HEADLINE

純一「面倒見のよいクールな後輩」

2014/12/26 18:45 | CM(0) | アマガミ SS
1 ◆WE4ncwn0tc :2014/12/18(木) 21:46:26.87 ID:SRLCiab70
~放課後 校舎裏~

純一「…ねえ」

ずるずるずるー

七咲「…?何ですか先輩、じっと見て。ラーメンならあげませんよ?」

純一「そのラーメン、そもそも僕のだけどね」

七咲「いいじゃないですか一口くらい…」

純一「女の子の一口は大きいなあ。麺とスープを一気に半分も食べれるだなんて」

七咲「もう、先輩は乙女に何失礼な事言ってるんですか?そんなのだからどうしようもない変態なんですよ」

純一「乙女は男子の目の前であぐらかきながらカップ麺すすらないけどね」ボソッ

七咲「…何か言いました?」

純一「いえ、なにも…」

七咲「そうですか?…はふっはふっ」ズルズルズル

純一(…お腹減ったなあ)



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1418906776



2 ◆WE4ncwn0tc :2014/12/18(木) 21:53:38.56 ID:SRLCiab70
純一「大体七咲はさ、先輩に対しての敬意が感じられないよ」

七咲「ゴクゴク…ぷはぁ、敬意ですか?あ、ラーメンご馳走様です」

純一「あ、全部食べたな!折角放課後の腹ごしらえに持って来たのに…」

七咲「また私のストックあげますから…。それで敬意がどうしました?」

純一「約束だぞ?…で話を戻すと、七咲には先輩に対する敬意が感じられないんだ!」

七咲「はあ…そうなんですか」

純一「この前だって僕のドーナツ勝手に2つとも食べるし…」

七咲「あれは私の前でこれ見よがしに食べる先輩が悪いんですよ?」

純一「うぐっ…だ、だけど一言くらい断り入れてもいいだろ!」

七咲「じゃあ一言言えば食べていいんですか?」

純一「駄目に決まってるじゃないか。何で僕が買ったドーナツ全部あげなきゃいけないの」


3 ◆WE4ncwn0tc :2014/12/18(木) 21:59:38.12 ID:SRLCiab70
七咲「やっぱり駄目なんじゃないですか、幻滅ですね先輩」

