HEADLINE

カヲル「さあ、君の素顔を僕に見せて」アスカ「……」

2015/02/07 18:00 | CM(0) | エヴァ SS
1 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/02/06(金) 18:44:15.15 ID:yWvVQMLAO

アスカ「……」モジモジ

カヲル「……何を今更躊躇っているんだい? もう既に何度も僕達はこうやってお互いのすべてを晒け出し合っているじゃないか」

アスカ「……でも」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1423215855



2 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/02/06(金) 18:46:46.74 ID:yWvVQMLAO

カヲル「ふふ、数を重ねても未だにそうやって恥ずかしがる君はとても奥ゆかしいね。
    でも、だからこそ僕はその先にある君の本当の姿を見たいんだよ。本能に身を任せたありのままの君のリビドーを」

アスカ「うぐ…っ! ま、まあ……あんたがそこまで言うなら……いいけど///」プイッ

カヲル「ありがとう。とても嬉しいよ」ニコッ

アスカ「……ん。ほら……これでいいんでしょ?」パサッ

カヲル「ああ……本当にいつ見ても君のはとても綺麗だね。うっとりしてしまうよ」

アスカ「ばか、褒め過ぎよ……。ねえ、そっちばっかじゃなくてこっちも見てよ」ズイッ

カヲル「焦らなくてもこれからじっくり堪能させてもらうよ。隅々までしっかりね」

アスカ「………この変態。バッカじゃないの……」

カヲル「心外だな。ならその変態のところへ毎週足繁く通ってきてこんなことをしている君は一体何なのかな?」

アスカ「ぐっ!? そ、それは…!」




3 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/02/06(金) 18:48:54.23 ID:yWvVQMLAO

カヲル「くすっ。ごめんね、意地悪を言って。大丈夫、口に出さずとも分かっているよ。君が僕を求め、僕が君を求めることは必然なんだ。
    何故なら僕達は大いなる愛によって堅く結ばれているのだから」

アスカ「~~~~っっ!/// ああもうっ! いちいちこっ恥ずかしい言い回しすんじゃないわよっ! あんた自分で言ってて恥ずかしくなんないわけぇ!?」

カヲル「どうして? 僕は僕の愛に対して恥じるところなど何一つとしてないよ。……それとももしかして君は違うのかい?」

アスカ「なっ…!!」

カヲル「君の愛は偽りなの?」

アスカ「……………………」


アスカ「……そんなわけないでしょ。あたしだって……その、す……好、き…よ」ボソボソ

カヲル「よかった。やはり君の愛は本物なんだね」ニッコリ

アスカ「~~~~~~っ!!///」

カヲル「ああ、それにしても……何度見ても本当に愛らしいよ。君の――」














カヲル「撮ったこのシンジ君の写真」




4 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/02/06(金) 18:51:33.29 ID:yWvVQMLAO

アスカ「……でしょ?」

カヲル「うん。一切ブレていない鮮明さ、絶妙なアングル、普段学校では見せない家にいる時だけの砕けたこの表情……。
    どれひとつとっても素晴らしいの一言だ」

アスカ「だから誉め過ぎだっちゅーのに。ま、悪い気分はしないけどね」

カヲル「特にこのテレビに熱中し過ぎて少し口がぽかんと開いてしまっているシンジ君。
    それからソファーでうたた寝するシンジ君と、ジュースを飲む時無意識に小指が立ってしまっているシンジ君がとてもいいね」

アスカ「ふふん、なかなか分かってるじゃない。こっそり隠し撮りすんの苦労したんだからね」

カヲル「では次は僕の方のコレクションも見てくれるかい?」

アスカ「うん」

カヲル「これなんだけど……」ゴソゴソ

アスカ「!!」

アスカ「なっ、こ、これは……!?」




5 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/06(金) 18:52:42.29 ID:EE4FNhs7O
そんなこったろうとは思ったよwwwww
期待


6 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/02/06(金) 18:56:08.66 ID:yWvVQMLAO

カヲル「そう……僕の作ったシンジ君人形さ」

アスカ「……これ、本当にあんたが全部自分一人で作ったの?」

カヲル「ああ。製作期間三ヶ月の超大作……これぞ世界初のオリジナルシンジ君人形。まさに使徒の造りしものさ」

アスカ「…………いいな」

カヲル「悪いけどこれは君にあげるわけにはいかないよ。僕専用実用型シンジ君だからね」

アスカ「実用って……何に使う気よあんた」

カヲル「ふふ、見ててごらん」

 ポチッ


シンジ人形「カヲル君おはよう!」


アスカ「!!!!」

シンジ人形「すごいやカヲル君。僕のことなんでも分かっちゃうんだ」

アスカ「……」

シンジ人形「ありがとう……カヲル君は優しいね」

アスカ「……」

シンジ人形「だってそれは……それはカヲル君が……世界に一人しかいない、僕だけのカヲル君だから……///」

アスカ「……」

シンジ人形「カヲル君に抱かれよう……」

アスカ「……」

シンジ人形「おやすみ……カヲル君っ///」

アスカ「………………」

カヲル「どうだい? 合成音声機能付きさ」

アスカ「………………」





アスカ「めちゃくちゃ……羨ましいです……」

カヲル「だろう?」




7 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/02/06(金) 19:05:38.31 ID:yWvVQMLAO

