HEADLINE

「女騎士閣下は魔王軍にお怒りのようです」

2014/11/24 07:00 | CM(2) | 創作・魔王勇者系 SS
1 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/11/22(土) 15:02:13 ID:WHhJFBMw
城の作戦室に集う王国の重鎮。彼らの表情は一様に暗い。

魔王軍の脅威が迫っているからだ。

ある者は目を伏せ、ある物は力なく空を見つめる。王国軍の敗北は運命づけられていた。

そこに伝令が足早に入って報告してくる。



2 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/11/22(土) 15:03:02 ID:WHhJFBMw
伝令「魔王軍は広範囲にわたり防御ラインを突破しました」

伝令「少数精鋭ながらもドラゴン部隊が王国軍の主力を蹂躙、そのまま首都に向かって行進しています」

伝令「敵軍は防衛部隊などまるでないかのように進軍を続け、明日にもこの首都に至るでしょう」

女騎士「問題ない。ドラゴン部隊は勇者パーティがなんとかしてくれるはずだろう」


3 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/11/22(土) 15:04:48 ID:WHhJFBMw
 ここで、彼女の部下たちの目が泳いだ。冷や汗をかいた彼女の部下の一人が、沈痛な面持ちで伝える。

エルフ「女騎士閣下……」

エルフ「勇者PTは……」

 言いよどむエルフの言葉の続きを、別の部下の言葉が淡々とつむぐ。

姫「勇者PTは戦争を終わらせると前線長に告げると魔王軍本陣へ突撃していきました」

姫「その後、彼らから音沙汰は無く魔王軍の進軍は止まる気配もありません」


4 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/11/22(土) 15:07:30 ID:WHhJFBMw
女騎士は、わなわなと震えた。震えは怒りからだろうか、恐怖からだろうか。

彼女は落ち着かない手のまま、ゆっくりと兜を脱いだ。

そして静かに告げる。

女騎士「以下の者は残れ。姫、エルフ、女戦士、そして村娘だ」

ゾロゾロゾロ……

会議室から無言で出ていく重鎮。そして、会議室には女5人が残された。

彼女らはみな、処刑を待つ囚人のように絶望しきっている。

バタッとドアが閉まるとしばしの静寂が広がった。


5 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/11/22(土) 15:09:04 ID:WHhJFBMw

女騎士「期待したのだぞ!」

女騎士「オークによる凌辱は我らの希望だったのだぞ!」

女騎士「いったい誰がメスドラゴンの火に焼かれるなどと、誰得展開を予想したのか」

作戦室の静寂を切り裂いて響き渡る女騎士の怒声。

それを大臣はドア越しに聞いていた。

いや、王、女王などの王族、果ては魔王を討伐してきた勇者までもが耳を傾けていたのだ。


6 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/11/22(土) 15:10:24 ID:WHhJFBMw
なおも罵倒は続く。

女騎士「メスばっかりをよこしおって!」

女騎士「魔王軍は私を欺いていたのだ! 魔王(♂)までもが!」

女騎士「魔王軍の全てが! インポで、童貞で、バイブ以下の存在ばかりだ!」

外で話す聞く勇者(男)は、あまりの事態に泣きだす。

大臣はそれをぎょっとした様子で見る。

戦士は、そっと勇者の肩に手を置き無言で励ます。


7 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/11/22(土) 15:11:35 ID:WHhJFBMw
女戦士は、興奮した様子の女騎士に食ってかかる。

女戦士「閣下。ですが女の子の吐く炎に巻かれるプレイも素晴らしいものでは……」

女騎士「誰もがお前みたいなドMじゃないんだよ、バーカ!」

女戦士「たまにはレズプレイに興じるのもいいじゃないですか」

女騎士「気持ちよければ女でもいいって奴は淫乱の恥だ!」

 彼女は立ち上がって持っていた剣を机に叩きつける。

女騎士「ちくしょーめェ!」


8 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/11/22(土) 15:15:09 ID:WHhJFBMw
女騎士「奴らは両刀遣いなどと偉ぶっているが、ただ背徳感に溺れているだけだ。

    背徳感に溺れるだけで満足する奴を淫乱とは呼ばん!