純一「な、何で僕が悪いみたいになってるの!?」

七咲「ふふっ、冗談ですよ。ほんと先輩は単純で可愛いですね」

純一「…それ、僕は褒められてるの?」

七咲「と、思いますか?」

純一「ううん」

七咲「お察しの通りです」

純一「………」ハァ・・・

七咲「先輩、そう落ち込まないで下さいよ。スカートのポケット、貸してあげますから」

純一「わぁい!」

七咲「…ほんと単純ですね、先輩」



4 ◆WE4ncwn0tc :2014/12/18(木) 22:04:47.77 ID:SRLCiab70
純一「では遠慮なく…」

スポッ

純一「あ~~…ぬっくぬく~」

七咲「よかったですね、先輩」

純一「いやーほんと暖かい!この体制だと七咲に覆いかぶさる形になるからお腹辺りも暖かくて2度美味しい!」

七咲「確かに、私も背中は暖かいですね」

純一「まさにWIN-WINの関係!」

七咲「…そういうもんなんでしょうか」

純一「う~ん…しかし寒いね」

七咲「そうですね…冬ですし」

純一「そうだねえ、冬だからね」

七咲「………」

純一「………」










5 ◆WE4ncwn0tc :2014/12/18(木) 22:10:45.61 ID:SRLCiab70
純一「そうだ七咲、この後暇?」

七咲「ええ、後は帰るだけですけど…一緒に帰りますか?」

純一「うん、七咲がよければ」

七咲「断ると思いますか?」

純一「いいや?聞いて見ただけ」

七咲「はいはい、分かってますよ。じゃあそろそろ日も落ちてきてますし、帰りましょうか」

純一「そうだな」

七咲「よいしょっと…あ、先輩、ご馳走様でした」

ポイッ

純一「あ、七咲!さり気なく僕のかばんにゴミ入れるなー!自分で全部食べたんだから自分で持って帰れ!」

七咲「わたしを捕まえれたらいいですよー!それじゃお先に!」

タッタッタ

純一「あ、お、おい七咲!待てー!」

ダダダダッ


7 ◆WE4ncwn0tc :2014/12/18(木) 22:18:39.41 ID:SRLCiab70
~1年廊下~

純一(暇だなあ、七咲でもいないかなあ)スタスタ

純一(…っと、噂をすればあそこにいらっしゃるのは七咲逢さんじゃありませんか!そうと決まれば…)



生徒A「えー、逢ちゃんそれほんとー?」

七咲「もう、本当だって!」

コソッ

生徒B「まったまたぁ!1年生の間でもチョー噂なってるよ?」

七咲「もう…やめてよからかうのは…」

コソッ

七咲「大体私と橘先輩だって何も…ひゃぁ!?」

ガバッ

純一「隙ありぃ!」

七咲「だ、誰!?…ってこんな事するの先輩しかいませんよ!早く降ろしてください!」



8 ◆WE4ncwn0tc :2014/12/18(木) 22:24:45.84 ID:SRLCiab70
純一「降ろせと言われて降ろすやつがいるか!わははは!」

七咲「………」

ガブッ

純一「あいたぁっ!?」

パッ

七咲「…よっと。先輩?急に何するんです?」

純一「そ、それはこっちのセリフだ!何もいきなり手を噛むことないじゃないか!あいたたた…」

七咲「急に後ろから抱きつく人のセリフとは思えませんね。誰がどうみても自業自得ですよ」

純一「はあ、今日は寒いから七咲で暖を取ろうと思ってたのに…」

七咲「時と場合を考えてください。それだから先輩変態って呼ばれるんですよ?自覚あります?」

純一「ぐっぐぬぬぬぬぬ……はぁ、とりあえず保健室行こう」


9 ◆WE4ncwn0tc :2014/12/18(木) 22:29:11.21 ID:SRLCiab70
七咲「あ、その心配ならありませんよ。ちょっと手だして下さい」

純一「ん?こう?」スッ

ペロッ

生徒A「!?」

生徒B「あ、逢ちゃん!?何やってんの?」

七咲「何って…これくらいのキズなんか舐めたらすぐ治るでしょ」

純一「うんうん、七咲の唾液がキズに浸透してどんどん痛みが引いていくよ…」

七咲「ぺろっぺろっ…それは思い込みってやつですよ」

純一「気持ちの問題だよ、こういうのは」

七咲「ふーん…そういうもんなんですかね?」

純一「そういうもんなんだよ」

生徒A(ほんとに付き合ってないのこの2人)


11 ◆WE4ncwn0tc :2014/12/18(木) 22:48:00.20 ID:SRLCiab70
七咲「あ、そろそろチャイム鳴りますよ」

純一「おっと、もうそんな時間か。じゃあ七咲、また後でな」

七咲「はい、また後でー」

タッタッタ

七咲「…とさっきのを見て分かると思ったけど、私と橘先輩は恋人関係でも何でもないよ?」

生徒B「いや、何にも分からないよ!」ビシッ

生徒A「むしろ謎がますます深まったというか…」

七咲「……??」


12 ◆WE4ncwn0tc :2014/12/18(木) 22:54:51.68 ID:SRLCiab70
~休憩2 屋上~

七咲「んんっ…ん~~!」グイーッ

七咲「ん~…ふうっ!」ダラン

純一「………」

七咲(うん、今日は天気がいいから背伸びが気持ちいい)

七咲(次の授業は教室だから、もう少しここでゆっくりできそう)