アスカ「う…」ポロッ

アスカ「う…う、うう……っ」ポロポロポロッ

カヲル「……君は何故泣いているんだい?」

アスカ「ひっく、だって……だってあんたばっかりずるい。えぐっ、あたしだってシンジ人形欲しい……」

カヲル「おやおや。そう早合点してはいけないな。心配せずとも大丈夫だよ……ほら」スッ

シンジ人形(アスカ専用)「……」

アスカ「え? これ……」

カヲル「そう、君専用のシンジ君さ」

アスカ「……あたしにも作ってくれたの?」

カヲル「もちろん。僕達は同志なんだから当然だよ」

アスカ「………あ……アリガト…」ボソッ

カヲル「いいんだよ。さあ、それよりさっそくボタンを押してごらん」

アスカ「……うんっ!」

 ポチッ


シンジ人形(アスカ専用)「おはようアスカ。今日も可愛いね」


アスカ「!!」

シンジ人形(アスカ専用)「アスカ。その……手、繋いでもいい?///」

アスカ「……」

シンジ人形(アスカ専用)「アスカは僕が守る!!!」

アスカ「……」

シンジ人形(アスカ専用)「僕は一生アスカと同じ道を歩いていきたいんです。だから……どうか娘さんを僕に下さい! お母さん!!」

アスカ「……」

シンジ人形(アスカ専用)「アスカ……愛してる。結婚しよう」

アスカ「……………………」






アスカ「~~~~~~~っっ!!!!///」ジタバタゴロゴロボフッボフッ!

カヲル「うん。そうなる君の気持ち、よく分かるよ」




8 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/02/06(金) 19:15:10.29 ID:yWvVQMLAO

アスカ「これ本当に貰っていいの?」ギュッ

カヲル「うん、もちろん」

アスカ「……あの。本当にありがと…」ゴニョゴニョ

カヲル「喜んでもらえて何よりだよ。でもそろそろ君は家に帰った方がいいな。シンジ君が待っているよ」

アスカ「ん。分かった」コクリ




9 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/02/06(金) 19:17:38.29 ID:yWvVQMLAO


 ――葛城家

アスカ「ただいま」スタスタスタ

シンジ「あ、アスカお帰り。どこ行ってたの?」

アスカ「別にあんたには関係ないでしょ」

シンジ「あ、うん。まあそうなんだけど……ああ、そういえば今日はミサトさん遅くなるかもしれないって」

アスカ「ふーん。それよりお腹空いた。ごはんまだ?」

シンジ「すぐに出来るよ。今日はロールキャベツ作ったんだ。朝からずっと煮込んでるから味染みてて美味しいよ」

アスカ「あっそ。じゃ、用意出来るまであたし部屋にいるから。出来たら呼んで」

シンジ「うん。分かったよ」




10 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/02/06(金) 19:30:26.86 ID:yWvVQMLAO

 ――アスカの部屋

アスカ「……」ペタペタペタ ボフッ

アスカ「……」ゴロゴロゴロ

アスカ「……」

アスカ「……」ゴソゴソ

シンジ人形(アスカ専用)「……」

アスカ「///」

アスカ「……」キョロキョロ

 シーン…

アスカ「……」ゴクッ


 ポチッ

シンジ人形(アスカ専用)「アスカ……綺麗だよ。世界で一番大好きな僕だけのアスカ……」

アスカ「……」

シンジ人形(アスカ専用)「あはは、もうっ! やめてよ、そんなとこくすぐらないでよアスカ!
             ……なに? 僕に構って欲しかったの? アスカは本当に可愛いなあ」

