HEADLINE

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- | CM(-) | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

御坂「――――私は私、よね」

2014/11/27 01:40 | CM(2) | とある SS
1 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2014/11/23(日) 00:00:17.09 ID:XacTLzx30


I walked.
And then,I saw me in front of myself.
But,it wasn't really me.

Watch out. The gap in the door……
it's a separate reality.

The only me is me.
Are you sure the only you is you?




SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1416668407



2 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします (SSL) [saga]:2014/11/23(日) 00:01:29.13 ID:XacTLzx30


ここは常盤台中学女子寮の一室だ。
……そう思っているのは自分だけだろうか。
美琴は目の前にある鏡を覗き込む。
顔が映る。

整った綺麗な顔立ちだ。
美琴は鏡の中の自分へゆっくりと手を伸ばす。
その指先が鏡に触れる。冷たい感触が伝わると同時に、変化が起きた。
鏡に文字が刻まれていく。強引に刃物で刻み込んだような、酷く歪な文字が。

『I'm lost.Who are you?』

……ずぶり、と指が鏡の向こうへと沈み込んだ。

「……行け、ってことかしら」

美琴の体は鏡の中に吸い込まれるように消えていく。
体全てが消える前に、御坂はちらりと背後を振り向いた。
その部屋にはこの鏡以外、何一つなかった。


3 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします (SSL) [saga]:2014/11/23(日) 00:03:05.34 ID:XacTLzx30
「―――見知った場所ね」

美琴は常盤台中学の廊下に立っていた。
だが美琴の知るそれと同じではない。
廃校になって何年も経つような、錆や汚れがあちこちに見える。
電気もろくに点いておらず、かなり薄暗かった。

壁を見る。張り紙がいくつか掲示されており、そのほとんどがどうでもいいものだった。
大覇星祭のお知らせ、委員の決め事、その他規則や行事など。
その中に一枚だけ、他と比べてもとりわけボロボロの古い紙が鉄の棒で一番目に入る位置に大きく縫い止められていた。

『Your truth is yours.You don't know anything,so I will be it.』

当然ながら、こんな張り紙は美琴の知る常盤台中学にはない。

「……It's mine.I will be your truth.……Who are you?」

ちょっとした仕返しを呟き、誰かへと問う。
元々返答など期待していないのか、美琴はそれきりでその場を去る。
すぐ近くで廊下は右に曲がっている。丁度その曲がり角の辺りの埃や剥がれた錆が何かに煽られるように転がっていた。
おそらくどこからか風が吹いているのだろう。

美琴がその出所を探ろうとその場を離れた後。
文字の書かれた古い紙を壁に固定していた鉄の棒が突然黒く染まり、腐り落ちた。
ひらりと紙が虚空を舞い、床へと落ちる。
その紙には文字が書かれていた。

『Seriously?』


4 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします (SSL) [saga]:2014/11/23(日) 00:04:59.01 ID:XacTLzx30
美琴が曲がり角に差し掛かると、吹いていた風はぴたりと止まってしまった。
廊下の左右にはいくつものドアがあった。一番近くのドアを開けてみる。
錆付いた真鍮のノブを回し、中へ入る。

「……鏡、か」

目の前に薄汚れた鏡があった。
酷く狭い部屋だった。人間が二人も入ればそれで限界だろう。
鏡に映る自分を見つめる。常盤台中学の制服に身を包み、なんら変わりのない自分の顔がある。

「私は私、よね」

御坂美琴がそこにいる。
それを確かめた美琴は部屋から出ようと再びドアノブを回す。

「……あれ」

ノブが回らない。ドアが開かない。
不思議に思った美琴はふと背後を振り向いた。
鏡には文字が刻まれていた。

『I have question.』

「奇遇ね。私も同じよ」

再度ノブを回す。錆付いたドアは嫌な音をたてながらゆっくりと開いた。
他の部屋も調べてみる。しかしどこもおかしかった。


5 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします (SSL) [saga]:2014/11/23(日) 00:06:34.55 ID:XacTLzx30
部屋に入れたのは最初の一つだけ。他はドアが開かなかった。
中にはドアが開き、中の様子は見えるのにそこに入った途端に気がついたら元の廊下に立っていたこともあった。

廊下の一番奥にはやはり古びたエレベーターがあった。
その近くにドアがある。あれが最後の部屋だろう。あそこはまだ調べていない。

近くまで歩いていくと、ボロボロで薄汚れた廊下に小さな綺麗なボールが転がっているのに気付いた。
そのボールは廊下から最後の部屋のドアへと転がっていき、ドアにぶつかって跳ね返る。