純一「………」

七咲「………」

純一「……ハァハァ」

七咲「………先輩」

純一「ハァハァ…ん?どうした七咲」

七咲「いつまで私のスカートに頭突っ込んでるんですか?」


13 ◆WE4ncwn0tc :2014/12/18(木) 23:08:10.17 ID:SRLCiab70
純一「何だバレてたのか、さすが七咲」バサァ

七咲「逆になんで気付かれないと思ったんですか?」

純一「この僕のステルス術をいとも簡単に見破るとは…さすが僕の見込んだ後輩だ!」

七咲「全くステルスしてませんし、そもそも変態に見込まれたくなんかありません」

純一「ぐふっ…な、なかなかキツいお言葉で」

七咲「私はあくまで事実を言っただけですよ」

純一「それはそうと、七咲今日も部活なんだね」

七咲「ええ、そうですよ。というか何をごく自然に話続けようとしてるんですか」

純一「え?予想通りスカートの中は暖かかったよ」

七咲「そういう事を聞いたのではなくて、後蹴っていいですか?」

ゲシッ

純一「ぐえっ……いいですかと言いつつ返事を待たずに蹴るとは…お主もワルのよう…」ニヤリ

七咲「もう、勝手に言っててください…」




14 ◆WE4ncwn0tc :2014/12/18(木) 23:26:05.45 ID:SRLCiab70
~昼休み 保健室~

純一「ふあぁ~…眠いなあ。この暖かな日差しは僕を殺しにかかってるよ」

純一「こんな日は素直に寝るに限るね。というわけで仮眠取ろうっと」

ガララッ

七咲「…あれ?橘先輩?」

純一「あ、七咲じゃないか。こんなとこで何してるんだ?」

七咲「いえ、さっき家庭科の時間にちょっと指切っちゃいまして…、絆創膏のついでに消毒しようと思ったんです」

純一「指切った!?ちょ、ちょっと見せてみろ!」グイッ

七咲「ひゃあっ!そ、そんな大した傷じゃないですよ!」

純一「ううむ…どうやらキズは深くはないようだな」ジーッ

七咲「だから言ってるじゃないですか、大した傷じゃないって」

純一「まあまあ、万が一って事もあるし…」

純一「……ペロッ」

七咲「ああもう、また指舐めて…ほんと好きですねこれ」ピクンッ

純一「…うん、口の中に血の味が広がっていくぞ」

七咲「それは喜んでるんですか…?」




15 ◆WE4ncwn0tc :2014/12/18(木) 23:39:13.85 ID:SRLCiab70
純一「おっと、七咲の指を舐めてる場合じゃないぞ」

七咲「自分からやっておいて何がそれどころじゃないですか…」

純一「うっ、うるさいなあ。取り合えず僕は仮眠をしに来たんだよ」

七咲「確かに、この天気なら眠たくもなりますよね」

純一「うん、七咲も一緒に寝るかい?何て…」

七咲「あれ、いいんですか?では遠慮なく」

ゴソゴソ バサリ

七咲「せんぱーい、一緒に寝ないんですか?」

純一「今日はえらく太っ腹だね。ではお邪魔してっと」

ゴソゴソ モゾモゾ

純一「ふ~、やっぱ布団はいいなあ。固い机とは大違いだよ」

七咲「そうですね、何でこう布団って気持ちいいんでしょう?」

純一「七咲が添い寝してくれてるからじゃないかな?」

七咲「ふふっ、それもありますね」


25 ◆WE4ncwn0tc :2014/12/19(金) 17:19:12.04 ID:9t2xo7sS0
純一「あ~…ぬっく~…、ほんと冬の布団ってブラックホールみたいだね」

七咲「くすっ、一度入ったら抜け出せないって意味ですか?」

純一「そうそう…しかし暖か…い…」

七咲「…先輩?」

純一「………」グウー

七咲(あ、先輩もう寝てる。よっぽど眠たかったのかなあ)

