HEADLINE

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- | CM(-) | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メイド「退職します」

2015/01/18 16:03 | CM(1) | 創作・男女系 SS
1 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/01/18(日) 03:39:50.87 ID:s/rDiKkTO

主人「どうした急に」

メイド「今週でこの職場を離れたいと思います」

主人「ふーん」

メイド「母が入院したので田舎の実家で面倒をみたいのです」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1421519990



2 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/01/18(日) 03:41:49.73 ID:s/rDiKkTO

主人「てめえん家、貧乏だったろ」

メイド「しばらく貯金していましたので」

主人「ふーん」


4 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/01/18(日) 03:45:06.56 ID:s/rDiKkTO

メイド「安心してください。仕事は他の者に引き継がせます」

主人「そんならいいんたけどさ」

メイド「ありがとうございます」

主人(そういうことじゃねえんだけどなあ)


5 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/01/18(日) 03:48:16.03 ID:s/rDiKkTO

主人「あ、今日の風呂の世話よろしく」

メイド「かしこまりました」

メイド「しかし、珍しいですね。いつもは別の使用人に任せているのに」

主人「ああ、何か頼りたくってな」


6 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/01/18(日) 03:51:03.91 ID:s/rDiKkTO

風呂場

メイド「失礼します。メイドです」

主人「なかなか早いね。来るのが」

主人(しかし、どうしていつもメイド服なんだろう。少し期待しちまったじゃねーか)

メイド「それでは、お座りください」


7 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/01/18(日) 03:54:13.68 ID:s/rDiKkTO

シャワシャワ

主人「うー。目に染みる」

メイド「もうしばらく我慢してください」

主人「でもーっ」

メイド(ご主人様の肌、白くて女の子みたい)


8 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/01/18(日) 03:56:43.64 ID:s/rDiKkTO

ゴシゴシ

主人(それにしても)

主人(年頃の裸の男が目の前にいるんだから、何か意識したりしないもんかね)

主人(こいつが何か感情を表に出したことなんてないな)


9 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/01/18(日) 03:58:41.17 ID:s/rDiKkTO

ザー

主人「なあ、メイドよ」

メイド「はい、何でございますか」

主人「俺ってどうかな?」

メイド「?」


10 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/01/18(日) 04:00:34.27 ID:s/rDiKkTO

カシュカシュ

メイド「どのような意味ですか?」

主人「だからー、俺は男として魅力あんのかなーって」

メイド「なるほど」

主人「異性の見た感じの意見を知りたいんだよ」


11 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/01/18(日) 04:02:41.43 ID:s/rDiKkTO

メイド「ご主人様はー」

主人「おう」

メイド「ご主人様は、とても可愛らしいお方でございます」

主人「へ?」


12 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/01/18(日) 04:07:59.24 ID:s/rDiKkTO

メイド「普段ならば、恥ずかしくて申し上げにくいのですが、もうすぐお別れなので想いを伝えたいと思います」

主人「」カア

メイド「年のわりに、発育の進んでいないのでまるで女の子のようだと、メイド達の中では噂になっています」

メイド「声も中性的で、特にお怒りになられているときは皆、心を奪われるほどに萌えておられます」

主人「……」

メイド「メイド達は皆、ご主人様が大好きでおられます。さらには」


13 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/01/18(日) 04:12:43.52 ID:s/rDiKkTO

メイド「いつも優しくて、自分のことよりも私達を大切にしてくださる方です」

主人「もういいよ」

メイド「いいえ、やめません」

メイド「あるメイドがご主人様の大切なものを壊してしまったとき、メイドの身を心配なさってくださいました」

メイド「あるメイドは自分を家族の一人だと言ってくれたのが嬉しいのだそうです」

主人「あ、あそう。別に知らねえし。どうでもいいけど」マッカッカ


14 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/01/18(日) 04:16:09.86 ID:s/rDiKkTO

メイド「普段から感謝が欠かせません」

主人「どうも」

メイド「わたくしはご主人様を愛しております」

メイド「今まで、ありがとうございました」

主人「あ、あー、あの」

メイド「?」


主人『俺も好き』


主人(なんて恥ずかしくて言えない)