アスカ「……」

シンジ人形(アスカ専用)「ごめんね、アスカ……泣かないで。大丈夫、君が泣き止むまでずっと僕がそばにいるよ……」

アスカ「~~~~~っ!///」

アスカ「……っ! ……っっ!!」ボフッボフッ

アスカ「~~~っ! ~~~~っ!///」ゴロゴロゴロゴロジタバタジタバタッ

アスカ「…………」ゼェハァ


 ポチッ

シンジ人形(アスカ専用)「アスカ、そのドレスすごく似合ってる。やっぱり君以上に素敵な女の子なんて世界中どこを探してもいないよ」

アスカ「……」キュン

シンジ人形(アスカ専用)「アスカの髪、綺麗だなあ。ねえ、もっと触っても……いい?」

アスカ「~~~っ!」キュンキュンッ





シンジ人形(アスカ専用)「はあ、はあ……ごめん、アスカ……っ! でももう僕これ以上我慢出来ないよっ……!」

アスカ「ッ!?」ビクッ


アスカ「!? ……!!??」オロオロオロ…

アスカ「……」

アスカ「…………」

アスカ「………………///」ソワソワソワ




11 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/02/06(金) 19:41:49.16 ID:yWvVQMLAO

 ポチッ

シンジ人形(アスカ専用)「……ねえアスカ。君に真剣に聞いてもらいたい話があるんだ」

アスカ「……!」ドキッ

シンジ人形(アスカ専用)「あの…さ。その……///」

アスカ「……///」ドキドキ

シンジ人形(アスカ専用)「僕……実は」

アスカ「…………///」ドキドキドキドキ












シンジ人形(アスカ専用)「カヲル君と結婚することになったんだ!!」

アスカ「」


シンジ人形(アスカ専用)「アスカなら祝福して……くれるよね?///」

アスカ「……………………」


アスカ「……」メルメルメルメル ピッ


【To】ホモ
【Sub】おい
--------------------
ふざけんな




アスカ「……」

 チャララ~♪

アスカ「!」ピッ


【From】ホモ
【Sub】Re:
--------------------
(笑)




アスカ「……………………」ビキッ

 トントン

シンジ「アスカー? ごはん出来たよ」

アスカ「っ!」ビクッ


アスカ「……今行く~!」




12 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/02/06(金) 19:48:36.48 ID:yWvVQMLAO

 ――リビング

シンジ「ねえ、アスカの部屋誰かの声してなかった?」

アスカ「……は? 何それ。気のせいでしょ」

シンジ「そう? ならいいんだけど」

アスカ「そんなことよりさっさと麦茶入れて」トン

シンジ「はいはい」トポトポトポ

アスカ「……」カチャカチャ モグッ

シンジ「どう、美味しい?」

アスカ「まずくはないわよ」

シンジ「そっか」

アスカ「……」モグモグモグ

シンジ「……あ、そういえば昨日カヲル君がね」

アスカ「それ以上一言でもあのホモの話したら捻り切るから」ギラリ

シンジ「えっ」




13 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/02/06(金) 19:56:15.80 ID:yWvVQMLAO


 ――夕食後 アスカの部屋

アスカ「……」メルメルメル

【To】ホモ
【Sub】Re:
------------------
あんたマジでぶっ殺すわよ?



【From】ホモ
【Sub】Re:
------------------
ごめんごめん
ちょっとしたジョークだよ

いいから続きも聞いてみてよ



アスカ「……」

アスカ「…………」


 ポチッ

シンジ人形(アスカ専用)「ねえ、まだ気の早い話かもしれないけどさ。アスカは男の子と女の子なら……どっちがいい?///」

アスカ「!」

シンジ人形(アスカ専用)「僕は男の子がいいなあ」

アスカ「……///」









シンジ人形(アスカ専用)「というわけでカヲル君と結婚することにしたよ!!」

アスカ「…………うがああああああああああ!!!!!!!」ダンダンダンダンッ!




<うがあああああ!!!

シンジ「!?」ビクッ



 バタバタバタ…!

シンジ「アスカ!? どうしたの、今なんかすごい声したよ!? アスカ!?」ドンドンドン

アスカ「うっさい!! なんでもない!! いいから入ってくんなぁっ!!」グスッ

シンジ「ええ…? まあアスカがいいって言うならいいんだけど……じゃあ僕は部屋戻るよ?」

アスカ「……」グスグス




14 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/02/06(金) 20:01:41.65 ID:yWvVQMLAO

【To】ホモ
【Sub】Re:
-------------------
あんた本当にいい加減にしなさいよ
これ以上ふざけたら
マジで今すぐ殴りに行くから



【From】ホモ
【Sub】Re:
-------------------
YAH YAH YAH YAH YAH YAH YAH?