七咲「…折角だし私も寝よう」

~~~~~~~~~~

~放課後~

梅原「……んで、2人して保健室で寝てたら寝過ごしてしまい、遅刻…と」

純一「う、うん」

純一(何で僕囲まれてるの?)

マサ「梅原裁判長!俺としては死刑を命じたいのですが!」

カズ「右に同じく」

純一「えぇっ!?ちょっと待ってよ!何で寝過ごして遅刻したぐらいで死ななきゃいけないんだ!」

カズ「うるせえ!俺達にとって重要なはな、寝過ごして遅刻なんて事じゃなくて女子の後輩と2人で同じベッド入ったって所だよ!」

梅原「何だってそんな夢のような体験を…お前は…お前は…!」

純一「そ、そんなみんなして泣く事はないだろ…」

マサ「俺達も来年は3年生、進路で忙しくなる時期だ。彼女を作る期間は実質今がラストチャンスみたいなものだろう」

梅原「俺達は…俺達は今年も寂しく男だけで過ごすクリスマスになるだろうがよっ!それを大将…お前ってやつは…」


26 ◆WE4ncwn0tc :2014/12/19(金) 17:32:47.98 ID:9t2xo7sS0
梅原「1年生ながら水泳部期待の新人エースとして活躍!何事にも妥協をしない性格!」

梅原「なおかつ家事や弟の面倒もバッチリこなす凄いやつ!」

梅原「そんな後輩と…お前は…」オヨヨ

カズ「くそう、どこで差が付いちまったんだ…」

マサ「橘の妹も可愛いし兄弟仲いいしよ…うちのなんかただ生意気なだけだぞ…」

純一「…何を勘違いしてるのかは知らんが、僕は七咲とは付き合ってないからな?」

マサ「…へ?」

カズ「…え?」

梅原「…はぁ?」

純一「いや、そんな呆気に取られた表情されても…そもそも勝手に勘違いして話膨らませたのはそっちじゃないか」

マサ「…はあ」

梅原「何か俺達無駄に熱くなって…バッカみてえだな」

カズ「解散だ解散」

トボトボ…

棚町「何やってんのかしらあいつら」

田中「さ、さあ…」


27 ◆WE4ncwn0tc :2014/12/19(金) 17:40:02.38 ID:9t2xo7sS0
~校門~

純一(しっかしさっきのは何だったんだろうな。童貞こじらせすぎるとあーなるのか…くわばらくわばら)

純一(大体僕と七咲が付き合ってるだって勘違いもいいとこだよまったく)

純一(あくまで僕と七咲は気の合う友達ってだけで、あんな生意気な奴彼女にするわけないだろ!)

純一(…まあ一緒に居て楽しいのは事実だし、あいつ可愛いし……)

純一「………うがぁー!何か頭モヤモヤする!」

「先輩…どうしたんです?そんな大声出して」

純一「ん?ああ、七咲か。今から帰り?」

七咲「ええ、部活も終わったので買い物して帰ります。先輩、今日は随分と遅いんですね」

純一「ま、まあ色々とね…ははは」

七咲「色々…ですか?」

純一「うん、色々」




28 ◆WE4ncwn0tc :2014/12/19(金) 17:46:07.95 ID:9t2xo7sS0
~商店街~

七咲「すいません先輩、荷物持ってもらっちゃって…」

純一「ああ、そんなの気にしなくていいよ。どうせ僕も暇だしね」

七咲「そうですか、それはよかったです」クスッ

純一「そうだ七咲、最近部活はどうなの?」

