HEADLINE

姫「世界の全てが敵になろうとも守ってくれますか」騎士「給金次第」

2014/11/29 03:30 | CM(2) | 創作・魔王勇者系 SS
1 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/03/31(日) 22:55:25 ID:JT.jzlwI
姫「世界の全てが敵になろうとも、私を守ってくれますか」

騎士「いやいやいや、それはない」

姫「……え? いや、え? ええ? ここは『約束するよ』とか云うところではないのですか? えええ?」

騎士「考えても見れくれよ、世界の全てが敵になる状況とか早々に起こり得ない、というか、そうなったらもうその人は相当やばいことやった大犯罪者だ。そんな人に味方するって、妄信とか崇拝とか、そんな域超えてるでしょ」

姫「ちなみに……アナタが私に向けてる感情はどんなものでしょうか」

騎士「友達未満恋人未満かな」

姫「それほとんど赤の他人ですよね!?」



2 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/03/31(日) 22:56:41 ID:JT.jzlwI
騎士「まあそんなわけで」

姫「ポーズでも云って下さいよ……」

騎士「いやいや、だから言ってるじゃん。ポーズだろうが、そんなこと云うのは頭がオカシイやつか詐欺野郎なんだって。僕は発言に責任を持つからね。むしろ、姫様が世界全ての敵になったぶん殴ってあげるよ」

姫「ぶんなぐる……」

騎士「大丈夫。母親に男女差別をしてはいけないと教育されてるから、グーで行くね。グーで」

姫「ひぃ」


3 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/03/31(日) 22:59:10 ID:JT.jzlwI
騎士「心配ご無用とはこのことだね」

姫「心配しか私の心中にはありませんよ!」

騎士「うーん、姫様はわがままだな」

姫「な、なにがわがままなものですか! ではなぜアナタは私お抱えの騎士をやっているのですか!?」

騎士「そりゃ、モチロン給金が良いからね」

姫「」


4 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/03/31(日) 23:01:44 ID:JT.jzlwI
姫「きゅ、給金ですか?」

騎士「モチロンだよー、仕事をするに当たって一番大切なのは給金――お金だよ、お金」

姫「い、いえ! お金より大切なモノだってあるはずです!」

騎士「いやあ、お金が一番だって母親に教育されてるからねえ」

姫「便利ですね! アナタのお母様は!」


5 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/03/31(日) 23:05:04 ID:JT.jzlwI
姫「そもそも! アナタは今までそんな口調でも性格でもなかったでしょう! 私の知っているアタナは寡黙で誠実で……なんというか、頼り甲斐のある騎士です!」

騎士「え? だって姫様がこのレストランで食事をする前に、ここでは騎士としてではなく一個人としてのアナタを見たいって云ったじゃん」

姫「アナタの素がこんなちゃらんぽらんだとは思わなかったのですよ!」

騎士「ええー、照れるなあ」

姫「当然、褒めてませんからね!」


6 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/03/31(日) 23:07:21 ID:JT.jzlwI
姫「そもそも、なんで私の個人的なお誘いに乗ったのですか! 私はてっきり……」

騎士「てっきり?」

姫「アナタが私に忠誠以上の好意を感じているのかと……」

騎士「結果はどうでした?」

姫「忠誠心すら感じられませんでしたよ!」


7 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/03/31(日) 23:09:29 ID:JT.jzlwI
騎士「いやー、姫様は手厳しいなあ」

姫「……だから、なぜアナタは私の誘いに乗ったのですか」

騎士「え? いやだって、姫様が僕を誘ったときはまだ姫様の命令は、お願いだろうと利かなければならない立場だったし、なにより……」

姫「……なにより?」

騎士「こんな高級料理店がタダだよ? なにがあろうと断らないって」

姫「やはりお金ですか!!!」


8 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/03/31(日) 23:11:20 ID:JT.jzlwI
騎士「そりゃあ、お金だよ」

姫「はあ……アナタを誘わなければ良かったです、本当」

騎士「僕は誘ってくれて嬉しかったよ、ありがとう姫様」

姫「だからそれは私じゃなくて、この料理への感謝でしょうが!!!」


9 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/03/31(日) 23:13:32 ID:JT.jzlwI
姫「はあー……はあー……」