またドアに転がっていき、ぶつかり、跳ね返って、転がっていく。ひとりでに延々とその動きを繰り返していた。
美琴が更に近づいていくと、ボールがドアにぶつかった瞬間にドアが軋んだ音と共に開いた。ボールも部屋の中へと転がっていく。

「選択の余地なし、か」

開いたドアを覗き込む。ドアにはファンシーなデザインの汚れた札が掛けられていた。
中に転がり込んだボールを見てみる。ボールは動きを止めて静止していた。
もう一度札をよく見てみる。裏側には『My,dear……』と書かれていた。
次は部屋の中を確認してみる。入り口の正面には鏡が掛けられていた。

鏡を見る。何度見ても映るものは同じだ。御坂美琴だ。
そこにいる自分を見て、ふと美琴は何かに気付いて再びボールに目をやった。


6 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします (SSL) [saga]:2014/11/23(日) 00:09:12.06 ID:XacTLzx30
「――――――――――ッ!?」

「ォ、ォオオオオオオオオオオオオオオオオ!!」

そこにあったのは御坂美琴の頭だった。
首のない誰かが屈んでその頭を両手で持って、震えるような声をあげていた。

咄嗟に部屋を出、すぐ近くのエレベーターへ走ると扉は勝手に開いた。
閉まっていくエレベーターの扉の隙間から今の部屋を見る。ドアは閉まっていて、掛けられていた札は消えていた。
呆然とする中、目の前でエレベーターの扉が完全に閉まる。中にボタンは一つもなく、何もせずとも動き出した。
どうやら下へと降りていっているらしい。壁に背中を預け、ずるずるとその場に力なく座り込む。

「どうしてよ……なんで……」

視線をエレベーターの扉へとやる。そこには文字が刻み込まれていた。

『You're lost.Who am I?』

何もできずにただ座り込んでいると、やがてエレベーターは音もなく停止した。
やはり無音のままに扉が開く。御坂はゆっくりと立ち上がり、眼前を見据える。
同じような廊下だった。荒れ果て、薄汚れ、錆付き。そんな廊下に一定の間隔で綺麗な花がいくつも飾られていた。
エレベーターから廊下へと一歩踏み出そうとするが、そこで不意にバランスを崩して転倒しそうになる。

何事かと思い足元を見てみると、一部床が剥がれて捲りあがっていた。これに足をひっかけてしまったのだろう。
改めて顔を上げ、廊下を進む。いくつもの枯れ果てた花を見て、ふと思う。


7 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします (SSL) [saga]:2014/11/23(日) 00:10:11.24 ID:XacTLzx30
「――――――――――――――まさか、ね」

御坂は右に曲がった廊下を進む。
やはり薄暗く、汚れ錆びた廊下には同じようにいくつかのドアが左右に見える。その全てが開いていた。
歩き出すと、床に転がっていたボロボロのラジオから突然音声が流れ始めた。

『3802910023』

流れる自分の声に、御坂はじっとそのラジオを凝視する。

『娘はいつも通りに起きて、いつも通りに挨拶したのよ。そしていつも通りに一日を送った』

御坂はすぐにラジオを無視し、一番近くにある部屋へと歩く。
だがその目前に立った瞬間。バタン!! と開いていたドアが突然閉まった。

「…………」

『そして娘は帰って、言ったの。「ただいま」って』

次の部屋へと向かう。……やはりバタン!! とドアは閉まった。

『でも、聞いてもらえなかった。そこで娘は思ったわ』

御坂はその部屋を諦め、次の部屋を見据える。
その瞬間、全ての開いていたドアが一斉にバタン!! と閉まった。
御坂が全ての扉の閉まった廊下を歩いていくと、


8 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします (SSL) [saga]:2014/11/23(日) 00:11:56.34 ID:XacTLzx30
『最後まで話を聞きなさい』

ギィィィ……という軋んだ音と共に一箇所だけドアがゆっくりと開いた。
その部屋の中を覗き込んでみると、至るところに大量の人形が飾られていた。
人形の中には天井から吊るされているものも、壁に掛けられているものもある。
だがその全てが同一の人形だった。

「――――悪趣味ね」

呟いて、人形に若干埋もれながらもそれがあることに気付く。
鏡。
そこに映ったいつも通りの自分と目が合い、そして。

ギュルン!! と全ての人形の首が一気に回り、その全てが御坂を見つめていた。
何十もの人形が、その目が、ものを言わずただ静かに。
御坂が思わず息を飲むと、再びあのラジオの声が聞こえてきた。

『後ろを見なさい』

正面にある鏡に映った自分の顔には、目や鼻や口がなかった。
顔のない、のっぺらぼうになっていた。

『後ろを見るのよ』

言われて、御坂はただ従うしかない。
覚悟を決めるように、一気にバッ!! と振り向いた。


9 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします (SSL) [saga]:2014/11/23(日) 00:12:48.56 ID:XacTLzx30




