HEADLINE

もし高校軽音部後輩がハイデガーの「存在と時間」を読んだら。

2011/01/06 04:01 | CM(1) | けいおん! SS
1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/01/02(日) 13:38:37.99 ID:G/VVHofKP
もしデガ!


放課後部室!

がちゃ(ドア)

梓「先輩方こんにちは…。」

唯「ああ、あずにゃ~ん。」

梓「今日も練習しないんですか?」

律「休憩した後でちゃんとやるよ~。」

紬「お茶がはいったわよ~。」

唯「わ~い!ケーキ、ケーキ♪」

梓「(このままじゃダメだ…。)」

2 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/01/02(日) 13:39:23.97 ID:zYjQzEBD0
マジでこういうエセ哲学本が出そうだから困る

3 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/01/02(日) 13:39:24.99 ID:mrvLh0k20
もしハイ!


5 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/01/02(日) 13:45:47.34 ID:G/VVHofKP
あ、先に言っときますが>>2が言うように「エセ哲学」として飽くまで読んで、
楽しんだり、楽しまなかったり叩いたりしてくれると嬉しいです。

7 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/01/02(日) 13:51:59.67 ID:G/VVHofKP
帰り道!

梓「結局練習しなかったじゃないですか!」

律「明日になったらするよ~。」

澪「梓の言うとおりだぞ。」

唯「あずにゃん先輩怖いっす!」

梓「もう!」

紬「じゃあ、私はここで。」

梓「あ、先輩方また明日。」

唯「あずにゃんバイバ~イ♪」フリフリ


梓「(みなさん演奏は上手いのに…。)」

梓「(やっぱりこのままじゃ駄目です!軽音部は私が絶対に再建してやるです!)」

11 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/01/02(日) 14:02:30.24 ID:G/VVHofKP
本屋!

梓「(『再建』て言っても何をしたら良いかさっぱり分からないや…。)」

梓「(とりあえずヒントになりそうな本ないかな…。)」

梓「すみません!」

店員「はい?」

梓「あの、腐ったこの世界を脱構築したいのですが何か良い本ありませんか?」

店員「え…、え?」

梓「あ、ごめんなさい。やる気のない部活を再建したいんです。」



12 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/01/02(日) 14:09:52.40 ID:G/VVHofKP
店員「そういうことでしたら、これなんかお勧めですよ。」

ドラッカー著『マネジメント』

梓「あ、ありがとうございます!」ペラペラペラ

梓「(うわ!びっくりするくらいつまんない!)」

梓「(こんなもの借り物の牙だ!去勢された犬だ!)」

梓「やっぱロッカーですからね。もっとラディカルに行かないと!」

梓「えーと…、よし!キミに決めた!」

ハイデガー著『存在と時間』

梓「やってやるです!」

店員「…。」

13 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/01/02(日) 14:15:22.51 ID:3o3XlceCO
もし桜高校生徒会長が孫子兵法を読んだら
みたいな

14 >>13いいね :2011/01/02(日) 14:22:08.70 ID:G/VVHofKP
中野家!

梓「ふむふむ…、存在論的にふむふむ…。」

梓「現存在がふむふむ…。」

梓「なるほど。現象学的に哲学史を解体していく訳か…。」

梓「うん!さっぱり分からん!」

15 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/01/02(日) 14:28:51.99 ID:zYjQzEBD0
>>13
とりあえず売れるんだろうなあwww

17 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/01/02(日) 14:42:01.08 ID:G/VVHofKP
学校!お昼休み!

純「梓~、お昼ごはん食べよ~。」

梓「純はお昼ご飯の存在って何なのか考えたことある?」

純「は?」

梓「そもそも『存在』ってなんなのか考えたことある?」

純「は?」

梓「それだから純はダメなんだよ。」

純「……。」

20 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/01/02(日) 14:52:56.85 ID:zMfWUTwFI
ハイデガーは脱構築なの?
脱構築ってデリダの手法だけど、ハイデガーも脱構築にいれていいの?




21 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/01/02(日) 14:52:57.53 ID:G/VVHofKP
純「じゃあ、『存在』ってなんなんだよ!」

梓「うっ…、」

梓「そんなの純が自分で考えないと意味ないでしょ!」

憂「梓ちゃん、純ちゃんどうしたの~?」

純「梓が、存在がどうのこうのって…。」

梓「全くこのダーザインは…。」

純「また意味不明なこと言って。『だーざいん』って何なんだよ!」

憂「まあまあ。」

梓「現存在。まあ『人間』のことだと思ってくれてもいいかな。」

純「じゃあ『人間』って言えば良いじゃん!」

梓「それは…。」

純「(要するに分からないんだな。)」

憂「梓ちゃん…。」

23 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/01/02(日) 14:54:19.68 ID:zMfWUTwFI
あー恥ずかしいわ

24 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/01/02(日) 14:57:03.62 ID:G/VVHofKP
>>20
デリダが差延の問題に着手したきっかけがハイデガーだったから。

ハイデガーの手法をラディカルに突き詰めると脱構築につながるんだと理解しています。

まあ、半分以上ギャグです。

26 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/01/02(日) 15:06:38.34 ID:G/VVHofKP
放課後!部室!

