HEADLINE

晴美「大好きだよ、千里」

2010/06/06 01:51 | CM(0) | その他 絶望先生 SS
※さよなら絶望先生のSSです

1以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/28(金) 22:31:41.44 ID:yROhQ03X0
千里「晴美、早く起きなさい!遅刻するわよ!」

晴美「うーん…あと5分…」

千里「また夜中まで同人誌かいてたわね!!遅刻なんて許さない。きっちり登校してもらうから!」

晴美「えぇ~勘弁してよぉ」

千里「だめ。さぁ、起きる!」 バサッ

晴美「うわ~ん…もぉ…」



2以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/28(金) 22:33:26.43 ID:yROhQ03X0
登校中


晴美「ねぇ千里」

千里「何よ。」

晴美「何で毎日起こしに来るの?」

千里「だってそうしないと、あなた遅刻してくるじゃない。」

晴美(…普通起こしにくるかな…いくら幼馴染だからって) うーん

千里「何考えてるのよ。」

晴美「別に~」ニヤニヤ

千里「ニヤニヤしないでよ、気持ち悪いわね。」

晴美「いや、千里はかわいいなぁと思って」

千里「なっ…!なに言ってるの…//」 かぁぁ

晴美「ふふっ…(赤くなっちゃってかわいい)」

千里(…晴美のバカ//)


3以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/28(金) 22:36:40.31 ID:yROhQ03X0
可符香「おはよう千里ちゃん、藤吉さん」

千里・晴美「おはよう」

可符香「今日も仲良く登校ですか」

晴美「千里がどうしても私と行きたいみたいで」

千里「なっ…違うわよ!変なこと言わないでよ!」

晴美「冗談よ。そんなに否定しなくても」

千里(もう…//)

可符香「……」ニヤ


4以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/28(金) 22:36:53.81 ID:6V3yxmxd0
俺得

5以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/28(金) 22:39:23.95 ID:yROhQ03X0
晴美「ごめんあびるちゃん、数学のノート貸してくれない?」

あびる「いいけど…怪我してるから字汚いよ」 サッ

晴美「別にかまわな…」

晴美(読めない…)

あびる「他の人に借りたら?」

晴美「ごめん、そうするね」

晴美「奈美ちゃーん、数学のノートを…」


千里(………)

千里(晴美のバカ、どうして私に頼まないのよ。)

千里(いつでも貸せるようにきっちり書いてるのに。)

千里(どうしてあびるちゃんや奈美ちゃんに…。)

千里(…もぉ…晴美のバカ…。)



晴美(千里のノートびっしり書いてて怖いのよね…)



6以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/28(金) 22:40:51.81 ID:zJuXLidGP
絶望先生SSとか初めて見た

7以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/28(金) 22:41:03.17 ID:XvJw6OFO0
さぁ、続けなさい

8以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/28(金) 22:41:55.01 ID:XI29QQsT0
じゃんじゃん続き書けばいいよ

9以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/28(金) 22:42:11.77 ID:yROhQ03X0
翌日


千里「晴美!朝よ、起きなさい!」

晴美「わかった、わかったから…」 すぅ

千里「分かってないじゃない。早く起きろ!」 バサッ

千里「!」

千里「あなた、寝るときの服装ってものを知ってる!?」 プルプル

晴美「もしかして…パジャマのこと…?」 ふぁ

千里「もしかしなくてもパジャマでしょう!なっ、なんで下着で寝てるのっ!」//



10以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/28(金) 22:42:33.67 ID:WkgaKoT2O
加賀ちゃんはまだか

12以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/28(金) 22:43:33.10 ID:yROhQ03X0
晴美「うーん…」すぅすぅ

千里「まったく…だらしないわね…。」

千里(……晴美ってこんなに胸おっきかったかしら…。) ドキドキ

晴美「すぅすぅ…」

千里(…や、柔らかそう…) ドキドキ

千里(って朝から何考えてるの私!) かぁぁ

千里(どうしてこんなにドキドキしてるの…//)

千里(女の子同士なのに…。)


13以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/28(金) 22:45:40.37 ID:yROhQ03X0
可符香「藤吉さん、また千里ちゃんの暴走が始まったよ」

晴美「………」

可符香「早く止めないと先生また殺されちゃいますよ?」

晴美「なんで私が!?」

可符香「やだなぁ。藤吉さんしか、止められる人いないじゃないですか」

晴美「止めれないから!私にふらないでよ!」

可符香「いいからいいから。私が言うことを言ってみて下さい」


14以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/28(金) 22:46:30.79 ID:WNFrOBCcO
素晴らしい

16以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/28(金) 22:48:09.06 ID:yROhQ03X0
晴美「………千里―!!」

千里「……晴美?」

千里「何?今忙しいんだけど」

晴美「あのさ……」

晴美「…せっかくかわいいんだから、そんなことしちゃ台無しだよ」

晴美「おとなしくして、今日はもう帰ろ?」 ナデナデ

千里「………!!」 かぁぁ

千里「…………」

千里「……………」 コクッ

晴美(うそ…本当におとなしくなった…)



17以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/28(金) 22:51:56.08 ID:yROhQ03X0
晴美「今日はいいこにできたね」

千里「なによそれ…。まるで私が問題児みたいな言い方ね。」

晴美「あははっ」

千里「…あんなことされたら…おとなしくなるにきまってるでしょう…。」 かぁ

晴美「ん…?」

晴美「もしかして照れてる?」

千里「…なっ…!照れてないから…!」

晴美「へぇ。あんなことでいいなら、いくらでもしてあげるよ」

なでなで

千里「!………ばか…//」

晴美「ふふっ…千里かわいい。ほら、いくよ」 ぎゅっ

千里「…もぅ…恥ずかしいから手なんてつながないでよ…。」

晴美「やだー。千里は危なっかしいからね―」

千里「………」 かぁぁ

千里(…晴美……)

18以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/28(金) 22:54:10.83 ID:yROhQ03X0
千里「はぁ…。」

可符香「どうしたの、千里ちゃん」

千里「な、なんでもないわよ。」

可符香「ひょっとして、恋の悩みですかぁ?」

千里「こ、恋!?そんなわけないじゃない!」ドキドキ

千里「私恋なんてして…」

可符香「えっ…千里ちゃんも先生のこと好きだったよね?あきらめたの?」

千里「へっ…。」

千里(そっか、私先生のこと…。)

千里(どうして忘れてたのかしら…。)

千里(最近晴美のことばっかりで…ってなんで晴美のこと!?)

千里(私…先生のこと好きなはずなのに…。)

可符香「……」ニヤ


19以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/28(金) 22:57:33.95 ID:yROhQ03X0
千里「ねぇ、そんなにおもしろい?」

晴美「何が?」

千里「その同人誌ってのよ。」

晴美「おもしろいよ」

千里「でもさ…その、BLって同性同士じゃない?」ドキドキ

晴美「そうだね」

千里「晴美は、その、現実でもそういうのありだと思ってるの?」

晴美「…どうして?」

千里「それは…(私何聞いてるのよ…//)」

千里(絶対怪しまれてる…私のバカ//)

晴美「本当に好きなら性別なんて関係ないんじゃないの」

千里「!」


20以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/28(金) 22:59:58.65 ID:yROhQ03X0
千里(どうしてあんなこと聞いたんだろう。)

千里(やっぱり私、晴美のこと…//)

千里(だめ…!女の子同士なんてきちんとした恋愛じゃないし…。)

千里(…晴美……)ドキドキ

千里(なんでだろ…晴美のこと考えるだけで…胸が苦しいよ…。) ギュッ

千里(こんなの…絶対良くないよね…。)


21以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/28(金) 23:00:07.52 ID:S9//L0920
千里って髪触られたら爆はt
いやなんでもない
続けてくれ期待してる

22以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/28(金) 23:00:43.66 ID:gfTUmhWS0
これは俺得

23以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/28(金) 23:02:23.27 ID:yROhQ03X0
翌朝

ジリリリリッ

晴美「はっ!やばい今何時っ!?」 ガバッ

晴美「ぎゃあ―!もうこんな時間!って…」

晴美(あれ…千里は…?)



