HEADLINE

シノ「性夜の物語だ!」タカトシ「なにかがおかしい…」

2014/12/25 22:33 | CM(0) | 生徒会役員共 SS
1 ◆3t.FbpNcUU [saga]:2014/12/24(水) 23:00:14.53 ID:4sbAXzbqo
12/24(水) 23:00 津田家前

タカトシ「会長、あの電話はどういうことですか?」

タカトシ「というか…なんですかその格好」

シノ(サンタコス)「だから昼頃に電話で話しただろう?」

タカトシ「生徒会のみんなにクリスマスプレゼントを配るんでしたっけ、ホントにやるんだ…」

シノ「前に津田の家でやったやつが思いの外好評でな、今回もやることになったのだ」

タカトシ「でも今回は誰かの家に泊まったりしてませんよ?不法侵入とかになるんじゃ…」

シノ「だから家まで届けにいくのだ、もちろん家の者の許可はとった」

タカトシ「用意周到ですね」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1419429604



2 ◆3t.FbpNcUU [saga]:2014/12/24(水) 23:00:55.08 ID:4sbAXzbqo
タカトシ「でも会長、その格好で夜道を歩くのは変な人と思われるんじゃ…俺も目立ちそうだし」

シノ「何を言っている、君の分も用意してきたぞ」っトナカイの着ぐるみ

タカトシ「え?俺がこれ着るんですか?」

シノ「わ、わざわざ買ったんだから着てもらうぞ!」

タカトシ「分かりましたよ…でもなんで俺が…」

シノ「Mの君ならサンタの下僕になってソリを引かされるのも好きそうだし」

タカトシ「サンタはそんなSじゃねえよ」


3 ◆3t.FbpNcUU [saga]:2014/12/24(水) 23:01:30.18 ID:4sbAXzbqo
タカトシ「で、最初はどこに行くんですか?萩村の家、それとも七条先輩の家か…」

シノ「いや、まずはここだ」

タカトシ「ここって…俺の家ですか?」

シノ「正確にはコトミだな」

タカトシ「生徒会の役員じゃないのでは」

シノ「まあ前回のクリスマスもいたからな」

タカトシ「まあそれなら…あっ、でも」

シノ「なにか不都合か?まさかオナ…」

タカトシ「違う!」

コトミ「タカ兄、いつまで外に…って会長!?」


4 ◆3t.FbpNcUU [saga]:2014/12/24(水) 23:02:11.45 ID:4sbAXzbqo
コトミ「『ちょっと外に…』って出てったはずなのになんで会長と?」

シノ「いや、これはだなコトミよ…」

コトミ「『ちょっと外に出す』の略だったなんて…」

タカトシ「早とちりしすぎじゃないか?」

コトミ「あ、『ちょっと外に射精す』の方がいいかな」

タカトシ「ニュアンスの問題じゃねえ」

コトミ「あれ、でも会長がサンタのコスプレしてる…」

コトミ「タカ兄も…トナカイのコスプレ?」

タカトシ「一応ね」

コトミ「なるほどー」

コトミ「まさかタカ兄がこういうプレイが好きだったなんて…」

タカトシ「説明するから黙っててくれ!」


5 ◆3t.FbpNcUU [saga]:2014/12/24(水) 23:02:54.66 ID:4sbAXzbqo
シノ「かくかくしかじかでな」

コトミ「なるほど、みんなにプレゼントを」

シノ「それで津田を迎えに来たから、コトミもついでに渡そうと思ってたんだが…なんで寝てないんだ?」

タカトシ「昨日から冬休みに入ったんで徹夜でゲームするって言ってました」

コトミ「えへへ」

シノ「コトミよ、いくら休みだからといってあまりに不規則な生活を送るのはよくないぞ」

シノ「しっかり夜に寝ないと成長ホルモンが分泌しなくてだな…」

コトミ「そうなんですかー」

コトミ「あ、でもこの前また胸は大きくなっちゃったんですよねー」

シノ「…」ズーン


6 ◆3t.FbpNcUU [saga]:2014/12/24(水) 23:03:29.78 ID:4sbAXzbqo
シノ「まあいい、とにかくプレゼントだ」

コトミ「ありがとうございます会長!」

コトミ「なんですかー?コレ」

シノ「フフフ、開けてからのお楽しみだぞ」

コトミ「気になるなー」

タカトシ(俺は聞いてしまった、プレゼントの包みの中からヴヴヴヴという機械音がするのを…)

