HEADLINE

女騎士「くっ…殺せ!」 オーク「いいだろう」

2015/02/13 05:00 | CM(0) | 創作・魔王勇者系 SS
1 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/02/12(木) 00:00:41.60 ID:lJjQmFkP0
女騎士「え?」

オーク「お望み通り殺してやると言っているんだ」

女騎士「いやいやいや、ちょっと待ってくださいよ!」

オーク「は?」

女騎士「実はオークが良い人で殺されないパターンとか、なんか仲良くなっちゃったりするパターンとかいろいろあるでしょう!?」

オーク「パターンってなんだ」

女騎士「うわあ……空気読めない真面目な奴に当たっちゃったかあ……」

オーク「何を言いたいのか分からんが、そりゃ勝手に異種族が領地内に入ってきたら殺すだろ。オークとして」

女騎士「今まではなんだかんだ死ななかったのになあ。さすがに今回は死ぬかなあ」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1423666841



2 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/02/12(木) 00:01:35.27 ID:lJjQmFkP0
オーク「今まで俺は何人もの人間を躊躇なく殺してきたからな。俺は人間が苦しみながら死ぬのを見るのが好きなのだ」

女騎士「くっ……このゲス野郎っ」

オーク「なんとでも言うがいい。お前を散々苦しめて殺すのだ。そのためにこんなものを用意したぞ」ガラガラ

女騎士「な、なんだこれはっ!」

オーク「くくく……これか? これは悪魔たちが住む地獄で沸かした1200℃の熱湯だ」

女騎士「こ……こんなものに入れられたら死ぬに決まっているでしょう!?」

オーク「もちろん死んでもらうのだ。肌が焼け、溶けていく苦しみを味わいながら死ぬがよい」

女騎士「くそっ……死にたくない!」

オーク「さあ、階段を登ってこの熱湯が溜まった釜の前に立つのだ」



3 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/02/12(木) 00:02:22.46 ID:lJjQmFkP0

女騎士(腕が拘束されて逃げようにも逃げられない……どうすればいいの)

オーク「さあ、入るタイミングだけは決めさせてやろう。もっとも、少しでも逃げようとすれば足を切り落とすからな」

女騎士「く……っ。分かった。せめて最後くらいは私のタイミングで入らせてもらおう。だから絶対押すなよ!」

オーク「分かった」

女騎士「いいか! 絶対押すんじゃないぞ!」

オーク「分かっているから何度も言うな」

女騎士「本当に押すなよ!? 押すなよ!? 分かってるな!? 押すなよ!?」

オーク「いや、そんなワクワクした顔で言われても……押さないぞ」

女騎士「……」

オーク「……」

女騎士「…………押せよっ!!!」

オーク「は?」

女騎士「こういう場合、押すだろ! お前何年やってんだよ!?」

オーク「いや、言ってる意味が解らんのだが……」

女騎士「私が押すなよ? って確認したら押せって合図だろうが!?」

オーク「いや、合図とか全然意味が分からんのだが……」


4 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/02/12(木) 00:03:04.60 ID:lJjQmFkP0
女騎士「ほら、絶対押すなよ!? 押すなよ!?」

オーク「……」

女騎士「いいか? 絶対押すんじゃないぞ!?」

オーク「………」

女騎士「うわぁ!? オチるぅうううう」ドボォン

オーク「……」

女騎士「あづっあづっあづぅううぃいいい! これマジで熱い!これマジの奴だ!リアルな方の奴だから!!!」バシャッバシャッ

オーク「……」

女騎士「ヤバいヤバイヤバイ熱いから!? これ冗談とかじゃないから!?」バシャッ

オーク「……」

女騎士「……こんなん耐えられるかぁあ!」バシャッ

オーク「いや、当たり前のように釜から上がられても……ていうか手錠は?」

女騎士「お前こんな熱湯に突き落とすとかアホかぁ!? 殺す気か!」

オーク「いや、だから殺す気満々なのだが……というかなんで1200℃のお湯に浸かって生きてられるんだ……」

女騎士「訴えてやるっ!」バシッ

オーク「は?」


5 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/12(木) 00:04:25.05 ID:YbAS6u2ho
アツゥイ!