晴美「お母さん、今日千里は?」

藤吉母「さぁ…今日は来てないわよ。それよりあんた間に合うの?」

晴美「あ、やばい!行ってきます!」 ドタバタ

晴美(千里…どうしたんだろう…)



24以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/28(金) 23:04:12.82 ID:yROhQ03X0
キーンコーンカーンコーン


晴美「セーフ!!」 ガラッ

先生「セーフじゃありませんよ!もっと早くきて下さい」

晴美「えへへ…(なんだ…千里きてるじゃない)」 チラ

千里「…おはよう。」

晴美「うん…」

晴美「今日…どうしたの?」

千里「別に…いつも迎えに行く必要はないでしょう?」

晴美「…そうだね…(なんだろうこの気持ち…)」

千里「……」

晴美(少しさみしいような…)



25以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/28(金) 23:06:48.24 ID:yROhQ03X0
放課後


晴美「千里~、帰ろうー」

千里「ごめん。今日用事あるから、先に帰ってて。」

晴美「へ……そう…」

千里「…ごめん。」



千里(……………)

千里(これ以上晴美と一緒にいたら…もう…。)

千里(ずっとそばにいたいけど…。)

千里(つらい気持ちの方が大きいよ…。)

千里(どうしたらいいの…。)


27以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/28(金) 23:09:09.64 ID:yROhQ03X0
翌朝

ジリリリリッ

晴美「うーん…」 カチッ

晴美「すぅ……」

晴美「………」すやすや

藤吉母「晴美―!!いつまで寝てるの!遅刻するわよ―!」

晴美「……ふぁ…」 むくっ

晴美「……」



晴美(今日も…千里来てない…)

晴美(なんとなく分かってたけど…)

晴美(……きっと…)

晴美(明日も来ないんだよね…)



28以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/28(金) 23:10:53.45 ID:yROhQ03X0
奈美「ねぇねぇ、今日みんなでカラオケ行こーよ」

あびる「いいね、行こう行こう」

可符香「あれっ、晴美ちゃん帰るの?」

晴美「ごめん、締め切り近くて忙しいのっ。また今度ね!」 タタッ

可符香「………」

千里「…………」


29以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/28(金) 23:12:37.18 ID:yROhQ03X0
数日後


可符香「最近藤吉さんと一緒にいませんね」

千里「可符香ちゃん…。」

可符香「もう一週間ぐらいですかね~。二人で登校しなくなって。何かあったの
?」

千里「何もないわよ。晴美は同人で忙しいみたいだし。別に平気よ…。」

可符香「でも千里ちゃん…」

千里「…?」

可符香「すごくつらそうだよ」

千里「!」

千里「そ、そんなこと…(あれ?)」

可符香「大丈夫ですか?」

千里「だ、大丈夫…。(涙が…)」 ポロポロ


30以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/28(金) 23:15:12.44 ID:yROhQ03X0
可符香「千里ちゃん」

千里「平気だから…。(涙が止まらない…)」 ポロポロ

可符香「千里ちゃん、自分の気持ちには素直になっていいんだよ」

千里「……!」

可符香「あまり思い詰めないで下さいね」

千里「……っ…」


千里(…無理だよ…。)

千里(晴美は私がいなくても平気みないだし…。)

千里(さみしい思いしてる私がバカみたい。)

千里(一人で抱えるしかないじゃないの…。)

31以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/28(金) 23:16:33.74 ID:WkgaKoT2O
やだこのやっかいさんかわいい

32以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/28(金) 23:19:32.02 ID:yROhQ03X0
翌日 放課後


晴美「千里―!!」 タタッ

千里「!…は、晴美…?」

晴美「千里、お願いがあるの!今日原稿仕上げるの手伝って!!」

千里「…はぁ?」

晴美「お願い…今日仕上げないと締め切り間に合わないの!」

千里「いいかげんにしてよ…毎回じゃないの。」 はぁ

晴美「だってぇ…」

晴美「千里にしかこんなこと頼めないし…」

千里「…!!」

(なによ…。)

晴美「やっぱりだめかな…?」

(こんな時ぐらい調子いいんだから…。)


33以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/28(金) 23:21:26.54 ID:yROhQ03X0
千里「………」

晴美「……」


千里「…わかったわよ。」 はぁ

(ばか…。)

晴美「ほんと!?ありがとう千里~!!」

(なによ…この一週間ろくに話してもないのに…。)

(都合のいい時だけ頼りにして…。)


千里「…もう慣れたわよ。」

(でも一番バカなのは…)

晴美「えへへ―。千里大好き!」

(こんな一言で晴美を許してしまう自分自身だ。)

(結局私は、たとえ漫画の手伝いだとしてでも)


(晴美と居たいんだ…。)


34以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/28(金) 23:24:55.90 ID:yROhQ03X0
藤吉家

晴美「終わったぁぁあ」 バタッ

千里「お疲れさま。」 ふぅ

晴美「千里が手伝ってくれたからかなり早く終わったよ~」

千里「それは良かったわ。」

晴美「久しぶりにゆっくり寝れるよー」

晴美「ほんとありかとね、千里」 えへへ

千里「なによ気持ち悪いわね…いつものことじゃない。」

晴美「うん、いつものことだね」

千里「…………」

晴美「………」

晴美「…ねぇ、千里」

千里「…何?」

晴美「最近私のこと避けてない…?」



35以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/28(金) 23:27:54.55 ID:yROhQ03X0
千里「別に…そんなことないわよ。」

晴美「千里は嘘が下手だね」

千里「………」

晴美「私、何かしたかなぁ…?」

千里「……」

晴美「教えてよ千里。私謝るから」

千里「…違う…そんなんじゃない…。」

36以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/28(金) 23:29:33.46 ID:rqUIbjASQ
愛ちゃんマダー?

37以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/28(金) 23:31:40.86 ID:yROhQ03X0
晴美「嘘だ…。じゃあどうして避けるの…?」

千里「避けてない。」

晴美「千里…私、千里がいないとだめなんだよ…」

千里「だからっ…」

晴美「ずっと一緒だったじゃない…急に一人にしないでよぉ…」

千里「だから…そういうこと言わないで…!!」


38以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/28(金) 23:35:35.91 ID:yROhQ03X0
晴美「千里…?」

千里「…っ…ごめん…私どうかしてる…。」 ポロポロ

千里「…ぐすっ……ご、ごめんね晴美…。」

千里「私晴美と一緒にいるのが、つらくて…。」

千里「でもそれはっ…晴美のこと嫌いとかじゃなくてっ…」

晴美「千里…」

千里「は、晴美が、好きだからっ…」 ポロポロ

千里「好きだから…そばにいるのがつらいの…!!」

千里「これ以上…親友ではいられないよ…!」



39以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/28(金) 23:37:15.31 ID:yROhQ03X0
晴美「千里っ……!」


ぎゅうっ

千里「!!」

千里「は、るみ…?」 グスッ

晴美「つらい思いさせてごめんね、千里…」

千里「晴美っ…」 ぎゅっ


40以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/28(金) 23:37:55.70 ID:TedUKiyfP
・・・いいぞぉ

41以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/28(金) 23:38:29.75 ID:yROhQ03X0
晴美「千里、私に隠しごとなんてしないでよ…」

晴美「さみしい思いさせないでよ…」 ぎゅう

千里「だって…私もうっ…。」

晴美「私だって…千里がいないのはつらいんだよ…」

晴美「……千里、顔あげて…」

千里「晴美…?」 グスッ


42以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/28(金) 23:41:01.82 ID:yROhQ03X0
晴美「大好きだよ、千里」

晴美「ずっと私のそばにいて」

千里「………!」

千里「ほ、本当に…?」

晴美「本当だよ」

千里「嘘じゃない…?」

晴美「嘘じゃないよ…」 ぎゅっ

千里「でも私たち、女の子同士だしっ…」


44以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/28(金) 23:43:23.08 ID:yROhQ03X0
晴美「女の子同士だから…なに?」

千里「…それはっ…!」


ちゅっ…


千里「……んっ…!!」

千里(今…私…晴美にキスされ…) かぁぁ

千里「……っはぁ…」

晴美「…千里の好きも、こういう好きなんだよね…?」

千里「!!」 ドキドキ

晴美「じゃあ一緒だ」 ニコッ

千里「…………晴美…」

晴美「ふふっ、千里かわいい」 ぎゅっ



46以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/28(金) 23:46:36.08 ID:yROhQ03X0
千里「……」

千里「違うもん…。」

ちゅうぅ

晴美「!」

千里「…んっ………」

晴美「………んん…っは……」

千里「んん…!………はぁ……ふぁ…」

晴美「ん…っぷは…」

千里「……私の好きの方が…大きいわよ…。」

晴美「!!」 かぁぁ


47以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/28(金) 23:47:52.21 ID:yROhQ03X0
晴美「いきなり無理しちゃって…顔真っ赤だよ?」 ニヤニヤ

千里「なっ…!…ばか…//」

晴美「ふふっ…かわいいなぁ…」 ニヤニヤ

千里「か、かわいくなんかないわよ//」

晴美「ほんとにかわいい…」

千里「もう…!ニヤニヤしないでよ、恥ずかしいじゃないっ。」


48以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/28(金) 23:54:18.18 ID:yROhQ03X0
晴美「千里ってそんなに私のこと好きだったんだね」

千里「……晴美は…?」

晴美「うん…私も好きだよ」

千里「………//」

晴美「もっと早く言ってくれたらよかったのにー」

千里「だって…こんなのきっちりした恋愛じゃないし…。」

晴美「ははっ…やっぱり気にしてたんだ、そこ。」

千里「当たり前じゃない…。」

晴美「だから言ったのに。性別なんて関係ないって」


49以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/28(金) 23:57:25.08 ID:yROhQ03X0
晴美「…ねぇ千里」

千里「……なによ。」

晴美「覚悟してよね」

晴美「お返しに、もっとすごいことしてあげるから」


おしまい



一応別の組み合わせでも書いてるけど、需要あるかな?

