HEADLINE

エルシィ「・・ふぁ・・・・にいさまぁ・・・んんっ・・・・・」

1 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/12/07(日) 22:11:35 ID:f6gYjdsA



麻里「桂馬。あんた、責任取ってあげなさいよ・・・」

桂馬「そうだな。よっきゅんも僕と結婚を望んでるみたいだし・・・責任は取るべきか」

麻里「こういう会話は家族でするっていうのは気が進まないんだけどさぁ・・・って!話聞きなさい!」ペシッ

桂馬「イテッ・・・はいはい、責任ってなんの話だよ・・・ったく、今季のギャルゲーは山ほど残っているっていうのに僕の都合も考えろよ、現実!」

麻里「エ、エルちゃんの部屋から・・・最近、桂馬の名前と一緒に、あ・・・喘ぎ声が聞こえるのよ・・・・///」

桂馬「そうか。大変だな。じゃあ待っててくれ、瑞希ちゃん!今から水族館だな!シークレットパスワードなんて僕の情報量の前じゃなんの抵抗にもならないさ」



2 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/12/07(日) 22:12:44 ID:f6gYjdsA



桂馬「ば、ばい・・・ひょうでふね。エルシィが・・・・自慰行為をしていふらしいんでぶね・・」ボロボロ

麻里「あんた、もしかして何かした?」

桂馬「何もしてないぞ。兄らしいことも、世話も勉強を教えることも、何もかも」

麻里「・・・・・なんであんたは何もしてあげてないの」

桂馬「僕が人に優しくするような人間に見えるか?」

麻里「時々あんたが人間なのか疑うわ」


3 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/12/07(日) 22:13:40 ID:f6gYjdsA


桂馬「ともかくエルシィが発情期だかなんだか分からんが、僕の知ったこっちゃない」

麻里「あんたねぇ・・・」

桂馬「考えてみろ。近所のおっさんが母さんで発情してたらどうだ?」

麻里「あ、いや・・・・まぁそうね。桂馬の言う通りだわ。というか息子からそんなこと言われると、なんだかこしょばゆいわね・・・」

桂馬「放置しとくのが一番だ。飽きたら適当にまたバカをやって現れるだろう」

麻里「まぁあんたに任せるわよ」

桂馬「任すな」


4 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/12/07(日) 22:14:41 ID:f6gYjdsA




麻里「エルちゃんご飯よー!リビング来なさーい!!」


『ふぇ!?あわわっ!!イタタ・・・ふぁ、ふぁーい!!』


桂馬「あいつ、最近学校と店の手伝い以外だと部屋にこもっぱなしだな・・・」

麻里「あら、やっとエルちゃんの事を考えてくれてるみたいね」

桂馬「考えてるわけじゃない。たまたま気になっただけだ」

麻里「というか・・・やっぱり今も」

桂馬「なんで僕がエルシィの発情期について考えなきゃならないんだよ・・・そんなのギャルゲーでも有り得ないぞ」


5 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/12/07(日) 22:15:29 ID:f6gYjdsA


麻里「はぁ・・・娘を持つとこんな困難があるなんてね」

桂馬「母さんにもこんな時期があったのか?」

麻里「私は兄がいなかったから、兄で自慰行為なんて・・・・・って、何を言わせてるのよ///!?」

桂馬「いや、兄かどうかなんてどうでもいい。発情期があったかどうか聞いているんだよ。母さんの経験談で解決法とか見つかるだろ」

麻里「は、はぁ///!?・・・・・そりゃ・・・まぁあそこまで声は出してなかったけど、学生の頃は・・・・まぁまぁ・・・」

桂馬「元ヤンのくせにな」

麻里「あんたのゲーム機を今日の夕飯のお皿にしようかしら」


6 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/12/07(日) 22:16:34 ID:f6gYjdsA


