HEADLINE

「アネモネ」

2014/12/21 05:21 | CM(2) | 創作・男女系 SS
1 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/05/25(日) 01:07:28 ID:BvzUcbhU



 ためらうような溜め息をついてから、アネモネは困ったふうに笑った。

「つまらない話になるよ」と彼女は言う。

 ぶかぶかにくたびれた白いシャツ一枚。
 冷たいフローリングの床に裸足で座り込んだアネモネは、その一枚だけで体を隠している。

 傷んだ栗色の髪は肩まで伸びながらところどころで跳ねていた。 

 わたしの瞳はグレーなんだよ、と彼女は自慢げに言っていたことがある。
 このあいだ鏡を見ていたら気付いたの。瞳の色が青っぽい灰色なんだ。
 
 彼女はうれしそうにそう報告してきたのだ。

 夜なのに灯りもつけていない暗い部屋の中は、それでもほのかな月明かりに照らされていた。
 だから、わたしには、彼女の表情の微細な変化を、くっきりと読み取ることができる。
 きっと、いつも以上に。



2 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/05/25(日) 01:08:21 ID:BvzUcbhU

 水泳のやり過ぎで茶色くなった。傷んで言うことをきかなくて、いつもくしゃくしゃ。
 アネモネは自分の髪を、いつもそう言って卑下した。

 たしかに髪の毛はくしゃくしゃだ。いっそみすぼらしいくらいに。
 
 わたしは、綺麗な、まっすぐな髪に憧れていたのだ。
 だからだろうか? アネモネの髪を見ると、悲しくなる。
 それが自分の髪であるかのように。

「話して」とわたしは声を掛けた。
 アネモネは膝を抱えたまま、顔をあげようとはしない。

「きっと、面倒な話になる」と、彼女は俯いたまま呟いた。

「それでもかまわない」とわたしは彼女と向かい合って、言った。

「あなたの話が聞きたい」

 黙り込んだ彼女に、わたしは言葉を続けた。

「わたしはきっと、あなたの話に耳を傾けるべきだった。本当なら、もっと早く」


3 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/05/25(日) 01:09:16 ID:BvzUcbhU



「こどもの頃は、幸せだったな」

 アネモネの話は、そこから始まった。
 
「毎日が楽しかった。いつだって変なくらいに笑ってた。
 悲しいときや怖いときは思いっきり泣き叫べた。
 それに、どんなときだって彼が一緒だった。いつまでも一緒なんだって、ずっと無邪気に信じてた。
 わたしはきっと、そんな子供じみたことを、それでもついこの間まで、ずっと信じていたんだよ」

「……ねえ」

 わたしが声を掛けると、彼女は戸惑ったような微笑みのまま、ゆるく首を傾げた。

「いつから、好きだったの?」

 問いかけに、彼女は肩をすくめて首を横に振った。

「たぶんだけど、ずっと前から」

「全然気付かなかった」

「気付かないふりをしていたんでしょう?」

 わたしはその言葉を聞かなかったことにして、彼女の言葉の続きを待った。


4 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/05/25(日) 01:09:52 ID:BvzUcbhU

 アネモネは、少しの間だけ途切れていた笑みを、取り繕おうとするみたいに、ふたたび顔に貼りつけた。
 そうすることで、何かのバランスを取ろうとしているみたいに。

 本当は怒りたいけれど、怒ってしまったら取り返しがつかなくなる、というふうに。
 
「どうして、好きになったの?」

「分からない」とアネモネは泣きそうな顔で笑い、両方の手のひらで自分の目を覆った。
 何も見たくないと言うみたいに。

 どうしてなんだろう。どうして好きになっちゃったんだろう。
 知っていたのに。分かってたのに。

 気付かなかったんだよ、とアネモネは言った。

「それが“好き”って気持ちだって、気付かなかった。
 こういうものをそう呼ぶんだって、知らなかった」


5 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/05/25(日) 01:11:20 ID:BvzUcbhU