騎士「息切れ? 大丈夫?」

姫「心配は嬉しいですけど、全てアナタのせいですからね」

騎士「騎士として、心配するのは当然です」キリッ

姫「騎士ならば、料理を口いっぱいに放り込みながら心配はしません」ハァー


10 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/03/31(日) 23:17:52 ID:JT.jzlwI
騎士「今は騎士じゃないからね。ありのままの僕だよ」

姫「……体を張って、命を掛けて、私を守ってくれたアナタはどこに行ったというのですか」

姫「私を襲う刺客の剣を打ち払い、周りを敵に囲まれようと挫けず、ある時は傷を負ってまで私を守り通したアンタは……」

姫「『お怪我はありませんか、姫様』『姫様がご無事であることこそ、我々の最高の喜びなのです』『姫様……無事で、良かった……』」

姫「こんな台詞を投げかけてくれたアナタは、どこに行ったと云うのですか!」

騎士「あ、それは『姫様を守った騎士のみが貰える給金』――いわゆるボーナスのためだね」

姫「」


12 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/03/31(日) 23:20:35 ID:JT.jzlwI
姫「ボー……ナ、ス……?」

騎士「そうそうボーナス。ほら、刺客を撃退した後とか、大きな戦いの後に、一番活躍した騎士を国王様に訊かれなかった?」

姫「お父様にですか……はい、そういえば訊かれてましたね。それがなにか?」

騎士「うん。それで選ばれた騎士が毎回ボーナスを貰えるんだ」

姫「私……だいたいアナタを挙げてましたわ……」

騎士「ありだとう。儲けさせてもらったよ」

姫「ゲス顔やめてください!」


13 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/03/31(日) 23:23:32 ID:JT.jzlwI
騎士「まあ、そんなわけで、僕が姫様を守っていた理由は給金によるものなわけだよ」

姫「そ、そんな……」

騎士「うん、そう、給金、だからさ、」

ボーイ「お次の料理を運びに参りました、こちらは――」

騎士「逆に云えば、私は給金さえ貰えれば姫様に忠誠を誓うというわけだ」ザシュッ

ボーイ「――ぁ、ぁあ……キ、キサマ」ドサッ


14 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/03/31(日) 23:28:16 ID:JT.jzlwI
姫「ア、アナタ! なにを!」

騎士「――巧妙に偽装していたが、足の運びがボーイらしくない。戦場に生きるモノたちに染み付いている動きだった」

騎士「それ以外にも、明らかに剣を振るってきたモノの掌に加え、ボーイのソレとは云えない眼光」

騎士「元剣士で現役を引退しているにしては、筋肉の付き方に違和感が生まれる」

騎士「なにより、私の直感がこのモノがただのボーイではないと示唆していた」


15 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/03/31(日) 23:30:21 ID:JT.jzlwI
騎士「加え、先ほどの殺気……」ゴソゴソ

騎士「やはり暗器を仕込んでいたか」カランッ

騎士「ま、おそらく貴族派のモノどもが雇った傭兵ないし暗殺者でしょう」

騎士「こう云った、騎士を連れ立っていない、それもプライベートな食事なんてヤツらの良い餌です」

騎士「私も姫様より受け賜わった、この仕立ての良いスーツを着ているので、騎士とは思われなかったのでしょう」

騎士「ある種、貴族派たちの牽制する意味では良い働きになったかもしれませんが……」

騎士「これ以降、この云った軽率な行動は控えていただきたい」

姫「……え? ああ、うん。……ええええ???」


16 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/03/31(日) 23:32:44 ID:JT.jzlwI
姫「騎士、よね?」

騎士「はい、騎士でございます」

姫「あ、いや、私が知っている騎士はむしろ今のアナタなのですが、さっきまでとの差異があまりに大きすぎて……」

騎士「ふむ……伏兵はいないようだ。もとより貴族派も牽制のつもりだったか」

姫「あ、あの騎士……ありが――」

騎士「いやあ! ボーナスが楽しみだな!」

姫「台無しですよ!!!」


17 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/03/31(日) 23:36:13 ID:JT.jzlwI
騎士「だから云ったでしょう? この国が私の給金をケチらない限り、私は姫様の味方ですよ」

