HEADLINE

澪「ぷにぷに」

2010/12/31 13:55 | CM(0) | けいおん! SS
1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/12/29(水) 00:44:35.49 ID:eMoIhK9x0

「唯が、いけないんだ」

「み、澪ちゃん……?」

夕陽が差し込む音楽室、唯と澪だけがそこに残っていた。
いつもとは様子が違う澪が、唯に覆いかぶさる形で。

「唯は、なにかと私の身体が触って……」

「だって、澪ちゃんの身体触ってると落ち着くから」

唯は小さい身体を小さく震わし怯えていた。
人にこんな剣幕で迫られることが初めてだし、それがあの優しい澪なら尚更だろう。

「知らない癖に!」

「ひっ」

澪が怒鳴る。
唯は大きく身体を跳ねあげるように驚き、再び身体を震わせた。

「私がどんな気持ちで、どんな気持ちで唯を見てたか……知らない癖に」

澪は眉間のしわを緩ませ、下唇を噛みながら呟くようにそう言った。

11 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/12/29(水) 02:12:46.07 ID:5NHBDB2mO
澪「ぷよぷよ」


13 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/12/29(水) 02:41:45.63 ID:N6zilhE90
「澪ちゃん……どうしたの?」

恐れ恐れ声を出すものの、澪の耳に届いているようには見えなかった。

「もう、我慢の限界だ……!」

澪が唯の胸に触れる。そこには優しさなど微塵もなかった。唯を自分のものにしたいという、征服欲が澪を支配していた。

「唯が悪い…そう、唯が悪いんだ……」

自らに言い聞かせるよう、澪はうわごとのように呟く。事ここに到り、遅ればせながらも唯は状況を理解した。

「澪ちゃん……」

両手で澪の頬を包む。澪の事は好きだ。しかし、恋愛対象としてではなく、友人として。
その友人を狂わせてしまったのは自分だ。自分の浅はかさが、澪をここまで追い詰めたのだ。
そして、唯は、罪を受け入れた。


15 地の文とか書いたことねー :2010/12/29(水) 02:58:28.61 ID:N6zilhE90
唯は澪の頬に手をあてたまま、ゆっくりと顔を近づける。
唇が触れた瞬間、唯は頭の片隅で、もう戻れないことを確信した。

「澪ちゃん、今までごめんね。でももう大丈夫だよ」

「ゆ、い……」

「大丈夫だよ澪ちゃん。もう怖いことなんてなんにもないから」

「だから、泣かないで」

唯の優しい声。
それは澪の頭にわずかに残った理性を呼び起こす。
気付けば、涙を流していた。
澪は、唯の上で泣き崩れる。声をあげて。
悲しかった。何が悲しいのかもわからないほどに感情が溢れる。

唯はそんな澪の頭を撫で続けた。唯は繰り返す。
「大丈夫」と。
子守唄のように、何度も、何度も繰り返した。


17 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/12/29(水) 03:06:12.68 ID:N6zilhE90
「落ち着いた?」

「うん…ごめん」

澪が冷静さを取り戻す頃には、外はもう暗くなり始めていた。
普段ならばもうとっくに下校している時間だ。

「みんな来なかったね。どうしたんだろう」

おそらく律かムギあたりが察してくれたのだろう。律は私の気持ちを知っているし、ムギは察しが異様にいいのだ。

「帰ろっか」

唯はいつも通りに言う。その優しさが痛かった。


18 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/12/29(水) 03:17:39.79 ID:N6zilhE90
下校中、澪はほとんどまともに話すことができなかった。あんなことをしでかしたのだから、当然ではあるが。
唯が振ってくれる話題にもまともに返事すらできない。
沈黙は、二人の帰り道が別れるまで続いた。