タカトシ(でも触れるとめんどくさそうなので無視した…)


7 ◆3t.FbpNcUU [saga]:2014/12/24(水) 23:04:11.91 ID:4sbAXzbqo
シノ「というわけだから、津田借りてくぞ?」

コトミ「どうぞー」

タカトシ「アレ?俺の意思は?」

コトミ「もうー、そんなノリノリなコスプレまでしちゃってそれはないよー」

タカトシ「いや、これは会長が…」

コトミ「まあまあ」

シノ「でも津田、それ意外と似合ってますよ?」

タカトシ「そ、そうですか?」

コトミ「なんていうかサンタの下僕って感じがでてるよ」

タカトシ「それさっき聞いた」


8 ◆3t.FbpNcUU [saga]:2014/12/24(水) 23:04:49.95 ID:4sbAXzbqo
タカトシ「あ、コトミ。お前もついてくるか?」

コトミ「いや、私が行くと聖夜が血に染まることに…」

タカトシ「お前はなにをしでかすんだ?」

シノ「いや、ひょっとしてあの日なのかもしれないぞ?」

コトミ「あ、今度からそれ使いますね!」

タカトシ「どっちにしろアウトだよ!」


コトミ「まあでも寒いの苦手だしいいかな、それに…」チラッ

シノ「…ん?」

コトミ「あ、いやなんでもないです」

タカトシ「会長、コトミとなんかあったんですか?」

シノ「い、いやなんもないぞ?コトミとはな」


9 ◆3t.FbpNcUU [saga]:2014/12/24(水) 23:05:25.47 ID:4sbAXzbqo
タカトシ「じゃあなー」

コトミ「いってらっしゃーい」

コトミ「あ、タカ兄ゴム付けるのは忘れちゃダメだよ?」

タカトシ「それはどんな状況に対しての注意だい?」


タカトシ「それで会長、次はどこへ?」

シノ「そうだなあ、ここからならアリアの家の方が近いからそっちにするか」


10 ◆3t.FbpNcUU [saga]:2014/12/24(水) 23:15:07.63 ID:4sbAXzbqo
23:15 七条邸前

シノ「アリアのご両親は今、不在だと聞いた」

タカトシ「あれ?でもさっき家の人の許可はとったって…」

シノ「出島さんに聞いたらOKが出たのでな」

タカトシ「ああ…なるほど」


シノ「あれ、門の前で待ってるって言ってたはずなんだが…」

タカトシ「ちょっと早く着きすぎたんじゃ」

シノ「おや、あれじゃ…ってええっ!?」

タカトシ「どうしました会長!?」

シノ「い、いや見間違えたようだ」

シノ(お散歩プレイしてた…)ブルブル

タカトシ「なんか恐ろしいものでも見ましたか?」

シノ(羨ましい…)キラキラ

タカトシ「ああ、違う。なんかエロいもの見たんだ」


11 ◆3t.FbpNcUU [saga]:2014/12/24(水) 23:16:08.64 ID:4sbAXzbqo
1分後

出島「お待たせしました」

シノ「早っ!」

タカトシ「え?何がですか?」

シノ「いや、なんでもない」

出島「お嬢様は寝室でお休みになってます、どうぞこちらへ」

シノ・タカトシ「おじゃましまーす」


12 ◆3t.FbpNcUU [saga]:2014/12/24(水) 23:16:53.73 ID:4sbAXzbqo
アリア寝室

タカトシ「うわっ、広い…」

シノ「シーッ!」

アリア「zzz…」

タカトシ「あ、すいません」

出島「どんなプレイでも対応できるよう旦那様が特注で作らせたものです」

タカトシ「うん、できれば聞きたくなかったね」

シノ「なあ津田」

タカトシ「なんですか?」

