HEADLINE

かずにゃん「あずにゃんにゃん!」梓「キモチワルイ」

2011/01/06 18:20 | CM(6) | けいおん! SS
1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/01/05(水) 23:22:25.25 ID:8H4gPVnX0
部室

唯「あずにゃん、どったの?
  なーんか元気ないぞー」

梓「実は最近、よく視線を感じるんです……そんな時に振り返ると男の人が……」

紬「危ないわね、警察に通報しましょう!」

律「澪の時みたいに勘違いじゃないのかー?」

澪「わ、私のだって勘違いじゃなかっただろ!」

梓「……それが、家のポストにこんな手紙が入っていたんです……」

律「どれどれ…………これは、ヤバイな」

2 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/01/05(水) 23:23:41.61 ID:8H4gPVnX0
<ゆあースイートハートかずしより>
『風邪を引いたあずにゃんのおしりの穴に座薬入れてあげたいにゃん!
「あの…これ…、自分じゃ上手く入れられないので……おねがいします///」
 って風邪を引いて弱っているせいもあるのかいつもとうってかわってしおらしい表情でお願いされるのにゃん
 そんな顔されたら嫌とは言えないのを知っているのにあずにゃんのいじわるなのにゃん!
 早速あずにゃんのパジャマと純白のおぱんちゅを下ろしてあげて、
 あずにゃんのおまんまんと、お目当てのキュートなあすにゃんとご対面するのにゃん
 まじまじと見ているぼくに「そ、そんなに見ないでください、恥ずかしいです…」
 のあずにゃんの一言にはっと我に返るのにゃん!
 いけないいけないにゃん、あずにゃんのおしりに座薬を入れてあげる目的を危うく忘れる所だったにゃん
 まず、座薬の滑りをよくするために少量のワセリンを手に取り、あずにゃんのおしりの穴に塗ってあげるのにゃん
 いきなりの冷たい感触にあずにゃんは「にゃっ?!」っていう声をあげちゃうのにゃん
 ここで無理矢理あずにゃんのあすにゃんに座薬を入れちゃったらあすにゃんに傷が付いちゃうのにゃん
 適当にワセリンが馴染んできたらあずにゃんの菊穴に少しずつ、だけど確実に指を埋没させていくのにゃん
 「ああっ…だめ…ウンチ付いちゃいますよう…」
 なんてあずにゃんの黄色い声もなんのその、あずにゃんのウンチが指に付くなんて上等なのにゃん
 そしてぼくの指を出したり入れたりを繰り返して少しずつ、
 あずにゃんの緊張にきつく窄まるあにゃるを解きほぐしていくのにゃん
 すると最初はキツキツに締まっていたあずにゃんのおしりの穴も少しずつ、少しずつだけど
 ぼくの指を受け入れるかのように、ぼくの指をスムーズに受け入れ始めるのにゃん
 もうそろそろ馴染んできたな、と思ったら薬の包装を破って座薬を取り出し、
 あずにゃんの少し緩まって赤黒い直腸が見え隠れしているあずにゃんのおしりの穴にあてがうのにゃん
 ぼくが弾丸型のソレを取った指に力を入れるとちゅるん、という擬音と共にあずにゃんのお腹の中に消えていく座薬
 それをぼくは奥へ奥へと推し進めるように、あずにゃんの直腸内にまで指で送り届けてあげるのにゃん
 あずにゃんが座薬を入れてもらって油断しているスキにぼくのぽこにゃんにワセリンを塗りたくって
 あずにゃんの緊張がほぐれてゆるゆるになったおしりの穴に挿入するのにゃん!
 ぼくのぽこにゃんで座薬をより指の届かなかった所まで押し込んであげるのにゃん!
 ぼくの精液のあったかみで座薬も溶けるのが早くなって腸からの吸収もよくなって一石二鳥なのにゃん!
 運動もして、汗もかいて、沢山寝て、次の日にはきっと元気に学校に行けるに違いないにゃん!
 あずにゃんにゃん!あずにゃんにゃん!』