――――そこには、何もなかった。




ただ入ってきたドアと、廊下が見えるだけ。
おかしなものは一切見つからない。

「……何よ、なにもないじゃない――――――」

ふう、と息を吐いた御坂はゆっくりと向き直る。
きっと全ての人形がこちらを見たのも、鏡の中の自分の顔がなくなっていたのも気のせいだろう。
そう思い、再び前へと視線を戻す。


10 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします (SSL) [saga]:2014/11/23(日) 00:14:00.43 ID:XacTLzx30




そこに。
目や鼻や口のないのっぺらぼうの。




小さな少女が立っていた。







11 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします (SSL) [saga !red_res]:2014/11/23(日) 00:15:03.86 ID:XacTLzx30


躍+撝 0・・} 芭灯遏 慧 Cワカ> オヌM・GfサYス^N曚麈C v徐・テ Vl�Ci)ヨK・惚ラテ絎

・-ュ・L1隆モ゚晥 L・ ・タ駈モEumメgァvョタ" 稠ー トシ C2ヌヨャ ・・9ソ繝+・]1ニ3オL・ ・

!XR ゙eЕ iヲ゚ゥb゙ィゥ被)坿゙繕 ヘァ" ホ涯V・_盡rメ猤・ヨ捌ハワ鴎涯Vン\NB \レ サニ・ソ

w_池 ・忍 ァI 麈C v徐Eumメテ Vl・]1涯VL1隆モ盡rメ・或鋳・9ソ悚櫢プネc8o蟠凬

・ 」>゙シM C敢h・ I墲ホン腮+A・レ广Y&ゥンヤ渹メェ : 貊L リ ヘア �ロ? 8T膵・ラネJ-

hハサ?悦ョ杖ケ\ ク・U`)ヨ#@・イチ・cl優ト2Iゥ 掛 挌 /ル・現゙ ウ 饗ヨK同QB ロ 6リワ7& <

БDSOKt ーJ・ ヘチ盈l 叢Z\]ウ' キ�u翹サ NP・IK}(vー濃zノ Zy罧X・B・fァR1

<限 或鋳カ1・愆m玄d \欄・ア・ 箙キ�[癇現゙ ウ モクワ2 ョ・





12 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします (SSL) [saga]:2014/11/23(日) 00:16:19.92 ID:XacTLzx30




『青い林檎だからってそれを青いと言っては駄目。赤いかもしれないし、蜜柑かもしれない』




『そして娘は帰って、言ったの。「ただいま」って』




『3802910023』







13 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/11/23(日) 00:16:45.56 ID:kvsDDpoIo
ひいっ


14 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします (SSL) :2014/11/23(日) 00:51:20.15 ID:qyumM4qj0
……サイレントヒル?


15 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/11/23(日) 01:36:34.28 ID:HL+KGeWLO
期待
マジで期待



16 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/11/23(日) 06:40:02.25 ID:EAwzOqNO0
P.T.とは珍しい
サイレントヒルとは厳密には違うけど
全力で期待


22 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします (SSL) [saga]:2014/11/24(月) 00:00:14.93 ID:nmlBgYLE0
御坂が目を覚ますと、そこはエレベーターの中だった。

「ッ、痛ぅ……」

気だるい体に鞭打ってゆっくりと立ち上がる。
心なしかガンガンと響くように痛む頭を右手で押さえ、視界はぼけたように揺らぐ。
段々意識が覚醒してくると視界も回復し、エレベーターの扉に刻まれた文字を発見する。
簡単な一文だった。

『Who are we?』

下へと降りていたボタンのないエレベーターが停止し、その扉がガーッ……と静かに開く。
目の前には何年も人の手が入っていないような、薄汚れた廊下が伸びていた。
辺りを見てみれば蜘蛛があちこちを徘徊している。
廊下に一切の部屋はなく、左側には一定の間隔で窓があった。

「……何にも見えないわね」

窓を覗き込んでみる。向こう側に広がるのは漆黒の闇だけだった。
更には窓と言っても開けることはできず、叩いてみても微動だにしなかった。
御坂はただ廊下を歩いていく。ふと、気付いた。

「――――あれ」

自分の隣にある窓を見てみる。向こうには闇が広がるばかりで何もない。
振り返ってみる。通り過ぎた後ろの窓を見ると、赤い手形がべたべたといくつも張り付いていた。
数歩進む。かつ、かつ。振り返る。数秒前まで自分がいたところの隣の窓に、赤い手形がいくつも確認できた。