シノ「どんなプレイで使うんだろうな」ワクワク

タカトシ「俺が知ったことか」

出島「例えばですね…」

タカトシ「答えなくていいです」


13 ◆3t.FbpNcUU [saga]:2014/12/24(水) 23:17:22.02 ID:4sbAXzbqo
シノ「プレゼントはここでいいですか?」

出島「ええ」

タカトシ「あれ、なんですかこの封筒と…鍵?」

出島「あ、それは旦那様からのプレゼントです」

出島「どこかのマンションだとか」

タカトシ「スケール半端ねえ…」

シノ「いや、そもそも高校生はマンション必要ないんじゃ…」

出島「いや、将来を見据えてのことだそうですよ」

出島「大学に進学した時や就職した時、やむを得ずヤりたくなった時とか」

シノ「なるほど」

タカトシ「いや納得していいもんじゃないよ?」


14 ◆3t.FbpNcUU [saga]:2014/12/24(水) 23:18:23.25 ID:4sbAXzbqo
シノ「ではお暇するとしよう」

出島「お二人はまだどこかへ行くんですか?」

タカトシ「ええ、あとは萩村の所に」

出島「その格好で?」

シノ「そうです」

出島「いやあ、コスプレで街をうろつくというのは昔を思い起こさせますね」

タカトシ「その思い出は頼むから話さないでください」

出島「あ、今もやってますよ」

シノ「その話詳しく!」

タカトシ「必要ない!」

出島「でもお二人、お似合いですよ」

タカトシ「この格好ですか?」

出島「それもそうですが…」

出島「あ、私としたことが余計なことまで話してしまいましたね」

タカトシ「?」

出島「ではお気を付けていってらっしゃいませ」

シノ「アリアによろしくと伝えておいてください」


16 ◆3t.FbpNcUU [saga]:2014/12/24(水) 23:25:01.52 ID:4sbAXzbqo
23:25 移動中

タカトシ「なんかこうやって夜道を歩くのも悪くないですね」

シノ「あ、ああ…そう、だな」

タカトシ「それにしてもコトミも出島さんもなんか変でしたよね?何かを隠しているような…」

シノ「まったく、鈍いな君は」

タカトシ「会長は意味分かったんですか?」

シノ「ま、まあな…」

タカトシ「どういうことだ…」


17 ◆3t.FbpNcUU [saga]:2014/12/24(水) 23:25:55.23 ID:4sbAXzbqo
「会長、あれって確か?」

「おや、あの二人は…おそらく」

シノ「そ、その声は!?」

タカトシ「ウ、ウオミーお姉ちゃんと…森さん?」

ウオミー「違うよ?」

タカトシ「えっ?」

ウオミー「私はウオミーサンタ」

森「えっ?か、会長。ホントにやるんですか?」コソコソ

ウオミー「クリスマスですし、ノらないとダメですよ?」コソコソ

森「わ、私は森サンタ…」

タカトシ(あっちの会長の補佐も大変そうだ…)


18 ◆3t.FbpNcUU [saga]:2014/12/24(水) 23:26:25.68 ID:4sbAXzbqo
シノ「ウオミー、今のはなんだ?」

ウオミー「まあ掛け声というか、自己紹介というか」

シノ「津田、我々もやってみないか?」

タカトシ「嫌です」

シノ「ほら『聖なる夜の性なる下僕、タカトナカイです!』みたいな」

タカトシ「絶対にやりません」

森(あっちもあっちで大変そうだ)


19 ◆3t.FbpNcUU [saga]:2014/12/24(水) 23:26:53.58 ID:4sbAXzbqo
ウオミー「ところでその格好、目的は同じようですね」