主人「何でもない」


15 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/01/18(日) 04:19:22.60 ID:s/rDiKkTO

リビング

メイド「金曜日には出ていきます」

主人「……」

メイド「今日は水曜日です」

主人「……」

メイド「明日は一日屋敷におりません。母の入院している病院へお見舞いに行ってきます。」

主人「……」


16 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/01/18(日) 04:24:11.86 ID:s/rDiKkTO

木曜

主人「一人で起きれた。いつもはメイドに起こしてもらって僕が邪険にする」


主人「自分で食事を作る。そういえば俺、料理できるんだった。メイドにいつも作ってもらう。風邪のときは幸せだでたなあ」


主人「普段と違って勉強を見てもらわない。実は僕の方が、学があるんだよな。メイドって意外にバカなんだよ」


17 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/01/18(日) 04:26:46.79 ID:s/rDiKkTO



使用人「ご主人様、今日はなぜだかわたくし達の世話を必要としませんね。どうかなされたのですか」

主人「たまには、一人でやってみたくてね」

主人(メイドがいなくても何でもできる)

主人(でも、メイドに頼りたい。甘えたい)

主人(常に一緒にいてくれたから)

使用人「ご主人様?」


18 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/01/18(日) 04:29:53.50 ID:s/rDiKkTO

使用人「もしかして」

主人「? なに」

使用人「メイドのことですか?」

主人「は、はあ? 何いってんの。全然気にならねえし」アセアセ

使用人「ご主人様はメイドにベッタリですものね」

主人「うるせえ」


19 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/01/18(日) 04:33:30.94 ID:s/rDiKkTO

使用人「正直、メイドが好きですよね」

主人「別に」

使用人「ならば、わたくしがいただいてもよろしいですか?」

主人「……」

使用人「どうなんです」

主人「……ダメ」


20 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/01/18(日) 04:36:00.43 ID:s/rDiKkTO

使用人「では、いつ告白をするのですか? もう行ってしまいますよ」

主人「そんなの、しないよ。メイドと俺は年が離れているし」

使用人「そんなの関係ないですよ」

主人「でも。俺、メイドには普段きつい言葉かけてるから、何て言ったらいいかわからない」


21 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/01/18(日) 04:40:44.32 ID:s/rDiKkTO

使用人「わたくし達はご主人様の言葉くらい、ちゃんと理解してなられています。多少、不器用なくらいがちょうどいいのです」

主人「……」

主人「確かに、メイドには気持ちを伝えたいけど」

主人「メイドにも都合がある。母親のことならば仕方ないよ」

使用人「ご主人様はなぜ、お金をお持ちになられておられるのですか?」

主人「は?」

使用人「この辺りで一番の金持ちはこの屋敷に住まわれるご主人様でございます。お金は蓄えるものではありません。使うものです」

使用人「大切なものを守るためにあるのです」


22 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/01/18(日) 04:46:22.96 ID:s/rDiKkTO

金曜日

メイド「お手伝いありがとうございます。最後までご主人様は優しいお方でした」

主人(荷物運びくらい、どうってことないさ。それよりも)

メイド「それにしても随分とすっきりなりましたね」

メイド「部屋に残っているものはご主人様のものばかり」

メイド「これからご主人様は部屋を二倍使えるのでございます。のびのびと暮らせますね」


23 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/01/18(日) 04:49:10.23 ID:s/rDiKkTO

メイド「わたくしが入られたとき、部屋が足りなくて困っていたのをご主人様は自分の部屋に招いて下さいました。そのおかげでこれまでのように住み込みで働くことができました。感謝です」

主人「本当に何もなくなったな。(僕にとっては全てが思い出なのに)」


24 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/01/18(日) 04:52:54.65 ID:s/rDiKkTO

メイド「最後にわがままを聞いてもらえますか?」

主人「どんと言え」

メイド「抱かせてもらえます? 以前からご主人様を抱き締めてみたかったのです」

主人「ふん」

メイド「それでは」ヒョイ

主人「え? あ、あわわっ」

メイド「ご主人様、柔らかいです」

主人「抱き締めるっていうか、これ、お姫様抱っこじゃん!」

メイド「楽しいです~」

主人(すごい嬉しそう)


25 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/01/18(日) 04:54:44.79 ID:s/rDiKkTO

メイド「本当に嬉しいです。うっ」ホロ

主人(ん? ちょっと泣いてる)

主人(メイドも泣くんだ)

主人(嬉しい……かな?)