アスカ「……っww」プッ

アスカ「!」ハッ

アスカ「……」ブンブンブン


【To】ホモ
【Sub】Re:
-------------------
だからふざけんなつってんでしょ
ほんとに殺すわよ



【From】ホモ
【Sub】Re:
-------------------
まあまあ、落ち着きなよエーストゥ・あっはぞースカ・グーテンモーグレー(笑)



アスカ「……」ブチッ




【To】ホモ
【Sub】Re:
-------------------
殺してやる殺してやる殺してやる殺してやる殺してやる殺してやる殺してやる殺してやる殺してやる殺してやる殺してやる殺してやる



アスカ「………………」ゼェゼェハァハァ

 チャララ~♪

アスカ「!」


【From】ホモ
【Sub】Re:
-------------------
……ごめんね
君がそこまで本気で嫌がるとは思わなくて……
本当にちょっとからかってみただけなんだ

大丈夫、続きを聞いてごらん
今度こそ君を幸せにしてみせるよ


アスカ「…………」




15 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/02/06(金) 20:06:30.06 ID:yWvVQMLAO

アスカ「……」


 ポチッ


シンジ人形(アスカ専用)「ねえ、アスカ。このままずっと……抱き締めていてもいい?」

アスカ「……」

シンジ人形(アスカ専用)「アスカの身体ってさ。すごく柔らかくていい匂いがするよね……」

アスカ「……///」










シンジ人形(アスカ専用)「柔軟剤使ったでしょ?」

アスカ「………こんちくしょぉぉぉおおおおおおおおおお!!!!!!!」ダンッ!!


 ※結局この後もカヲル君はシンジ人形とメールで一晩中アスカを弄り倒した




16 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/02/06(金) 20:09:23.26 ID:yWvVQMLAO


 ――シンちゃんのおへや

シンジ「アスカさっきから何騒いでんだろ……まあいいや。ふふっ、そんなことより昨日カヲル君から貰ったこれこれっと」ゴソゴソ

 ポチッ




ゲンドウ人形(シンジ専用)「シーンジっ! パパと釣りしよっ!」

シンジ「///」


 ――終劇




17 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/06(金) 21:21:46.19 ID:ut95Eyddo
乙 柔軟剤でお腹よじれた


18 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/06(金) 21:44:48.55 ID:3vVGN19F0
最後までくっそわろた、乙


19 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/06(金) 22:26:39.38 ID:aeNjqPNto
おつ


20 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/06(金) 23:44:39.50 ID:Vr3TUl0jO
やっぱりメインヒロインはシンジきゅんだった


21 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/06(金) 23:54:35.32 ID:gq7WLDsAO
レイとカヲルが仲良しなSS書いてた人?


転載元

カヲル「さあ、君の素顔を僕に見せて」アスカ「……」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1423215855/







関連記事
2015/02/07 18:00 | CM(0) | エヴァ SS
    コメント一覧
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

インバリアントへようこそ
インバリアント -SSまとめサイト-
管理人:こばりあんと



一言:wow fantastic baby...

  • About
  • 記事一覧
  • Twitter
  • まとめ依頼
  • ランダム SS
カテゴリ
アーカイブス

2017年 09月 (2)
2017年 08月 (161)
2017年 07月 (180)
2017年 06月 (139)
2017年 05月 (311)
2017年 04月 (157)
2016年 02月 (1)
2015年 12月 (1)
2015年 05月 (261)
2015年 04月 (295)
2015年 03月 (305)
2015年 02月 (259)
2015年 01月 (283)
2014年 12月 (275)
2014年 11月 (287)
2014年 10月 (285)
2014年 09月 (262)
2014年 08月 (264)
2014年 07月 (262)
2014年 06月 (223)
2014年 05月 (218)
2014年 04月 (209)
2014年 03月 (185)
2014年 02月 (172)
2014年 01月 (191)
2013年 12月 (184)
2013年 11月 (183)
2013年 10月 (180)
2013年 09月 (153)
2013年 08月 (141)
2013年 07月 (154)
2013年 06月 (146)
2013年 05月 (152)
2013年 04月 (148)
2013年 03月 (130)
2013年 02月 (111)
2013年 01月 (123)
2012年 12月 (127)
2012年 11月 (120)
2012年 10月 (127)
2012年 09月 (117)
2012年 08月 (120)
2012年 07月 (122)
2012年 06月 (116)
2012年 05月 (122)
2012年 04月 (121)
2012年 03月 (123)
2012年 02月 (116)
2012年 01月 (122)
2011年 12月 (118)
2011年 11月 (113)
2011年 10月 (119)
2011年 09月 (110)
2011年 08月 (118)
2011年 07月 (118)
2011年 06月 (118)
2011年 05月 (123)
2011年 04月 (124)
2011年 03月 (117)
2011年 02月 (95)
2011年 01月 (109)
2010年 12月 (119)
2010年 11月 (110)
2010年 10月 (120)
2010年 09月 (74)
2010年 08月 (87)
2010年 07月 (113)
2010年 06月 (72)
2010年 05月 (67)
2010年 04月 (3)

SS検索
Ads
最新記事
Ads2
人気SSランキング