「じゃあ、あたしこっちだから。また明日ね、澪ちゃん!」

言わなければ。ここで引きとめなければ私は先に進めない気がする。
言わなければ、言わないと――。

「ゆっ、唯!」

「なっ、なに?澪ちゃん」

唯の肩がビクリと跳ねる。その反応が私の心に影を落とす。
駄目だ、言わないと。

「唯……私、私……!」

「私、明日話すから……」

私は、回答を先延ばしにした。自分の弱さに頭痛がする。

「うん!」

唯の笑顔は、今まで見た中で一番ぎこちないものだった。


19 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/12/29(水) 03:27:10.01 ID:N6zilhE90
家に着き、携帯をチェック。着信アリ。
律からだ。
とりあえず無視して届いていたメールを開く。

『バカ澪』

反論のしようがない。バカと言われても仕方ないことをした。
というかバカでは済まない。

まだ混乱気味の頭を落ちつけようとお風呂に入ることにした。
シャワーの水が心地いい。水と一緒に今日の記憶も流れてしまえばいいのに。


21 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/12/29(水) 03:37:16.42 ID:N6zilhE90
いつから唯のことを好きになったのか。
幾度となく自問自答したことだ。毎回答えはでないけれど。
唯はいつでも輝いていた。

ギターを弾いているとき。
歌っているとき。
お菓子を食べているとき。
喋っているとき。
遊んでいるとき。
寝てるときだって、唯は輝いていた。

それはきっと、唯はいつでも全力だからだ。
梓は唯のことを自堕落だと思っているらしいが、それは大きな間違いだ。怠けているときだって、唯は全力で怠けている。

唯は一つのことにしか集中できない。それはつまり、一つのことに全力で取り組んでいるからだ。

だからこそあんなに魅力的で、輝いていて。
だからこそ、そんな唯が近くにいると自分まで輝いているような。

そんな、錯覚を覚えた。

愚かにも。


22 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/12/29(水) 03:42:46.24 ID:N6zilhE90
私の唯に対する想いはもはや信仰に近いものがあった。
私にとって神に等しい存在である唯が、私に触れる。

「澪ちゃ~んちゅー」

「えいっ」ガバッ

「ぷにぷに~」

私は、限界だった。


23 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/12/29(水) 03:52:15.27 ID:N6zilhE90
私の破綻は、あっさりと訪れた。


「よっしゃー!部活いくぞー!」

「いくぞー、じゃないわよ律。今日部長会議だって言ったでしょ」

「げ、和。しゃーねー。ごめん、先行っといて」

「私今日日直だから、私も遅れるわね」

ヴーヴー

「あ、あずにゃんからメール。体調悪いから帰るって」

「まじ!?梓大丈夫かな」

「そうね……」

「じゃあ澪ちゃん、行こっか」


こうして舞台は整ってしまった。
破綻するための舞台。そんなもの必要なかったのに。


24 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/12/29(水) 04:04:49.52 ID:N6zilhE90
「二人っきりだね、澪ちゃん」

唯に他意はない。状況そのままを言っているだけだ。
頭では理解しつつも、理性の糸はいつ切れてもおかしくない。
自分が異常であることには気づいていた。気付いていたが、気付かないふりをし続けた。目を逸らし続けていれば、いつかそんなものは存在しなくなる。
そんなことを本気で信じていた。
そんなわけがあるはずないことには、気付かないまま。

「澪ちゃん、きれいな手してるよね」

理性の糸は。

「触らせて~」

いつ切れても。

「うわぁ~ぷにぷに~」

糸は、切れてしまった。


109 〉〉24の続きから書く :2010/12/31(金) 01:53:39.16 ID:Lmb1bVhZ0
気付いたら押し倒していた。本当に無意識のことだった。
自分で自分が理解できないでいる。こんなことは今までになかったのに。
唯の存在が自分を狂わせる。唯の魔力が……ダメだ、無意識に責任転嫁しようとしてる自分がいる。

「……ごめん、唯」

謝れば許してもらえるのか?いっそこのまま死んでしまいたい。
薄黒い気持ちが自分を包む。

「でも、明日言うって決めたんだ」

悩む時間などなかった。


112 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/12/31(金) 02:07:38.35 ID:Lmb1bVhZ0
澪ちゃんに押し倒された。
……なんて現実感のない文章なんだろう。現実だけど。
始めは何が起こったのか理解できなかった。自分に重なる澪ちゃんを見ても、「あぁ、足を滑らせたのかな」ぐらいにしか思わなかった。
神様、私はバカなのでしょうか?