ガチャ(扉)

梓「先輩方、お疲れ様です。」

唯「あ、あずにゃ~ん♪」抱き

梓「離してください!」

律「お、梓!」ぐでー

澪「今ちょうど学園祭のこと話してたんだ。ちょうどよかった。」

梓「学園祭?」

律「そろそろ本格的に動かないとな。」

梓「全然『本格的』に動いてるようには見えませんけど…。」

紬「曲順とか、衣装とか考えてたのよ~。」


27 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/01/02(日) 15:30:40.71 ID:G/VVHofKP
梓「『放課後ティータイムらしさ』を追究しましょう!」

唯「おお!あずにゃん先輩!賛成っす!」

澪「私たちらしい音楽ってなんなんだろうな…。」

梓「それを追究するにはまず放課後ティータイムを存在論的に考えなきゃ行けません!」

律「は?」

梓「そもそも『存在』とはなんなのかを追求しなくては行けません!」

律「(なんだこいつ…。)」

28 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/01/02(日) 15:38:45.11 ID:G/VVHofKP
澪「じゃあ放課後ティータイムの存在ってなんなんだ?」

梓「そ、そんなのみなさんで考えないと意味がありません!!」

紬「梓ちゃん…。」

梓「そもそも『存在』と『存在者』は別物です!」

唯「どう違うの?」

梓「うっ…。」

律「(要するに分からないいんだな。)」

29 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/01/02(日) 15:43:27.42 ID:1xzYJJQk0
>>24
後発の自称実存主義者共がニーチェに影響受けたからと言って、ニーチェは実存主義者なわけじゃないだろ?
つまりそういうことだ

30 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/01/02(日) 15:46:28.96 ID:G/VVHofKP
>>29
デリダ独自の読み方があるということですかね?

確かに誤解してはならない点だと思います。

32 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/01/02(日) 15:50:52.64 ID:G/VVHofKP
帰り道!

澪「また明日、ちゃんと話した方が良いな。」

律「そうだな。じゃあ私たちはここで。」

唯「律っちゃん澪ちゃんバイバ~イ♪」

紬「また明日~。」

梓「先輩方さようなら。」

………

唯「そうそう、あずにゃん、憂からこれ。」すっ

梓「なんですか?」

梓「うっ、ハイデガーの解説書!(分かってないことがバレてる?)」

33 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/01/02(日) 15:54:33.75 ID:56IEcMeuO
ハイデガーのせいで哲学が理系学問から一思想に落ち込み、
実存主義やフランス哲学のせいで完全に文系のお遊びになった

34 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/01/02(日) 15:56:19.73 ID:1xzYJJQk0
>>33
それ日本のにわか層でだけだろ

35 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/01/02(日) 16:06:04.43 ID:G/VVHofKP
中野家!

梓「ふむふむ…、」

梓「『ある』っていうこと自体が『存在』で、『実際に存在しているもの自体』が『存在者』ってことかな。」

―「現存在が存在を了解するときにのみ、存在は与えられる。」

梓「私たちが『ある』っていうことに関心を向けたときにだけ、『ある』っていうことが成立するっていうことかな…。」

―「存在は存在者ではない。」

梓「確かに『ある』っていうこと自体と、『実際に存在しているもの自体』は違うものだもんな…。」

梓「少し分かったような、分からないような…。」

梓母「梓ー、ご飯よ~!」

梓「ダンケ シェーン!!」

38 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/01/02(日) 16:27:41.80 ID:G/VVHofKP
翌日!お昼休み!

純「んで、お昼ご飯の『存在』ってなんだったの?」

梓「ごめんね、純。実は今ハイデガーっていう人の本を読んでて。」

純「どうせそんなことだろうと思ったよ。」

憂「梓ちゃん、分かった?」

梓「ありがとう、憂。ほんの少しだけ分かった。」

純「んで?んで?」

39 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/01/02(日) 16:29:25.97 ID:56IEcMeuO
にゃーんでwwwwwwwwwwww

40 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/01/02(日) 16:43:24.84 ID:G/VVHofKP
梓「まずハイデガーはあるっていうこと自体を示す『存在』と『お昼ご飯』のように実際に存在しているものを示す『存在者』を分けてるみたい。」

純「んで?」

梓「私たちが『ある』っていうことに関心を向けたときに『ある』っていうことが成り立つみたい。」

純「じゃあ私たちが認識しなかったらお昼ご飯は『存在しない』ってこと?」

梓「うーん…。」

憂「私たちが認識していない『もの自体』は扱えないっていうのが現象学の考え方みたいだよ。」

純「あー。」

梓「誰にも知覚されてないものが『客観的に』あるかは確かめようがないじゃん?」

憂「『私たちの前にお昼ご飯がある』っていう現象なら扱えるでしょ?」

純「なるほど。なんとなく分かった。」

41 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/01/02(日) 17:05:20.04 ID:G/VVHofKP
純「で、なんで人間のことを『現存在』とか『ダーザイン』とか難しい言葉を使って言ったの?」

梓「ごめん…。」

純「いや、そうじゃなくて、そのハイデガーっていう人がさ。」

梓「ああ。私たちが了解して初めて『ある』っていうことが成立するわけじゃん?」

純「うん。」

梓「だから『人間』こそが『存在』を成立させる『現場』ってことになる。」

純「あ、なるほど!」

43 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/01/02(日) 17:29:58.93 ID:G/VVHofKP
―「存在了解が現存在に先立つ。」

純「どういうこと?」

梓「『お昼ご飯』とかいろいろなものを『存在者』つまり存在しているものと認める中で、
私たち自身も存在者の一つとして、つまり人間なんだっていう自覚が生まれてくるっていうことだと思う。」

純「なるほど。そう思うとなんか『お昼ご飯』がありがたく思えてくるね。」

憂「うん♪」ニコ

梓「じゃ、食べよ!」

梓憂純「いただきまーす♪」

44 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/01/02(日) 17:37:28.43 ID:l0grIZnTO
古泉が同じようなこと言ってたような気がしないでもない

45 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/01/02(日) 17:53:17.08 ID:G/VVHofKP
>>44
涼宮ハルヒですか?