26 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/01/18(日) 04:56:32.24 ID:s/rDiKkTO

メイド「それでは、そろそろ」

主人「……」

メイド「本当にありがとうございました」ペコリ


スタ


スタスタ


主人「待って!」


27 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/01/18(日) 04:59:33.94 ID:s/rDiKkTO

メイド「はい?」

主人「俺さっ!」

メイド「はい」

主人「俺……」



主人「お前とまだいたりないっていうか、
一緒にいたいんだけどっ!」



メイド「……はい」

メイド「わたくしもでございます」

メイド「しかし」

主人「だから、俺んちで皆で暮らそう?」


28 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/01/18(日) 05:01:12.22 ID:s/rDiKkTO

主人「メイドのお母さんをうちに住まわせて、専門の医者を雇う。家族として受け入れる」

主人「これでどうだ?」

主人「まずいか?」

メイド「……」


35 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/01/18(日) 10:56:33.55 ID:Lbg7r+wGO

主人「……」

メイド「……」










メイド「喜んで」













36 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/01/18(日) 11:03:24.92 ID:Lbg7r+wGO

主人「やたっ」ギュ

メイド「うわあ。突然抱き締めないで下さい。びっくりしてしまいます」アタフタ

主人「これから、一緒に暮らそうな?」

メイド「はいっ!」

主人「たくさん、面倒みてくれよな?」

メイド「もちろん」

主人「あとさ」

メイド「なんでしょう」


主人「お、俺もメイドが、す、好きだから」
ドキドキ


メイド「裸の大将?」

主人「!」カチン

主人「もう、お前なんか知らんっ!」・・

フン スタスタ

メイド「ああ、お待ちくださいませ。ご主人様」




37 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/01/18(日) 11:08:15.17 ID:Lbg7r+wGO

エピローグ

主人の自室

コンコン

主人「入れ」

メイド「失礼致します」


38 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/01/18(日) 11:12:46.99 ID:Lbg7r+wGO

主人「何の用だ?」

メイド「はい、本日より母がお世話になるのですが、ご挨拶がしたいと申しておりまして」

主人「ああ、そっか」

メイド「どうぞー」

主人(メイドの母さんってどんな人だろう)

主人(メイドに似て、背の高いクールな女性かな)

主人(胸が全くないのは、母親の遺伝だったりして)

主人(大和撫子のようなすごい美人なんだろうな)

ガチャリ


メイド母「失礼します」


主人「え?」


メイド母「お久しぶりでございます」


39 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/01/18(日) 11:20:21.97 ID:Lbg7r+wGO

主人「」ポカーン

メイド、メイド母「どうなされましたか」

主人「メイドの母さんはメイド長だったのか……」

メイド長「あれ? 言ってませんでしたか?」

メイド長「メイド?」ゴゴゴ

メイド「あれ? 言ってないみたいですね」

主人「まあ、いい」

主人(理由も言わないで先日、退職なされたんだよな。メイド長)

主人(まあ、やっぱり生活はあんまり変わらなかったけど)


40 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/01/18(日) 11:26:12.06 ID:Lbg7r+wGO

主人「メイド長さんは病気だったのか、年のせいだと思ってた」

メイド母「左様でございます」

主人「んじゃあ、メイド長さんの部屋は前、使っていたところでいいですね?」

メイド母「とってあるのですね!」

主人「まあな」

メイド母「ところで」

主人「ん?」

メイド母「ご主人様っ!」ダキッ

主人「おわあ!」ギュ

メイド「!」

メイド母「本当にありがとうございます」

主人「いや、いいんだ。金はこういうとき使わないとな」

メイド「」ゴゴゴ


41 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/01/18(日) 11:33:51.78 ID:Lbg7r+wGO