澪ちゃんの表情を見てやっと事態が普通じゃないと理解した。時すでに遅し。
いくら頭の回転の悪い自分でもようやく理解が追いつく。
澪ちゃんのことは嫌いじゃない。てゆうか好き。でもそれは友人としてであり、それ以上でも以下でもない。

しかし、澪ちゃんを追い詰めた原因はどうやら自分にあるようだ。自分が責任を取らなければ。

……こんな自分勝手な考えしかありませんでした。ごめんなさい。

私はその場しのぎで生きている。


113 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/12/31(金) 02:17:32.70 ID:Lmb1bVhZ0
澪ちゃんの事を受け入れる。私のスポンジのような頭は「まぁ、それも悪くないかな」というなんともな答えをはじき出した。この時の私はいろんな人に怒られるべきだと思う。

「澪ちゃん、今までごめんね。でももう大丈夫だよ」

そんな顔しなくても私が全部受け止めてあげるから、なんて。自己陶酔もいいとこだ。
澪ちゃんの頭を撫でながら、まるで自分がマリア様にでもなったかのような錯覚に陥った。

そう錯覚。自分に酔った私の言葉に、中身なんて存在しなかった。


114 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/12/31(金) 02:24:52.84 ID:Lmb1bVhZ0
何から唯に話せばいいのか。
冷静になった頭で考えて、やっぱり混乱した。

「唯を、レ……押し倒しておいて、今さら「好きです」っていうのか?」

「ていうか大丈夫って、何が大丈夫なんだ?」

警察には言わないから大丈夫?まさか。唯にかぎってそんな。いやでも……!

ヴヴヴヴヴヴヴ……

携帯の振動。……忘れてた。



『バカ澪』

……それはもう聞いたよ、律。


116 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/12/31(金) 02:32:45.97 ID:Lmb1bVhZ0
『ぶっちゃけいつかやるんじゃないかと思ってた』

『………』

『唯一の予想と違ったのは、あそこまでいって何もしない澪のヘタレさだな』

『うるさい。見てたように言うな』

『見てたもん』

『はぁ!?』

気を使って帰ったんじゃなかったのか!?いや、そんなこと律は一言も言ってないけど、でも……!

『唯も受け入れモードだったじゃん。なんでそのタイミングで泣くんだよ』

『律にはわかんないよ……』

『わかるよ』


117 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/12/31(金) 02:35:14.15 ID:WccZ2AZR0
良い具合に切なくなってきた

118 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/12/31(金) 02:47:10.31 ID:Lmb1bVhZ0
『私にはわかるよ。何年幼馴染やってると思ってんだよ』

急に優しくなる律の声。あぁ、律は本当にわかってるんだ。

『拒絶して欲しかったんだろ?』

私は、唯が好きだった。信奉していた。唯は私にとって神に等しい。
自分が神に近付こうなんておこがましいにもほどがある。
しかし、私は神に手を伸ばした。届くはずないのに。届いてはいけなかったのに。
太陽に近づきすぎた英雄は蝋の羽をもがれ地に落とされる。
それが世界の倫理。しかし、

受け入れられてしまった。

その瞬間、私には自分が信じてきたものがすべて間違っていたような、壊れ去っていくような、そんな感覚に襲われ、涙が。止まらなくなった。


119 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/12/31(金) 02:56:08.61 ID:Lmb1bVhZ0
『間違ってたんだよ』

いやだ、聞きたくない。

『なんでそんなに自分を卑下するんだよ!唯は神サマでもなんでもないし、澪は澪だろ!』

やめろ。

『届かないなんて事があってたまるか!!そんな理由であきらめるな!ふざけんな!!』

やめてくれ。

『そんな理由であきらめるなんて私が許さないからな!』

やめ…

『聞いてんのか!?澪ッ!!』

『うるさいッ!!!』ブチッ

ツー、ツー、ツー、



120 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/12/31(金) 03:03:35.91 ID:Lmb1bVhZ0
……切られちゃったか。まぁ言うことは言ったし、これ以上私にできることはない。後は当人が決めること。