    背徳感すらも吹き飛ばすような暴力的な快楽!

    それを狂ったように求めてこそ淫乱という物だろう!」

女騎士「私たち、淫乱のニーズは魔王軍もわかったうえで進軍してきていると私は思っていた」


9 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/11/22(土) 15:17:49 ID:WHhJFBMw
 怒鳴り声を聴きつけて、勇者PTの一人、神官もやってきた。

 彼女も女騎士の罵声に目を見開いた。

 そして、彼の目の前にはさめざめと泣く勇者に気づく。

 あまりの事態に彼女は頭を抱えた。


10 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/11/22(土) 15:19:30 ID:WHhJFBMw
 そんなドアの外の惨状を知らない女騎士は続ける。

女騎士「だが想像以上に奴らの性欲が足らんかった。全然足らんかった」

女騎士「私が期待していたのはエロ展開だ! 凌辱されるときに私は言ってみたかったんだよ」

『やめて! 乱暴する気でしょ! スターリンみたいに! スターリンみたいに!』


11 ↑これがやりたかっただけです :2014/11/22(土) 15:21:19 ID:WHhJFBMw
 彼女はふう、と息を吐いて再び椅子に座る。

 そして静かに続けた。

女騎士「……私も昔は剣に生き、剣に死のうと考えたものだった」

女騎士「だが、そんな私も訓練期間に妄想を続けることで立派に淫乱になったのだぞ」

女騎士「そう、ノーパンでありつづけた」

 彼女の部下4人は意味ありげに目くばせする。

 淫乱を確かめ合ったのだろう。

女騎士「魔王軍、お前らが求めていたのはこれだろう!?『おっぱいブル~ンブルン!』」

女騎士「それなのに奴らはオークどころか触手すらも出さん! 挙句、侵攻部隊をメスで固めてくる始末だ」

女騎士「とにかくオークをよこせ! オークちんぽ万歳!」


12 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/11/22(土) 15:22:27 ID:WHhJFBMw
勇者「ヒグッ……エグッ……」

 作戦室の外で、こらえきれずにしゃくりあげて泣く勇者。

 戦士は、その肩を叩いて勇者を励ます。

戦士「お前、女騎士閣下と結婚するんだって言ってたもんな」

勇者「エゥ……ヒッグ……」

 神官は酷くおぞましいものを見る目で作戦室のドアを見た。


13 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/11/22(土) 15:23:07 ID:WHhJFBMw
 椅子の上で体育座りをして、しょぼくれたように彼女は言葉を続ける。

女騎士「私の処女など、とっておくだけ無意味だったのだ」

女騎士「この純潔をオークに捧げようなどというのは、もはや不可能だ」

 彼女は顔を伏せ、苦々しく呟く。

女騎士「終戦だ」

 女戦士は下腹部をさする。

 しょぼくれる女騎士閣下に発情したらしい。


14 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/11/22(土) 15:23:58 ID:WHhJFBMw
 村娘は隣の姫に目くばせする。

村娘(ところで私は淫乱じゃないのに、なんでここにいるんでしょう)

姫(知らない)

 エルフの方も見る。彼女は村娘から眼をそらした。

エルフ(なんとなく淫乱っぽいからとりあえず連れてきただけなんだよね)


15 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/11/22(土) 15:24:43 ID:WHhJFBMw
女騎士「お前ら、魔物領に突っ込むなり好きにしろ」

 女戦士はおもむろに服を脱ぎだした。ヤる気マンマンのようだ。


16 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/11/22(土) 15:25:21 ID:WHhJFBMw
 女騎士は顔をあげて、作戦室の同志に告げた。