50以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/28(金) 23:58:20.26 ID:TedUKiyfP
お疲れ、楽しかったぞ

投げる前に書こうとしたきっかけを聞かせてくれ

51以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/29(土) 00:02:37.19 ID:XvJw6OFO0
>>49
需要が無いわけが無い。さぁ、続きを書きなさい

52以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/29(土) 00:04:20.90 ID:umAN5Klx0
千里と晴美は良い

53以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/29(土) 00:04:39.92 ID:kaoZl6qh0
>>50
うーん…
単純に好きだからかなぁ
てゆうか絶望先生のSSはもっとあってもいいと思う

55以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/29(土) 00:07:37.85 ID:yROhQ03X0
じゃあ書きます



「普通っていうなぁ!!」

今日も奈美ちゃんが先生や可符香ちゃんにいじられてる

みんな分かってないなぁ

確かに奈美ちゃんは普通だけど、誰が見ても人並み以上の所があるじゃない

そう思うのは私が奈美ちゃんのこと好きだからなのかな?


56以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/29(土) 00:09:16.53 ID:kaoZl6qh0
奈美「はぁ…」

あびる「大変そうだね」

奈美「あびるちゃんも、何とか言ってやってよ…」

あびる「………」

奈美「私ってそんなに普通かなぁ…?」はぁ

あびる「かもね」

奈美「ひどいよぉ…あびるちゃんまで…」

あびる「冗談だよ」

奈美「あびるちゃんのは冗談に聞こえないよ…」


57以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/29(土) 00:11:39.13 ID:kaoZl6qh0
あびる「…奈美ちゃんは普通よりもずっとかわいいよ」

奈美「だから普通って…!……えっ……えぇ!?」

奈美(今…なんて…) ドキドキ

あびる「クラスで一番かわいいと思うな」

奈美(クラス1かわいい?私が…!?) ポカーン

あびる「だからもっと自信もって」

奈美「え…あ……ありがとう……嘘でも…うれしいよ…」 かぁぁ

あびる「嘘じゃないよ」

奈美「ちょ…ほめすぎだよ、あびるちゃん!私普通ですから!普通ですから!!」 あたふた

あびる(普通でいいんだ…)


58以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/29(土) 00:11:48.88 ID:6PpzjMu9Q
期待

59以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/29(土) 00:13:11.29 ID:kaoZl6qh0
奈美「……」 ドキドキ

奈美「でも…あびるちゃんがそんなこと言うなんて…ちょっとびっくりしたよ」

あびる「滅多に言わないもの」

奈美「えっ……だよね…」 かぁ

あびる「奈美ちゃんだから言ったの」 ずいっ

奈美「あ、あびるちゃん…?」 ドキドキ

奈美「あびるちゃ―ん…顔近いんですけど―…?」 ドキドキ

あびる「奈美ちゃん」

奈美「は、はいっ…」

あびる「…………」 じーっ

奈美(…何!?なんなのよぉ…!) バクバク

あびる「私と付き合って」



奈美「………はい?」


60以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/29(土) 00:14:35.32 ID:kaoZl6qh0
あびる「だから、私と付き合って」

奈美「いや、聞こえてるから!」

あびる「そう」

奈美「……こ、これも冗談?」

あびる「そう見える?」

奈美「……見えません…」 ドキドキ

奈美(どういうこと!?何、この状況!?)

奈美(あびるちゃんが…私のことを…?)

あびる「………」

奈美「……………」

あびる(気まずいなぁ)

あびる「ごめん奈美ちゃん、もっと真剣に言うよ」

奈美「え…」

あびる「奈美ちゃんのことが好き。私と付き合ってください」

61以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/29(土) 00:16:06.13 ID:kaoZl6qh0
初めて告白された

それも女の子に…

今まで散々周りから「普通」っていわれてきた

でもあびるちゃんは

そんな私を好きって言ってくれて…


あびる「ごめん、びっくりした?」

奈美「………ぁ…」

あびる「ごめんね」

奈美「あびるちゃん…」

奈美「…………」


62以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/29(土) 00:17:29.48 ID:kaoZl6qh0

奈美「私今まで…女の子を…あびるちゃんをそういう目で見たことなくて…」

あびる「うん」

奈美「だから…付き合うとか想像できなくて…」

あびる「うん」

奈美「でも私もあびるちゃんのこと素敵だなって思ってたし、これからもっとあびるちゃんのこと知りたいの…」

奈美「………だから…その…」

奈美「………っ…」

63以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/29(土) 00:19:25.05 ID:kaoZl6qh0
あびる「…じゃあさ」

あびる「一週間だけ…付き合ってくれない?」

奈美「………」

あびる「もしダメならすぐにあきらめる。遊びでいいから、一週間だけ」

奈美「………」

あびる「絶対手も出さないから」

奈美「………//」 かぁぁ

あびる「ごめん…わがまま言って」

奈美「………」

奈美「…………わかった」


64以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/29(土) 00:20:48.43 ID:kaoZl6qh0
奈美「私なんかでいいなら…いいよ…」

あびる「!」 きゅーん

奈美(い、言っちゃった…//)

あびる「あ、ありがとう」

奈美「うん…(あのあびるちゃんが照れてる…)」

あびる「奈美ちゃん」 ドキドキ

奈美「なぁに、あびるちゃん…」 ドキドキ

あびる「抱きしめていい?」

奈美「……おい」



可符香「……ふっ…」ニヤ

65以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/29(土) 00:22:05.54 ID:6PpzjMu9Q
支援

66以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/29(土) 00:22:11.93 ID:kaoZl6qh0
放課後

あびる「奈美ちゃん、一緒に帰れる?」

奈美「うん、帰ろう…//」


奈美(二人で帰るの初めてじゃないのに…) ドキドキ

あびる(こんなに緊張するなんて…) ドキドキ

奈美「き、今日はバイトないの?」

あびる「うん」

奈美「そうなんだ」

あびる「うん…」

あびる「……」

奈美「………」

あびる・奈美(私たち、いつもなに話してたっけ…?)


68以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/29(土) 00:24:20.13 ID:kaoZl6qh0
あびる(私がリードしなきゃ…)

あびる(……………)

奈美「あ、あびるちゃんって背高いよね~、何メートル?」

あびる「何センチ?でしょ…。164.2㎝だよ(公式)」

奈美「いいなぁ、かっこいいよ」

あびる「そう?ありがとう。今でこそそうでもないけど、私昔は身長コンプレックスで…」

あびる「身長低く見せるためにこうやって足で地面を掘って…ってあれ?」 ザッザッ

奈美「あびるちゃん、ここコンクリートだから」

あびる「……」

奈美「…ふふっ(かわいいなぁ)」

あびる「……おもしろかった?今の冗談」

奈美「嘘だぁ~本気だったくせに―」 ニヤニヤ

あびる「……うっ…(恥ずかしい…)」


70以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/29(土) 00:25:50.33 ID:kaoZl6qh0
奈美「ありがとう、家まで送ってくれて」

あびる「私がしたいだけだから」

奈美「それでも…嬉しいよ」

あびる「……//」

奈美「今日は…あびるちゃんのいろんな表情みれたな♪」

あびる「…恥ずかしいよ…」

奈美「ふふっ…そういう顔も初めてだ」 ニコッ

あびる「……(なんか私…押されてる…?)」

あびる「…あの…奈美ちゃん…」

奈美「なぁに?」

あびる「あ…いや……なんでもない…また明日ね」

奈美「えへへっ。また明日ね!」 タタッ

あびる「…………」


あびる(奈美ちゃん…好きだよ…)


71以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/29(土) 00:27:24.49 ID:kaoZl6qh0
2日目


奈美「いってきまーす」 ガチャ

奈美「あ、あびるちゃん!」

あびる「おはよう」

奈美「おはよう。迎えにきてくれたんだ」

あびる「当たり前じゃない。今は恋人なんだから」

奈美「あ…そうだね」 ドキドキ

奈美(ちょっと…嬉しいかも…)

奈美(付き合うってこういうことなんだなぁ) ドキドキ

あびる「どうしたの?行こう?」

奈美「うん…!」


72以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/29(土) 00:28:49.35 ID:kaoZl6qh0
キーンコーンカーンコーン


奈美「先生は?」

可符香「いやだなぁ。一時限目は自習じゃないですか。一限様おことわりですよ」

奈美「まだあったんだ、その設定」

あびる「奈美ちゃん、勉強教えてあげようか?」

奈美「えっ…いいの…!?」

千里「いいなぁ―。私にも教えてよあびるちゃん。」

カエレ「なら私にも英語教えなさいよ」

芽留「オレにも教えろ」めるめる

臼井「ぼ、ぼくにも―」



73以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/29(土) 00:31:08.07 ID:qbn2/icZP
臼井君が一番リアルに再生された・・・

74以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/29(土) 00:31:24.49 ID:kaoZl6qh0
わいわい

可符香「どうするの?あびるちゃん」

奈美「…あ…あの…」 オロオロ

あびる「ごめん、私奈美ちゃんと勉強するから」

奈美「……!」 ドキ

あびる「別の教室いこっか」

奈美「う、うん…//」


ざわざわ


可符香「………」 ニヤ

晴美「………」 ニャマリ



75以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/29(土) 00:33:25.08 ID:kaoZl6qh0
奈美「あ、あびるちゃんって人気あるよね…」