2、3ページしか読んだことないけど、現象学を意識しているような感覚をうけました。

読んでみようかな。

46 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/01/02(日) 18:06:05.18 ID:vVkSLuRg0
単純に古典的なSFのあれでしょ

47 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/01/02(日) 18:14:07.38 ID:G/VVHofKP
放課後!部室!

唯「私たちの音楽性ってなんだろうね?」

律「うーん…。」

梓「ちょっと待ってください、私たちは、いや、ありとあらゆるものは、『世界』という文脈から切り離されては存在しません。」

律「ほえ?」

梓「例えばこのケーキは食べられることによって『美味しい』とか『甘い』という性質が与えられるのであって、
ケーキ自体が世界から切り離されてその性質を持っているわけではありません。」

澪「お、おう…。」

48 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/01/02(日) 18:28:35.67 ID:G/VVHofKP
梓「世界-内-存在なんです!」

律「うっ!(どうした、急に。)」

梓「私たちだって同じです。練習したり、発表したりできる場があるから『バンド』として成立するわけですし、
聴いてくれる人がいるからこそ『音楽性』が成立するんだと思うんです!」

唯「ああ、なるほど!」

梓「観客-内-バンドだと思うんです!」

49 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/01/02(日) 19:14:16.38 ID:G/VVHofKP
紬「確かにそれは一理あるわ。」

澪「うん!」

律「学園祭も三回目だしな。そういった意味で来てくれる人たちに楽しんでもらいたいな。」

紬「じゃあ『ご飯はおかず』でお客さんとの掛け合いをやってみるとか!」

梓「良いですね!」

………

61 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/01/03(月) 00:12:12.11 ID:9rUu1iOOP
律「っていうか梓はなんでそんなに気合い入ってるんだよ。」

梓「それは…、先輩方にとっては最後の学園祭になってしまいますし、
私も先輩方とライブする最後の機会になってしまいますから…。」

紬「そういえばそうね…。」

澪「そうだよな…。」

澪「梓!私もがんばるよ!」

唯「よく分からないけど私もがんばるよ!」フンスッ

律「(おいおい…、大丈夫かよ…。)」

62 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/01/03(月) 00:28:31.08 ID:9rUu1iOOP
翌朝!

チュンチュンチュン

唯「おばあちゃんおはよー♪」

とみ「あら、唯ちゃん。朝早いのね。」

唯「うん。なんかがんばろうと思って!」フンス

とみ「偉いわね。ジョギングするの?」

唯「うん。早起きすると1日が長いから。1日、1日を大切に過ごしたいと思ったんだ♪」

とみ「そうよね。頑張ってね。」

唯「ありがとう。バイバーイ♪」

とみ「ばいばい。」

63 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/01/03(月) 00:36:38.53 ID:9rUu1iOOP
学校!お昼休み!

憂「お姉ちゃんがんばってるんだよ~。」

純「へぇ~、あの唯先輩が朝からジョギングね~。梓の気持ちが伝わったんじゃない?」

梓「そうかなぁ~。」

憂「きっとそうだよ!」

梓「なんか結果オーライっていう感じもしちゃうけど…。」

純「で、練習も真面目にやってる感じなの?」

梓「いや、そっちは相変わらず。」

純「あはは。その方が軽音部らしいよ。」

梓「もう!人が真剣になってるのに…。」

憂「梓ちゃん…。」

64 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/01/03(月) 00:46:43.42 ID:9rUu1iOOP
放課後!部室!

ガチャ(ドア)

律「たのもーーーー!!」

澪「あ、律。」

律「澪しゃん……。」

澪「どうした?」

律「あの…、どして裸なにょ?」

澪「はぁ?」

律「はぁ?」

澪「じゃあ逆に聞くがさ、なんで律は『服』なんか着てるんだよ?」

律「え?」

澪「え?」

律「いや、それは…。そりゃ服は着ないと…。」

澪「答えられないんじゃないか!」

68 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/01/03(月) 01:38:53.41 ID:9rUu1iOOP
ガチャ(ドア)

唯「やっほー♪」

澪「あ、唯。」

唯「律っちゃん、澪ちゃん…。なんで服着てないの?」

律「じゃあ逆に聞くが、どうして唯は服を着てるんだ?」

唯「律っちゃん…。なんか泣いてない?」

律「泣いとらんわい!さあ、答えろよ!」

唯「なんでって…。恥ずかしいじゃん…。」

澪「常識にとらわれてるんじゃないか!?」

唯「え!?」

澪「『服を着てなきゃ恥ずかしい』っていう世間が与えた常識にとらわれてるんじゃないか!?」

律「ロッカーなら、自分の価値観は自分で見出すべし!!」

70 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/01/03(月) 01:52:08.94 ID:9rUu1iOOP
ガチャ(ドア)