女騎士「だが、これだけは言っておく」

女騎士「女相手に処女を捨てるぐらいなら」

女騎士「いっそ自決する」

 そして、再び顔を伏せてしまう。女戦士は服を着た。


17 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/11/22(土) 15:25:53 ID:WHhJFBMw
 女騎士はポツリとつぶやいた。

女騎士「村のオークでも襲おうか」


18 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/11/22(土) 15:26:26 ID:WHhJFBMw
終われ


19 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/11/22(土) 15:27:59 ID:WHhJFBMw
ブルースクリーンにムシャクシャしてやった。反省はしていないが、後悔はしている。


20 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/11/22(土) 16:57:36 ID:/2mNmADo



21 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/11/23(日) 05:40:43 ID:K8mO0vQc
なぜアレを女騎士でやろうと思ったwww


22 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/11/23(日) 17:23:22 ID:.6GYgzUo
久々にまともな女騎士かと思ったら……くっそwwwww


転載元

女騎士閣下は魔王軍にお怒りのようです

http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1416636133/







ヒトラー ~最期の12日間~ Blu-ray
TCエンタテインメント (2012-09-05)
売り上げランキング: 3,177

関連記事
2014/11/24 07:00 | CM(2) | 創作・魔王勇者系 SS
    コメント一覧
  1. 774@いんばりあん [ 2014/11/24 08:31 ]
  2. 誰か字幕でやってくれよ
  3. 774@いんばりあん [ 2014/11/24 09:59 ]
  4. まさかヒトラーも、こんな扱いになるなんて思ってなかったろうな。
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

インバリアントへようこそ
インバリアント -SSまとめサイト-
管理人:こばりあんと



一言:wow fantastic baby...

  • About
  • 記事一覧
  • Twitter
  • まとめ依頼
  • ランダム SS
カテゴリ
アーカイブス

2017年 10月 (4)
2017年 09月 (2)
2017年 08月 (161)
2017年 07月 (180)
2017年 06月 (139)
2017年 05月 (311)
2017年 04月 (157)
2016年 02月 (1)
2015年 12月 (1)
2015年 05月 (261)
2015年 04月 (295)
2015年 03月 (305)
2015年 02月 (259)
2015年 01月 (283)
2014年 12月 (275)
2014年 11月 (287)
2014年 10月 (285)
2014年 09月 (262)
2014年 08月 (264)
2014年 07月 (262)
2014年 06月 (223)
2014年 05月 (218)
2014年 04月 (209)
2014年 03月 (185)
2014年 02月 (172)
2014年 01月 (191)
2013年 12月 (184)
2013年 11月 (183)
2013年 10月 (180)
2013年 09月 (153)
2013年 08月 (141)
2013年 07月 (154)
2013年 06月 (146)
2013年 05月 (152)
2013年 04月 (148)
2013年 03月 (130)
2013年 02月 (111)
2013年 01月 (123)
2012年 12月 (127)
2012年 11月 (120)
2012年 10月 (127)
2012年 09月 (117)
2012年 08月 (120)
2012年 07月 (122)
2012年 06月 (116)
2012年 05月 (122)
2012年 04月 (121)
2012年 03月 (123)
2012年 02月 (116)
2012年 01月 (122)
2011年 12月 (118)
2011年 11月 (113)
2011年 10月 (119)
2011年 09月 (110)
2011年 08月 (118)
2011年 07月 (118)
2011年 06月 (118)
2011年 05月 (123)
2011年 04月 (124)
2011年 03月 (117)
2011年 02月 (95)
2011年 01月 (109)
2010年 12月 (119)
2010年 11月 (110)
2010年 10月 (120)
2010年 09月 (74)
2010年 08月 (87)
2010年 07月 (113)
2010年 06月 (72)
2010年 05月 (67)
2010年 04月 (3)

SS検索
Ads
最新記事
Ads2
人気SSランキング