桂馬「悪い」

麻里「いいわよ。その代わりエルちゃんを・・・・」

桂馬「あぁ、じゃあさっきの続きだ。解決法は?」

麻里「・・・・んー?何かをしていれば、その気がなくなってたわね。夜までバイクで走ってたら、帰ってお風呂入って、気付いてた頃には寝てたし」

桂馬「そうか・・・そうだな。僕も自慰行為をしたことないし、それは多分ゲームに夢中だから、その気にならないんだな」

麻里「いや、多分も何も・・・・あんたの頭の中はゲーム100%だから・・・」

桂馬「母さんは自分の息子をなんだと思っている。僕にも睡眠の為に時間を費やしているぞ」


7 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/12/07(日) 22:17:27 ID:f6gYjdsA


麻里「言ってて恥ずかしくないの?」

桂馬「寧ろ誇らしいな」

麻里「もう私が恥ずかしいわよ・・・こんな子を将来社会に出すなんて・・・・・」


ばたんっ!


エルシィ「はぁはぁ・・・遅れてすみません///」

麻里(顔が真っ赤・・・・こりゃ確信犯だわ)

桂馬「お前が夕食の準備をしないせいで、僕が手伝わされたじゃないか。ゲームの時間が失われたんだぞ」

麻里(さすが私の息子ね。この状況でもいつも通りだわ!・・・・・・・・・・いや、なんでこの状況でもいつも通りなのよ・・・)


8 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/12/07(日) 22:18:48 ID:f6gYjdsA


エルシィ「はうっ・・・も、申し訳ありません///はぁはぁ」

桂馬「・・・・・・」

麻里「あ、明日からはエルちゃんも桂馬と一緒に準備してあげてね」

エルシィ「は、はい・・・申し訳ありません。お手を煩わせてしまいましてぇ・・・・」腕ギュゥ

桂馬『なぁ、母さん』ボソッ

麻里「あらあら、仲良しなのね!2人とも」

桂馬『ねぇ、母さん』ボソッ

麻里「エルちゃんちょっと体調悪そうだから、桂馬は席まで送ってあげなさい」

桂馬『おい、母さん』ボソッ

麻里「ほらほら、桂馬もお兄ちゃんでしょ?それくらいやってあげなさい」


9 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/12/07(日) 22:19:45 ID:f6gYjdsA


桂馬『おい、人生初の息子からのお願いだぞ!』ボソッ

麻里「もう桂馬(オカアサンハ)ったら、そんなに睨(サスガニタスケレナイ)んでどうしたのよ、怖(ゴメンネ)いわよ?」

桂馬『読み仮名みたいに文字を振るな』ボソッ

エルシィ「えへへ・・・にいさまの腕あたたかい・・・・・良いにおい・・・にいさまのにおいですぅ・・・・///」スリスリ

桂馬「そんなくっつくなよ・・・ゲームがしにくい」

麻里「うふふ・・・今夜はお鍋よ。やっぱり冬には鍋よね」

エルシィ「あっ・・・おいしそうですねぇ。いただきまぁす・・・・」


10 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/12/07(日) 22:21:09 ID:f6gYjdsA


桂馬「早く腕から離れろ、ばかっ」

エルシィ「えうっ///」

麻里『ねぇ・・・桂馬・・・・・・?』ボソッ

桂馬『何?クリスマスプレゼントは新型PFP?』ボソッ

麻里『あんたは冷静が売りでしょ、クールになりなさい』ボソッ

桂馬『いや、もう僕は無理だ・・・とにかくこの時間が終わって欲しい・・・・・早く終われよ、このクソゲーが!』ボソッ

麻里『・・・・・・逃げないで』ボソッ

桂馬『いやだって、こいつ・・・』ボソッ

エルシィ「えへへ・・・・そうなんですぅ・・・私は、バカなんですぅ///」スリスリ

桂馬『マゾだぞっ!やってられるか!僕は完全に専門外だぞ!』ボソッ


11 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/12/07(日) 22:22:44 ID:f6gYjdsA


麻里「こらこら、エルちゃん?ご飯中くらいは行儀良くしなさい。桂馬もゲームは置く」

桂馬「そうだぞ。離れろ、ご飯が食いにくい」

麻里「あらまぁ!桂馬がご飯を自ら進んで食べようだなんて!明日は雪ね」

桂馬「今は冬だから雪なんて普通だろ・・・」パシッ

エルシィ「あぁん・・・・にいさまぁ・・・」

麻里「・・・・・・」

桂馬「・・・・・・」


12 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/12/07(日) 22:24:07 ID:f6gYjdsA