シノ「どうやらそのようだな」

タカトシ「お二人も生徒会のメンバーにプレゼントを?」

森「まあそうですね。あとは今年お世話になった関係者にも」

タカトシ「まあ俺達もそんな感じ…ですかね」

シノ「あまり遅くなりすぎてもいけないから、そろそろ行こうか」

ウオミー「そうですね」

タカトシ「じゃあまた」

森「ええ、また今度」


20 ◆3t.FbpNcUU [saga]:2014/12/24(水) 23:27:34.10 ID:4sbAXzbqo
ウオミー「あ、シノっちちょっと」

シノ「なんだ?」


ウオミー「シノっち、何か考えてますね?」

シノ「い、いや!?なんのことかな?」

ウオミー「隠しても無駄ですよ?女の勘は鋭いんですから」

シノ「そ、そうか?」

ウオミー「まあ、お二人の間に今さら入り込もうとは思いませんよ」

シノ「そうか…」

ウオミー「最悪3Pもできますし」

シノ「アハハハハ、だな!」

ウオミー「それじゃあ、また今度」

シノ「ありがとうウオミー」


タカトシ「会長、なんの話をしてたんですか?」

シノ「ただの他愛のない世間話だ、なんでもいいおもちゃをネットで見つけたらしくてな」

タカトシ「聞かなきゃよかった…」


21 ◆3t.FbpNcUU [saga]:2014/12/24(水) 23:28:12.83 ID:4sbAXzbqo
タカトシ「次は、萩村の家ですか?」

シノ「ああ」

タカトシ「萩村なら起きてることもないでしょうね」

タカトシ(9時に寝るし)

シノ「いやそれなんだがな、さっきそれとなく確認したところどうやら三葉と轟が泊まりに来てるらしい」

シノ「どうやら早めに冬休みの宿題を片付けるらしいのだ」

タカトシ「あちゃー、これはまたコトミの時みたいになっちゃうかもしれませんね…まずいなあ」

シノ「起きていれば5Pが楽しめるぞ?」

タカトシ「結構だ」


22 ◆3t.FbpNcUU [saga]:2014/12/24(水) 23:35:02.26 ID:4sbAXzbqo
23:35 萩村家前

スズ母「あ、いらっしゃーい」

シノ・タカトシ「おじゃまします」

シノ「あの、スズさんは…」

スズ母「みんなもう寝たわよー」

タカトシ「ホッ」

スズ母「寝てるか心配してたの?」

タカトシ「まあ一応サプライズっぽくないというかなんというか…」

スズ母「まあ起きてたら睡姦プレイも楽しめないものね」

タカトシ(人の親にツッコんでいいのだろうか)


23 ◆3t.FbpNcUU [saga]:2014/12/24(水) 23:36:28.52 ID:4sbAXzbqo
シノ「あれ、でもみんなで集まって宿題してたのでは?」

スズ母「そうみたいだったんだけどね」

――――――――――――――――――――――――――

約2時間前 21:30

スズ「ふう…大分片付いたわね」

ムツミ「これだけ進めとけばあとは大丈夫だねー」

スズ「とか言ってまた最終日に慌ててやることになるのよ?」

ムツミ「えへへ」

スズ「でも今日は疲れたわね…」

ネネ「じゃあ今日は終わりにする?」

スズ「いや、でもまだ早いし…フワァア…」

ムツミ「スズちゃんも眠いんじゃない?」

スズ「いや、まだまだ頑張れるわ…」

ネネ「じゃあこの目覚ましアイテムを…」

スズ「いらん!」


24 ◆3t.FbpNcUU [saga]:2014/12/24(水) 23:37:08.75 ID:4sbAXzbqo
ネネ「そういえば今日ってクリスマスイブなんだよね」

ムツミ「えっ?本当!?早く寝なきゃじゃん!」

スズ「いきなりどうしたの、ムツミ」

ムツミ「早く寝ないとサンタさんがプレゼント持ってきてくれないんだよ?」

スズ「えっ、えっとね…あのねムツミ、サンタは…」

ネネ「スズちゃん!シーッ!」

スズ「え、あ、そうね。なんでもないわ」

ムツミ「よーし、じゃあもう寝よう!」

ムツミ「あ、靴下無いけど大丈夫かな」

スズ「やっぱ言ってもいいかな…」

ネネ「シーッ!」

――――――――――――――――――――――――――

スズ母「だって」

シノ・タカトシ「ピュアだ…」


25 ◆3t.FbpNcUU [saga]:2014/12/24(水) 23:37:36.07 ID:4sbAXzbqo
シノ「よし、三葉のためにもプレゼントを置いてくるか」