七咲「水泳部の方なら至って順調ですよ。あ、そうだ先輩聞いてください!この前計ったらタイム少し上がったんですよ!」

純一「へえーすごいじゃないか!いくら位上がったの?」

七咲「それがですね…なんと0.3秒も縮まったんです!」

純一「そんなに?七咲やるじゃないか!」

七咲「ふふふ…そうですよね!」

純一「可愛げないなあ…こういう時は素直に…」

純一「ありがとうございます先輩!これも先輩のおかげです!」

純一「…くらい言ってくれてもいいと思うんだ」


29 ◆WE4ncwn0tc :2014/12/19(金) 17:53:27.76 ID:9t2xo7sS0
七咲「確かにそうですね。コホン、それでは…」

七咲「ありがとうございます先輩!タイムが上がったのも先輩のおかげです!」

純一「何で明後日の方見てるんだ…」

七咲「え?ああ、先輩は先輩でも私は塚原先輩の方に向かって言ったので」

純一「な、なんだそりゃ!」

七咲「だって、橘先輩がしてくれたことと言えば、スカートめくり強要とか水着の匂い嗅ぐとかそんなんばっかじゃないですか」

純一「確かにそうだな!」

七咲「ですよねっ。…あ、真面目に一つあったかも…」

純一「え、何だ何だ?」

七咲「いえ、タイム計った時に塚原先輩にアドバイス貰ったんですよ。その時にですね」

塚原『七咲、最近凄くノビノビと泳ぐわね。フォームも息継ぎも無駄が無くなってるわ、この調子よ』

七咲「…って言われたんです。それでそういえば最近自分でも分かるくらいノビノビと泳げてるなーって」


30 ◆WE4ncwn0tc :2014/12/19(金) 18:00:31.35 ID:9t2xo7sS0
七咲「それで思い返してみると、丁度先輩と出会った辺りの時期から何ですよ」

純一「へえ…」

七咲「だから橘先輩と出会ったのもタイムが縮んだ要因かもしれませんね」クスリ

純一「ノビノビ…とか。七咲、それは多分あれじゃないかな」

七咲「あれ…ですか?」

純一「うん、ノビノビと泳げてると言うことは無駄な力が入ってないって事だろ。つまりストレス無く泳げてるって事じゃないか?」

七咲「…なるほど、ストレスを感じずに泳げてる…ですか」

純一「うん、まあ適当に言ってみただけだけどね。はははは」

七咲「いえ、案外合ってるかもしれません」

純一「え?」

七咲「確かに先輩と出会ってから、休憩時間とか放課後に先輩と話したり、一緒にご飯食べたり、遊んだり…」

七咲「たまに変な事しますけど、いつの間にか慣れてたり…。とにかく毎日の学校が楽しくなりました!」


31 ◆WE4ncwn0tc :2014/12/19(金) 18:05:48.44 ID:9t2xo7sS0
純一「そうだったのか…」

七咲「はい。ちょっと頼りなくて変態で弱そうな先輩なんですけど」

純一「ぐふっ」

七咲「話は面白くて、優しくて、いつもニコニコしている先輩見てると…本当に元気が出ます」

七咲「だから先輩…これからも…一緒に…」

純一(お?おお?)

七咲「一緒に…傍にいてくれますか…?」ウルウル

純一(ぐはぁっ!?涙目の上目遣いとは…何て恐ろしい技を使うんだ七咲!)

七咲「先輩…」

ギュッ

純一「な、七咲…」

ギュウ