メイド「もう、お止めくださいっ!」

主人「?」

メイド母「あら、どうして?」ニヤニヤ

メイド「使用人の分際でご主人様に失礼でございます」

メイド母「私はもう、使用人ではなくってよ」

メイド「うう、でも」クルクル

主人「別にいいよ? 気にしないで声かけてね?」

メイド「」ズーン


42 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/01/18(日) 11:38:18.05 ID:Lbg7r+wGO

メイド母「ところで」

主人「なに」

メイド母「私は本日よりここで働きますので」

主人「はあ?」

メイド母「ただで住まわせてもらうのも気分が滅入ってしまいます」

メイド母「以前のように、しっかりと働きます」

主人「いや、病気は?」

メイド母「それくらい、もうなんともありません。ご主人様の優しさに触れればどんな方もどんな不治の病も治るのです」

主人「バカじゃねえの?」


43 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/01/18(日) 11:40:42.33 ID:Lbg7r+wGO

その日の夜


主人「ふわーっ」アクビ

主人「眠いなあ。もう9時だよ。夜更かしはよくないな」

コンコン

主人「はーい」

メイド「メイドです」

ガチャリ


44 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/01/18(日) 11:42:57.14 ID:Lbg7r+wGO

主人「それじゃ、おやすみ」

メイド「あ、あの」カアア

主人「ん? ああ!」










主人「おいで・」

メイド「はいっ!」










主人、メイド(今日は暖かいなあ)


終わり


47 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/01/18(日) 11:51:06.03 ID:0H+HB2bh0
良SSだったよ


52 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/01/18(日) 14:26:11.59 ID:gLHkqz4mo
よかったぜ


転載元

メイド「退職します」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1421519990/






メイド喫茶ひろしま (1) (ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ)
八田 モンキー
ポニーキャニオン
売り上げランキング: 378,673

関連記事
2015/01/18 16:03 | CM(1) | 創作・男女系 SS
    コメント一覧
  1. 774@いんばりあん [ 2015/01/18 22:01 ]
  2. 敬語がめちゃくちゃなのはわざとで遊ばされ奉りますか?
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

インバリアントへようこそ
インバリアント -SSまとめサイト-
管理人:こばりあんと



一言:ちょくちょく更新してこうかと。

  • About
  • 記事一覧
  • Twitter
  • まとめ依頼
  • ランダム SS
カテゴリ
アーカイブス

2016年 02月 (1)
2015年 12月 (1)
2015年 05月 (261)
2015年 04月 (295)
2015年 03月 (305)
2015年 02月 (259)
2015年 01月 (283)
2014年 12月 (275)
2014年 11月 (287)
2014年 10月 (285)
2014年 09月 (262)
2014年 08月 (264)
2014年 07月 (262)
2014年 06月 (223)
2014年 05月 (218)
2014年 04月 (209)
2014年 03月 (185)
2014年 02月 (172)
2014年 01月 (191)
2013年 12月 (184)
2013年 11月 (183)
2013年 10月 (180)
2013年 09月 (153)
2013年 08月 (141)
2013年 07月 (154)
2013年 06月 (146)
2013年 05月 (152)
2013年 04月 (148)
2013年 03月 (130)
2013年 02月 (111)
2013年 01月 (123)
2012年 12月 (127)
2012年 11月 (120)
2012年 10月 (127)
2012年 09月 (117)
2012年 08月 (120)
2012年 07月 (122)
2012年 06月 (116)
2012年 05月 (122)
2012年 04月 (121)
2012年 03月 (123)
2012年 02月 (116)
2012年 01月 (122)
2011年 12月 (118)
2011年 11月 (113)
2011年 10月 (119)
2011年 09月 (110)
2011年 08月 (118)
2011年 07月 (118)
2011年 06月 (118)
2011年 05月 (123)
2011年 04月 (124)
2011年 03月 (117)
2011年 02月 (95)
2011年 01月 (109)
2010年 12月 (119)
2010年 11月 (110)
2010年 10月 (120)
2010年 09月 (74)
2010年 08月 (87)
2010年 07月 (113)
2010年 06月 (72)
2010年 05月 (67)
2010年 04月 (3)

人気SSランキング
アクセスランキング


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。