6 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/02/12(木) 00:12:42.14 ID:lJjQmFkP0
オーク「くくく……次こそは殺してやるぞ。女騎士」

女騎士「くっ……下種野郎め!」

オーク「次はどんなものでも切ってしまうハサミを持った地獄のザリガニをお前の顔に乗っけてやる」

女騎士「な、なんて残酷な事を考えるんだこの豚は!」

オーク(え……豚?)

女騎士「そんなもの絶対やらないからな!」

オーク「お前がどう言おうと、拘束されているお前に拒否権はない」

女騎士「くそぉ……両手と両足を縄で固定されながら組み立て式のベッドに縛られている私には手も足も出ない!」

オーク「何故そんな説明的なのか分からんが、そういうことだ。さあ、いつ顔面を傷つけられるか分からん恐怖に怯えるがよい」



7 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/02/12(木) 00:13:10.62 ID:lJjQmFkP0
女騎士「ぎゃぁあああ! ザリガニが顔にぃいいい!」

オーク「ふふふ、生きの良いザリガニがお前の真っ白な肌の上を歩き回っているぞ」

女騎士「ぐわぁ、止めてください止めてください! 本当にこれヤバい奴だから!」

オーク「ふふふ……たくさんの傷を作りながら出血多量で死ぬがいい」

女騎士「あんた頭おかしいんじゃないの!? こんなの用意したスタッフ頭おかしいわよ!」

オーク「ふふふ、これを用意したのは全部おれだ。俺は人間が苦しむのが大好きだからな」

女騎士「くっ……こんな死に方をするとは……一生の不覚ね……」

オーク「さあ、存分に怯えるがいい」

女騎士「くっ……」

オーク「……」

女騎士「……」

オーク「……」

女騎士「……って、全然切って来ないじゃないの!」

オーク「は?」

女騎士「何よこのザリガニ! この仕事慣れてないんじゃないの!? もっと早く挟みなさいよ!」

オーク「いや……慣れてる慣れてないとか意味不明なんだが……まあ、お望みなら俺が操ってハサミを近づけてやろう」

女騎士「くっ……なんて残酷な奴だ!」


8 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/02/12(木) 00:13:39.04 ID:lJjQmFkP0
オーク「よし……っと、ちょっと待て。なかなか掴みにくいな。」

女騎士「……」

オーク「うん……おっと、ハサミをこちらに向けるな、危ないだろ」

女騎士「……」イライラ

オーク「うわっ、危ないな、なんだこいつは」

女騎士「早くしろや! お前何年この仕事やってんだよ!」

オーク「は……? え? いや、なんかすまん。そんなにもザリガニに切られたかったのか」

女騎士「いいから胴の細い部分をぎゅっと掴んで、ハサミを私の鼻のところに近づけろ! ぐっと握ってザリガニを怒らせるように」

オーク「こ、こうか?」

女騎士「よし……ぎゃぁああああ! いだいいだいいいだぃいいいいい!」

オーク「ふふ……これでお前の鼻はズタズタになるぞ」

女騎士「これリアルに痛いからぁああ! 笑ってる場合じゃないからぁあああ!!」

オーク「くくく……苦しみながら死ぬがいい」

女騎士「殺す気かぁあああああ!?」ブチブチ

オーク「うおぉ……なんで当然のように拘束をぶち破って起き上がるんだ……」

女騎士「危ないだろぉ!?」

オーク「いや、危ないも何も殺す気なんだが」

女騎士「お前、私じゃなかったら死んでるからな!?」

オーク(こいつは一体どうやったら死ぬんだ……)


9 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/12(木) 00:19:29.51 ID:yjMLoGsn0
これオークさんの心が先に折れるじゃね


10 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/02/12(木) 00:20:40.82 ID:lJjQmFkP0
オーク「今度こそは死んでもらうぞ」

女騎士「くっ……ここまでか」

オーク「次はさっきの1200℃のお湯で煮た、毒入りおでんだ」

女騎士「な……それでは熱さと毒の二重苦じゃないか!」

オーク「そうだ。さすがのお前も毒には敵わないだろう」

女騎士「くそぉ……今度こそは終わりだ……」

オーク「さあ、私が箸でつまむから食べるがよい」

女騎士「こんなにお腹が空いている時に、そんな美味しそうなおでんを持ってくるとは卑怯だぞ!」

オーク「ふふふ……人間とは食欲に勝てぬ者。さあ、美味しく出来ているから食べるがよい」

女騎士「くそぉ……くそぉ……食欲には勝てない……」


11 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/02/12(木) 00:21:24.53 ID:lJjQmFkP0
オーク「まずはたっぷりダシが染み込んださつま揚げからだ」

