HEADLINE

P「クマ響だ!クマ響が出たぞー!」

2015/01/17 15:45 | CM(6) | アイドルマスター SS
1 ◆tgqDSaX2pRkV [saga sage]:2015/01/17(土) 01:02:41.23 ID:wPU1WU4e0
クマ響1「うがー!」

貴音「面妖な…。なんと恐ろしい殺気…」

雪歩「怖いですぅ。確実に私たちを食らう気ですぅ」

P「大丈夫か!雪歩っ!、貴音っ!」

貴音「あなた様、あれは一体?」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1421424160



2 ◆tgqDSaX2pRkV [saga sage]:2015/01/17(土) 01:03:45.80 ID:wPU1WU4e0
P「話は後だッ。ふたりとも、俺から離れてろ!」シュタッ

貴音「あなた様、その猟銃は、まさか…」

P「ああ、そのまさかだ」カチャッ

貴音「お止めください!」

P「…もう遅い」スドン スドン スドン



3 ◆tgqDSaX2pRkV [saga sage]:2015/01/17(土) 01:04:53.78 ID:wPU1WU4e0
クマ響1「んぎゃあああああ!」

貴音「…っ!!」

P「殺ったか!?」タッタッタッ

貴音「なんと…なんと…恐ろしことを」

P「雪歩、貴音。大丈夫だ。こっち来てみろ」

雪歩「はいっ」タッタッタッ

貴音「…」トボトボ



4 ◆tgqDSaX2pRkV [saga sage]:2015/01/17(土) 01:06:41.97 ID:wPU1WU4e0

クマ響1「」ハァハァ

雪歩「キャーッ!まだ息があるじゃないですかぁ。早く仕留めてほしいですぅ」

P「まぁ、待て。コイツはもう、足をやられてるから、動けないし、気を失ってる」

貴音「…」

P「おまけに致命傷を負っているから、数時間ここに放置していれば勝手に死ぬ」

雪歩「(ホッ)」



5 ◆tgqDSaX2pRkV [saga sage]:2015/01/17(土) 01:07:24.22 ID:wPU1WU4e0

P「だから有効利用しようと思うんだ」ニヤッ

雪歩「有効利用?」

P「雪歩、貴音これを受け取れ」スッ

雪歩「へ?これは…」

P「護身用の拳銃だ」

貴音「あなた様、有効利用というのは、まさか、これで響を…」



6 ◆tgqDSaX2pRkV [saga sage]:2015/01/17(土) 01:08:41.45 ID:wPU1WU4e0

P「貴音、察しがいいな。だけどひとつ忠告しておく。コイツは断じて響なんかじゃない」

貴音「しかし、どう見てもこれは…」

P「外見にだまされちゃいけない。コイツは、今まで少なくとも3人食ってるんだ」

貴音「なんと…!」

P「そんなに疑うなら、試しに匂いをかいでみろ。響とは全然違うから」



7 ◆tgqDSaX2pRkV [saga sage]:2015/01/17(土) 01:09:44.91 ID:wPU1WU4e0

雪歩「うぅ、そんなことして大丈夫なんですかぁ」

P「心配なら、俺がずっと銃を構えててやるから」

雪歩「絶対、絶対にお願いしますよぅ」

P「分かった。ほら貴音もかいでみるんだ」

貴音「承知しました」

雪歩「…?」スンスンスン

貴音「…!」スンスンスン



8 ◆tgqDSaX2pRkV [saga sage]:2015/01/17(土) 01:10:22.57 ID:wPU1WU4e0