「でも、気付いてしまった」とわたしは言った。

「……そうだよ」

 それも、今になって。苦しげな呟きの後、彼女はわたしの瞳をじっと見つめてきた。
 わたしは視線を逸らしてから、言葉を返した。

「でも、実は勘違いなのかもしれない」わたしの声は他人事のようだった。

「そうかもしれない」

「錯覚かもしれない」

「本当に――」アネモネは笑った。

「――そうだったなら、よかったのに」

「後悔してるの?」

 ためしに訊ねてみた。
 その質問は他人事めいていて、わたしはなんだか、自分がたまらなく卑怯な人間に思えた。


6 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/05/25(日) 01:11:55 ID:BvzUcbhU

「後悔?」とアネモネは苛立たしげに繰り返した。
 すぐ後には、彼女は感情をあらわにしたことを恥じるように笑みを貼りつける。
 彼女もわたしも、それでごまかせるつもりでいるのだ、きっと。

「どこに後悔の余地があるっていうの?
 気付いたらこうだったの。どこに、選択の余地があったっていうのよ」

 押し殺したような声音が、彼女の感情の揺れを余計に感じさせた。
 
「本当に錯覚だったら、すぐに忘れられるよね」

 わたしは、そう言った。アネモネは頷いた。

「でも、忘れられていたら、こんな話はしてないよ」

 彼女は、寂しそうに笑った。


7 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/05/25(日) 01:12:27 ID:BvzUcbhU



「頭を撫でられると嬉しかったんだよ」

 アネモネは言う。

「褒めてもらえるとね、すごくうれしくて、だから、褒めてほしくて、いつもがんばってた」

「……水泳も?」

「……そうなのかもしれない。そうじゃない部分も、あるかもしれないけど」

「でも、そうだった部分も、あるのかもしれない?」

「……うん」

 窓から差し込む月明かりが、不意に翳る。
 薄く細く伸びた雲が、月を隠してしまった。
 アネモネの表情が、わたしからは分からなくなってしまう。


8 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/05/25(日) 01:13:11 ID:BvzUcbhU

「いつか、別の誰かが現れることなんて、分かってた」

「……そう、だね」

「それが誰かまでは、分からない。でも、わたしじゃない誰かが、隣を歩くことになるんだって、知ってた」

 だってそれが、あたりまえだから。彼女の声は寂しげだった。
 わたしは何も言わずに、彼女の言葉に耳を傾ける。

「でも、それが現実になった途端、怖くて、嫌で、たまらなくなった。
 だってそうなったら、もう一緒にはいられない。
 一緒にいない理由ができちゃうから。一緒にいられる理由なんて、もうほとんどないのに」

「……一緒に、いたかったの?」

「そうだよ」、と彼女は言った。

「あなたは知らなかっただろうけど。気付かなかったふりをしてただろうけど。
 わたしはずっと一緒にいたかったんだよ。子供じみてるって思う?」

 わたしは何も答えなかった。


9 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/05/25(日) 01:13:45 ID:BvzUcbhU



「お願いがあるの」

 不意に雲が晴れて、月明かりがかすかに部屋の中を照らした。
 何もない部屋。わたしとアネモネ以外には、何もない……。

 わたしはその事実を見なかったふりをした。
 見なかったふりは得意だ。
 何かをなかったことにするのも。

 でも、それは結局ごまかしでしかなくて。
 きっと、何かの拍子に、思い出したように顔を出すのだろう。

 ちょうど今がそうであるように。

「わたしを、殺してくれない?」と、真剣な顔でアネモネは言った。


10 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/05/25(日) 01:14:38 ID:BvzUcbhU

「……それでいいの?」

 わたしの質問は、どちらかというと自問の響きを帯びていた。

「そうする以外に、どんな方法があるのかな?」と彼女は言う。
 そうだ。たしかに、他に手段はない。

「諦めずに、抱え続ければいいの? それはきっと、とてもつらくて、得るもののないことだよ」

「そうなんだろうね」

「苦しいだけの気持ちなら、なかったことにしてしまえばいい」

 アネモネの言葉は、正しいのか、間違っているのか、分からない。
 でも、いちばん間違っているのは――間違っていると“されている”のは――アネモネの気持ちの方だ。

「きっと、ただの錯覚みたいなものなんだよ。だから、ちょっとすれば、忘れることができる。
 そうなれば、今みたいな混乱した状態じゃなくて、もっとまともな気持ちで、会うことができるようになる」