あびる「そうかな」

奈美「うん…。あんなこと言って、みんな不思議がってると思うよ」

奈美「わ、私なんか選んで…」 かぁぁ

あびる「奈美ちゃん」

奈美「……ん…」 チラッ

あびる「そんなこと言わないで。私は誰にどう思われようが、どうでもいいよ」

あびる「奈美ちゃん以外は…」 かぁ

奈美「あびるちゃん…」 きゅん

あびる「奈美ちゃん…」

あびる「…………」 じーっ…

奈美「……………」 ドキドキ

奈美「や、やだ。そんなに見ないでよ恥ずかしい…//」

あびる「ごめん」


76以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/29(土) 00:35:35.97 ID:kaoZl6qh0
3日目


あびる「おはよう」

奈美「わ!あびるちゃん大丈夫!?」

あびる「平気だよ」

奈美「平気って…また脚けがしたの?」

あびる「うん。でももう慣れたから」

奈美「………」

あびる「本当に大丈夫だよ。行こう?」

奈美「…うん」



77以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/29(土) 00:38:40.85 ID:kaoZl6qh0
あびる「でね、昨日バイトの時にね、」

奈美「うん」

奈美(あびるちゃん…)

あびる「ラインバックがね…」

奈美「うん…」

奈美(さっきから脚痛そう…)

あびる「あ、ラインバックってのはトラの名前なんだけど―」

奈美(ちょっと引きずってるし…)

奈美(なのにわざわざ私の家まで迎えにきてくれて…)

奈美「…あびるちゃん」

あびる「檻からでる時に―……なに?」

奈美「…のって。……おんぶしてあげる…」



78以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/29(土) 00:39:27.85 ID:kaoZl6qh0
あびる「………」

奈美「………」

あびる「大丈夫だよ、奈美ちゃん。本当に痛くないから」

奈美「気使わないでよ…」

奈美「私たち恋人同士でしょ…?」 かぁぁ

あびる「……!」 かぁぁ

あびる「……ぁ…そのっ…」 もじもじ

奈美「………//」

あびる「っありがとう…」


79以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/29(土) 00:41:40.90 ID:kaoZl6qh0
あびる「大丈夫…?降りようか…?」

奈美「ん…平気だよっ」 ヨロヨロ

あびる「(さっきから不安定だ…)重くない?」

奈美「あははっ…あびるちゃん軽すぎだよ」

あびる「…………」

ぎゅっ…

奈美「………」

あびる「…恥ずかしくない…?」

奈美「恥ずかしくないよ」

あびる「………」

奈美「もう少しで着くよ」


80以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/29(土) 00:43:27.52 ID:kaoZl6qh0
あびる「……奈美ちゃん…」

奈美「……ん…?」

あびる「大好き…」

奈美「………」

あびる「私…今すごく幸せだよ…」ぎゅっ

奈美「………」

あびる「ここまででいいよ。ありがとう」ニコッ

奈美「うん…」 サッ



奈美(気のせいかな…)

奈美(体が離れる瞬間……少し切ない気持ちがした…)

奈美(あびるちゃんも…同じ気持ちなのかな…)


81以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/29(土) 00:45:47.87 ID:kaoZl6qh0
4日目

教室

あびる「ねぇ奈美ちゃん」

奈美「なぁに?」

あびる「今週の土曜日あいてる?」

奈美「あさってだね。あいてるよ」

あびる「じゃあ…デートしよっか」

奈美「あ…うん…//」

あびる「どこでも行きたいとこ言って」

奈美「わかった…考えとくね」

奈美(デートなんて初めてだよ…//)


奈美(あびるちゃんと一緒にいられて…素直に嬉しいよ…) ドキドキ

82以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/29(土) 00:46:52.24 ID:kaoZl6qh0
あびる「じゃあまた明日」

奈美「うん、気をつけて帰ってね」 ガチャ


奈美(今日も送ってくれた…)

奈美(毎日送り迎えしてくれるし…)

奈美(なんか…家にいるのが寂しいかも…)

奈美(最近はずっとあびるちゃんと一緒だから…)

奈美(………) ハッ

奈美(やだ…私ずっとあびるちゃんのこと考えてるよ…//) かぁぁ

奈美「……………」


83以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/29(土) 00:47:00.10 ID:6PpzjMu9Q
支援

84以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/29(土) 00:48:59.49 ID:kaoZl6qh0
5日目

放課後

千里「あなた達、まだ帰らないの?」

奈美「あ―、ごめん。もうちょっと勉強していくから」

千里「そう。下校時間はきっちり守るのよ。」

晴美「ほらほら―、千里、帰るわよ―」

千里「あ、うん。それじゃあ。」 タタッ

晴美「ごゆっくり~」 ニャマリ

あびる「………」


85以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/29(土) 00:50:44.73 ID:kaoZl6qh0
あびる「あの二人付き合ってるみたい」

奈美「えぇ!?うそ―…あの千里ちゃんが…?」

あびる「うん」

奈美「そっかぁ…」

あびる(私たちだって…一応…)

奈美「……私たちと同じだね」 かぁぁ

あびる「え…あ、うん…//」

奈美「………」 ニコッ


86以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/29(土) 00:52:53.20 ID:kaoZl6qh0
奈美(勉強なんてただの口実で…)

奈美(一緒にいたいだけなのかも…)

奈美(こうやって教室で二人きりで…)

奈美(やだ…なんかどきどきしてきた…)

あびる「奈美ちゃん?」

奈美「…あびるちゃん…」

あびる「……?」

奈美「……………」


ぎゅうっ

あびる「奈美ちゃん!?」かぁぁ

奈美「あびるちゃん…」ぎゅっ


87以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/29(土) 00:54:04.09 ID:kaoZl6qh0
あびる「どうしたの…?」ドキドキ

奈美「……よくわかんないよ…でも今だけ…こうしてていい…?」

あびる「……ぁ…」ドキドキ

奈美「………っ」ぎゅっ

あびる「……(気持ちいい…)」かぁぁ

あびる(心臓の音うるさいよ…)バクバク

あびる(奈美ちゃんに聞こえないかな…)


88以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/29(土) 00:56:09.69 ID:kaoZl6qh0
奈美(どうしたの私…)

奈美(二人きりになった途端…急に…)

奈美(そばにいるのに切なくなって…)

奈美(あびるちゃんの体温が…心地いい…)

あびる「…んっ……(奈美ちゃん…)」ぎゅうっ

あびる(これって…期待してもいいのかな…)


89以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/29(土) 00:58:08.72 ID:qbn2/icZP
あぁ・・・

90以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/29(土) 00:59:02.37 ID:kaoZl6qh0
奈美「…さっきはごめんね」かぁぁ

あびる「…どうして謝るの?嬉しかったよ」

奈美「あぅ……」ドキドキ

あびる「ふふっ…」

奈美「………」もじもじ

奈美(よく考えたら…かなり大胆なことを…//)

あびる「奈美ちゃん」

奈美「……はい…」

あびる「明日…楽しみだよ」

奈美「……」きゅーん

奈美「うん…//」


91以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/29(土) 01:00:44.17 ID:kaoZl6qh0
あびる「………」

奈美「…………」

あびる「…………」

じーっ…

奈美「……?」

あびる(…だめ…)

奈美「………あびるちゃん?」

あびる「…奈美ちゃん…(これ以上は…)」

そっ

奈美「…!!」

あびる「……嫌?」


92以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/29(土) 01:02:13.97 ID:kaoZl6qh0
奈美「……あ…」

(こんなことしたら…)

奈美「…あびるちゃん…」

あびる「……目…閉じて…」

奈美「………」

奈美「……ん…」ギュッ


(…だめ…体が勝手に…)


93以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/29(土) 01:02:52.96 ID:6PpzjMu9Q
くそっ、寝れないじゃないか

94以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/29(土) 01:04:11.94 ID:kaoZl6qh0
ガチャ


「なんだ、奈美帰ってたのか。中に入らないのか」

奈美「うぁ!お、お父さん!?」 ビクッ

奈美父「あぁ、友達と一緒だったのか」

あびる「こんにちは」 ドキドキ

奈美「んもう!お父さん邪魔だから中入っててよ!」

奈美父「あぁ…すまん」 ガチャ

奈美(何しに出てきた…)

奈美・あびる「…………」


95以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/29(土) 01:04:58.94 ID:qbn2/icZP
AA待機してた俺は・・・

96以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/29(土) 01:06:28.24 ID:kaoZl6qh0
奈美「ごめんね、あびるちゃん」 がっくし

あびる「いや…全然…(助かった…かも)」

奈美「………」

あびる「………」

あびる「じゃあ…また明日ね」

奈美「うん…気をつけてね…」 ガチャ

奈美・あびる「……………」

奈美・あびる「…はぁ………」



あびる(手ださないとか言っておいて)

あびる(私なにしようと…) ドキドキ

あびる(奈美ちゃん抵抗しなかったな…)

あびる(教室でのあれは…何だったの…?)