タカトシ「ですね!」

スズルーム

シノ「おお、ホントにぐっすり寝てるな」

タカトシ「ところで会長、プレゼントは3人分あるんですか?」

シノ「もちろんだ。そのために一応確認したんだからな」

タカトシ「さすがですね会長」

シノ「ちなみに轟のは私が独自のルートで手に入れた…」

タカトシ「あ、やっぱさすがじゃない」


26 ◆3t.FbpNcUU [saga]:2014/12/24(水) 23:38:02.34 ID:4sbAXzbqo
シノ「よし、そろそろ戻るとするか」

タカトシ「そうしましょうかね」

シノ・タカトシ「おじゃましましたー」

スズ母「気を付けてねー」


タカトシ「やっと終わりましたね」

シノ「ああ、急に付き合わせて悪かったな」

タカトシ「いや、そんなことないですよ。楽しかったですし」

シノ「そうか…」


28 ◆3t.FbpNcUU [saga]:2014/12/24(水) 23:50:10.98 ID:4sbAXzbqo
23:50 帰路途中

シノ「私はこっちだな」

タカトシ「俺はこっちです」

シノ「じゃあ、また今度」

タカトシ「いや、送っていきますよ」

シノ「それはさすがに君に悪い」

タカトシ「女子を一人で帰らせる方が悪いですって、遅いですし」

シノ「そうか、じゃあお願いしようかな」


29 ◆3t.FbpNcUU [saga]:2014/12/24(水) 23:55:01.22 ID:4sbAXzbqo
23:55 天草家前

シノ「津田、ここまででいい。今日はありがとう」

タカトシ「こちらこそ」

シノ「じゃあまた今度」

タカトシ「ええ、おやすみなさい」



シノ「ちょっと待った津田!」
タカトシ「ちょっと待ってください会長!」

シノ「つ、津田?どうしたんだ?」

タカトシ「か、会長こそ」

シノ「実はな、まだ一つクリスマスプレゼントが残ってるんだ」

タカトシ「え?」

シノ「実は君宛にな」


30 ◆3t.FbpNcUU [saga]:2014/12/24(水) 23:56:02.94 ID:4sbAXzbqo
タカトシ「実は俺も…」

シノ「え?」

タカトシ「昼頃に電話もらって話を聞いたんで、それから急いで買いに行ったんです」

シノ「な、なんでそこまで…」

タカトシ「今の生活、周りに下ネタばっかりいう女子がいてツッコむのはすごい疲れるんですけどね、すごい楽しいんです」

タカトシ「そんな生徒会に俺を入れてくれたのは、紛れもなく会長です」

タカトシ「だから、すごい感謝してるんで…その印です」

シノ「つ、つだあ…」


31 ◆3t.FbpNcUU [saga]:2014/12/24(水) 23:57:02.83 ID:4sbAXzbqo
シノ「き、君は優しいんだな…」

タカトシ「そ、そうですかね?」

シノ「いつからかな、その優しさに惹かれたのは…」

タカトシ「えっとそれは…」

シノ「私の今回みたいな、わがままにも文句も言わずに付き合ってくれて…」

シノ「そんな君が…」



シノ「私は好きだ」


32 ◆3t.FbpNcUU [saga]:2014/12/24(水) 23:58:01.72 ID:4sbAXzbqo
タカトシ「会長…俺もです」

シノ「つ、津田…つまりそれは…」

タカトシ「俺も、会長のことが好きです」

タカトシ「なんでも万能で、リーダーシップもあって、でも下ネタが好きな会長が、俺は好きです」

シノ「つ、津田…」

シノ「ホントに私でいいのか?」

タカトシ「それは、こっちの台詞ですよ」


33 ◆3t.FbpNcUU [saga]:2014/12/24(水) 23:59:00.79 ID:4sbAXzbqo
タカトシ「あ、それで会長今更なんですがプレゼントを」