エルシィ「今夜・・・・じゃあ、今夜にしよう・・・鍵なら・・簡単に・・・・・ボソボソ・・・えへ、にいさまぁ・・・ボソッ」

桂馬「悪い!母さん!行儀が悪くたっていい!!僕はエルシィとくっついてご飯が食べたいんだっ!!」ギュゥ

麻里「そ、そうね!!兄妹は仲良しが1番!!今夜は鍋だし、フレンドリーかつスキンシップが大事ね!無礼講よっ!!」

桂馬「ハハハっ!母さん何を言っているか分かんないけど、僕は僕の好きなようにするよ!!」

エルシィ「ふぇ///?・・・・に、にいさま?」

桂馬「悪いな。これは古来日本から伝わる鍋の文化なんだ」

エルシィ「へ?こらいにほん?なべのぶんか?」

桂馬「あぁ、そうこれは第二次世界大戦前の一般的な核家族では鍋を催した時は必ず行われた文化、若しくは儀式と呼べる行為だ。人々は災害から家を護るお祈りのようなものとして鍋の際に兄妹は離れず食事を過ごすという行為を行った。この行為の意味は、不慮の災害で同時に亡くなってしまったとある兄妹。この二人は仲良くなかったんだ。仲良くない兄妹というのを神様は嫌いらしいんだ。そして神様は鍋を催した時にだけ、その家族の様子を見るらしい。サンタが人間の子供を見て良い子にしてるな、と確認するのと似たり寄ったりなものだ。そして、そんな条件を成してか、鍋を食す時は兄妹は仲良くするように、と昔から言われてる」

麻里「そ、そうだったわね。私としたことが忘れてたわ」


13 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/12/07(日) 22:25:27 ID:f6gYjdsA


エルシィ「えへへ・・・にいさまと合法的に仲良く出来る日がこんなに身近にあったんですね・・・・・素晴らしいですぅ///」スリスリ

桂馬「まったく・・・これだからバカは」

麻里(瞬間的にこんなの意味不明かつ意味深妙っぽい言い訳を思い付いたわね。というか、バカはあんたね)

桂馬(瞬間的にこんな意味不明かつ意味深妙な言い訳を思い付いた僕はさすがと言えよう。というか、バカは僕だ)

エルシィ「はうぅ・・・ちょっとお花をつみに行ってきます・・・・///」パタパタ

桂馬(ちくしょう・・・バカなんて言わなきゃ良かった)

麻里「あらあら、身体が冷えちゃったのね。行ってらっしゃい」

エルシィ「い、いえ!寧ろ火照ってます!!」

桂馬・麻里「お、おう・・・」


14 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/12/07(日) 22:26:24 ID:f6gYjdsA


ばたんっ!


桂馬「母さん・・・僕さ、やっぱりゲームの世界に行きたいんだ」

麻里「大丈夫よ、桂馬!これさえ・・・これさえ乗り切れば母さん1年分くらいゲームいくらでも買ってあげるから!だから、これさえ頑張って乗り切って!!お願い!私達は家族よ!大丈夫!」

桂馬「1年分・・・・。仕方無い・・・僕は貞操を守りつつ、エルシィを上手く受け流す術を・・・・・少し無理ゲー臭がするな。あいつ、頭が弱いだけで、他は普通に人間的にはチートだからな」

麻里「・・・・・わ、私的には大丈夫よ?桂馬とエルちゃんが結婚しても?社会的にはどうかと思うけど・・・ほ、ほら異母兄妹だし」

桂馬「母さん落ち着け。異母兄妹は結婚出来ないっ!」


15 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/12/07(日) 22:27:38 ID:f6gYjdsA


麻里「なら、お父さんと一緒に外国へ出て、そこで・・・」

桂馬「僕が嫌なんだ!ギャルゲーは日本の文化だぞ!外へ出るなんてもっての外だ!」

麻里「じゃあどうすれば良いって言うのよっ!!」

桂馬「やはり母さんの言った解決法だ。あいつが何か別のものに欲を向かわせれば・・・・」


がちゃ!