梓「先輩方、こんにち…、は…。」

紬「私みんな全裸で練習するのが夢だったの~。」

梓「(どうしてこうなった!?)」

唯「あずにゃ~ん♪えへへへ~。」

澪「いやあ、梓を見習おうと思ってな。」

梓「どう見習ったらこうなるんです!?」

律「よ~し!梓もさっさと脱いで練習しようぜ!」

梓「どうして脱がなきゃいけないんですか!」

唯澪律紬「じゃあ、どうして服を着なきゃいけないんですか!」

梓「うっ…。」

澪「まさか梓まで『服は着なきゃいけない』っていう既成道徳に縛られて満足するのか。」

唯「見損なったよ~。」

梓「わ、分かりました…。」

71 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/01/03(月) 01:54:54.07 ID:tNQGTj9hO
どうしてこうなったwww

73 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/01/03(月) 02:16:04.31 ID:9rUu1iOOP
ジャジャ!ジャジャ!ジャーン♪

紬「久しぶりにたっぷり練習したわ~。」

唯「うん!やっぱりみんなで合わせるのって良いね!」

梓「全裸ですけどね!」

律「きょうはばっちり合ってたな!」

梓「全裸ですけどね!」

澪「よし!そろそろ下校時刻だし帰るか!」

律「みおしゃん…。」

澪「ん?どうした?」

律「あの…、そのまま帰るの?」

74 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/01/03(月) 02:21:30.74 ID:9rUu1iOOP
澪「何だ律、帰りたくないのか?」

律「いや、その…、全裸で外出るのはちょっと…。」

澪「なんか問題でもあるのか?」

律「いや、普通に警察に捕まるし。」

澪「律もロッカーだろ!国家なんて借り物の権力と法律で私たちを縛る矮小な装置にすぎないんだよ!!」

律「」ビクッ

梓「でもさすがに今澪先輩が捕まってしまうのは困りますし…。」

澪「梓が言うなら仕方ないな。」

律「素直だな…。」

澪「言っとくが別に権力という暴力に屈したわけではないからな!」

唯「う、うん。分かってるよ!」

75 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/01/03(月) 02:27:40.01 ID:KB5pQHR2O
これアレだな
なんていうか…
ただのバカだな!

77 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/01/03(月) 02:30:28.86 ID:tNQGTj9hO
確かにただのバカだwww

79 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/01/03(月) 04:22:53.87 ID:+VOsXMwO0
ホッブスのリヴァイアサンにしてくれ

89 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/01/03(月) 13:35:13.60 ID:9rUu1iOOP
中野家!

梓「先輩方が変わってくれたのは良いんだけど何かが違うんだよな~。」

梓「っていうかなんで『全裸』なんだろう…。」ペラペラぺラ

―「<存在了解>は、現在・過去・未来という時間の場において可能となる。」

梓「ん?どういうことだろう…。『時間』があるから存在を意識するっていうことだよね…。」


91 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/01/03(月) 13:50:57.58 ID:9rUu1iOOP
梓「現存在、つまり人間は動物と違って過去や未来を意識する…、」

梓「現在だけの『生物学的環境』に住んでるだけじゃなくて、記憶や予期も含めた『世界』に開かれてるってことかな…。」

梓「『観客―内―バンド』だとお客さんや、発表する場っていう『今』しかないから、それは『環境』でしかないのかも…。」ぺらぺら

梓「よくわからないけど、私たちの『存在』を意識するためには『時間』という概念がキーになりそうだな…。」

梓母「梓ー、ごはんよー!」

梓「イッヒ リーベ!!」

92 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/01/03(月) 13:58:48.11 ID:poFhOSNJ0
ハイデガーって露出狂なの?

93 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/01/03(月) 13:59:19.34 ID:470FDAxd0
ハイデガー取り上げてる京極の小説どれだっけ
オンモラキ?

94 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/01/03(月) 14:00:47.54 ID:9rUu1iOOP
翌日!お昼休み!

純「梓ー、化学のレポート出した?」

梓「出したよ。純は?」

純「まだー。なかなかはかどらなくてさー。」

憂「明後日までだよ?」

梓「だらしないなぁー。」

純「別にサボってるわけじゃないもん。」プゥ

純「宿題の『期限』なんてなくなれば良いのになぁー。」

梓「『期限』がなくなったらどうせやらないでしょ。」

憂「『期限』がなかったら宿題の『存在』なんて忘れちゃうんじゃない?」

純「もう!」プゥ

梓憂純「あははは。」

梓「(あ、そっか!)」

95 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/01/03(月) 14:03:40.30 ID:9rUu1iOOP
>>92
違います。なぜこうなってしまったのやらwww

>>93
ググったら出てきました。読んでみたいな。

96 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/01/03(月) 14:13:16.22 ID:9rUu1iOOP
放課後!部室!