シノ「うっかり忘れてたな」

タカトシ「じゃあコレ、どうぞ」

シノ「ああ、じゃあコレ」

タカトシ「開けてもいいですか?」

シノ「ああ、私も開けるぞ」


タカトシ「あれ、コレって…」

シノ「まさか…」

シノ・タカトシ「色違いのペンダント!?」

シノ「アッハハハハ!まさか同じ種類のペンダントを買っていたとはな!」

タカトシ「こんな偶然もあるんですね」


34 ◆3t.FbpNcUU [saga]:2014/12/25(木) 00:00:02.14 ID:4sbAXzbqo
タカトシ「会長、俺コレ大事にします」

シノ「当たり前だ。私もだ」

タカトシ「まあでも、コレ以外にも最高のクリスマスプレゼントを貰いましたケドね」

シノ「ああ、そうだな!」


タカトシ「じゃあ今夜は遅いのでコレで…」

シノ「ああ、あまり遅くに自家発電すると明日に響くからな」

タカトシ「最後までブレないな!」



タカトシ「あ、今度その…デ、デートとかしましょうね」

シノ「そ、そうだな…でも今日のデートも楽しかったぞ」

タカトシ「…ですね」

タカトシ「じゃあ会長、おやすみなさい」

シノ「いや…違うな」

タカトシ「あ、そうですね」

シノ・タカトシ「メリークリスマス」

12/25(木) 0:00


35 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2014/12/25(木) 00:02:13.32 ID:vxgrIWVnO
えんだー


36 ◆3t.FbpNcUU [saga]:2014/12/25(木) 00:02:30.06 ID:bX+Rwgl+o
以上です
原作の闇鍋→サンタ回を読んでふと思い付いて書いたんですがなかなか普通の恋愛ものは難しい…
では最後に
I Wish You A Merry Christmas!


40 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2014/12/25(木) 19:29:08.49 ID:SuSPk+ccO

ひさびさのスレだったのもあるがとても楽しめたよ


転載元

シノ「性夜の物語だ!」タカトシ「なにかがおかしい…」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1419429604/






TVアニメ「生徒会役員共」 Blu-ray BOX
キングレコード (2014-12-24)
売り上げランキング: 787

関連記事
2014/12/25 22:33 | CM(0) | 生徒会役員共 SS
    コメント一覧
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

インバリアントへようこそ
インバリアント -SSまとめサイト-
管理人:こばりあんと



一言:wow fantastic baby...

  • About
  • 記事一覧
  • Twitter
  • まとめ依頼
  • ランダム SS
カテゴリ
アーカイブス

2017年 07月 (126)
2017年 06月 (139)
2017年 05月 (311)
2017年 04月 (157)
2016年 02月 (1)
2015年 12月 (1)
2015年 05月 (261)
2015年 04月 (295)
2015年 03月 (305)
2015年 02月 (259)
2015年 01月 (283)
2014年 12月 (275)
2014年 11月 (287)
2014年 10月 (285)
2014年 09月 (262)
2014年 08月 (264)
2014年 07月 (262)
2014年 06月 (223)
2014年 05月 (218)
2014年 04月 (209)
2014年 03月 (185)
2014年 02月 (172)
2014年 01月 (191)
2013年 12月 (184)
2013年 11月 (183)
2013年 10月 (180)
2013年 09月 (153)
2013年 08月 (141)
2013年 07月 (154)
2013年 06月 (146)
2013年 05月 (152)
2013年 04月 (148)
2013年 03月 (130)
2013年 02月 (111)
2013年 01月 (123)
2012年 12月 (127)
2012年 11月 (120)
2012年 10月 (127)
2012年 09月 (117)
2012年 08月 (120)
2012年 07月 (122)
2012年 06月 (116)
2012年 05月 (122)
2012年 04月 (121)
2012年 03月 (123)
2012年 02月 (116)
2012年 01月 (122)
2011年 12月 (118)
2011年 11月 (113)
2011年 10月 (119)
2011年 09月 (110)
2011年 08月 (118)
2011年 07月 (118)
2011年 06月 (118)
2011年 05月 (123)
2011年 04月 (124)
2011年 03月 (117)
2011年 02月 (95)
2011年 01月 (109)
2010年 12月 (119)
2010年 11月 (110)
2010年 10月 (120)
2010年 09月 (74)
2010年 08月 (87)
2010年 07月 (113)
2010年 06月 (72)
2010年 05月 (67)
2010年 04月 (3)

SS検索
Ads
最新記事
Ads2
人気SSランキング