「なぁ澪。そんな理由で諦められたら私の立場はどうなるんだよ……。何のために私が手を引いたと思ってんだよ……」

「りっちゃん……。大丈夫…?」

「大丈夫だよ。……ごめんなムギ」

「ううん、私にできることは何もないから」

「いてくれるだけでいいんだよ。これから軽音部どうなるかわかんないけど、もし梓が不安そうにしてたらフォローしてやってくれ」

「……うん」


122 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/12/31(金) 03:16:54.28 ID:Lmb1bVhZ0

律、無理だよ。私には無理だ。
私は汚い人間だ。唯には釣り合わない。
叶わないって決まってたんだよ。


澪、叶わないなんて決めつけるな。
唯も澪も対等な人間だ。
そんな勘違いで私の決断を無駄にしないでくれ。


澪ちゃんが私の事好きだったなんて。
驚いたけど嬉しいかな。
女の子同士も悪いもんじゃないし。




それぞれの思いは行き違い、夜が明ける。


124 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/12/31(金) 03:26:24.64 ID:Lmb1bVhZ0
「澪ちゃん、今日は屋上でごはん食べない?」

っ来た。まさか唯から来るとは思いもしなかった。
心の準備がまだ……。

「あたしとムギは寒いから教室で食うよ。なっムギ?」

「えっ? あ、そうね、うん。私もりっちゃんと教室にいるね」

「んじゃ行こっ澪ちゃん!」

「あっ、あぁ……」

唯に手を引っ張られ階段を昇る。あああ……。


125 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/12/31(金) 03:33:46.37 ID:s2WZD2hQP
支援

126 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/12/31(金) 03:34:27.93 ID:Lmb1bVhZ0
「澪ちゃん、昨日言ってくれたよね? 明日話すって」

唯のまっすぐな視線が痛い。昨日1日考えた言葉を話すだけ。それがこんなに難しいものだとは思いもしなかった。

そんな目で見ないでくれ。私には耐えられない。

しかし、ここで言わなければなにも変わらない。

変わりたい。

だから、聞いてくれ、唯。

私、の想いを。


128 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/12/31(金) 03:39:20.41 ID:Lmb1bVhZ0
「昨日はごめん、唯。本当にごめん。」

言え、私。

「いくら謝っても済む話じゃないけれど、でも、ごめん」

言うんだ。



「私は、唯が好きだ。」



言え……た。でも、

「でも、だからこそ、私は唯と付き合えない」


129 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/12/31(金) 03:45:13.82 ID:Lmb1bVhZ0
「え………」

そんな顔をしないでくれ、唯。
でもそれをさせてるのは私―か。
心臓をわしづかみにされた気分だ。

「私は唯と付き合えない。でも唯が受け入れてくれたことは本当にうれしかった。」

「じゃ、じゃあ、」

「でもダメなんだ!」

唯が言いきる前に言葉を挟む。

「私は薄汚れた人間だ。唯みたいなまっとうな人間と付き合う権利なんて、無い。」

「だから、ごめん」

頭を下げる。

沈黙。


130 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/12/31(金) 03:54:03.56 ID:Lmb1bVhZ0
「……言いたいことはそれだけ?」

頭上から言葉が降ってくる。
私は頭を下げたまま、ごめん、と呟くしかなかった。
今私は唯を傷つけた。唯はどんな顔をしているだろう。
怒っているだろうか、それとも悲しませたのか。
罪悪感で人は死ぬことができるのだろうか。

「……ぐすっ、ひっぐ」

思わず顔を上げる。
あぁ、唯を泣かせてしまった。
私のせいで。

「ぐすっ、澪ちゃんの、ばか!」

「あほ!ばかばかばか!」


131 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/12/31(金) 04:00:44.00 ID:Lmb1bVhZ0
「自分が、ぐすっ、薄汚れたとか、ひっぐ、そんなこと言わないでよぉ」