ガチャ(ドア)

梓「先輩方、お疲れ様です。」

紬「梓ちゃんお疲れ様。」

梓「(よかった。今日は全裸じゃない。)」

律「梓ー、まぁた澪が変なこと言いだすんだよ。なんとか言ってやってくれよ。」

澪「変なことじゃないだろ。」

梓「どうしたんです?」

澪「歌詞を全部書き換える!!」

唯「お菓子を!?」

律「唯はちょっと黙ってて。」

99 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/01/03(月) 14:29:11.05 ID:SV7f+b7y0
つまりノエインを見ろって事ですね
シャングリラとの会話がまんまそんな感じだった気がする

100 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/01/03(月) 14:29:57.88 ID:9rUu1iOOP
梓「なんで書き換えなきゃいけないんですか?」

唯「良い歌詞なのに。」

澪「もうふわふわしてちゃいけないんだよっ!!現実逃避してる場合じゃないんだ!!」

梓「(えぇ~?)」

澪「私たちは現実というこの大地に生きなきゃいけないんだ!」

梓「今までの歌詞全否定じゃないですか…。(どうしてこうなった…。)」

紬「タイトルはどうするの?」

澪「『超人時間(たいむ)』!」

律「は…?」

澪「『超人時間(たいむ)』!!」

澪「あぁ、神様は死んだ~♪ふたりだ~けの、超人タイムくだ~さい♪」

唯律紬梓「……。」

101 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/01/03(月) 14:35:50.76 ID:9rUu1iOOP
>>99
おもしろそうですね。
量子とか並行世界も一度ネタとしてある程度厳密に扱ってみたい。

102 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/01/03(月) 14:39:55.74 ID:9rUu1iOOP
律「まあいいや、練習するぞ!」

紬「うん!」

梓「先輩方、ちょっと待ってください。一つ提案があるんです。」

律「ん?提案?」

梓「はい。」

澪「なんだ?」

梓「学園祭終了後、放課後ティータイムはきっぱり解散しましょう!!」

唯澪律紬「!?」

唯「あ、あずにゃん、どうして!?」

103 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/01/03(月) 15:00:43.48 ID:WAckOSwl0
けいおん知らないけどそれなりに面白いな
とりあげるのがデュルケームの自殺論だったらとか考えるのも一興

104 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/01/03(月) 15:16:05.95 ID:9rUu1iOOP
>>103
社会学も詳しくないので、おもしろそうです。
>>79のホッブスとかもどうなるんだろうと考えるとおもしろい。

105 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/01/03(月) 15:27:26.50 ID:9rUu1iOOP
律「な、なんで解散しなきゃいけないんだよ!」

梓「先輩方にとっては、今度が最後の学園祭ライブです。」

澪「うん。」

梓「私はもう先輩方以外とはバンドを組みたいと思っていません!」

唯「あ、あずにゃん…。」

律「でも大学行ったらまたみんなでバンドできるじゃん?」

梓「『終わり』を先延ばし、先延ばしにするのはよくないと思うんです!」

澪「確かに梓の言う通りかもな…。大学行って組めるかも分からないし、組めたとしても永遠に続けれるわけじゃない。」

唯「でも解散なんていやだよ、あずにゃん…。」

梓「私だっていやです!でも、だからこそ、皆さんといっしょに演奏できる『今』を大切にできるんだと思うんです!」

紬「私も梓ちゃんに賛成!」

律「『今』を輝かせるための解散ってことか!」

梓「はい!」

唯「分かったよ!あずにゃん!」

106 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/01/03(月) 16:00:27.96 ID:9rUu1iOOP
中野家!

梓「これで、よかったんだよね…。」

梓「『時間』を意識することによって、人は初めて自分の存在を意識するんだから…。」

―「『時間化』には<本来性>と<非本来性>とがある。」

梓「どういうこと?『時間』の意識の仕方にも種類があるってこと?」

梓「意識の仕方によって『存在』の浮かび上がり方も違ってくるのかな…。」

梓「なんだろう…。道徳や宗教による規定のことを言ってるわけではないみたいだし…。」

梓母「梓ー、ごはんよー!」

梓「ハイルっ!!」

107 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/01/03(月) 16:43:15.08 ID:9rUu1iOOP
翌日!お昼休み!

梓「純、宿題は終わったの?」

純「うん。なんとか間に合いそう。」

憂「ねえねえ、梓ちゃん。放課後ティータイム解散するの?」

純「え?まじ!?」

梓「うん。学園祭終わったらね。」

梓「やっぱ唯先輩ショック受けてた?」

憂「うん…。でも『学園祭まで一日一日大切にする!』って言ってなんか輝いてたよ。」ニコ

純「へぇ~。」

梓「よかった。でもなんか勝手なこと言っちゃったな~。」

憂「解散は残念だけど、お姉ちゃん練習もがんばってたしよかったんじゃないかな?」

梓「そうだよね!」

108 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/01/03(月) 16:53:15.03 ID:9rUu1iOOP
放課後!

梓「(先輩たち、一生懸命練習してるかな…。)」

ガチャ(ドア)

律「お、梓!」

紬「梓ちゃん、お茶はいったわよ~。」

梓「(うっ!いつもと変わってない…。)」

109 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/01/03(月) 16:55:26.60 ID:9rUu1iOOP
梓「先輩方、練習しないんですか…?」

唯「『私たちらしさ』ってなんなのか、考えてみたんだよ。」

澪「こうやって毎日お茶してる時間も、私たちにとって大切な時間なんだって思ったんだよ。」

梓「はあ、確かに…。」

紬「今日はモンブランなの~。」

梓「(なんだかほっとする。確かにこれも、『放課後ティータイムらしさ』なのかも。)」

律「梓、なんか嬉しそうだな!」

梓「え?あ、はい!」ニコ

律「三時半からはみっちり練習するからな!」

梓「はい!」

110 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/01/03(月) 17:53:30.15 ID:EKB2s/vO0
正月暇だから
もしも桜高軽音部ギター担当がカール・シュミットを読んだら
もしも桜高軽音部ギター担当がバタイユを読んだら
もしも桜高軽音部ベース担当が北一輝を読んだら
あたり書こうとしたら、すでにハイデガーでやってるとわ
とりあえず>>1は最後まで頑張れ

111 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/01/03(月) 17:58:03.28 ID:9rUu1iOOP
中野家!