あびる「……奈美ちゃん…」


97以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/29(土) 01:08:23.48 ID:kaoZl6qh0
奈美(…はぁ…)

奈美(さっきの…キス…しようとしたんだよね…)

奈美(私あの時…) かぁぁ


奈美(できなくて少し残念…かも…)

奈美(って残念じゃない!) ブンブン



奈美(……………お父さんのバカ―!!)


98以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/29(土) 01:10:40.17 ID:kaoZl6qh0
6日目

あびる(待ち合わせよりずっと早くきちゃった…)

あびる(………)

あびる(待つのも楽しい…) ドキドキ




奈美「あびるちゃ―ん!」 タタッ

あびる「奈美ちゃん」

奈美「ごめん、待った?」 はぁはぁ

あびる「まぁ…20分ほど」

奈美「うっ…正直だね…」

あびる「でもまだ待ち合わせ時間じゃないし」

奈美「でしょ!?あびるちゃんが早く来すぎなんだよ―」

あびる「ごめんね」


99以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/29(土) 01:14:46.73 ID:kaoZl6qh0
あびる「どこ行くか決めた?」

奈美「うん!映画観たいな!」

奈美「今ディ○ニーの新作やってるんだぁ~絶対面白いよ!」

あびる「わかった。いいよ」


奈美「高校生2枚で」

あびる「チケット代出そうか?」

奈美「そんなのだめだよ」

あびる「出したいの」

奈美「あびるちゃん、誘ってくれたのはあびるちゃんだけど、二人のデートでしょ?おごるのはなし」

奈美「一緒に観てくれるだけで…充分だよ」

あびる「………」 かぁぁ

奈美「あ、赤くなってる」 ニヤニヤ

あびる「あんまり見ないでよ…//」


100以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/29(土) 01:16:35.58 ID:kaoZl6qh0
奈美「面白かったね!あびるちゃん」

あびる「うん、面白かったよ」

奈美「もう本当にかわいいかったよ!!」

あびる「…奈美ちゃんの方がかわいいよ………なんてベタなこと言わないから」

奈美「言ってるじゃん…」

あびる「もう2時かぁ。お腹すいたね」

奈美「お昼にしよっか♪あそこの喫茶店でいい?」

あびる「いいよ」



101以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/29(土) 01:17:28.05 ID:kaoZl6qh0
奈美「二人でご飯食べにくるのも初めてだよね~」

あびる「そうだね。いつも先生とかみんなもいるし」

奈美(そういえば)

奈美(あびるちゃんも先生のこと追っかけまわしてたよね…)

奈美(…好きだったんだよね…?)

奈美(なのに…どうして私のこと…)


あびる「奈美ちゃん?どうかしたの?」

奈美「…………」

奈美「…あびるちゃんは…私の何が好きなの…?」ドキドキ

あびる「え…?」


102以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/29(土) 01:20:02.74 ID:Ppht98qP0
ハラショー

103以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/29(土) 01:20:16.91 ID:6PpzjMu9Q
支援

104以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/29(土) 01:20:24.56 ID:kaoZl6qh0
奈美「私なんて…本当に普通だし…みんなと比べたら何も特徴なんてないのに…」

(私…またこんなことを…)

奈美「それに……あびるちゃんは先生のこと…好きだったよね…」

(…やだ…)

奈美「先生のことは…あきらめたの…?」

(やだよ…こんなこと聞きたくないのにっ…)

あびる「…奈美ちゃん…」

奈美「……………」


106以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/29(土) 01:22:51.89 ID:kaoZl6qh0
あびる「先生のことは…好きだったよ。」

奈美「………」 ズキッ

あびる「でも先生が言ってた通り、生徒が教師のこと好きになるなんて、一時的なものだったんだと思う」

あびる「それに私の場合は、私の勝手な勘違いから始まったみたいだし…」

あびる「今は何とも思ってないよ」

奈美「……それでも…」

あびる「奈美ちゃんのどこが好きかなんて、言えないよ」

あびる「だって、嫌いなところがないんだもの…」

奈美「………!!」 かぁぁ


107以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/29(土) 01:24:58.00 ID:kaoZl6qh0
奈美「…ぁ…あびるちゃんずるいよ…」

奈美「どうしてそんな恥ずかしいこと…さらっと言えるの…//」

あびる「私も緊張してるよ」

奈美「全然そんなふうに見えないよ…//」


奈美(こんなに私のこと想ってくれる人に…この先出会えるのかな…)

奈美(……あびるちゃん…)

奈美(私…悩まなくても…とっくに結論でてるんじゃないかな…)


108以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/29(土) 01:27:11.39 ID:kaoZl6qh0
あびる「奈美ちゃん」

奈美「……ん…」

あびる「これからどうする?行きたいとこある?」

奈美「…………」

あびる「どこでもいいよ」

奈美「本当に…?」

あびる「うん」

奈美「じゃあ…」

奈美「……あびるちゃんの家に行きたいな…」

あびる「!」

奈美「だめ…かなぁ?」 ドキドキ

あびる「私の家なんかでいいの?」 ドキドキ

奈美「うん…」


109以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/29(土) 01:29:34.25 ID:kaoZl6qh0
あびる「あがって」

奈美「おじゃましまーす…」

あびる「散らかってるけど…(片付けてて良かった…)」

奈美「そう?うちより全然綺麗だよ~」

奈美「えっと…親は…?」

あびる「お父さんはもうすぐ帰ってくると思う。お母さんは…うち離婚してるから」

あびる「ベッドにでも座ってて。飲み物もってくるね」

奈美「ありがとう…」


111以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/29(土) 01:32:14.25 ID:kaoZl6qh0
奈美(あびるちゃんの部屋すっきりしてるなぁ)

奈美(あびるちゃんの持ち物とか…動物関連しか思いつかないや) ふふっ

奈美(このベッドふかふか…)

奈美(…少しくらいいいよね…) ごろんっ

ぱふっ

奈美(…この枕…あびるちゃんの匂いがする…//) ぎゅっ


奈美(いい匂い…) すぅ―



112以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/29(土) 01:34:43.67 ID:kaoZl6qh0
ガチャ


あびる「なにしてるの?」

ビクッ

奈美「うぁ、あびるちゃん…!これはその…あはは…」

あびる「…気持ちいいでしょ、このベッド」

奈美「うん…ごめんね勝手に」 ドキドキ

あびる「別にかまわないよ。はい、飲み物」 サッ

奈美「ありがとう…」


114以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/29(土) 01:36:26.60 ID:kaoZl6qh0
あびる「あのさ」

奈美「なぁに?」

あびる「私、晩ご飯作らないといけないんだけど…良かったら奈美ちゃんも食べていかない?」

奈美「えぇ!?いいの?」

あびる「いつもお父さんと二人だし…奈美ちゃんがいてくれたら、お父さんも喜ぶよ」

奈美「そうかなぁ」

あびる「そうだよ」

奈美「…じゃあ一緒に作ろう!私も手伝うよ」


115以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/29(土) 01:38:19.69 ID:kaoZl6qh0
奈美「えーっと…砂糖、砂糖」サッサッ

あびる「奈美ちゃん、それ塩」

奈美「えぇ!?やばい、間違えた!!」

あびる「…普通にやるよね、それ」

奈美「普通っていうなぁ!」

116以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/29(土) 01:40:50.78 ID:kaoZl6qh0
「いただきま―す!」

あびる「お父さん、奈美ちゃんは本当によく手伝ってくれたよ」 もぐもぐ

奈美「うぅ…イヤミでしょそれ…」

あびる「それ奈美ちゃんが作ったんだよ」

奈美「…すみません」

あびる父「?おいしいじゃないか、普通に」

奈美「…………」

あびる「ふふっ…」

あびる父「何を落ちこんでいるんだ?普通によくできてるぞ」 もぐもぐ

奈美「うぅ…調子狂うよお父様!」

118以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/29(土) 01:46:50.64 ID:qbn2/icZP
>>117
安らかに

121以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/29(土) 02:00:13.85 ID:kaoZl6qh0
あびる父「あびるは学校でどんな感じなんだ?」

奈美「えーっと…おとなしくて親切で…クラスの人気者です…」しどろもどろ

あびる(保護者面談か)

奈美「ほんとにいつも…よくしてもらっています…//」

あびる(奈美ちゃん…なんか違うよ…)うぅ

あびる父「ならいいんだが…。こいつはこの通り、どこかそそっかしいし、特殊な性癖を持ってるからなぁ…」

奈美「せ…」

あびる「性癖とかいうなぁ!」

奈美「……………」チラ

奈美「今の……私のまねでしょ?」

あびる「……ごめん」


122以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/29(土) 02:01:58.89 ID:kaoZl6qh0
すみません、規制くらってました
よかったら支援お願いします


奈美「じゃああびるちゃん、そろそろ私帰るね」

あびる父「何を言ってるんだ。こんな時間に帰ったら危ないだろう」

奈美「え…」

あびる父「あびる、泊めてあげなさい」

奈美・あびる「え………」

奈美「け、けっ結構です…!ちゃんと帰れますから!」ドキドキ

あびる「そ、そうよお父さん!私送ってあげるから大丈夫!」ドキドキ

あびる父「お前が行っても同じじゃないか。」

奈美「だめですっ…まだ早いです!」

あびる(まだ…?)