「……そうかもしれない」


11 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/05/25(日) 01:15:14 ID:BvzUcbhU

「だから、殺して。それが、きっと一番なんだと思う」

 彼女は笑っていた。でも、目の端から涙が伝っていた。
 なぜかは分からない。でも、わたしもまた泣いていた。

 彼女を殺すことは、わたしにとっても悲しいことだ。
 あるいは、こう言い換えるべきかもしれない。

 彼女が死んだとき、それを悲しむのは、わたしだけだ、と。

 わたしたちはしばらく黙り込んだまま向かい合っていた。
 どうするのが最善なのかは分かり切っていた。とっくの昔から。
 生まれる前からそうだと決まっていた。

 わたしは彼女を殺したくない。だからといって、彼女の気持ちを叶えるわけにはいかない。


12 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/05/25(日) 01:16:45 ID:BvzUcbhU



 結局わたしはアネモネを殺すことにした。

 殺すべきだった。殺す方が明らかに正しかった。
 殺さないでいるのはつらかったし、そもそも、罪悪と呼ばれていた。

「大丈夫だよ」とアネモネは言った。
  
「つらいのはきっと最初だけだよ。後になってから思い返せば、ただ夢を見ていただけだって分かる。
 そうして当たり前みたいに、生きていける。何事もなかったみたいに」

 そうかもしれない、とわたしは思ったけれど、そうなることもやはり、悲しいことのように思えた。

 わたしは彼女の首に両手を伸ばして、ゆっくりと力を込めはじめた。
 彼女の身体は静かだった。本当はそこに存在しないかのように、気配が希薄だった。
 でも、彼女はたしかにそこにいた。いつだって。ずっと。気付かなかっただけで。

 窓の外の空が白み始めている。急がなくては、とわたしは思った。
 太陽がすべてをさらけ出してしまう前に、わたしは彼女を殺しきらなければならない。

 早く――早く!


13 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/05/25(日) 01:17:35 ID:BvzUcbhU

 アネモネのからだは子供みたいに小さかった。小さくて、たぶん純粋だった。
 彼女は、けれど死ななければいけない。純粋であればあるほど、なおさらに。

 早く死んでもらわなきゃいけない。
 彼女が生きていたら、わたしはこの先、上手く生きていくことができない。
 何もかもが混乱してしまう。

 彼女は居てはいけない存在なのだ。
 ……あってはいけない気持ちなのだ。

 暗い部屋の中で、わたしはアネモネの首を絞めている。
 力一杯に。
 
 涙を流しながら。

 わたしにとって、つらいことだ。アネモネにとっても、つらいことだ。
 他の誰かにとっては、けれど、それはたいしたことじゃないのだろう。

 きっと、誰も褒めてなんてくれない。感心なんてしてくれない。
 それは当たり前のことだから。

 それでもわたしは、彼女を殺さなければいけなかったのだ。


14 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/05/25(日) 01:18:14 ID:BvzUcbhU



 ふと目を覚ますと、ベッドで横になっていた。
 体を起こすと、薄いカーテン越しに太陽の光が感じられた。

 朝が来てしまったのだ。
 
 わたしはベッドを抜け出して、鏡台の前に立つ。
 いつも通り、青みを帯びた灰色の瞳が、鏡の向こうからわたしを見つめている。

 溜め息をついてから、わたしは目を瞑り、耳をすます。
 声は聞こえるか? ……聞こえない。

 けれど、まだ、残っている。まだ、殺し切れていない。

 それも、そう長くは持たないだろう。
 やがて忘れられるはずだ。何もかも。そうでなければ、困る。

 わたしはしばらくの間、ベッドに腰掛けてぼんやりと過ごしていた。  
 ふと思いつき、携帯電話を開く。受信トレイには未読メールが一件。
 兄からのメール。わたしは見なかったことにしてメールを削除した。


15 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/05/25(日) 01:18:54 ID:BvzUcbhU