梓「今日はなんだか充実してたなぁ。」ペラペラ

-「<本来性>とは、『死』のような未来における不可避な『終わり』を意識して、過去をとらえ直し、現在を位置づけるような時間化である。」

梓「重いな…。じゃあ『死』のような終わりから目を背けて『今が楽しければいい』っていう感じでとらえてしまうことが『非本来性』っていうことになるのかな…。」

梓「確かに未来から目を背けてたら、過去をとらえなおそうとは思わないよね…。」

梓「『今』しか見えてなかったら動物といっしょだし、『自分の存在』なんて意識しないもんね…。」

梓母「梓ー、ご飯よー!」

梓「はーい。今行く~。」

112 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/01/03(月) 18:14:50.12 ID:9rUu1iOOP
>>110
支援するのでぜひ書いてください!


私も他にも、

もし軽音部ベーシストがニーチェの「ツァラトゥストラ」を読んだら

もし軽音部ドラマーがガウスの「整数論」を読んだら

もし軽音部ギタリストが「ブリハッドアーラニャカ・ウパニシャッド」を読んだら

もし軽音部キーボードが「エロ本」を読んだら

あたりを考えていたのですが、なかなか難しいですね。

113 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/01/03(月) 18:31:04.73 ID:9rUu1iOOP
翌朝!

チュンチュンチュン

唯「今日も朝日が気持ちいいなぁ~。」

唯「でもこの太陽が沈んだら『今日』も終わっちゃうんだね…。」

唯「よし!今日も素敵な1日にしよう!」フンスッ!

とみ「あ~ら、唯ちゃん。」

唯「あ、おばあちゃん♪」

とみ「じょぎんぐ、続いてるのね。偉いわぁ~。」

唯「ありがとう。えへへ~。」


121 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/01/03(月) 21:04:08.20 ID:9rUu1iOOP
放課後!部室!

梓「」カキカキカキ

-「ライブ(解散)まであと3日!!by軽音部」(ホワイトボード)

律「おお、なんかリアルな感じだな。」

紬「いよいよって感じがするわ~。」

唯「1日もムダには過ごせないね!」

梓「時間がないところ、恐縮なのですが、最後の提案があるんです。」

澪「ん?なんだ?」

梓「解散するにあたって軽音部の二年半の軌跡をスライドにまとめたいと思うんです!」

律「お!いいな、それ!」

122 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/01/03(月) 21:18:12.79 ID:9rUu1iOOP
梓「以前、インストやりたいっていう話がありましたよね?」

梓「私たちの演奏をバックに二年半の軌跡を綴ったスライドを放映したらいいと思うんです!」

唯「いいね!いいね!」

律「曲は何にする?」

紬「私『ふでぺん』がいいなあ。」

梓「私も『ふでぺん』に賛成です!」

唯律「うん!」

澪「『ふでぺん』なんだけど、曲名、『エクリチュールと差異』に変えたいんだけど。」

律「勝手にしろ…。」

123 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/01/03(月) 21:32:20.67 ID:9rUu1iOOP
紬「スライドはどうする?」

梓「澪先輩かLOMOで撮った写真を中心にまとめたらいいんじゃないかと思います。」

唯「うん、いいね!」

澪「っていうか時間足りなくないか?」

律「それならだいじょぶだ。私も最後だから何かしなきゃって思って、和とさわちゃんにお願いしてあるから。」

ガチャ(ドア)

唯「和ちゃん!」

律「今ちょうど学園祭ライブの時間の話してたんだ。」

和「そうなんだ。」

梓「いいんですか?」

和「今や放課後ティータイムは桜高全生徒に愛されるバンドだから、誰もダメとは言わないわよ。」

唯「和ちゃんありがと~!」抱き

127 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/01/03(月) 22:01:51.27 ID:9rUu1iOOP
和「それじゃあ、私生徒会行ってくるから。」

梓「ありがとうございます。」

和「なにか協力できることがあったら言ってね。」

澪「いつもありがとうな。」

律「よし、じゃあさっそく準備に取り掛かるか!」

梓「はい!」

128 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/01/03(月) 22:19:20.32 ID:9rUu1iOOP
学園祭ライブ当日!

律「いよいよだな!」

梓「はい!もう悔いはありません!」

紬「変更点は曲順だけね。」

澪「やっぱり最後はU&Iが良いだろ。」

唯「なんか緊張してきたよ…。」

律「はじめてライブした時は全然緊張しなかったくせに。」

唯澪律紬梓「あはははは。」

― 和「それではお待ちかね、桜高目玉ユニットの放課後ティータイムによる演奏です!」

観客「わーー!!」

開幕!