あびる父「早いものか。もう9時になるぞ」

奈美(そうじゃなくてぇ――)


123以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/29(土) 02:03:18.49 ID:qbn2/icZP
そういやそんなのあったな
久しぶりでつい・・・スマンカッタ

124以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/29(土) 02:03:20.13 ID:kaoZl6qh0
あびる「……私は別にかまわないよ、奈美ちゃん」

奈美「え…」

あびる「泊まる?どうしても帰りたいなら別だけど…」

奈美(……どうしよう…)

奈美(泊まるって言っても…男女じゃあるまいし、そんなに意識しなくても…)

奈美(変なこと考えてるの…私だけかも…)

奈美「じゃあ…お世話になります」



125以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/29(土) 02:04:15.46 ID:Ppht98qP0


126以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/29(土) 02:05:34.25 ID:kaoZl6qh0
ガチャ

奈美「あの、お風呂ありがとう…」

あびる「あ、うん。服おっきかった?」

奈美「大丈夫だよ……//」

あびる(お風呂上がりの奈美ちゃんかわいい…)

あびる「…じゃあ…私も入ってくるから…適当にくつろいでて」

奈美「うん…」

ぎしっ

ごろごろ

奈美(……やっぱり気持ちいい…) ぎゅっ

奈美(あぁもう、いい匂いっ…!) すぅ

奈美(…私って変態かな…//) かぁぁ

奈美(もう少しだけ…このまま…)

奈美(…………)

すぅすぅ

128以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/29(土) 02:07:07.32 ID:kaoZl6qh0
あびる「奈美ちゃん?」

奈美「………」すぅ

あびる「寝てるのか…」

(……今のうちに包帯巻いとかないと…)

奈美「……ん…」すやすや

(寝てるよね…)

あびる「………」バサッ

(…はぁ…)

(女の子なのに…こんなに傷だらけで…悲しいなぁ…)

(骨折ならまだいいけど…お腹とか背中の生傷は…見てられない…)

(…綺麗になりたいな…)

129以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/29(土) 02:08:30.15 ID:kaoZl6qh0
ギュッ

「………っいた…」

「……ん………ぐすっ…」

(やだ…泣いても仕方ないのに…)

(こんな怪我…自業自得なんだし…)

「……っ…」ポロポロ



奈美「…ん…あびるちゃん?」

ビクッ

あびる「な、奈美ちゃん…!!」サッ


130以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/29(土) 02:09:40.18 ID:kaoZl6qh0
奈美「その傷…大丈夫っ!?」

あびる「へ…へいきだからっ…見ないでっ…!!」 ポロポロ

奈美「あびるちゃん…泣いてるの…?」

あびる「…っ…ぁう…お願い…見…ないで…」

奈美「あ、あびるちゃん…」

あびる「わ、わたし…ぐすっ…傷だらけだしっ……綺麗じゃないから…っ……見ちゃだめ…っ」

奈美「あびるちゃん…!」


ぎゅうっ


あびる「…あっ……!」

(奈美ちゃん…?)

奈美「大丈夫だから……隠さないでもいいから…泣かないで…」ぎゅっ

奈美「私…あびるちゃんの素敵なところ、いっぱい知ってるよ…」

131以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/29(土) 02:10:03.29 ID:qbn2/icZP
いいぞぉいいぞぉ

132以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/29(土) 02:11:11.31 ID:kaoZl6qh0
あびる「っ…奈美ちゃ…」 ポロポロ

奈美「泣かないで…あびるちゃんは綺麗だよ…」

あびる「…奈美ちゃんっ…!」ぎゅっ

奈美「……ん…」 ぎゅうっ

あびる「…ぐすっ…あり…がと…っ」 ポロポロ

奈美「うん…」

あびる(…奈美ちゃんっ…奈美ちゃんっ…) ぎゅうぅ

奈美「……………」

奈美「……あびるちゃん…」

あびる「………?」チラ

奈美(…あ……)

奈美「綺麗な目…」

あびる「…でも…両目の色違うし…」

奈美「そこが綺麗なんじゃない…すごく素敵だよ…」 ニコッ

あびる「……ありがと…」 かぁぁ

134以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/29(土) 02:12:37.21 ID:kaoZl6qh0
奈美「……………」

奈美「あびるちゃん…」

奈美「今日で付き合って何日目か、覚えてる…?」

あびる「…6日目…でしょ…?」

奈美「うん。でもね、さっき12時過ぎたんだよ」

あびる(…あ………)

奈美「だから…今日でちょうど一週間」

あびる「………!!」

奈美「…返事…かえさないとね…」

あびる「…………」

135以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/29(土) 02:14:01.82 ID:kaoZl6qh0
奈美「この一週間…本当に楽しかったよ」

奈美「すごく大切にしてくれて…そばにいてくれて…嬉しかった」

あびる(…………!)

奈美「あびるちゃん…」

あびる「…………」

奈美「私も、あびるちゃんのことが好き…!」

あびる「!!」

奈美「だから……あびるちゃんの彼女にしてください…」

137以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/29(土) 02:29:08.74 ID:px5yOLNB0
しえ

138以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/29(土) 02:41:05.37 ID:GAxzZh/U0
ひゃあい

139以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/29(土) 02:45:35.63 ID:Uw9pjXdX0
支援
眠れない

140以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/29(土) 03:07:47.87 ID:kaoZl6qh0
すみませんまた規制かかってました…
今日はもう寝ます
全部書いてるので、よかったら保守お願いします
残ってたら明日書きます
支援してくれた人たち、ありがとう


141以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/29(土) 04:11:47.84 ID:3csOpp4RQ

続き楽しみにしてる

143以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/29(土) 08:11:37.83 ID:PrK9R2CoO


144以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/29(土) 08:29:34.17 ID:kaoZl6qh0
保守ありがとうございました
続き書きます


あびる「………」

あびる「……夢じゃないよね…?」

奈美「…うん…」

あびる「本当に…私でいいの…?」

奈美「それはこっちのセリフだよ…」

あびる「……っ…奈美ちゃんっ!!」 ガバッ

奈美「きゃっ…!」

ドサッ

あびる「嬉しいよぉ…奈美ちゃんっ…」 ぎゅうぅ

奈美「あ、あびるちゃんっ…はずかし…」 かぁぁ

あびる「奈美ちゃん…好き…大好きっ…!」 ぎゅっ

奈美「わ、わたしも…大好き…だよっ…」 ぎゅっ

あびる「……うん…嬉しい…//」

145以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/29(土) 08:34:00.73 ID:kaoZl6qh0
あびる「……奈美ちゃん…」

奈美「………はい…」

あびる「こないだの続き…してもいいかな…」

奈美「……あ…//」

奈美「………」 コクン

あびる「………奈美ちゃん…」

すっ

奈美「……んっ…」 ギュッ


ちゅっ

奈美「…んんっ……」

あびる「…ん……ふぁ…」

奈美「……っはぁ…」

あびる「…………」

奈美「……しちゃったね…//」

あびる「…うん………」 かぁぁ

146以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/29(土) 08:38:28.31 ID:kaoZl6qh0
奈美「と、とりあえず、服着てよっ…こっちが恥ずかしいから…//」

あびる「あ…ごめん//」 サッ

奈美「包帯巻いてる途中だったの…?」

あびる「うん…」 かぁぁ

奈美「かして」

あびる「…?はい…」

奈美「…ん…」


ちゅく…


あびる「……ひゃあっ…!」

奈美「…んは……ちゅく……」

あびる「…ふぁ…奈美ちゃんっ…なにして…んあっ…!!」

奈美「…痛い…?」

あびる「…痛くないけどっ……ひゃんっ…!…だめ…汚いよぉ…」

奈美「ん…ちゅ…汚くないよ………私が治してあげるね…」

147以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/29(土) 08:40:42.68 ID:kaoZl6qh0
あびる「やぁっ…奈美ちゃんっ…恥ずかしいよぉ…!ふあ…」

奈美「じゃあこっちは?」 ちゅうぅ

あびる「あぁっ…!だめぇ…//」

奈美「ふふっ…あびるちゃん、首も弱いんだね…」

あびる「んんっ…!ち、違うよ……奈美ちゃんに…されてるからだよぉ…」

奈美「あびるちゃん……」 すっ

あびる「ふぁ…はぁ……奈美ちゃんっ…」

奈美(…かわいい) きゅーん


148以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/29(土) 08:42:30.68 ID:kaoZl6qh0

あびる「………もう…いきなり恥ずかしかったよっ…」 かぁぁ

あびる「まさか奈美ちゃんにこんなことされるなんて……//」

奈美「あはは…あびるちゃんかわいかったよ」

あびる「………」

奈美「…あびるちゃん……」

奈美「キスしてもいい?」

あびる「………」 かぁぁ

あびる「……何回でもいいよ…」

149以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/29(土) 08:44:25.58 ID:kaoZl6qh0
翌朝