エルシィ「えへへ、すっきりしました///」

麻里(何が、かしら)

桂馬(何が、だよ)


16 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/12/07(日) 22:28:58 ID:f6gYjdsA


もぐもぐ・・・


エルシィ「ふーふー・・・ほらほら、にいさま。冷ましてあげましたよ?」

桂馬「だからどうした?勝手に食ってろ」

エルシィ「あーんしてください」

桂馬「嫌だ」

エルシィ「あーんしてください」

桂馬「嫌だ」


17 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/12/07(日) 22:30:25 ID:f6gYjdsA


エルシィ「・・・・・鍋の文化に背いたら神様に呪われちゃう・・・なら、今夜のうちに・・・・にいさまを夜這いして・・・」

桂馬「あむっ・・・うん、エルシィが冷ましてくれた鍋は上手いな。こう・・・エルシィの吐いた二酸化炭素が表面に張り付いて、その・・・・三ツ星レストラン並みだな」

麻里(二酸化炭素がなんになるのよ・・・・今日ほどあんたを見て可哀想だと思った日は無いわ・・・。こんな無力なお母さんで、ごめんね)

エルシィ「うふふ、にいさまったら・・・ほっぺたにご飯粒付いてますよ」

麻里「あらホントね。桂馬?こっち向」

エルシィ「ふぇ・・・」

麻里「こっち向くなっ!死ぬわよ!」

桂馬「母さん!?」


18 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/12/07(日) 22:31:45 ID:f6gYjdsA


エルシィ「じゃあじゃあ・・・仕方無いですね!ここは鍋の文化に沿い神様に良き兄妹の姿を見せる絶好のチャンスでもあります!では、いきますね!」

桂馬「いきますって・・・・は?」

麻里(南無三・・・)

エルシィ「んちゅっ・・・・」

桂馬「///!?」

麻里(あら、桂馬が顔を紅くするなんて珍しいわね。可愛いわ、写メっときましょう)Pashya

桂馬「ちょっ、や、やめっ・・・!!」


19 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/12/07(日) 22:32:53 ID:f6gYjdsA


エルシィ「はむっ・・・ちうちう・・・・・」

桂馬「もう取れただろ!やめろよ!吸うな吸うな!気持ち悪い気持ち悪い気持ち悪い気持ち悪い気持ち悪い!!!」

エルシィ「ぺろぺろ・・・・」

桂馬「うわぁぁあああ!!」


どんっ!!


エルシィ「きゃぁっ!」

桂馬「ば、ばか!やめろって言っただろうが!!」


20 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/12/07(日) 22:33:35 ID:f6gYjdsA


エルシィ「え?私はそんなこと言ってませんよ?」

桂馬「お前が言ったんじゃない!僕が言ったんだ!お前の頭の中は花畑か!」

エルシィ「・・・・・?え、言いました?」

桂馬「い、言ったぞ!あほがっ!」

エルシィ「ふぁっ///」ピクン

桂馬「・・・・うざぃ・・じゃなくて、僕はなエルシィが嫌いなわけじゃない。でも、そういうのをしてくるエルシィが気持ち悪・・じゃなくて、エルシィにそういうのをされるのは恥ずかしいんだよ!」

麻里「やだ・・・試行錯誤の末、最終的に物凄く可愛い答えになったわね」


21 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/12/07(日) 22:34:54 ID:f6gYjdsA


エルシィ「兄妹なら、ほっぺにちゅーくらい当たり前です」

桂馬「どこ現実の情報だよ!というか、これはほっぺにちゅーのイベントじゃないだろ!ご飯粒を取るイベントだ!ヒョイパクで終了だ!その少ない脳みそでも理解できるだろ!」

エルシィ「はぁはぁ・・・低脳ですみません。宜しければ、今夜にでも私にお仕置きを///」

桂馬「~~~っ!!」

エルシィ「にいさまになら、何をされてもいいですから!椅子にでもさせてください!腕置きでも足置きでも構いません!なんなら、お風呂は私の舌で済ますというのはどうでしょう!?」


どかっ!