女騎士「湯気がもくもく出ているじゃないか!」

オーク「ああ、むしろ出過ぎていて前が見えん」

女騎士「くそぉ、こんなの食べたら死んでしまう」

オーク「お腹いっぱいになりながら、毒に苦しんで死ぬがいい。ほれ、さつま揚げだ」ベチャッ

女騎士「あづいあづい! 馬鹿やろぉ!? そこほっぺじゃねえか!?」

オーク「ぬ……すまん。湯気で前が見えなくてな。次こそは口に……」

女騎士「っ、あづいあづいあづい!? 汁ぶっかっかてんじゃねえか!」

オーク「ん、いや、わざとじゃないのだが。というか、なんで溶岩並の熱湯を浴びて死なんのだ……」



12 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/02/12(木) 00:21:51.55 ID:lJjQmFkP0
女騎士「くそ、もうさつま揚げはいい。他の食べ物をよこすんだ」

オーク「そうか。じゃあ、この自慢の煮卵を食わせてやろう」

女騎士「卵なら口に入れやすいからちょうどいいわ」

オーク「よし、口を開けて待っているがいい」

オーク「そおら、毒入り卵だ」

女騎士「ん……もぐもぐ……って、熱ぅうううう!」プッ

オーク「うあ熱っ! 馬鹿野郎ぉ! こっちに飛ばすな! 左腕溶けちまったじゃねえか!?」

女騎士「殺す気かぁああ!?」

オーク「むしろ俺を殺す気かぁ!?」



14 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/12(木) 00:30:24.74 ID:y1PxuM1SO
新人潰しに走る女騎士さんは、芸能界の暗黒面の象徴


15 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/12(木) 00:30:35.54 ID:YbAS6u2ho
片腕溶けて平然としてるオークもおかしいよ


16 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/12(木) 00:35:22.51 ID:lV2isfxQO
そもそも、1200℃のお湯?


20 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/12(木) 00:42:33.87 ID:sCrXbWBX0
リアクション女騎士


21 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/02/12(木) 00:47:25.50 ID:lJjQmFkP0
オーク「ふふふ、次は耐えられはしないだろう」

女騎士「くそぉ……次はどんな方法だというのだ…!」

オーク「次は四天王さまが昔使っていた毒針でお前の体のツボを刺していく、その名も激痛ツボマッサージだ!」

女騎士「そんな物で刺されたら毒が体全体に回っちゃうじゃないか!」

オーク「そうだ。マッサージでコリをほぐしながら、毒に苦しんで死ぬがいい」

女騎士「くっ……私の人生もここまでか……!」

オーク「さあ、まずはお前に麻酔を打ってベッドに縛ってから……ってもう自分から縛られに行ってるぅ!?」

女騎士「始めるがいい」

オーク「え!? いつ自分で自分を縛ったの!? どうやったの!?」

女騎士「見っともなく騎士としての恥を晒すわけにはいかない! さあ、早くやるんだ!」



22 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/02/12(木) 00:48:03.60 ID:lJjQmFkP0
オーク「ま、まあいいだろう。そおれ、まずは足裏のツボからだ!」ブシュッ

女騎士「いだいいだいいだい!」

オーク「ふむ、貴様は結構酒を飲むのか? 肝臓が悪いみたいだぞ」

女騎士「さ、最近飲み会とか多いから……」

オーク「そんなんじゃ健康に悪いぞ。酒を飲んでいる時も途中に水とかウーロン茶を挟まないと駄目だぞ」

女騎士「くぅ~、効くぅ~、あっ、あっ、痛い痛い!」

オーク「お前は全身を酷使し過ぎだ。固いツボばかりじゃないか」

女騎士「あっ、それそれ! 気持ちいい……」

オーク「そうかそうか、ここがいいのか」

女騎士「ん……そこ」




23 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/02/12(木) 00:48:42.89 ID:lJjQmFkP0
オーク「……」

女騎士「……」

オーク「って、気持ち良くなっちゃ駄目だろ!?」

女騎士「きもちい」

オーク「もはや痛がってもねえし!?」

女騎士「毒が全身に回って、なんだか体中がくすぐったくて気持ちいい」

オーク「それ回復魔法使われた時になんか痒気持ち良くなる奴! 毒に犯されるスピードをお前の自然回復が上回っちゃってる奴!!」

女騎士「いやあ、気持ち良かったよ」

オーク「もはや普通のマッサージじゃねえか!?」




24 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/12(木) 00:50:40.50 ID:lV2isfxQO
またか…