騎士「給金が良ければ、それこそ世界の敵でしょうともね」

姫「……不純です」

騎士「不純で結構だよ。僕はそういう人間だ」

姫「けれど、」

騎士「けれど?」

姫「世界の全てが敵になっても守ってくれるのですよね」

騎士「ああ約束するよ。世界の全てが姫様の敵になっても僕は姫様を守り抜くさ、モチロン――」

姫「給金次第、でしょう」

騎士「ああ、そうとも」


18 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/03/31(日) 23:40:38 ID:JT.jzlwI
姫「ふふふ、やっと初めてアナタのことがわかった気がします」

騎士「なにぜ騎士じゃなくて僕一個人をご所望だったからね」

騎士「どうだった? ありのままの僕は」

姫「落胆もしましたが……やっぱりアナタは有能です。手元に置き続けたい人材だと思ってます」

姫「でも、忠誠心じゃ縛れない」

騎士「そうだね、僕は騎士の誉れなんてちっとも理解できないし」

騎士「なら、どうするの?」

姫「とりあえず、手始めに――」

騎士「手始めに?」

姫「――今日の活躍をお父様に報告しようと思います」

騎士「うん、正解」

FIN


19 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/03/31(日) 23:41:46 ID:JT.jzlwI
詰まったから息抜きに書いたー。お目汚しになっていなけりゃ幸いでーす


22 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/04/01(月) 03:08:41 ID:B9GW3joo
面白かった!!!
乙!


23 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/04/01(月) 08:11:52 ID:MEwRRMns
乙!


24 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/04/01(月) 15:13:29 ID:/y9PT4RA
面白かった、乙


転載元

姫「世界の全てが敵になろうとも守ってくれますか」騎士「給金次第」

http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1364738125/






辺境の老騎士2 新生の森
支援BIS
KADOKAWA/エンターブレイン
売り上げランキング: 18,006

関連記事
2014/11/29 03:30 | CM(2) | 創作・魔王勇者系 SS
    コメント一覧
  1. 774@いんばりあん [ 2014/11/29 07:10 ]
  2. 姫はこの騎士を男爵レベルの爵位を与えるよう働きかけるべきなんじゃないですかねぇ
  3. あ [ 2014/11/29 09:05 ]
  4. なんだこの一流銭闘民族
    [ 編集 ]
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

インバリアントへようこそ
インバリアント -SSまとめサイト-
管理人:こばりあんと



一言:wow fantastic baby...

  • About
  • 記事一覧
  • Twitter
  • まとめ依頼
  • ランダム SS
カテゴリ
アーカイブス

2017年 11月 (17)
2017年 10月 (11)
2017年 09月 (2)
2017年 08月 (161)
2017年 07月 (180)
2017年 06月 (139)
2017年 05月 (311)
2017年 04月 (157)
2016年 02月 (1)
2015年 12月 (1)
2015年 05月 (261)
2015年 04月 (295)
2015年 03月 (305)
2015年 02月 (259)
2015年 01月 (283)
2014年 12月 (275)
2014年 11月 (287)
2014年 10月 (285)
2014年 09月 (262)
2014年 08月 (264)
2014年 07月 (262)
2014年 06月 (223)
2014年 05月 (218)
2014年 04月 (209)
2014年 03月 (185)
2014年 02月 (172)
2014年 01月 (191)
2013年 12月 (184)
2013年 11月 (183)
2013年 10月 (180)
2013年 09月 (153)
2013年 08月 (141)
2013年 07月 (154)
2013年 06月 (146)
2013年 05月 (152)
2013年 04月 (148)
2013年 03月 (130)
2013年 02月 (111)
2013年 01月 (123)
2012年 12月 (127)
2012年 11月 (120)
2012年 10月 (127)
2012年 09月 (117)
2012年 08月 (120)
2012年 07月 (122)
2012年 06月 (116)
2012年 05月 (122)
2012年 04月 (121)
2012年 03月 (123)
2012年 02月 (116)
2012年 01月 (122)
2011年 12月 (118)
2011年 11月 (113)
2011年 10月 (119)
2011年 09月 (110)
2011年 08月 (118)
2011年 07月 (118)
2011年 06月 (118)
2011年 05月 (123)
2011年 04月 (124)
2011年 03月 (117)
2011年 02月 (95)
2011年 01月 (109)
2010年 12月 (119)
2010年 11月 (110)
2010年 10月 (120)
2010年 09月 (74)
2010年 08月 (87)
2010年 07月 (113)
2010年 06月 (72)
2010年 05月 (67)
2010年 04月 (3)

SS検索
Ads
最新記事
Ads2
人気SSランキング