「……ふぁ…」

もう朝かぁ

昨日はいつの間にか寝てたみたい

結局夜中までずっと…奈美ちゃんとキスばっかりして…

恥ずかしいなぁ

「すぅすぅ……」

奈美ちゃんが隣で寝てるなんて信じられない

私…ついに奈美ちゃんと本当の恋人になれたんだ…


150以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/29(土) 08:46:57.42 ID:kaoZl6qh0
奈美「ん…おはよう…あびるちゃん…」

あびる「おはよう、奈美ちゃん」

奈美「…………//」

あびる「……………//」

奈美「あのね、あびるちゃん…」

あびる「なぁに?」

奈美「今日もデートの約束してたでしょ?」

あびる「うん」

奈美「それで考えたの…今日は動物園行きたいなって//」

あびる「!」 きゅーん

あびる「奈美ちゃん…!」

奈美「わっ…!ちょ、あびるちゃん…//」 ぎゅっ

あびる「奈美ちゃん…大好きだよ。ずっと一緒にいようね…」

奈美「うん…!」


おしまい

151以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/29(土) 08:53:39.77 ID:prA7rSe/0


キマシタワー

152以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/29(土) 09:21:54.97 ID:kaoZl6qh0
人いるかな?
一応3部構成なのでよかったら最後も書きたいです


154以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/29(土) 10:25:59.23 ID:Ppht98qP0
ほっしゅほっしゅ

155以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/29(土) 10:52:15.33 ID:kaoZl6qh0
霧「そんなところにいたの」

まとい「………」

霧「中に入りなよ。先生なら今ご飯食べてるから」

まとい「別にここでかまわないわ」

霧「どうして?」

先生「おや。常月さん、おはようございます。そんなとこで何しているのですか?」

まとい「先生…。おはようございます」 ニコッ

霧「むっ…」

まとい「……………」

まとい「……はぁ…」

霧「…………?」


156以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/29(土) 10:59:59.26 ID:kaoZl6qh0
霧「なんか顔赤いよ?」

まとい「赤くないから」

霧「赤いよ。もしかして…」

ぴとっ

霧「わっ、熱い!熱あるでしょ!」

まとい「ちょっと、触らないでよ!熱なんてないから」 サッ

先生「それじゃあ小森さん、行ってきますね」

霧「あ、先生!このストーカー、熱あるみたいです」

まとい「ちょっと!!」 むっ


157以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/29(土) 11:07:24.99 ID:kaoZl6qh0
先生「熱?それはいけませんね。今日は休んだ方がいいですよ」

まとい「熱なんてありません!大丈夫ですから…」 はぁはぁ

先生「生徒に何かあったら大変ですから、無理しないで下さい」

先生「保護者の方に迎えに来てもらいましょうか?」

まとい「仕事中だから無理ですっ…」

先生「仕方ありません。小森さん、常月さんの看病お任せしてもよろしいですか?」

霧「先生がそう言うならいいよ」


158以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/29(土) 11:16:11.39 ID:kaoZl6qh0
先生「すみません。常月さん、ちゃんと寝ていて下さいね。それでは、もう行かないと行けないので…」 ガラッ

まとい「あ…先生っ…!」

霧「ほら、早く中入って」 ぐいっ

まとい「やっ…離してよ…!」 はぁはぁ

霧「こら!先生に言われたことが分からないのっ!今お布団しくから、おとなしく来なさいっ」

まとい「………っ」

まとい(……せんせえ…)


159以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/29(土) 11:28:05.00 ID:kaoZl6qh0
霧「とりあえず着替えなきゃ。袴じゃ寝れないでしょ」

まとい「………」はぁはぁ

霧「これ…私のだけど、着なさい」 サッ

まとい「…いらない」

霧「むかっぱ!ゆーことききなさいっ」 ぐいっ

まとい「…きゃっ…!ちょっと!自分で脱げるからっ」

霧「ふーん。袴の中ってこんなになってるんだ」 ぬぎぬぎ

まとい「やっ…ちょっと…あんたね…!」



161以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/29(土) 11:35:41.52 ID:kaoZl6qh0
まとい「…先生にも脱がされたことないのに…」

霧「はい、これ着て」 サッ

まとい「なによコレ…体操服じゃない」

霧「これなら汗かいても気持ち悪くないし、いいでしょ?」

まとい「…学校来ないのに持ってたんだ」

霧「私いつもそれ着てるよ」

まとい「…………」

霧「早く着ないと風邪ひいちゃうよ。あ、もうひいてるか…」


162以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/29(土) 11:42:45.69 ID:kaoZl6qh0
霧「お布団、寒くない?」

まとい「…………あつい…」 はぁはぁ

霧「しょうがないなぁ」

霧「ほら…汗ふいたげるよ」 ふきふき

まとい「……はぁ…はぁ…」

霧(おとなしくなった…)

霧「いつから熱あったのよ…」

まとい「…んっ…昨日の夜…」

霧「もぅ!ちゃんと家にいなさいよっ」

まとい「だって…1日でも会えないなんてつらいんだもの…」 ギュッ

霧「…………」はぁ


163以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/29(土) 11:51:46.13 ID:kaoZl6qh0
すたすた


まとい「…どこ行くの…?」 はぁはぁ

霧「………」

霧「…いてほしいの?」

まとい「…ち、違うけど…」

霧「病気の時って、誰でもいいからそばにいてほしいもんね」 ニヤ

まとい「…もぅ、いいからっ…!」

霧「……果物持ってこようと思っただけだよ」

霧「少しだけ一人で待てるかな?」 ニヤニヤ

まとい「………ばか…」


164以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/29(土) 12:01:11.19 ID:kaoZl6qh0
霧「はい、あーんして」

まとい「……………」

霧「……口をあけなさい」

まとい「……ん…」

ぱくっ

霧「おいしい?」

まとい「………」 コクッ

霧「ふふっ…たくさんあるからね」

まとい「……うん…」


霧(…こうして見てると)

霧(まといちゃんって美人だなぁ…)

霧(…負けちゃいそう…)

165以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/29(土) 12:14:17.71 ID:kaoZl6qh0
霧「……………」

まとい「………ちょっと」

霧「なぁに…?」

霧「………」 ニヤ

霧「わぁ、このリンゴおいしい」 パクッ

まとい「…………」

霧「あまーい」 シャリシャリ

まとい「……………」

霧「どうしたの?まといちゃん」

まとい「…はやく…」

霧「…ん―?」

まとい「はやく食べさせなさいよっ…!!」

霧「まったく、世話が焼けるなぁ」 ニヤニヤ

まとい「……………(むかつくー!!)…」 かぁぁ

霧(なにこれかわいい)

166以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/29(土) 12:22:01.19 ID:Uw9pjXdX0
支援ー!

167以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/29(土) 12:29:26.37 ID:kaoZl6qh0
霧「……寝れないの…?」

まとい「………うん」

霧「ご本を読んであげましょうか」

まとい「……あなたさっきから調子に乗ってない?」 ムッ

霧「まといちゃんの反応が面白いからだよ」 クスクス

まとい「あっそ…」

まとい「……先生なにしてるかな…」 はぁ

霧「…………」


168以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/29(土) 12:36:43.54 ID:kaoZl6qh0
まとい「暇ねぇ…あなたいつも何してるの?」

霧「大抵はテレビ見たりネットしてるよ」

まとい「…退屈じゃない?」

霧「うるさいなぁ。そりゃあ退屈だけど…。」

霧「外にでるよりマシだよ」

まとい「………そう」

霧「でも」

霧「こうやってまといちゃんと話していたら、楽しいよ」

まとい「………変なの…//」


169以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/29(土) 12:49:46.63 ID:Uw9pjXdX0
頑張れ!

170以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/29(土) 12:53:42.94 ID:kaoZl6qh0
霧「もうすぐお昼だね」

まとい「……ん…」

霧「お昼ご飯、おかゆでいい?」

まとい「………いいの…?」

霧「いいよ」

霧「ちょっと待っててね」 サッ

まとい「………霧ちゃん…」

霧「………ん…?」

まとい「………ありがとう…」 ボソッ

霧「いいよ別に…」 かぁぁ


171以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/29(土) 12:57:24.03 ID:kaoZl6qh0
まとい(仲良くするなんて…私たちらしくないかも…)

まとい(恋敵だし…)

まとい(今まで思わなかったけど…)

まとい(霧ちゃんって優しい子だなぁ…) はぁ

まとい(…負けちゃいそう…)


172以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/29(土) 13:03:46.78 ID:kaoZl6qh0
霧「ふーっ、ふーっ」

霧「はい、あーんして」

まとい「………ん…(やっぱり恥ずかしい…)」

霧「熱くない?」

まとい「…ん……大丈夫…おいしいよ…」

霧「よかった」 ほっ

霧「ふーっ、ふーっ」

まとい「………ごめんね…迷惑かけて」

霧「……気にしないでよ」

まとい「……私が自分勝手だからこんなこと…」

霧「…次から気をつけたらいいよ」

まとい「……………」

霧「ほら、落ち込むなんてらしくないよ。食べて」

まとい「………んっ…」

173以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/29(土) 13:21:31.95 ID:kaoZl6qh0
霧「37.6℃」

霧「だいぶ熱下がったよ。可符香ちゃんがくれた薬のおかげかなぁ」

霧「明日には元気になりそうだね」

まとい「……うん…ありがとう…」

霧(だいぶ素直にもなってきた…)