 ついでに、携帯の中の兄にまつわる画像もすべて消してしまおうと思った。
 そうした結果、わたしの携帯の中から、ほとんどすべての画像が消えてしまった。

 わたしはもう一度溜め息をつき、瞼を閉じ、考える。
 
 まだ、殺し切れていない。死の直前の一瞬だけが、途方もなく長く引き伸ばされているように。
 本当に死んでくれるのだろうか、とわたしは不安になった。

 あとどれくらいの時間が掛かるのだろう?
 今の自分には判断もつかない。殺し切ったふりをして、自分を騙し切ることしかできそうにない。

 そうすることがきっと、誰にとっても望ましいことなんだから。

 誉めてくれる人が、誰ひとりいなくなってしまっても、わたしは泳ぎ続けなければならない。
 
 また、耳をすませる。
 断末魔の声は、まだ、聞こえない。


16 ◆xp1RIN9W86 :2014/05/25(日) 01:19:29 ID:BvzUcbhU
おしまい


17 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/05/25(日) 01:20:59 ID:kiiY5l/c
おつおつ


18 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/05/25(日) 01:29:32 ID:bX1.rjps
おつ~


20 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/05/25(日) 17:05:25 ID:UdkuwqF2
おつ
読み進めていくうちに形が変わっていくようでした


21 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/06/13(金) 22:52:33 ID:toMK50Uw



転載元

アネモネ

http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1400947648/






あねもね! お姉ちゃんパラダイス 二次元ドリーム文庫
キルタイムコミュニケーション (2014-06-17)

関連記事
2014/12/21 05:21 | CM(2) | 創作・男女系 SS
    コメント一覧
  1. 名無し [ 2014/12/21 06:10 ]
  2. 『ドミニクゥー』『アネモネェ』かと思ったら全然違った。
  3. 774@いんばりあん [ 2014/12/21 20:20 ]
  4. 貴重なエウレカの更に貴重なアネモネSSかと
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

インバリアントへようこそ
インバリアント -SSまとめサイト-
管理人:こばりあんと



一言:wow fantastic baby...

  • About
  • 記事一覧
  • Twitter
  • まとめ依頼
  • ランダム SS
カテゴリ
アーカイブス

2017年 08月 (103)
2017年 07月 (180)
2017年 06月 (139)
2017年 05月 (311)
2017年 04月 (157)
2016年 02月 (1)
2015年 12月 (1)
2015年 05月 (261)
2015年 04月 (295)
2015年 03月 (305)
2015年 02月 (259)
2015年 01月 (283)
2014年 12月 (275)
2014年 11月 (287)
2014年 10月 (285)
2014年 09月 (262)
2014年 08月 (264)
2014年 07月 (262)
2014年 06月 (223)
2014年 05月 (218)
2014年 04月 (209)
2014年 03月 (185)
2014年 02月 (172)
2014年 01月 (191)
2013年 12月 (184)
2013年 11月 (183)
2013年 10月 (180)
2013年 09月 (153)
2013年 08月 (141)
2013年 07月 (154)
2013年 06月 (146)
2013年 05月 (152)
2013年 04月 (148)
2013年 03月 (130)
2013年 02月 (111)
2013年 01月 (123)
2012年 12月 (127)
2012年 11月 (120)
2012年 10月 (127)
2012年 09月 (117)
2012年 08月 (120)
2012年 07月 (122)
2012年 06月 (116)
2012年 05月 (122)
2012年 04月 (121)
2012年 03月 (123)
2012年 02月 (116)
2012年 01月 (122)
2011年 12月 (118)
2011年 11月 (113)
2011年 10月 (119)
2011年 09月 (110)
2011年 08月 (118)
2011年 07月 (118)
2011年 06月 (118)
2011年 05月 (123)
2011年 04月 (124)
2011年 03月 (117)
2011年 02月 (95)
2011年 01月 (109)
2010年 12月 (119)
2010年 11月 (110)
2010年 10月 (120)
2010年 09月 (74)
2010年 08月 (87)
2010年 07月 (113)
2010年 06月 (72)
2010年 05月 (67)
2010年 04月 (3)

SS検索
Ads
最新記事
Ads2
人気SSランキング