3 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/01/05(水) 23:25:59.96 ID:8H4gPVnX0
澪「こ、こんなのが私の家のポストに入ってたらと思うと……うぅ、うう」

紬「泣かないの、澪ちゃん! 本当にツライのは梓ちゃんなんだから」

律「おい梓」

梓「なんでしょうか?」

律「よく耐えられたな……」

唯「あずにゃん、泣いてもいいんだよ?」

梓「私は泣きません。泣いていいのは、悲しい時だけです」

唯「悲しくならないの? こんな手紙が入ってて」

梓「気持ち悪さと嫌悪感と筆舌に尽くしがたい吐き気は覚えました」


4 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/01/05(水) 23:29:06.97 ID:8H4gPVnX0
律「澪だったら一発で自宅引きこもりになってただろうな」

澪「だ、だから私はそんな女の子じゃない!」

紬「でも、これは深刻な問題ではなくて?」

唯「(なんで今、古風な喋りになったんだろう……)」

梓「一応警察には通報したのですが、実質的な被害が出てないと対応できないとの一点張りで」

律「なんだそれ? 警察ってのは屑しかいないのかぁ?」

澪「この手紙は被害に入らないのか……」


5 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/01/05(水) 23:32:05.64 ID:8H4gPVnX0
唯「あずにゃんは先輩達が護衛するよ!」

律「それだ! 軽音部で護衛しよう!」

紬「キーボードで殴られると痛いのよ~」

唯「ギー太! あずにゃんと私を守ってね!」

梓「先輩方がこんなにマトモな人たちだったなんて、わたし学園祭以来の感動です」

律「あぁん? 喧嘩売ってんのか、中野ぉ!」

梓「じょ、冗談です! 律先輩!」

紬「これだけ元気があるなら、とりあえず安心できそうね」

6 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/01/05(水) 23:33:22.95 ID:JIq6+aIF0
かずにゃんに呪われちまうぞ

7 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/01/05(水) 23:35:11.91 ID:8H4gPVnX0

澪「しかし、護衛って言っても相手は男なんだろ?
  私たちだけじゃ危険じゃないのか?」

律「ムギが黒くなれば造作もない」

紬「いやよりっちゃん、私は天使なのよ」

梓「天使はわたしです」

律「(こいつらの頭をどうにかした方が良さそうかもな)」

唯「相談するなら憂か和ちゃんかさわちゃん先生の誰かだよね」

10 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/01/05(水) 23:38:26.22 ID:8H4gPVnX0
律「憂選手に頼んだら、男の生死が危うくなる」

唯「じゃあ憂は除外」

澪「和は、いざという時に間違った方向にボケそうだ」

唯「じゃあ和ちゃんも除外」

紬「さわ子先生だとデスデビル状態になった時に相手を蝋人形にしてしまう恐れがあるわ」

唯「全部ダメじゃん!」

澪「結局、私たちだけでやるしかないか……」

律「防犯グッズを持てば大丈夫だろ」

11 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/01/05(水) 23:39:49.74 ID:g/3idvnu0
いや憂かさわちゃんでいいだろ

13 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/01/05(水) 23:41:28.05 ID:8H4gPVnX0
紬「チェーンソーならここにあるわよ」

唯「おーギュイイイイイイイイインってその男をまっぷたつ~」

澪「怖い怖い怖い怖い怖いこわじょ――」

梓「(あ、噛んだ……)」

律「(ドジだな……)」

紬「(明日のお菓子何を持っていこうかしら……)」

唯「(私、アップルパイが食べたい!)」

15 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/01/05(水) 23:43:49.86 ID:8H4gPVnX0