25 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/12(木) 00:56:52.25 ID:3eR4KroaO
女騎士なのに脳内映像が完全に某イッテQの御意見番


26 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/02/12(木) 01:17:59.61 ID:lJjQmFkP0
オーク「次は本気で殺しにかかるからな」

女騎士「くっ……もはや私は死ぬのだろうか……!」

オーク「次は俺お手製の六個のシュークリームの中に、一つだけ火炎草を練ったクリームが入っている。それを食べたら体が発火して死ぬという寸法さ」

女騎士「あなた正気なの!?」

オーク「それを俺とお前が一個ずつ食べて行って、火炎草入りを口に入れてしまった方が死ぬというわけだ」

女騎士「くっ、それは絶対に私がハズレを選ぶようにできているんでしょう!?」

オーク「御名答。発案者である俺はどれに入っているか分かっている。だから、このゲームはお前に当たるまで終わらないのさ」

女騎士「くそっ…!とんだ屑野郎ね!」



27 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/02/12(木) 01:18:26.63 ID:lJjQmFkP0

オーク「まずは俺だ」

オーク「……」モグモグ

オーク「おいしい」ニヤニヤ

女騎士「くっ……! ニヤニヤしながらこっちを向くんじゃないわよ!」

オーク「次も俺だ」モグモグ

オーク「おいしい」ニヤニヤ

女騎士「くっ……! 紛うことなき理不尽なルール……! 順番を無視する豚……! 救いのない状況……!」ザワザワ

オーク「もう当たり以外の三個をたーべちゃう」モグモグ

オーク「おいしい」ニヤニヤ

女騎士「くっ……くそ!」

オーク「さあ、お前の番だ」

女騎士「いやいや! ちょっと待って下さいってば! もう残り一個じゃないっすか!?」

女騎士「ちょっと、マジでいやですよぉ! ほんと勘弁してくださいよぉ!」



28 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/02/12(木) 01:19:46.59 ID:lJjQmFkP0
オーク「いいから喰うんだ」

女騎士「これ色が真っ赤じゃないっすか!?  シューの部分がじゅわじゅわ溶けてるんですけどォ!?」

オーク「いいから喰え!」ベチャ

女騎士「うぉおぉぎゃああああああ!! おまっ……バカやろぉ!!!ぎゃはあああああ!!辛い辛い辛ぁあああい!!!」

オーク「今度は完璧だ」

女騎士「ぎゃはふあうふぁ! しゅあはうあう!」

オーク「悶えながら死ぬがいい」

女騎士「スタッフ頭おかしいんじゃないの!? これ人間に食わせる量じぇねえよwwwww」

オーク「…………なぜ死なない……」ショボン

女騎士「ちょっとぉー、バケツ持ってきて、バケツー」


30 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/02/12(木) 01:42:32.62 ID:lJjQmFkP0
オーク「もういい」

女騎士「え?」

オーク「不審に思って仲間に訊いてみたんだが、どうやらお前は最近オークの里で出没する、なんやかんや場を荒らしては城に帰っていくめんどくさい女騎士らしいな」

女騎士「最初はレイプされるために行っていたのだけれど、もうみんなレイプしてくれなくなったの」

オーク(なんだこのキチガイは)

女騎士「さあ、もっと私を楽しませなさい!」

オーク「帰れ」

女騎士「ん?」

オーク「帰ってくれ」

女騎士「いやいや、まだ箱の中に入っている凶悪な魔物を目隠しで当てるとか、巨人族のタイキックを受けるとか、いろいろあるでしょう!?」

オーク「例えそれをやったって、どうせお前は死なないんだろ?」

女騎士「当たり前よ。あまりにも魔物を倒し過ぎて最強になってしまった私の体に、傷なんてつけられるわけないじゃない!」

オーク「なるほど。拷問であっても、お前にとってはただの暇つぶしにしか過ぎないわけだ」

女騎士「そうね。私はもはや、すべてを超越し過ぎてしまって、普通の遊びじゃ楽しめなくなってしまったの」

オーク「お前も可哀想な奴だな」



31 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/02/12(木) 01:43:02.17 ID:lJjQmFkP0
女騎士「アンタなんかに同情されたくないわ。でも、こんなチャンス滅多にないのにいいの?」