唯が、私のために泣いている。
こんな価値のない人間のために。

「だから価値がないとか言うなぁ!」

「澪ちゃんは澪ちゃんでしょ?なんでそんなに自分を下に見るの?私、澪ちゃんのすごいところいっぱい知ってるよ!?いくつでもあげられるよ!わたしなんか全然……!」

「だから、そんな悲しいこと言わないで……」


132 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/12/31(金) 04:07:51.68 ID:Lmb1bVhZ0
ゆい、ありがとう。

ごめんな、泣かないでくれ。

私はもう、大丈夫だから。

唯のおかげで、大丈夫。

私はぼろぼろ泣く唯の頬を包む。私が唯にしてもらったように。

「唯」

「ほぇ?」

「ぷにぷに」




私は唯にいっぱい優しさをもらった。今度は私が返す番。だろ?



134 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/12/31(金) 04:15:02.48 ID:Lmb1bVhZ0

「唯!」

「は、はい!」




「好きです。私と付き合ってください」




「はいっ!」







おわり


135 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/12/31(金) 04:17:58.70 ID:Lmb1bVhZ0
こんなんでよかったのか……?

澪は唯に自分の価値を教えてもらい、唯は澪から真剣な愛の気持ちを知ります。
てなかんじで。



136 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/12/31(金) 04:40:19.27 ID:82/VhIVj0
えっ






137 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/12/31(金) 04:43:57.55 ID:fIO/2zdRO
乙乙

けいおん! 秋山澪 (1/7スケール PVC塗装済み完成品)
Max Factory (2011-01-25)
売り上げランキング: 436
関連記事
2010/12/31 13:55 | CM(0) | けいおん! SS
    コメント一覧
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

インバリアントへようこそ
インバリアント -SSまとめサイト-
管理人:こばりあんと



  • About
  • 記事一覧
  • Twitter
  • まとめ依頼
  • ランダム SS
カテゴリ
アーカイブス

2018年 02月 (25)
2018年 01月 (7)
2017年 12月 (3)
2017年 11月 (22)
2017年 10月 (11)
2017年 09月 (2)
2017年 08月 (161)
2017年 07月 (180)
2017年 06月 (139)
2017年 05月 (311)
2017年 04月 (157)
2016年 02月 (1)
2015年 12月 (1)
2015年 05月 (261)
2015年 04月 (295)
2015年 03月 (305)
2015年 02月 (259)
2015年 01月 (283)
2014年 12月 (275)
2014年 11月 (287)
2014年 10月 (285)
2014年 09月 (262)
2014年 08月 (264)
2014年 07月 (262)
2014年 06月 (223)
2014年 05月 (218)
2014年 04月 (209)
2014年 03月 (185)
2014年 02月 (172)
2014年 01月 (191)
2013年 12月 (184)
2013年 11月 (183)
2013年 10月 (180)
2013年 09月 (153)
2013年 08月 (141)
2013年 07月 (154)
2013年 06月 (146)
2013年 05月 (152)
2013年 04月 (148)
2013年 03月 (130)
2013年 02月 (111)
2013年 01月 (123)
2012年 12月 (127)
2012年 11月 (120)
2012年 10月 (127)
2012年 09月 (117)
2012年 08月 (120)
2012年 07月 (122)
2012年 06月 (116)
2012年 05月 (122)
2012年 04月 (121)
2012年 03月 (123)
2012年 02月 (116)
2012年 01月 (122)
2011年 12月 (118)
2011年 11月 (113)
2011年 10月 (119)
2011年 09月 (110)
2011年 08月 (118)
2011年 07月 (118)
2011年 06月 (118)
2011年 05月 (123)
2011年 04月 (124)
2011年 03月 (117)
2011年 02月 (95)
2011年 01月 (109)
2010年 12月 (119)
2010年 11月 (110)
2010年 10月 (120)
2010年 09月 (74)
2010年 08月 (87)
2010年 07月 (113)
2010年 06月 (72)
2010年 05月 (67)
2010年 04月 (3)

SS検索
Ads
最新記事
Ads2
人気SSランキング