紬「(わかったわ~、じゃあ唯ちゃんの分は、おっぱい一揉みにつき一口ずつサイズが大きくなるようにするわぁ♪)」

唯「あずにゃん!」

梓「な、なんでしゅか!」

唯「ムギちゃんにおっぱいを揉ませてあげて! 私のために!」

梓「意味がわかりません!」

16 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/01/05(水) 23:46:08.02 ID:8H4gPVnX0
紬「え~、わたし唯ちゃんのピンク色の乳首をこねくり回したいのぉ~」

唯「わたしのビーチク、ブラックだよ~」

紬「ビーチク・ブラックって美味しそうな品名よね~」

律「……澪、もう帰ろうぜ」

澪「梓の、お、おっぱい……」

律「え?」

澪「ん?」

17 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/01/05(水) 23:49:02.89 ID:8H4gPVnX0
唯「こ?」

紬「う?」

梓「しませんです! 先輩方は協力してくれるつもりはあるんですか!?」

憂「こんにちは~」

唯「あ、憂ー、ちょうどいい時に来たね!
  今、あずにゃんがおっぱい揉ませてくれるって!」

憂「ないものは揉めないよ~お姉ちゃん」

梓「(地味に傷つく~♪)」

18 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/01/05(水) 23:52:12.74 ID:8H4gPVnX0
律「で、今日はみんなで護衛して帰るってことでいいか?」

唯「おっけー!」

澪「そう、だな……みんなでやれば怖くない」

紬「みんなで殺ろうね」

憂「殺るなら私に任せて下さい♪」

梓「本当に大丈夫かな……」

19 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/01/05(水) 23:55:31.33 ID:8H4gPVnX0
帰り道

梓「……い、いました。あのキモイ奴です」

かずにゃん「はぁ、はぁ! あずにゃんにゃん! あずにゃんにゃん!」

律「うわー」

紬「あからさまに不審人物~♪」

唯「みんな」

憂「堕落する」

澪「準備は」

梓「OK? ってこれなんか違くないですか!?」

20 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/01/05(水) 23:56:52.94 ID:lCkAKyvQ0
ワロタ

21 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/01/05(水) 23:58:48.35 ID:8H4gPVnX0
かずにゃん「あずにゃんの声はぁはぁ! あずにゃんの生脚ぃぃぃぃ! あずにゃんにゃん!あずにゃ――」

憂「五月蠅い黙れ!」

かずにゃん「あ、はい」

唯「ねえ、あなたはなんなの?」

かずにゃん「ストーカーだにゃん! あずにゃんにゃん!」

律「とりあえず死ね」

澪「気持ち悪いよぉ……!」

梓「め、迷惑なのでこれ以上私に近寄らないで下さい!」

22 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/01/06(木) 00:02:02.30 ID:vxEnYE4f0
かずにゃん「ふぉおおおおおおおお! あずにゃんに話しかけられたにゃん!
        ぺろぺろぺろぺろしたいにゃん! おチンコしごいてもらいたっ――ぉげしゅ!」

紬「ごめんなさ~い♪ 手が滑りましたぁ~」

律「あ、私もシャーペンが滑ったぁ!」サクッ

かずにゃん「ひぃんたいにゃん!」

唯「あ、ギー太の弦が切れた!」ザシュ

かずにゃん「ガチで痛ぇよ!」

憂「あ、ナイフが滑っ――」

かずにゃん「それはやめろ」

憂「あ、はい」

23 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/01/06(木) 00:05:04.05 ID:vxEnYE4f0
梓「け、警察に訴えますよ! もうやめて下さい!」

かずにゃん「にょぉおおおおおおお! 怒ったあずにゃんが可愛すぎて勃起してきたにゃ――」

憂「えい♪」ズブリ

かずにゃん「ワイのチンポがぁ!」

律「とりあえずこれでこいつに梓がレイプされる展開はなくなったな」

かずにゃん「甘いのにゃん! 僕のぽこにゃんは再生可能なのにゃん! あずにゃんにゃん!」

24 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/01/06(木) 00:08:03.79 ID:vxEnYE4f0
紬「キモイので死んでください」