律「ワン、ツー、スリー!」

ふでペン~ボールペン♪
http://www.youtube.com/watch?v=V1HWpKPCNGw

129 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/01/03(月) 22:32:07.49 ID:ibE0hzMr0
とりあえず、わかりやすい筋書きとしては、
けいおん部に何らかの存在の危機を与えて、
自己の有限性を自覚せしめて、
先駆的覚悟性をもって未来に臨むようなサクセスストーリーだな。

これでもハイデガーの思想はストーリーに生かし尽くせないが。

130 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/01/03(月) 22:51:49.52 ID:9rUu1iOOP
澪「ふでペンfufu♪ふるえるfufu♪はじめてキミへのグリーティングカード♪」

h1t4yy

唯「(入部当初の写真だ!)」

h25h5hj

紬「(みんなでバイトしてギター買ったりしたわ~。)」

h3y53uu

律「(初めて合宿行った時の写真だ)」

澪「情熱をにぎりしめ 振り向かせなきゃ♪」

タタタタン♪

澪「愛をこめてスラスラとね♪さあ書きだそう♪受け取ったキミに幸せがつながるように♪」

………



131 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/01/03(月) 22:56:40.16 ID:9rUu1iOOP
>>129
飽くまで「もし読んだら」で書いてるからっていうのもあるんですけど、
確かにそこまでしないとハイデガーらしさっていうのは出てこないかもしれませんね。

それから「存在の危機」って後のヤスパースなんかで色濃くなっていくニュアンスだと思ってたんですけどどうなんでしょう?

132 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/01/03(月) 23:05:33.30 ID:9rUu1iOOP
唯「改めまして、放課後ティータイムです。みんなのおかげでこうやってライブをすることができます。」

観客「澪もなんか言って~!」

澪「あ、ありがとう…。」

観客「きゃー!!」

唯「放課後ティータイムは、本日をもって解散します!!」

観客「えええ!?」

唯「思えば、素敵な素敵な3年間でした!」

観客「放課後ティータイムー!!」

唯「それでは次が最後の曲です!もっと演奏していたいんだけど、時間が来ちゃいました。」

………

133 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/01/03(月) 23:29:17.68 ID:9rUu1iOOP
唯「それでは最後の曲、『U&ダーザイン(現存在)』!」

U&I(バラードリミックス)♪
http://www.youtube.com/watch?v=HOjDRoQ46gU

唯「キミがいないと何にもできないよ~♪キミのご飯が食べたいよ~♪」

h4hh

h52hn

唯「(あずにゃんが入部した時の写真だ!)」

唯「(晴れの日にも雨の日も♪キミはそばにいてくれた♪)」

h6tten

h7rrwrt

紬「(本当に…、楽しかったわ…。)」

唯「想いよ~♪届け~♪」

134 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/01/03(月) 23:45:13.73 ID:9rUu1iOOP
ライブ後!部室!

唯「大成功…、だよね…。」

澪「なんか、あっという間だったな。」

紬「きっと、死ぬときもおんなじこと思うんだわ…。」

律「お、重いぞ、ムギ!」

紬「でも今回のライブみたいに、一生懸命生きていけば悔いなんて残らないんじゃないかと思うの。」

唯「だって!すっごく楽しかったもんね!」

梓「はい!」

澪「今までで、最高のライブだったな!」

紬「うん!」

135 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/01/03(月) 23:50:22.25 ID:9rUu1iOOP
律「思い出してみると、最高の高校生活だったな。」

澪「うん。これからも、いろんなことがあるんだろうな。」

唯「つらいことも楽しいこともね。」

律「受験だってあるしな。」

紬「でも私たち、一生懸命生きていける!」

唯澪律梓「うん!」

136 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/01/03(月) 23:52:38.02 ID:9rUu1iOOP
律「本当に、これでおしまいなんだな…。」

澪「わ、私は泣かないからな!」グスッ

紬「私も大丈夫!」

唯「ふたりとも泣いてるじゃ~ん!」グスッ

梓「唯先輩が一番泣いてます!」

律「そういう梓だって。」

唯澪律紬梓「あはははは。」

137 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/01/03(月) 23:56:38.01 ID:9rUu1iOOP
タン、タン、タン(階段)

和「唯たち、いい顔してましたね。」

さわ子「みんな、輝いてたわ。」

ガチャ(ドア)

さわ子「みんなーー!!」

唯澪律紬梓「」すー、すー、

時計「」カチ カチ カチ カチ…

和「幸せそうな顔。」



おしまい。

138 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/01/04(火) 00:30:51.22 ID:w1/Jz98gP
レスが全く着かないというのも性質的ダメージが大きいですね…。

それでも途中まで読んでくださった方々、保守してくださった方々もいらっしゃったので、
この場を借りてお礼申し上げます。

『馴れ合い』は嫌われることを承知しながらも、今回は意図的にやりとりをするようにしました。
それも良くなかったのかもしれませんね。

いろいろと反省をして、次に活かしたいと思います。

139 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/01/04(火) 00:39:50.76 ID:8DY51fdN0
気付かなかった>>1
さあ次を書く作業に戻るんだ

140 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/01/04(火) 00:42:16.60 ID:w1/Jz98gP
>>139
ありがとうございます。
次は…、エロ本ですか?

141 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/01/04(火) 00:46:03.51 ID:8DY51fdN0
孫子希望
北一輝でもいいよ

142 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/01/04(火) 00:51:06.36 ID:HhtfbeIg0

「」の終わりに。付けちゃダメよ

143 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/01/04(火) 00:58:17.01 ID:w1/Jz98gP
>>141
孫子おもしろそうですね。
北一輝はさっきレスくれたひとが書いてくれると思います。

>>142
なんか変なこだわりでつけちゃうんですよ…。

144 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/01/04(火) 01:10:38.24 ID:wkIvQ7Up0
別に。つけてる小説いくらでもあるしいいのよ?