23 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします (SSL) [saga]:2014/11/24(月) 00:01:46.30 ID:nmlBgYLE0
右に曲がった廊下を進む。御坂が通り過ぎた窓には赤い手形が大量に張り付いていた。
奥には古びたエレベーターがある。
その近くまで辿り着き、すぐ隣の窓に手形ではない何かが浮かびあがっていることに気付いた。

『I see you』

「…………」

エレベーターの前に立つ。やはり音もなく扉は開いた。
中へと入り、扉が閉まり始めた時。誰かの声が静かに響いた。

『Who are you?』

扉が完全に閉まる直前。御坂はぽつりと呟いた。

『――――――――――I』

ボタンのないエレベーターは、ひとりでに下へと動き出していた。
現在の階数を表示するパネルが赤く点灯し、あんなものがあっただろうかと御坂は疑問を抱いた。
しばらくはただ点滅しているだけだったが、やがてそこには赤い光で数字が浮かび上がった。


24 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします (SSL) [saga]:2014/11/24(月) 00:03:05.32 ID:nmlBgYLE0
『3802910023』

エレベーターは停止し、ガーッ……と扉が開く。
目の前には汚れと錆の目立つ廊下が伸びていた。
御坂が廊下を歩き出すと、壁に落書きのようなものを見つけた。

『She was made to leave the』

書き殴ったような文字だった。

「……何だってのよ、もう……」

御坂が文字から目を離し、歩を進める。
右に曲がる曲がり角の辺りまで来たところで、またもあのラジオの声が聞こえてきた。
流れる自分の声。

『娘はいつも通りに起きて、いつも通りに挨拶したのよ。そしていつも通りに一日を送った』

廊下にドアは一つだけ。奥にはエレベーターがあった。
そのドアへと歩いていると、壁に掛かっている一枚の絵が目に入った。

『青い林檎だからってそれを青いと言っては駄目。赤いかもしれないし、蜜柑かもしれない』

その絵には、見知ったものが描かれていた。

「みんなと――――私」


25 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします (SSL) [saga]:2014/11/24(月) 00:06:21.72 ID:nmlBgYLE0
『カレーライス味のハヤシライス、ハヤシライス味のカレーライス。その人はその二つを注文していたらしいわ』

三人の親友と自分。いつもの四人が、楽しそうに笑いながら思い思いのポーズをとっている絵だった。
思わず御坂はそっと手を伸ばし、その細い指先が僅かに絵に触れる。
ガタン!! という大きな音をたて、その瞬間に絵は壁から外れて床へと落下した。

『その翌日。その人は首を吊った死体となって発見されたのよ。家族の話では、自殺する数日前から延々と鏡を割る行為を繰り返していたそうよ』

絵が掛けられていた部分の壁は、どす黒い色に変色していた。
御坂は落下した絵に視線を落とす。絵の裏側には、やはり文字が書かれていた。

『You can't see and know it,but can be it』

御坂はその絵を拾い、裏返す。
もう一度そこに描かれているものを見て、

「――――ああ――――――――」

それを見て、御坂は何となく納得した。

『Ganze Sommer nächtelang, hören wir den Frosch gesang』

ラジオからその歌声が流れ始めると、目の前にあったドアが軋んだ音をたててゆっくりと開く。


26 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします (SSL) [saga]:2014/11/24(月) 00:14:01.34 ID:nmlBgYLE0
『Ganze Sommer nächtelang,』

中へ入る。大量の人形が飾られていた。天井から釣り下がっているもの、壁に掛けられているもの、様々。
しかしそれらは全て同じ人形で、その胴体部分には『Look at me』と書かれている。
ドアの正面には鏡があった。そのすぐ前に他と比べて小さな人形が置かれていて、そこにはこう書かれていた。

『We have question』

鏡を見る。そこに映るのはいつものあの顔。
だから、御坂は告げた。
きっとそうなのだろうと思う。

少しの間があった。そしてすぐに変化は起きた。
小さな人形を除いた、部屋中の全ての人形。
その髪がずるずると音を立てて急激に伸び始めた。

「な、何……?」

何メートルもの長さにまで伸びた髪はお互いに絡み合い、四つの束となる。
その四つの髪の束が、それぞれ小さな人形の両手両足を宙に浮いた状態で拘束。
直後、ボウッ!! と突然発火を起こし、小さな人形は炎に包まれた。
しかしそれも僅かのこと。一際激しく燃えた後。


27 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします (SSL) [saga]:2014/11/24(月) 00:16:12.62 ID:nmlBgYLE0