かずにゃん「おまえの拳はもう見切ったにゃ――」

斎藤「フンッ!」

かずにゃん「ほぐわぁ! にゃ、にゃんにゃん……」

唯「ムギちゃんすごーい!」

律「(今、別人が出てきような……)」

澪「(かっこいい……)」

27 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/01/06(木) 00:11:02.57 ID:8X5WErxA0
かずにゃんって実際に会ったら常識人なんだろうな

28 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/01/06(木) 00:11:33.16 ID:3iKv7SB30
>>27
すごい礼儀正しそうだよな

29 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/01/06(木) 00:12:05.08 ID:vxEnYE4f0
かずにゃん「ぼ、僕は諦めないのにゃん! あずにゃんのあにゃるに指とチンポをぶっさして
      よがらせるのにゃん!あずにゃんの泣き顔を見たいのにゃん! あずにゃんとセックスするま――」

梓「イヤァアアああああ!」グシャ

かずにゃん「し、幸せなんだにゃん! もっと蹴って欲しいのにゃん! あずにゃんにゃん!」

澪「本当に気持ち悪いよぉ!」

紬「斎藤、ドリル」

斎藤「お持ちしました、紬お嬢様」

31 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/01/06(木) 00:15:11.00 ID:vxEnYE4f0
かずにゃん「ド、ドリルなんか怖くないのにゃん! あずにゃんのおまんまんだけが僕の目的なのにゃん! にゃんにゃん!」

紬「ドリュルルルルルルルルル」

かずにゃん「こ、怖くないのにゃん! あずにゃんにゃん! 僕のぽこにゃん触って欲しいのにゃん!」

憂「とりあえず、固定させときますね」ガシッ

紬「ありがとう♪」

どりゅるるるるるるるるるる!

ビチョビチョビチョ!

32 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/01/06(木) 00:18:10.03 ID:vxEnYE4f0
唯「うわー、お腹に穴が空いてるよ!」

澪「おえっ、ぐぇえええええええええ」

律「放送禁止映像だな、こりゃ」

紬「……ふぅ、汚物は消毒しておかないと」

梓「ありがとうございました、ムギ先輩、本当に感謝しますです!」

33 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/01/06(木) 00:21:10.33 ID:vxEnYE4f0
紬「斎藤、ダイナマイト」

斎藤「どうぞ、紬お嬢様」

かずにゃん「……にゃ……な、なに……にゃんにゃん……!」

唯「まだ喋れるなんて!}

憂「大丈夫だよお姉ちゃん! 風前のともし火だから!」

紬「みんな~、離れてね~」

3、2、1 



閃光と激しい爆裂音と共に、かずにゃんという一人のキモオタは、消滅したのであった――



おわり

34 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/01/06(木) 00:21:32.66 ID:aBy3QT/G0
かずにゃんは稀代の変態

36 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/01/06(木) 00:22:46.25 ID:EmCuC5Kw0
ありがとうけいおん部

37 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/01/06(木) 00:23:47.95 ID:Bka2wE220
どんだけかずにゃん嫌いなんだこの作者

38 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/01/06(木) 00:24:13.06 ID:vxEnYE4f0
えぴろーぐ!


梓「先輩方ありがとうございました」

唯「あずにゃんにゃん!」

澪「あずにゃんにゃん!」

律「あずにゃんにゃん!」

紬「あずにゃんにゃん!」

梓「え、何これキモチワルイ」





かずにゃんとは、伝染病の一種であったということなど、知った時には、すでに遅かったのであった……。



えぴろーぐおわりにゃん!