P「どうだ?分かったか?」

雪歩「うぅ、獣臭いっ…!プロデューサー、私には響ちゃんとの違いが分かりませんっ!」

貴音「雪歩、本当に分からないのですか?この血生臭さ。響きの臭さとは全く種類が異なりますよ」

P「さすが貴音はラーメン好きだけあって、臭いには敏感だな」

貴音「当然です。すうぷの香りの微妙な違いに比べれば、分かりやすいものです」



9 ◆tgqDSaX2pRkV [saga sage]:2015/01/17(土) 01:11:38.77 ID:wPU1WU4e0

P「それなら、理解しただろ。コイツが響とは全くの別の生き物だということをな」

貴音「しかし、あなた様、わたくしにはまだ決心がつきません」

P「ん?どういうことだ?」

貴音「この響の姿をした生き物。もしかしたら自我を持っているのではありませんか」

P「はは、貴音も雪歩もさっき見たばかりだろう。コイツが本能のままに襲ってくるのを」

貴音「それはそうですが」



10 ◆tgqDSaX2pRkV [saga sage]:2015/01/17(土) 01:13:10.26 ID:wPU1WU4e0

P「心を許せば、俺たちが食われる。貴音はそれでも良いって言うのか?」

貴音「…」

P「雪歩はどうだ?」

雪歩「…私、怖いけど、やりますぅ」

P「そうか、よく言ってくれたな。じゃあ今から拳銃の構え方を教えるからな、貴音も聞いておくんだぞ」

雪歩「ハイッ」

貴音「…」



11 ◆tgqDSaX2pRkV [saga sage]:2015/01/17(土) 01:13:46.52 ID:wPU1WU4e0

P「脚はこれくらい開いて……」

P「拳銃は、こういう風に両手で持って……」

P「狙いをしっかり定めて、引き金を引くんだ。分かったか?」

雪歩「はい!」

貴音「…」



12 ◆tgqDSaX2pRkV [saga sage]:2015/01/17(土) 01:14:42.76 ID:wPU1WU4e0

P「それじゃあ実戦だ。雪歩、コイツの右足を撃ってみろ」

貴音「あなた様、やはりこのようなことは…」

P「貴音は少し黙っててくれ。今は雪歩の番だから」

貴音「…」

雪歩「うぅ、狙いを定めて…」ドキドキ

雪歩「撃ちますぅ」パンッ



13 ◆tgqDSaX2pRkV [saga sage]:2015/01/17(土) 01:15:18.79 ID:wPU1WU4e0

クマ響1「んぎゃああ!!」

P「やったぞ、雪歩。命中だ」

雪歩「やりましたぁ。プロデューサーのおかげですぅ」

貴音「(響……の姿をした生き物。わたくしがふがいないばかりに…申し訳ありません)」

P「それじゃあ、次は貴音の番だな」

貴音「…」



14 ◆tgqDSaX2pRkV [saga sage]:2015/01/17(土) 01:16:12.92 ID:wPU1WU4e0

P「貴音には、特別に、コイツのとどめを刺させてやるからな」

貴音「とどめ…?」

P「そうだ。このまま痛みを長引かせるのも酷だからな」

貴音「(わたくしが……この響のような生き物の命を……奪う!?)」

P「どうした、貴音。早く銃を構えるんだ」



15 ◆tgqDSaX2pRkV [saga sage]:2015/01/17(土) 01:17:15.01 ID:wPU1WU4e0

貴音「あなた様…わたくしは…わたくしは…」

P「……」

貴音「わたくしは……響を……こっ、こっ、こっ……」

P「……」

貴音(殺したくないのです!絶対に!)