145 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/01/04(火) 01:19:23.15 ID:0W3DmaHkP
他はともかく整数論でどう発展させるんだよw

146 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/01/04(火) 01:35:37.93 ID:w1/Jz98gP
>>144
ありがとうございます。

>>145
見切り発射で自分を追いつめるのが私のスタイルなのですが、
それがいつもあだとなってますね。
整数ネタだとフェテイシズムを感じて現実との関連を突き詰めていくパターンか、
発狂するパターンくらいしか思いつきませんね。

以前書いたのと代わり映えなくなってしまいますが、数学ネタはぜひまたやりたいんですよ。

147 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/01/04(火) 01:38:59.39 ID:8DY51fdN0
数学だったら宗教哲学と結び付けるのが王道なのでは

148 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/01/04(火) 01:40:15.77 ID:w1/Jz98gP
>>147
教父哲学とかスコラ哲学ですか?

149 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/01/04(火) 01:59:44.18 ID:3yaMZbpd0

個人的にはフロイトとかの心理学系の話を希望したいな

150 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/01/04(火) 02:13:07.32 ID:w1/Jz98gP
>>149
ありがとうございます。
実はラカンという精神分析学者(もとはフロイト派の人)がじこと他者の関係を説明すりときに、
フィボナッチ数列と黄金比を用いているのですが、整数論とのからみを書いたら面白いのではないかと
思っていました。

精神分析は潜在意識のドロドロとしたものを描いたりするのもおもしろそうですね。

151 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/01/04(火) 02:50:23.29 ID:19fCigfV0
ラカンを読みたいのでお勧め本教えてください!!!

152 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/01/04(火) 03:03:37.10 ID:w1/Jz98gP
>>151
ごめんなさい、ラカンは私も勉強中なんです。

講談社現代新書の「ラカンの精神分析」(新宮一成)が私なりに読みやすいと思って、
読んでいます。

どなたか他にお勧めがありましたら教えてください。

153 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/01/04(火) 05:04:58.83 ID:w1/Jz98gP
では、そろそろ黄泉の国へ還りす。

どなたか力のあるかた、「もし~読んだら」など、是非書いてください。

全力で支援します。

では、さようなら。

154 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/01/04(火) 08:50:01.56 ID:YroOkqOL0
おつ

156 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/01/04(火) 08:57:50.47 ID:Cfl2I3/RO
おちゅ

162 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/01/04(火) 13:47:54.71 ID:hAC2cGo30
ハヤテライガーに見えた

存在と時間〈1〉 (中公クラシックス)
ハイデガー
中央公論新社
売り上げランキング: 160269
関連記事
2011/01/06 04:01 | CM(1) | けいおん! SS
    コメント一覧
  1. 電車男。 [ 2012/08/03 16:03 ]
  2. ハイデッガーは善意だよ。
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

インバリアントへようこそ
インバリアント -SSまとめサイト-
管理人:こばりあんと



  • About
  • 記事一覧
  • Twitter
  • まとめ依頼
  • ランダム SS
カテゴリ
アーカイブス

2018年 02月 (25)
2018年 01月 (7)
2017年 12月 (3)
2017年 11月 (22)
2017年 10月 (11)
2017年 09月 (2)
2017年 08月 (161)
2017年 07月 (180)
2017年 06月 (139)
2017年 05月 (311)
2017年 04月 (157)
2016年 02月 (1)
2015年 12月 (1)
2015年 05月 (261)
2015年 04月 (295)
2015年 03月 (305)
2015年 02月 (259)
2015年 01月 (283)
2014年 12月 (275)
2014年 11月 (287)
2014年 10月 (285)
2014年 09月 (262)
2014年 08月 (264)
2014年 07月 (262)
2014年 06月 (223)
2014年 05月 (218)
2014年 04月 (209)
2014年 03月 (185)
2014年 02月 (172)
2014年 01月 (191)
2013年 12月 (184)
2013年 11月 (183)
2013年 10月 (180)
2013年 09月 (153)
2013年 08月 (141)
2013年 07月 (154)
2013年 06月 (146)
2013年 05月 (152)
2013年 04月 (148)
2013年 03月 (130)
2013年 02月 (111)
2013年 01月 (123)
2012年 12月 (127)
2012年 11月 (120)
2012年 10月 (127)
2012年 09月 (117)
2012年 08月 (120)
2012年 07月 (122)
2012年 06月 (116)
2012年 05月 (122)
2012年 04月 (121)
2012年 03月 (123)
2012年 02月 (116)
2012年 01月 (122)
2011年 12月 (118)
2011年 11月 (113)
2011年 10月 (119)
2011年 09月 (110)
2011年 08月 (118)
2011年 07月 (118)
2011年 06月 (118)
2011年 05月 (123)
2011年 04月 (124)
2011年 03月 (117)
2011年 02月 (95)
2011年 01月 (109)
2010年 12月 (119)
2010年 11月 (110)
2010年 10月 (120)
2010年 09月 (74)
2010年 08月 (87)
2010年 07月 (113)
2010年 06月 (72)
2010年 05月 (67)
2010年 04月 (3)

SS検索
Ads
最新記事
Ads2
人気SSランキング