39 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/01/06(木) 00:24:26.87 ID:n2M1e0FJ0
>>28
そして普段の生活でストレス溜まってネットでは変態に……

41 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/01/06(木) 00:36:20.58 ID:ikqQW6z/0
ありそうでなかったスレだ

46 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/01/06(木) 01:26:36.72 ID:ZB7ym0LQ0
かずにゃんは良い奴

47 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/01/06(木) 01:55:39.06 ID:n2M1e0FJ0
だけどどうしようもない変態

関連記事
2011/01/06 18:20 | CM(6) | けいおん! SS
    コメント一覧
  1. 774@いんばりあん [ 2011/01/06 23:46 ]
  2. 和にゃんだと思って開いた俺の興奮をどうしてくれるんだ
  3. 名無し@インバリアント [ 2011/01/07 02:52 ]
  4. この遅さなら言える。
    かずにゃんって誰さ?
  5. 774@いんばりあん [ 2011/01/07 07:41 ]
  6. かずにゃん意外と博識だし現実的な価値観は持ってそうなんだけど
    リア充にバカにされて研究室ぼっちな描写もあるから
    黙ってても結構キモい奴なんだろうな、というイメージで落ち着いてる
  7. 774@いんばりあん [ 2011/01/07 17:12 ]
  8. かずにゃん最近調子に乗って自分のスカトロ嗜好を押し付けてくるようになったから再び嫌いになってきた
  9. 管理人こばりあんと [ 2011/01/07 19:46 ]
  10. >※2
    VIPでけいおんSSスレにときどき現れる人です。
    梓ファンであずにゃんへの想いを独特の口調で吐き出しまくります。
    http://invariant0.blog130.fc2.com/blog-entry-739.html
    このスレにも登場しています。
    調子にのってこんなスレをまとめてしましました・・・すいません。
    てへぺろ(・ω<)
  11. 名無し [ 2011/03/08 00:31 ]
  12. 最後先輩たちがあずにゃんにゃん
    ワロタw
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

インバリアントへようこそ
インバリアント -SSまとめサイト-
管理人:こばりあんと



  • About
  • 記事一覧
  • Twitter
  • まとめ依頼
  • ランダム SS
カテゴリ
アーカイブス

2018年 02月 (25)
2018年 01月 (7)
2017年 12月 (3)
2017年 11月 (22)
2017年 10月 (11)
2017年 09月 (2)
2017年 08月 (161)
2017年 07月 (180)
2017年 06月 (139)
2017年 05月 (311)
2017年 04月 (157)
2016年 02月 (1)
2015年 12月 (1)
2015年 05月 (261)
2015年 04月 (295)
2015年 03月 (305)
2015年 02月 (259)
2015年 01月 (283)
2014年 12月 (275)
2014年 11月 (287)
2014年 10月 (285)
2014年 09月 (262)
2014年 08月 (264)
2014年 07月 (262)
2014年 06月 (223)
2014年 05月 (218)
2014年 04月 (209)
2014年 03月 (185)
2014年 02月 (172)
2014年 01月 (191)
2013年 12月 (184)
2013年 11月 (183)
2013年 10月 (180)
2013年 09月 (153)
2013年 08月 (141)
2013年 07月 (154)
2013年 06月 (146)
2013年 05月 (152)
2013年 04月 (148)
2013年 03月 (130)
2013年 02月 (111)
2013年 01月 (123)
2012年 12月 (127)
2012年 11月 (120)
2012年 10月 (127)
2012年 09月 (117)
2012年 08月 (120)
2012年 07月 (122)
2012年 06月 (116)
2012年 05月 (122)
2012年 04月 (121)
2012年 03月 (123)
2012年 02月 (116)
2012年 01月 (122)
2011年 12月 (118)
2011年 11月 (113)
2011年 10月 (119)
2011年 09月 (110)
2011年 08月 (118)
2011年 07月 (118)
2011年 06月 (118)
2011年 05月 (123)
2011年 04月 (124)
2011年 03月 (117)
2011年 02月 (95)
2011年 01月 (109)
2010年 12月 (119)
2010年 11月 (110)
2010年 10月 (120)
2010年 09月 (74)
2010年 08月 (87)
2010年 07月 (113)
2010年 06月 (72)
2010年 05月 (67)
2010年 04月 (3)

SS検索
Ads
最新記事
Ads2
人気SSランキング