32 ◆WE4ncwn0tc :2014/12/19(金) 18:11:30.34 ID:9t2xo7sS0
七咲「先輩…目、閉じてもらっていいですか」

純一「こ、こう?」スッ

七咲「絶対に、絶対に開けないでくださいね…」

ドクン ドクン

純一(な、何だか分からないけどこれは…チャンス!)

ドクン ドクン

純一(まさか七咲が僕に対してこんな想いを持ってくれているなんて!冗談抜きで嬉しいぞ!)

ドクン ドクン

純一(梅原…美也…薫…そしてみんな。僕は一足先に大人の階段を登らせてもらうよ)

七咲「口、開けてください…」

純一(来る!この時が!)

純一「さあ七咲…君の全てを…僕が受け止めてやる…」

七咲「それ」

ヒョイッ

純一(……ん?」

カリッ 


33 ◆WE4ncwn0tc :2014/12/19(金) 18:18:01.36 ID:9t2xo7sS0
純一「な、七咲?今何か口に放り…こ…」

七咲「あ、もう目は開けて貰ってもけっこうですよ」

純一(……!?く、口の中が……!!)

純一「…か、からああああああ!!ひいいぃーー!」

七咲「あはははははは!!大成功です先輩!」

純一「な、何だコリャ!み、水!水を!」

七咲「せ、先輩!ぷぅー!こ、これどうぞ…!冷たい麦茶です!」

純一「あ、ありがとう七咲!ごくっごくっごく…」

純一「あっちゃああああああ!!あ、あついいいい!口の中がああぁぁ!!」

七咲「ひぃーー!!もう駄目っひひっ笑いすぎてお腹痛いですっぷふうぅー!」

純一「あ、あ、そこの公園!み、水ーー!」

ダダダダダ

七咲「あ、先輩!待ってくださいよー!」

タッタッタ


34 ◆WE4ncwn0tc :2014/12/19(金) 18:26:02.46 ID:9t2xo7sS0
~公園~

純一「ごくっごくっごくっ…ぷはぁ」

七咲「先輩?落ち着きましたか?」

純一「ひ、ひどいじゃないか七咲!一体何が起こったのかサッパリだよ!」

七咲「ぷふっ、すいません先輩。これを試してみたかったんです」ソッ

純一「これは…新発売の弾丸ハバネロキャンディータブレットじゃないか!通りで辛いはずだよ…」

七咲「たまたまスーパーで見つけて買ってみたはいいんですが、食べてみると予想以上の辛さでして…」

純一「じゃあ七咲も一度食べたのか?」

七咲「ええ、どうなったかは聞かないでくださいね」

純一(何だ、反応が気になる所だったのになあ)

七咲「それでこれだけ辛かったら、他の人ならどんな反応示すかなって思ったんですよ」

純一「それはいらない発想だったね」


35 ◆WE4ncwn0tc :2014/12/19(金) 18:40:39.18 ID:9t2xo7sS0
七咲「で、誰に試そうかなって考えてたんですけど、美也ちゃんとか他のクラスメイトにやるにしては過激すぎますし」

純一「ちょっと無視しないで」

七咲「水泳部の人も考えたんですけど、後々冗談じゃ済まされない事態になりそうで」

純一「塚原先輩とか本気で怒りそうだね…」

七咲「それでパっと思いついたのが橘先輩だったんですよ!」

純一「そんな誇らしげに言っても駄目なものは駄目だからね?」

七咲「はい…」プイッ

純一「何でそこでスネるの?」

