLhEhmY :2010/12/29(水) 07:24:55.93 ID:XlEQIca10
 つ、疲れた……。
 完徹してしまいました。まあ、眠れなかったから書き始めたんですけど。
 ええと、出して忘れたキャラはいなかったはず、です。
 「すごいよ!マサルさん」は自分の思い出の作品でもあります。
 コミックスどこにいったか分からないので、思い出しつつ。
 上手く絡めたかどうか。
 読んで下さった方、ありがとうございました。

60 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/12/29(水) 07:34:34.41 ID:Vpv4Z8QJO
とある全く知らない俺を読ませるとは・・・大した>>1

64 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/12/29(水) 09:20:53.99 ID:TQDWUhUvO
南部だったのかwwww

65 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/12/29(水) 10:10:21.45 ID:OvrHR9Nb0
面白かった
極端に面白かった

67 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/12/29(水) 11:42:30.66 ID:zbkd0mHd0
面白かったけど・・・トレパンって誰だっけ?

68 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/12/29(水) 11:46:02.71 ID:eZIAPhlO0
グラサン付けて笛吹いてる顧問

73 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/12/29(水) 13:47:45.33 ID:LbagT716O
乙wwwwww

もっちゃんネタも欲しかったなwwwwww

74 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/12/29(水) 14:39:12.12 ID:j0ZeotCtO
おもしろかった乙

久しぶりに家のマサルさん探してくるわ

関連記事
2010/12/29 19:33 | CM(3) | とある SS
    コメント一覧
  1. 名無し [ 2010/12/29 21:04 ]
  2. 南部だったのかよwwwww
  3. 774@いんばりあん [ 2010/12/30 19:55 ]
  4. 南部!

    とあるでもしょうもないエロを書いてくれ!
  5. 774@いんばりあん [ 2011/01/03 08:06 ]
  6. 今回の南部さんは微妙だ
    キャラとセリフを無理矢理だしてる感がして笑えなかった
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

インバリアントへようこそ
インバリアント -SSまとめサイト-
管理人:こばりあんと



  • About
  • 記事一覧
  • Twitter
  • まとめ依頼
  • ランダム SS
カテゴリ
アーカイブス

2018年 02月 (25)
2018年 01月 (7)
2017年 12月 (3)
2017年 11月 (22)
2017年 10月 (11)
2017年 09月 (2)
2017年 08月 (161)
2017年 07月 (180)
2017年 06月 (139)
2017年 05月 (311)
2017年 04月 (157)
2016年 02月 (1)
2015年 12月 (1)
2015年 05月 (261)
2015年 04月 (295)
2015年 03月 (305)
2015年 02月 (259)
2015年 01月 (283)
2014年 12月 (275)
2014年 11月 (287)
2014年 10月 (285)
2014年 09月 (262)
2014年 08月 (264)
2014年 07月 (262)
2014年 06月 (223)
2014年 05月 (218)
2014年 04月 (209)
2014年 03月 (185)
2014年 02月 (172)
2014年 01月 (191)
2013年 12月 (184)
2013年 11月 (183)
2013年 10月 (180)
2013年 09月 (153)
2013年 08月 (141)
2013年 07月 (154)
2013年 06月 (146)
2013年 05月 (152)
2013年 04月 (148)
2013年 03月 (130)
2013年 02月 (111)
2013年 01月 (123)
2012年 12月 (127)
2012年 11月 (120)
2012年 10月 (127)
2012年 09月 (117)
2012年 08月 (120)
2012年 07月 (122)
2012年 06月 (116)
2012年 05月 (122)
2012年 04月 (121)
2012年 03月 (123)
2012年 02月 (116)
2012年 01月 (122)
2011年 12月 (118)
2011年 11月 (113)
2011年 10月 (119)
2011年 09月 (110)
2011年 08月 (118)
2011年 07月 (118)
2011年 06月 (118)
2011年 05月 (123)
2011年 04月 (124)
2011年 03月 (117)
2011年 02月 (95)
2011年 01月 (109)
2010年 12月 (119)
2010年 11月 (110)
2010年 10月 (120)
2010年 09月 (74)
2010年 08月 (87)
2010年 07月 (113)
2010年 06月 (72)
2010年 05月 (67)
2010年 04月 (3)

SS検索
Ads
最新記事
Ads2
人気SSランキング


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。