そこには蛙の置物があった。

人形の髪も全て元に戻っている。
何も起きないことを確認し、ゆっくりと蛙の置物に近づいていく。

「――――これは……」

手を伸ばそうとした、その時。
どろり、と蛙の置物が溶け始めた。
粘ついた液体に塗れ、形を失い、そしてその下から。

自分の顔が、現れた。

その顔も同じく溶けていく。形を失っていく。
そこにある自分の顔は苦痛に歪み、叫ぶ。
絶叫しながら顔を歪め、歪めながら溶けて、崩れていく。


「ォォ、ォ、アア、ォアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアッ!!」





28 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします (SSL) [saga !red_res]:2014/11/24(月) 00:19:16.25 ID:nmlBgYLE0




ERRORERRORERRORERRORERRORERRORERRORERRORERRORERRORERRORERRORERRORERRORERRORERRORERRORERRORERRORERROR
ERRORERRORERRORERRORERRORERRORERRORERRORERRORERRORERRORERRORERRORERRORERRORERRORERRORERRORERRORERROR
ERRORERRORERROR深刻なERRORが発生したため開発中止深刻なERRORが発生したため開発ERROR中止ERRORERRORERROR
深刻ERRORなERRORERRORが発生ERRORしたためERROR開発中止ERRORERRORERROR設定をERROR初期化しますERRORERROR
ERROR設定ERRORERRORを初期化ERRORしますERROR設定を初期化ERRORERRORERRORしますERROR深刻なERRORERRORERROR
ERRORERRORERROR開発中止開発中止ERRORERRORERRORERRORERRORERROR設定をERROR初期化ERRORしますERRORERRORERROR
ERRORERRORERRORERRORERRORERROR深刻なERRORがERRORERROR発生したため開発中止ERRORERRORERRORERRORERRORERROR
設定を初期化しますERRORERRORERRORERRORERRORERRORERRORERRORERRORERRORERRORERRORERRORERRORERRORERRORERROR
ERRORERRORERRORERRORERRORERRORERRORERROR深刻なERRORERRORERRORが発生したため開発中止ERRORERRORERRORERROR
ERRORERROR深刻な問題がERRORERRORERRORERRORERROR設定を初期化しますERRORERROR発生したため開発中止ERRORERROR
ERROR設定を初期化ERRORERRORします深刻な問題がERRORERROR発生したため開発中止ERRORERRORERRORERRORERRORERROR
深刻なERRORが発生したため開発中止設定を初期化します深刻なERRORが発生したため開発中止設定を初期化します
ERRORERRORERRORERRORERRORERRORERRORERRORERRORERRORERRORERRORERRORERRORERRORERRORERRORERRORERRORERRORERROR







29 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします (SSL) [saga]:2014/11/24(月) 00:21:16.27 ID:nmlBgYLE0




『後ろを見なさい』




『We have question』







30 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/11/24(月) 02:17:56.93 ID:H2uQurwCO
P・Tがナニか分からんけど、コワイ


31 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/11/24(月) 23:21:04.58 ID:quosZ4ii0
言いね雰囲気でてる


32 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします (SSL) :2014/11/24(月) 23:38:08.37 ID:8ShcJhXo0
続けろ


33 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします (SSL) [saga]:2014/11/26(水) 00:00:17.68 ID:d2AiLj/l0
水面に浮上するように意識は覚醒し始めた。
どうやらここはエレベーターの中らしい。
ふらつく体を何とか起こし、前方を見遣る。
閉まっているエレベーターの扉には、文字が刻まれていた。

『We are waiting……』

静かに扉が開く。目の前には薄汚れた廊下が伸びていた。
汚れた床には人形が散乱しており、その全てにおいて首が切断されていた。
歩く。右に曲がった廊下を進むとドアが二つと正面にはエレベーターが見えた。
壁には書き殴ったような文字と、一枚の絵が飾られている。

『She was made to leave the circle』

「……ははっ……」

力なく笑って、飾られた絵を見遣る。
それ以上の反応をすることはもうできなかった。

そこには自分と、一人の少年が描かれていた。
肩に手を回されて、体が密着していて、恥ずかしそうに、だが嬉しそうに笑っている絵だった。
きっと幸せなのだろう。楽しんでいるのだろう。十分にそれが伝わってくる。


34 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします (SSL) [saga]:2014/11/26(水) 00:05:03.20 ID:d2AiLj/l0
「――――――本当に、もう……」

ふらふらと後ずさる。思わず顔を俯かせてしまう。
何かが割れるような、小さな物音が聞こえた。
ゆっくりと顔を上げる。そこには一枚の絵があった。
一人の少年と、顔の部分に真っ黒な穴が空いている少女が描かれている絵だった。