霧「もうすぐ学校終わるね…」

まとい「……うん…」

霧「…先生も帰ってくるね」

まとい「うん…」

霧「…………」

霧「まといちゃんは…いつも先生のそばにいるんだよね…」

まとい「…………」


176以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/29(土) 13:55:25.15 ID:kaoZl6qh0
霧「先生……」

霧「………うらやましいなぁ」

霧「少し妬けちゃうかも…」

まとい「!霧ちゃん…!!」 ガバッ

霧「…なぁに?」

まとい「そんなに…そんなに私のこと好きだったの…!?」

霧「………………はい?」

まとい「隠さなくてもいいわ…!今気づいたっ…」

まとい「私も霧ちゃんのことが好きっ!!」

霧「……………」 ポカーン

霧「……冗談言う元気はでたみたいだね」

177以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/29(土) 14:01:32.46 ID:AA12AfR90
何事だ支援

178以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/29(土) 14:04:08.00 ID:kaoZl6qh0
まとい「霧ちゃん…」ずいっ

霧「な、なにっ…!?」 ドキドキ

すっ


――ちゅっ


霧「!!!!!」

まとい「…霧ちゃん…大好き…」

霧「ひっ……ひゃあぁぁぁあ!!!」

霧「私の…私のファーストキスが…!!」 プルプル

まとい「…霧ちゃん?」 ずいっ

霧「なっ…なな、何してんのよっ、あんたっ」

まとい「何って…キス…しちゃだめだった?」

霧「………!!!」かぁぁ


179以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/29(土) 14:06:56.42 ID:kaoZl6qh0
まとい「…霧ちゃん…嫌だったの…?」

霧「い、嫌とか…そういう問題じゃなくてっ…」 アワアワ

まとい「ふぅん…嫌じゃなかったんだ…」 ぎゅうぅ

霧「こらーっ!は、離れなさ―い!!」 ドキドキ

まとい「ふふっ…霧ちゃんやわらか―い//」 ぎゅっ

霧「ちょ…まといちゃん…いきなりどうしちゃったの…?」 かぁぁ

まとい「……よくわからないけど…なんかずっとドキドキしてるの…」

まとい「霧ちゃんと…もっといろんなことしたいな…//」

霧(どうなってんのコレ――!?) バクバク

180以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/29(土) 14:09:58.92 ID:Uw9pjXdX0
支援

181以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/29(土) 14:10:40.00 ID:kaoZl6qh0
ハッ

霧「…先生のことはどーした!先生のことは!」

まとい「ん…先生も好きだけど…霧ちゃんの方が好き…」 ぎゅう

霧「!!」 かぁぁ

霧「こ、困るよそんなの…//」

まとい「どうして…?」

霧「………(かわいい…)」

まとい「……霧ちゃん…」

霧「…………?」

まとい「……もう一回キスしてもいい…?」

霧「…ぁ……」 かぁぁ

霧「…………………」

182以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/29(土) 14:19:21.82 ID:kaoZl6qh0
まとい「…んっ……」

霧「…ふぁ……ちゅ…っん…」

霧「んんっ…!…はぁっ…まといちゃん…」 かぁぁ

まとい「…かわいい…霧ちゃん…」

霧「………まといちゃんおかしいよ…//」

霧「熱のせい…だよね…?」 ドキドキ

ぐっ

霧「きゃっ…」

ドサッ

まとい「熱のせいじゃないよ…」 すっ



183以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/29(土) 14:22:06.55 ID:Mjai+Ots0
カエレちゃん×千里ちゃんが好きです

184以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/29(土) 14:25:52.46 ID:6PpzjMu9Q
交「(ドキドキ・・・)」

185以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/29(土) 14:26:19.40 ID:kaoZl6qh0
霧「まといちゃん…」 ドキドキ

まとい「…霧ちゃん…脱がすよ…」

霧「……!!!だめぇ…まといちゃんっ」 かぁぁ

霧(もう…心臓がもたないよ…//) バクバク

まとい「霧ちゃんだって私のこと脱がせたじゃない…」 するする

霧「それはっ…!着替えさせるためにっ…!」

まとい「霧ちゃん綺麗…」 ちゅっ

霧「やんっ…!まといちゃん……恥ずかしいよ……//」


186以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/29(土) 14:37:55.84 ID:kaoZl6qh0
まとい「…んあ…ちゅく……ちゅ…」

霧「ひゃあぁ…!!だめっ…だめだよぉ…!そんなに吸わないでぇ…!」 ビクッ

まとい「…ちゅうっ……んはっ…霧ちゃん…気持ちいい…?」

霧「んんっ…!!ま…といちゃ…んっ…!」

まとい「やわらかぁい……霧ちゃん結構おっきかったんだね…」

霧「ふぁ!!やぁっ…まといちゃんっ…まといちゃんっ!!!」 ビクビク


ガラッ

先生「常月さん!!大丈夫ですかっ!!?」

まとい・霧「あ……」

先生「え…………」

先生「…先生、なんか邪魔しちゃいましたかね………どうぞごゆっくり!!」 ピシャッ

どたたた

霧「……………せんせえ…」 ぐすん


187以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/29(土) 14:43:49.74 ID:kaoZl6qh0
翌朝

まとい「ごめんね、霧ちゃん」

霧「…………」 ぷんすか

まとい「風邪移しちゃって」

霧「それもだけど、それより先生!先生にあんなとこ見られてっ!!」 かぁぁ

霧「どうしてくれるのよっ」 すんすん

まとい「心配しないで。私が霧ちゃんと、ずーっと一緒にいてあげるから」 ニコッ

霧「そーゆう問題じゃないでしょ!」

まとい「ふふっ…霧ちゃん…」

霧「………なによ」

まとい「好きよ」

霧「………もぉ……しょうがないんだから…」

霧「…ちゃんと看病してよねっ…」


188以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/29(土) 14:45:10.29 ID:kaoZl6qh0

可符香「これで邪魔ものはみーんな消えました」

可符香「待ってて下さいね、先生っ」


おしまい


189以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/29(土) 14:50:06.19 ID:PrK9R2CoO
衝撃のラストwwwww


190以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/29(土) 14:52:18.56 ID:AA12AfR90


191以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/29(土) 14:58:02.14 ID:kaoZl6qh0
読んでくれた方ありがとうございました
初SSだったから緊張したけど、書いてよかったです





192以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/29(土) 15:01:08.45 ID:6PpzjMu9Q
まだ愛ちゃんとメルメルとry
乙でした

193以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/29(土) 15:30:41.29 ID:Uw9pjXdX0
乙!!

194以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/29(土) 15:34:20.51 ID:uz6181pN0
一乙!





関連記事
2010/06/06 01:51 | CM(0) | その他 絶望先生 SS
    コメント一覧
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

インバリアントへようこそ
インバリアント -SSまとめサイト-
管理人:こばりあんと



  • About
  • 記事一覧
  • Twitter
  • まとめ依頼
  • ランダム SS
カテゴリ
アーカイブス

2018年 02月 (25)
2018年 01月 (7)
2017年 12月 (3)
2017年 11月 (22)
2017年 10月 (11)
2017年 09月 (2)
2017年 08月 (161)
2017年 07月 (180)
2017年 06月 (139)
2017年 05月 (311)
2017年 04月 (157)
2016年 02月 (1)
2015年 12月 (1)
2015年 05月 (261)
2015年 04月 (295)
2015年 03月 (305)
2015年 02月 (259)
2015年 01月 (283)
2014年 12月 (275)
2014年 11月 (287)
2014年 10月 (285)
2014年 09月 (262)
2014年 08月 (264)
2014年 07月 (262)
2014年 06月 (223)
2014年 05月 (218)
2014年 04月 (209)
2014年 03月 (185)
2014年 02月 (172)
2014年 01月 (191)
2013年 12月 (184)
2013年 11月 (183)
2013年 10月 (180)
2013年 09月 (153)
2013年 08月 (141)
2013年 07月 (154)
2013年 06月 (146)
2013年 05月 (152)
2013年 04月 (148)
2013年 03月 (130)
2013年 02月 (111)
2013年 01月 (123)
2012年 12月 (127)
2012年 11月 (120)
2012年 10月 (127)
2012年 09月 (117)
2012年 08月 (120)
2012年 07月 (122)
2012年 06月 (116)
2012年 05月 (122)
2012年 04月 (121)
2012年 03月 (123)
2012年 02月 (116)
2012年 01月 (122)
2011年 12月 (118)
2011年 11月 (113)
2011年 10月 (119)
2011年 09月 (110)
2011年 08月 (118)
2011年 07月 (118)
2011年 06月 (118)
2011年 05月 (123)
2011年 04月 (124)
2011年 03月 (117)
2011年 02月 (95)
2011年 01月 (109)
2010年 12月 (119)
2010年 11月 (110)
2010年 10月 (120)
2010年 09月 (74)
2010年 08月 (87)
2010年 07月 (113)
2010年 06月 (72)
2010年 05月 (67)
2010年 04月 (3)

SS検索
Ads
最新記事
Ads2
人気SSランキング