オーク「なにがだ?」

女騎士「魔王を何回も倒したこの私に何をしてもいいのよ。お尻にロケット花火を突っ込んでも良いし、股間をパンチングマシーンで殴っても良いし」

オーク「いや、そんな低俗なことはしないが……」

女騎士「そう。あなたも期待はずれね」

オーク「すまない」

女騎士「いいのよ。いつか私を満足させられる人が現れるまで、それか私を殺せる存在が現れるまで、私はくだらない退屈しのぎをしながら待ち続けるわ」

オーク「ん、そうか……。ちなみにお前は寿命じゃ死なないのか?」

女騎士「ええ、私は精霊を体に取り込んで、精霊と同一の存在となってしまったから寿命なんてものはないの」

オーク「そうなのか。まあ、なんかすまなかったな」

女騎士「いいのよ。少しは暇が潰せたわ」

女騎士「でも滑稽ね。強くなりすぎた私の暇つぶしは、もはや人々にはお笑いのようなものとして映ってしまうのでしょうね」


終り



32 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/12(木) 02:16:15.64 ID:sXkc1KGAO
なんかビターエンドっぽく終わったー!?


33 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/12(木) 02:24:39.67 ID:c1sBG6Pso
何ちょっと湿っぽく終わらせてんだwww


34 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/12(木) 02:38:52.18 ID:y1PxuM1SO
カナシイハナシダッタナー


35 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/12(木) 05:33:52.50 ID:zRIio+U/o
まさかこのSSで考えさせられるとは……


36 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/12(木) 06:53:09.83 ID:7aKs/kCHO
リアルガチだから


37 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/12(木) 07:24:05.73 ID:SDNWf9+Q0
果たしてこいつを満足させられる奴は現れるのだろうか、まる


38 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/12(木) 15:48:23.01 ID:kHqayk4Xo
何回も倒されている魔王も大概だな


転載元

女騎士「くっ…殺せ!」 オーク「いいだろう」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1423666841/







関連記事
2015/02/13 05:00 | CM(0) | 創作・魔王勇者系 SS
    コメント一覧
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

インバリアントへようこそ
インバリアント -SSまとめサイト-
管理人:こばりあんと



一言:wow fantastic baby...

  • About
  • 記事一覧
  • Twitter
  • まとめ依頼
  • ランダム SS
カテゴリ
アーカイブス

2017年 06月 (130)
2017年 05月 (311)
2017年 04月 (157)
2016年 02月 (1)
2015年 12月 (1)
2015年 05月 (261)
2015年 04月 (295)
2015年 03月 (305)
2015年 02月 (259)
2015年 01月 (283)
2014年 12月 (275)
2014年 11月 (287)
2014年 10月 (285)
2014年 09月 (262)
2014年 08月 (264)
2014年 07月 (262)
2014年 06月 (223)
2014年 05月 (218)
2014年 04月 (209)
2014年 03月 (185)
2014年 02月 (172)
2014年 01月 (191)
2013年 12月 (184)
2013年 11月 (183)
2013年 10月 (180)
2013年 09月 (153)
2013年 08月 (141)
2013年 07月 (154)
2013年 06月 (146)
2013年 05月 (152)
2013年 04月 (148)
2013年 03月 (130)
2013年 02月 (111)
2013年 01月 (123)
2012年 12月 (127)
2012年 11月 (120)
2012年 10月 (127)
2012年 09月 (117)
2012年 08月 (120)
2012年 07月 (122)
2012年 06月 (116)
2012年 05月 (122)
2012年 04月 (121)
2012年 03月 (123)
2012年 02月 (116)
2012年 01月 (122)
2011年 12月 (118)
2011年 11月 (113)
2011年 10月 (119)
2011年 09月 (110)
2011年 08月 (118)
2011年 07月 (118)
2011年 06月 (118)
2011年 05月 (123)
2011年 04月 (124)
2011年 03月 (117)
2011年 02月 (95)
2011年 01月 (109)
2010年 12月 (119)
2010年 11月 (110)
2010年 10月 (120)
2010年 09月 (74)
2010年 08月 (87)
2010年 07月 (113)
2010年 06月 (72)
2010年 05月 (67)
2010年 04月 (3)

SS検索
Ads
最新記事
Ads2
人気SSランキング