ギィィ……と軋んだ音を立てて近くのドアが開いた。
中に入る。電源はついていないものの、正面には大きなテレビがあった。

しかしそれ以外のものは何もない。ただ、部屋の中にもドアがある。
どうやらもう一部屋あるらしい。ノブを回してみるが、ドアは開かなかった。

向こう側から水が漏れているのだろう、ドアの隙間からどんどんとこちらに水が流れている。
水溜りができるほどではないが、付近の床はすっかり濡れてしまっていた。

どうしたものかと考えると、ドアの近くの壁に覗き穴のような小さな穴が空いていることに気付く。
片目を近づけて覗き込んでみると、そこは生活感の溢れる部屋だった。
ベッドと机が二つずつあり、ぬいぐるみも見える。だが相当な間放置されていたように埃や汚れが酷かった。


35 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします (SSL) [saga]:2014/11/26(水) 00:08:11.20 ID:d2AiLj/l0

もう少ししっかりと確認してみようと身を乗り出した、その時。

ギョロリ、と向こう側の覗き穴からこちらを覗く眼球が目前に現れた。

「――――――!!」

咄嗟に大きく身を引き、そのまま一歩二歩と後ずさる。
三歩目の足裏が床を踏むとぴちゃり、という水音が鳴った。
足元を見てみると、そこにある赤い水溜りが鏡として機能し、視線を下に向けている自身の顔が映っていた。

目や鼻や口のない、のっぺらぼうの顔が映っていた。

ザザザ、というノイズ音が突然響く。
はっとして振り返ってみれば、点灯していなかったテレビに映像が映し出されていた。

「……今度は何よ」

一人の少女が映っている。常盤台中学の体操服に身を包み、爽やかな汗を流しながら不敵な笑みを浮かべていた。
少女は走っていた。大きなグラウンドに姿を現し、そのままゴールする。
割れんばかりの拍手喝采が巻き起こり、グラウンドにいる選手たちや観客席からの大声が響いた。


36 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/11/26(水) 00:19:25.14 ID:D7GjFq8s0
途中から美琴から御坂に変わってるが何か意味があるのか?


37 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします (SSL) [saga]:2014/11/26(水) 00:19:25.36 ID:d2AiLj/l0
『四校合同の借り物競争でしたが、やはりというか期待を裏切らないというか、常盤台中学の圧勝でした。
中でもトップ選手は他と比べて七分以上も差をつけた状態でのゴールという快挙を成し遂げ――――』

実況の声が聞こえる。どうやら借り物競争の時の映像らしい。

『――――、一位を獲得ayqpた御坂mjosf手はゴール後も体勢を崩ojpdhfなく、まだまだ余力をnksygeじさせる姿を見せjfhiapれました』

……何やら映像にブレが生じた。揺らぎは徐々に大きくなっていく。
やがて音声にもノイズが混ざり始めた。
映像のノイズは酷くなり、顔も認識できなくなっていく。
音声の方も加速度的に欠落していった。

『一緒nflnsfkもらったr協ハサ?悦buを労わるところも好印iヲ゚theb゙ィaiゥしたね。
この慧 Cワカが名門常盤mosdsy撝の嗜みと言ったと渹メyaieェヨ#@か』

あまりの映像のブレに、もはや誰だか認識も出来なくなった少女が隣の少年と話している。
そして……あれは汗か何かを拭いているのだろうか。
よくは分からないが、少女が少年に何かしているのが分かる。

そこで映像は別のものへと切り替わった。
やはり乱れが激しいせいでろくに確認もできないが、少女が二人いるのは分かった。
おそらくは、一人がもう一人を背に庇うように立っている。
どんなところにいるのか、何かが激しく荒れているようにも見える。


38 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします (SSL) [saga]:2014/11/26(水) 00:21:37.28 ID:d2AiLj/l0
『いXR゙广曚から。この子gjfe猤は・mlkヨue墲ホン腮だから。ただmiehiヲ゚ゥb゙ィゥaけよ』

そして、ブツッ――――と映像は唐突に消えた。

「――――――――――…………ああ、やっぱり。そう、なんだ」

愕然となった。そういう、ことだったのだ。

「でも、だって、じゃあ――――――――?」

テレビを見てみる。周辺機器は一つもなく、一切のケーブルが繋がっていなかった。
ふらふらとした足取りで部屋を出ようとする。
出入り口のドアには、文字が刻み込まれていた。

『You're lost.Who are we?』

「…………」

部屋を出る。首のない人形が大量に転がっている廊下にはもう一つのドアとエレベーターがある。
ふとエレベーターの方へと視線をやって、そして――――見た。
ズズズ、ズズズズ。巨大な斧か鉈、あるいは鎌か。
人間よりも大きなそれを持った白い何かが、こちらへ近づいてきていた。

三メートルはあろうかという白の巨体。
それに見合った巨大な刃、その引き摺っている刃先で床をガリガリと削りながら、悠々と迫ってくる。
削られている床の、その深い傷から、うねうねと何十何百という無数の蛆が湧き出ていた。
多分、大丈夫だろう。そう思ったから震えることも、硬直することもなかった。しかし……。