~~~~~~~~

~帰り道~

純一「あーすっかり真っ暗だなあ」

七咲「ちょっと遊びすぎちゃいましたね」

純一「七咲が折角だから靴飛ばししましょう!何て言うから…」

七咲「な、何だかんだで先輩も楽しんでたじゃないですか!」

純一「まあ確かに小学生の時を思い出して楽しかったけれども、それはそれだよ」

七咲「むう…先輩のケチ」


36 ◆WE4ncwn0tc :2014/12/19(金) 18:48:37.19 ID:9t2xo7sS0
純一「はいはい、どうせ僕はケチですよ。…ところで七咲、さっきの事なんだけど」

七咲「さ、さっきの事ならもう謝ったじゃないですか…」

純一「いやいやそうじゃなくて…僕に弾丸ハバネロタブレット食べさせる前の出来事だよ」

七咲「あ、え、あっ、そっち…ですか?」カアアァ

純一「あれね、かなりドキドキしたんだよ?僕はってきり七咲がこくは…むぐぅ」

七咲「わーわーわー!そ、それ以上は禁止です!」

純一「ぐむっぐむう…ぷはあ、どうしたんだよ急に慌てて…どうせあれも僕を騙すための冗談なんだろ?」

七咲「そ…それはどうでしょう」ボソッ

純一「え?それはどうでしょう…?」

七咲「いいんですもう!過去の事に拘ってる男は嫌われますよ!」

純一「あれ?じゃあ七咲は僕のこと嫌い?」

七咲「ぐっ、そ…そんなわけないじゃないですか」

純一「へ~?」ニヤニヤ


37 ◆WE4ncwn0tc :2014/12/19(金) 18:58:25.33 ID:9t2xo7sS0
七咲「もう、それはいいんです!」

純一「はいはい、女の子は怖いなあ」

七咲「…聞こえてますよ先輩」

純一「うぐっ、しまった」

七咲「それわざと言ってますよね」

純一「バレたか」ペロッ

七咲「はあ…ほんと先輩は相変わらずですね」

純一「失礼だな。こんなの七咲にしかやらないぞ?」

七咲「私もこんな所先輩にしか見せませんよ」

純一「…ぷっ」

七咲「…ぷふっ」

二人「「あははははははは!!」」

純一「ひいっおかしい!…ごほん、ま、まあ何だその…あれだよ」

七咲「ぷふふっ…はい?何でしょう先輩?」

純一「これからも…よろしくな!」

七咲「もう、何を今更改まって言うんですか。恥ずかしいですね」

純一「ぐっ、真顔で返された…」

七咲「まあ、でも…」

クルリ

七咲「これからもよろしくお願いしますね、先輩♪」


    ~完~


38 ◆WE4ncwn0tc :2014/12/19(金) 19:03:14.65 ID:9t2xo7sS0
短いですがこれで終わりです
ラブラブな七咲もいいですが、こうやって軽口や冗談を言い合える気心しれた友達の七咲ってのも僕は好きです


39 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/12/19(金) 20:12:27.24 ID:Huk0GpmCo

生まれ変わったらアマガミの世界に行くんだ…


40 VIPに変わりましてNIPPERがお迭りします :2014/12/19(金) 20:15:52.75 ID:1Xe+hlwGo
乙!


41 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/12/20(土) 00:36:26.57 ID:nRwaujpro
>>39
ようマサ


転載元

純一「面倒見のよいクールな後輩」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1418906776/






アマガミGS(ジャイアニズムスペシャル) [ダウンロード]
TECH GIANアーカイブ (2013-07-05)
売り上げランキング: 847

関連記事
2014/12/26 18:45 | CM(0) | アマガミ SS
    コメント一覧
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

インバリアントへようこそ
インバリアント -SSまとめサイト-
管理人:こばりあんと



一言:wow fantastic baby...

  • About
  • 記事一覧
  • Twitter
  • まとめ依頼
  • ランダム SS
カテゴリ
アーカイブス

2017年 06月 (125)
2017年 05月 (311)
2017年 04月 (157)
2016年 02月 (1)
2015年 12月 (1)
2015年 05月 (261)
2015年 04月 (295)
2015年 03月 (305)
2015年 02月 (259)
2015年 01月 (283)
2014年 12月 (275)
2014年 11月 (287)
2014年 10月 (285)
2014年 09月 (262)
2014年 08月 (264)
2014年 07月 (262)
2014年 06月 (223)
2014年 05月 (218)
2014年 04月 (209)
2014年 03月 (185)
2014年 02月 (172)
2014年 01月 (191)
2013年 12月 (184)
2013年 11月 (183)
2013年 10月 (180)
2013年 09月 (153)
2013年 08月 (141)
2013年 07月 (154)
2013年 06月 (146)
2013年 05月 (152)
2013年 04月 (148)
2013年 03月 (130)
2013年 02月 (111)
2013年 01月 (123)
2012年 12月 (127)
2012年 11月 (120)
2012年 10月 (127)
2012年 09月 (117)
2012年 08月 (120)
2012年 07月 (122)
2012年 06月 (116)
2012年 05月 (122)
2012年 04月 (121)
2012年 03月 (123)
2012年 02月 (116)
2012年 01月 (122)
2011年 12月 (118)
2011年 11月 (113)
2011年 10月 (119)
2011年 09月 (110)
2011年 08月 (118)
2011年 07月 (118)
2011年 06月 (118)
2011年 05月 (123)
2011年 04月 (124)
2011年 03月 (117)
2011年 02月 (95)
2011年 01月 (109)
2010年 12月 (119)
2010年 11月 (110)
2010年 10月 (120)
2010年 09月 (74)
2010年 08月 (87)
2010年 07月 (113)
2010年 06月 (72)
2010年 05月 (67)
2010年 04月 (3)

SS検索
Ads
最新記事
Ads2
人気SSランキング