桂馬「イテッ!おい!いきなり押し倒すなっ!!」

麻里「え、エルちゃん!?」


22 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/12/07(日) 22:35:54 ID:f6gYjdsA


エルシィ「はぁはぁ妄想が止まりませんっ///今日のにいさまは全てが緩いので簡単に犯せそうですぅ・・・それに私にとても好意的でこれはあれですね、フラグですよね!そうですよね!あぁ、ついに相思相愛になれるのですね!私はいつもいつもいつもいつもいつも!にいさまが他の女性を落とすのを見るのが心苦しくて辛かったです!でも、今日でやっと変われますぅ///」

桂馬「エルシィ待て!落ち着け!落ち着けば消防車来るぞ!そうだ!今度の休日に消防署に行こう!許可を貰って乗らしてもらおうな!なぁ!?」

エルシィ「消防車なんかより、にいさまですぅ!最近はにいさまの事考えながらしか満足出来ないんです!にいさまの事を思うだけで、にいさまに触るだけで私の身体は常に絶頂になれるんですぅ!あぁっ///にいさまぁ!愛してます!大好きですぅ!」ギュゥ

桂馬「う、うわぁぁあああ!!」


23 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/12/07(日) 22:37:07 ID:f6gYjdsA







パタンっ・・・



栞(ほわぁわぁ///同人誌って読んでみたけど、こんなのなんだぁ!同じ本なのに全然感じが違うよぉ・・・)



おわり


24 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/12/07(日) 23:46:33 ID:BjG0Y50M
あれ?栞のターンはまだかな?


25 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/12/08(月) 16:48:36 ID:08luAbtA

やはりエルシィは悪魔で天使


26 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/12/08(月) 18:39:45 ID:V473V.Lo
実際エルシィならにーさまにはちひろさんがとか言うからね


転載元

エルシィ「・・ふぁ・・・・にいさまぁ・・・んんっ・・・・・」

http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1417957895/







関連記事
    コメント一覧
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

インバリアントへようこそ
インバリアント -SSまとめサイト-
管理人:こばりあんと



一言:wow fantastic baby...

  • About
  • 記事一覧
  • Twitter
  • まとめ依頼
  • ランダム SS
カテゴリ
アーカイブス

2017年 05月 (281)
2017年 04月 (157)
2016年 02月 (1)
2015年 12月 (1)
2015年 05月 (261)
2015年 04月 (295)
2015年 03月 (305)
2015年 02月 (259)
2015年 01月 (283)
2014年 12月 (275)
2014年 11月 (287)
2014年 10月 (285)
2014年 09月 (262)
2014年 08月 (264)
2014年 07月 (262)
2014年 06月 (223)
2014年 05月 (218)
2014年 04月 (209)
2014年 03月 (185)
2014年 02月 (172)
2014年 01月 (191)
2013年 12月 (184)
2013年 11月 (183)
2013年 10月 (180)
2013年 09月 (153)
2013年 08月 (141)
2013年 07月 (154)
2013年 06月 (146)
2013年 05月 (152)
2013年 04月 (148)
2013年 03月 (130)
2013年 02月 (111)
2013年 01月 (123)
2012年 12月 (127)
2012年 11月 (120)
2012年 10月 (127)
2012年 09月 (117)
2012年 08月 (120)
2012年 07月 (122)
2012年 06月 (116)
2012年 05月 (122)
2012年 04月 (121)
2012年 03月 (123)
2012年 02月 (116)
2012年 01月 (122)
2011年 12月 (118)
2011年 11月 (113)
2011年 10月 (119)
2011年 09月 (110)
2011年 08月 (118)
2011年 07月 (118)
2011年 06月 (118)
2011年 05月 (123)
2011年 04月 (124)
2011年 03月 (117)
2011年 02月 (95)
2011年 01月 (109)
2010年 12月 (119)
2010年 11月 (110)
2010年 10月 (120)
2010年 09月 (74)
2010年 08月 (87)
2010年 07月 (113)
2010年 06月 (72)
2010年 05月 (67)
2010年 04月 (3)

最新記事
Ads
人気SSランキング
アクセスランキング