39 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします (SSL) [saga]:2014/11/26(水) 00:23:42.96 ID:d2AiLj/l0
その場から一歩も動かず、ただ立っているだけ。
あれがその手に持つ刃を一度振るえばたちまち両断されてしまうだろう。
だが動かない。目と鼻の先ほどの距離を巨体が通過していく。

やがてそれは完全に過ぎ去り、曲がり角を曲がってどこかへと去っていった。
完全に体が固まっていた。ぶるぶると小さく全身が震えていた。止められなかった。

「――――分からないよ……」

先の部屋のものではない、もう一つのドアがいつの間にか開いていた。
中には大量の人形が飾られているのが見える。

だがその部屋は無視した。エレベーターの前に立つと、勝手に扉が開く。
中に入り、そして前へ向き直ると――――。

大量の人形が飾られている部屋に立っていた。

「……やっぱり駄目、か」

念のために振り返ってノブを回してみる。しかし開かない。
やはり選択の余地はない、ということだろう。


40 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします (SSL) [saga]:2014/11/26(水) 00:27:26.47 ID:d2AiLj/l0
正面を見据える。
そこには一枚の大きな鏡が取り付けられていた。

その鏡には、何も映っていなかった。
ただそこには文字が刻み込まれているだけだった。

『Ours,mine! We don't give you!!』

鏡には、何も映っていない。
どこからか不意にラジオの音声が流れた。

『You are not』

ただそれだけの、たったの一言。
飾られている人形の中の一つがギロリとこちらを向いた。

『Who are you?』

ガリガリとその文字列が壁に刻み込まれていく。
また別の人形の首が回りこちらを見つめる。

『Who are you?』

ガリガリ、ガリガリ。テーブルや天井などに文字が刻まれていく。
違う人形がこちらを見る。ガリガリ。また次の人形がこちらを向く。ガリガリ。


41 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします (SSL) [saga]:2014/11/26(水) 00:29:25.57 ID:d2AiLj/l0


『Who are you?』『Who are you?』『Who are you?』『Who are you?』『Who are you?』『Who are you?』
『Who are you?』『Who are you?』『Who are you?』『Who are you?』『Who are you?』『Who are you?』
『Who are you?』『Who are you?』『Who are you?』『Who are you?』『Who are you?』『Who are you?』
『Who are you?』『Who are you?』『Who are you?』『Who are you?』『Who are you?』『Who are you?』
『Who are you?』『Who are you?』『Who are you?』『Who are you?』『Who are you?』『Who are you?』
『Who are you?』『Who are you?』『Who are you?』『Who are you?』『Who are you?』『Who are you?』
『Who are you?』『Who are you?』『Who are you?』『Who are you?』『Who are you?』『Who are you?』
『Who are you?』『Who are you?』『Who are you?』『Who are you?』『Who are you?』『Who are you?』
『Who are you?』『Who are you?』『Who are you?』『Who are you?』『Who are you?』『Who are you?』
『Who are you?』『Who are you?』『Who are you?』『Who are you?』『Who are you?』『Who are you?』
『Who are you?』『Who are you?』『Who are you?』『Who are you?』『Who are you?』『Who are you?』
『Who are you?』『Who are you?』『Who are you?』『Who are you?』『Who are you?』『Who are you?』
『Who are you?』『Who are you?』『Who are you?』『Who are you?』『Who are you?』『Who are you?』





42 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします (SSL) [saga]:2014/11/26(水) 00:30:21.00 ID:d2AiLj/l0




『後ろを見るのよ』




『後ろを見なさい』







43 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします (SSL) [saga]:2014/11/26(水) 00:31:28.51 ID:d2AiLj/l0






そこに――――――










――――――――――――いた。









44 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします (SSL) [saga]:2014/11/26(水) 00:34:03.16 ID:d2AiLj/l0








「ったく。遅っそい!! もう一時間も約束の時間をオーバーしてるじゃないの!!」

「はぁ、はぁ、はぁ、はぁ……。これでも、全速力で、走ったんだ。待たせて、悪い」

「どうせアンタのことだから、まぁた何か面倒ごとに首突っ込んでたんでしょ?」

「うっ……。全てお見通しで」

「それくらい分かるわよ。そんな短い付き合いじゃないんだから……。とにかくほら。これでも飲んで体落ち着けなさい」

「ありがたく頂戴いたします姫」

「なぁに馬鹿なこと言ってんのよ」

「……顔赤くなってんぞ」

「えっ、ウソ!?」

「ウソだよ」

「焼き払うわよ?」

「モウシワケゴザイマセン」


45 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします (SSL) [saga]:2014/11/26(水) 00:35:44.06 ID:d2AiLj/l0
「だったら最初からそういうこと言うなっての」