タッタッタッ
春香「プロデューサーさん。クマ響ですよ。クマ響!」



16 ◆tgqDSaX2pRkV [saga sage]:2015/01/17(土) 01:18:07.95 ID:wPU1WU4e0

P「どうした?春香!」

春香「また新しくクマ響が出没したんです!」

P「何?」

春香「それと…少し前から、千早ちゃんと連絡が取れないそうです」

P「まさかクマ響にッ…!」ギリッ

雪歩「千早ちゃん…」



17 ◆tgqDSaX2pRkV [saga sage]:2015/01/17(土) 01:18:54.16 ID:wPU1WU4e0

P「雪歩、春香、行くぞ」

雪歩・春香「はい!」タッタッタッ

P「貴音。ちゃんと自分の手でとどめを刺すんだ!分かったな」タッタッタッ

貴音「…承知…しました」






貴音「はあっ、みな、行ってしまわれたようですね」



18 ◆tgqDSaX2pRkV [saga sage]:2015/01/17(土) 01:20:01.64 ID:wPU1WU4e0

貴音「千早…、無事であればいいのですが」

貴音「しかし、正直春香が来てくれて助かったのは確かです」

貴音「私には響…いや、このクマ響に手をかけることなど、到底できない」

貴音「あなた様がなぜそこまで、クマ響殺しに執念を燃やしているのか、わたくしには理解できません」

貴音「近くで見てもほとんど、響と変わりません。かわいらしいものです」ナデナデ

クマ響1「ひあっ…!」ガクガク



19 ◆tgqDSaX2pRkV [saga sage]:2015/01/17(土) 01:20:48.97 ID:wPU1WU4e0
貴音「なんと、意識があったのですね。死んだふりをしていたとは」

クマ響1「んがんがんが」ガクガク

貴音「こんなに震えて、さぞかし怖かったのでしょう」

クマ響1「じ、じじぶ、じ、じb」ガタガタ

貴音「ん?」



20 ◆tgqDSaX2pRkV [saga sage]:2015/01/17(土) 01:21:30.57 ID:wPU1WU4e0

クマ響1「じぶ、ぶじ、じ、じ、自分、し、し死、ぞ?ゾ?」ガタガタ

貴音「面妖な!まさか言葉が使えるのですか?」

クマ響1「自分、死ゾ?自分、死ゾ?」ガタガタ

貴音「いいえ、あなたは死にません。わたくしが死なせません」



21 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/01/17(土) 01:22:05.25 ID:whzopm1+O
熊響、まだ冬眠中なんじゃ


22 ◆tgqDSaX2pRkV [saga sage]:2015/01/17(土) 01:23:45.09 ID:wPU1WU4e0

貴音「さぁ、わたくしの肩につかまって、わたくしの部屋まで来るのです」

クマ響1「んが、がんが、ががが」ガタガタ

貴音「あなた様、申し訳ありません…」

貴音「しかし、このクマ響。わたくしが立派に育て上げて見せます」


おわり



23 ◆tgqDSaX2pRkV [saga sage]:2015/01/17(土) 01:24:47.11 ID:wPU1WU4e0
ユリ熊嵐見て勢いで書いた。
(ストーリーは似ても似つかない)
細かいところはご容赦を。



25 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/01/17(土) 01:34:13.57 ID:riaYQjODO
作者に悪意があるのはわかった
響が獣臭いとかさふざけんなよ


31 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/01/17(土) 05:23:04.86 ID:d4Hy0XWUO

まああくまで臭そうなだけで臭くないからね


33 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/01/17(土) 12:12:26.28 ID:Qc7tsHVSO
臭いなら臭いで興奮するからどっちでもいいと何度言えば


35 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/01/17(土) 12:53:35.96 ID:J70bnVGXO
響はシークヮーサーの香りがするって貴音がいってたよ
きっちり隅々まで嗅いだから確実だってさ


36 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/01/17(土) 13:24:29.82 ID:12CczJ2XO
クマ響2以降はどこ行ったのさ


転載元

P「クマ響だ!クマ響が出たぞー!」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1421424160/






THE iDOLM@STER 四条貴音 浴衣Ver. (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)
フリーイング (2015-06-30)
売り上げランキング: 85