「ぷはー! 生き返るな。いつもと比べてすげぇ美味しく感じるぜ。……ん? 手鏡なんて見て何してんだ?」

「アンタが馬鹿なこと言うから確認してんのよこの馬鹿」

「馬鹿馬鹿連呼しないでくださいこれ以上お馬鹿になったらどうするんですか!!」

「はいはい。とりあえず私の友達にアンタを紹介して、いやしたくないんだけど脅されてるから嫌々して、そのあとは顔を見せに一緒に病院に行きましょ」

「おう」

「……っていうか、か、顔……その……近いって……」

「え? ……!? す、すまん!!」

「……と、とにかく行きましょうか。あ、そうだ。36だけど」

「ん? 36がどうした?」

「だから、36よ。ほら。面白いことに気付いたみたいよ」

「……そうだな。それにしても洒落た手鏡だなぁそれ」

「まあ、学舎の園限定のモンだからね。欲しいけど買えない人にはかなりの高値で取引できるわよ」


46 END [saga]:2014/11/26(水) 00:36:50.33 ID:d2AiLj/l0

そう言って、二人は手鏡を覗き込む。




その鏡の向こう側には、目や鼻や口のない、顔のないそれが手を鏡に押し付けてこちらを見ていた。




「……賑やかな一日になりそうだな」

「退屈はしないでしょ。これから会う友達は面白い子たちだしね」

「よし、それじゃレッツゴー!! だな!!」

「ふふっ、なにそれ」


手鏡をしまい、笑って、二人は歩き出した。

今日も楽しい一日になりそうだ。


47 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/11/26(水) 01:49:21.40 ID:YRjAMsdb0
終わり?

まあ元ネタ自体短いって聞くし、これだけでも十分面白かった


48 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/11/26(水) 02:56:52.46 ID:3hN/Tj51O
つまりどういうことだってばよ?


49 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします (SSL) :2014/11/26(水) 11:57:31.41 ID:eflz5S8d0
こわかった


50 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/11/26(水) 13:35:09.47 ID:D7GjFq8s0
イザナミだ


転載元

御坂「――――私は私、よね」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1416668407/








サイレントヒル [Blu-ray]
ポニーキャニオン (2013-07-02)
売り上げランキング: 10,151

関連記事
2014/11/27 01:40 | CM(2) | とある SS
    コメント一覧
  1. CC [ 2014/11/27 07:06 ]
  2. 悪くない。
    [ 編集 ]
  3. 774@いんばりあん [ 2014/11/27 11:03 ]
  4. 教科書英文で萎えた
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

インバリアントへようこそ
インバリアント -SSまとめサイト-
管理人:こばりあんと



一言:ちょくちょく更新してこうかと。

  • About
  • 記事一覧
  • Twitter
  • まとめ依頼
  • ランダム SS
カテゴリ
アーカイブス

2016年 02月 (1)
2015年 12月 (1)
2015年 05月 (261)
2015年 04月 (295)
2015年 03月 (305)
2015年 02月 (259)
2015年 01月 (283)
2014年 12月 (275)
2014年 11月 (287)
2014年 10月 (285)
2014年 09月 (262)
2014年 08月 (264)
2014年 07月 (262)
2014年 06月 (223)
2014年 05月 (218)
2014年 04月 (209)
2014年 03月 (185)
2014年 02月 (172)
2014年 01月 (191)
2013年 12月 (184)
2013年 11月 (183)
2013年 10月 (180)
2013年 09月 (153)
2013年 08月 (141)
2013年 07月 (154)
2013年 06月 (146)
2013年 05月 (152)
2013年 04月 (148)
2013年 03月 (130)
2013年 02月 (111)
2013年 01月 (123)
2012年 12月 (127)
2012年 11月 (120)
2012年 10月 (127)
2012年 09月 (117)
2012年 08月 (120)
2012年 07月 (122)
2012年 06月 (116)
2012年 05月 (122)
2012年 04月 (121)
2012年 03月 (123)
2012年 02月 (116)
2012年 01月 (122)
2011年 12月 (118)
2011年 11月 (113)
2011年 10月 (119)
2011年 09月 (110)
2011年 08月 (118)
2011年 07月 (118)
2011年 06月 (118)
2011年 05月 (123)
2011年 04月 (124)
2011年 03月 (117)
2011年 02月 (95)
2011年 01月 (109)
2010年 12月 (119)
2010年 11月 (110)
2010年 10月 (120)
2010年 09月 (74)
2010年 08月 (87)
2010年 07月 (113)
2010年 06月 (72)
2010年 05月 (67)
2010年 04月 (3)

人気SSランキング
アクセスランキング


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。