関連記事
2015/01/17 15:45 | CM(6) | アイドルマスター SS
    コメント一覧
  1. 774@いんばりあん [ 2015/01/17 17:59 ]
  2. 淫夢とそれに影響されて煽るやつシネッ!
  3. 774@いんばりあん [ 2015/01/17 18:05 ]
  4. 所詮非公式設定でしかdisれないようなカスだから相手するだけ無駄ってことに最近気付いたけどそれでもこういうssを面白いと思って書くやつはむかつく
  5. 名無しさん [ 2015/01/17 21:36 ]
  6. がっかりだよ。意味不明だった。
  7. 名無しの貴音P [ 2015/01/18 01:20 ]
  8. てっきりクマのキグルミを着た響がモフられてうがーってなるひびたかSSかと思ったのに

    心底、失望いたいしました
  9. 774@いんばりあん [ 2015/01/18 05:35 ]
  10. ※2 最近になってとかアホかよ
    ※4 百合豚に失望されてもな
    ひびたかとかいう感じの言い方ホント気持ち悪くて嫌い
    無自覚なんかな

    話は意味不明でつまらんかった
    ただ、あんだけの動物と日常的に生活してて獣の臭いが付かないとかそれは逆に人間とは思えんが…
    なに?ゾンビにでもしたいの?
    ドルオタがアイドルはう○こしないとか宣ってるような気持ち悪さ
    ビジュアルがいいなら臭いは付加価値になるって意見もあるし、そもそも動物臭さってそんな過敏に反応するようなウィークポイントでもないやろ
    ワキガとか口臭とかなら謂れのない悪意ある印象や中傷と言えるかもしれんが、動物臭いってそんな悪口でもないやろ
    むしろ興奮するんやない(ワキガ系や汚ギャル系の同人好きやし)

    あと、「死ゾ」の特異で珍妙な響きと呪詛感くるおしいほどすき
    禍々しさとシュールな雰囲気があっていいわ
    話はつまらんかったけどさ
  11. 774@いんばりあん [ 2015/01/24 16:43 ]
  12. 悪意があるつて分かってんならまとめんなよ……
    何でもまとめんならろぐそくでいいわ
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

インバリアントへようこそ
インバリアント -SSまとめサイト-
管理人:こばりあんと



一言:ちょくちょく更新してこうかと。

  • About
  • 記事一覧
  • Twitter
  • まとめ依頼
  • ランダム SS
カテゴリ
アーカイブス

2017年 04月 (110)
2016年 02月 (1)
2015年 12月 (1)
2015年 05月 (261)
2015年 04月 (295)
2015年 03月 (305)
2015年 02月 (259)
2015年 01月 (283)
2014年 12月 (275)
2014年 11月 (287)
2014年 10月 (285)
2014年 09月 (262)
2014年 08月 (264)
2014年 07月 (262)
2014年 06月 (223)
2014年 05月 (218)
2014年 04月 (209)
2014年 03月 (185)
2014年 02月 (172)
2014年 01月 (191)
2013年 12月 (184)
2013年 11月 (183)
2013年 10月 (180)
2013年 09月 (153)
2013年 08月 (141)
2013年 07月 (154)
2013年 06月 (146)
2013年 05月 (152)
2013年 04月 (148)
2013年 03月 (130)
2013年 02月 (111)
2013年 01月 (123)
2012年 12月 (127)
2012年 11月 (120)
2012年 10月 (127)
2012年 09月 (117)
2012年 08月 (120)
2012年 07月 (122)
2012年 06月 (116)
2012年 05月 (122)
2012年 04月 (121)
2012年 03月 (123)
2012年 02月 (116)
2012年 01月 (122)
2011年 12月 (118)
2011年 11月 (113)
2011年 10月 (119)
2011年 09月 (110)
2011年 08月 (118)
2011年 07月 (118)
2011年 06月 (118)
2011年 05月 (123)
2011年 04月 (124)
2011年 03月 (117)
2011年 02月 (95)
2011年 01月 (109)
2010年 12月 (119)
2010年 11月 (110)
2010年 10月 (120)
2010年 09月 (74)
2010年 08月 (87)
2010年 07月 (113)
2010年 06月 (72)
2010年 05月 (67)
2010年 04月 (3)

人気SSランキング
アクセスランキング