HEADLINE

女騎士「くっ!殺せ!」オーガ「人違いです」

2015/02/25 17:00 | CM(0) | 創作・魔王勇者系 SS
1 ◆cZ/h8axXSU :2015/02/24(火) 17:20:45.74 ID:31EzNMaX0
女騎士「何!?オークとオーガは似たような種族ではないのか!?」

オーガ「あっちの由来はオルガスの死人、私は鬼。ついでにもっと突き詰めるとトロール」

女騎士「へぇー、博識」

オーガ「いやぁそれ程でも。そして私女だから」

女騎士「じゃあ貴様に用は無い。んじゃ」スタスタ

オーガ「えっ」




SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1424766045



2 ◆cZ/h8axXSU [saga]:2015/02/24(火) 17:21:08.97 ID:31EzNMaX0
オーガ「ちょっと待って!」

女騎士「何さ、竿の無い奴に興味ないんだ私は」

オーガ「なにそれ!?」

女騎士「女騎士として努めている以上はオークに取り囲まれてナニされてナニされるのが定石だろう!!」

オーガ「歪んだ知識だな!?欲求不満が祟ってその職に就いたってのか!?」

女騎士「ば、馬鹿言うな!私は国に身も心も捧げた!オークの暴虐に屈してたまるか!!」

オーガ「そういって"○○○には勝てなかったよ……"とか最終的に言っちゃうんでしょ?」

女騎士「……失礼する!!」プンスカ

オーガ「図星かーい」





3 ◆cZ/h8axXSU [saga]:2015/02/24(火) 17:21:38.15 ID:31EzNMaX0
オーガ「待った待った待った!!アンタは私を討伐に来たんじゃないの!?任務放棄してどうするの!?」

女騎士「オークが居ないのならばここにいても仕方があるまい。大体私は貴様がどんな悪事を働いたかなど知らないし、知ったこっちゃない」

オーガ「国に身も心も捧げたんじゃなかったの!?」

女騎士「では貴様の罪状言ってみろ!!」

オーガ「ま……万引き」

女騎士「貴様は羽目を外した女学生かストレス溜まった主婦かなにかかッ!!そんな事で騎士たる私の手を煩わせるなッ!!」クワッ

オーガ「ひぅ!?ご、ごめんなさい……」





4 ◆cZ/h8axXSU [saga]:2015/02/24(火) 17:22:04.51 ID:31EzNMaX0
女騎士「これに懲りたらもうしない事だ、分かったな?」

オーガ「はい……」

女騎士「……」

オーガ「……」

女騎士「所でだ、お前の知り合いにオークはいないか?あ、この際醜悪なオーガでもいいぞ?」

オーガ「アンタは全く懲りてないのな」





5 ◆cZ/h8axXSU [saga]:2015/02/24(火) 17:22:32.81 ID:31EzNMaX0
女騎士「あー!どっかに醜いオークいねぇかなー!でっかいぶっとい立派なモンぶら下げたヤローはいないかなー!!」

オーガ「ああもうそんな大声出さないでよ恥ずかしい!!」

女騎士「私が恥ずかしいだと!?馬鹿を言うな!この潔白なる純粋な職である騎士たる私が恥ずかしいだと!?八つ裂きにするぞ!!」

オーガ「支離滅裂だよ!?自分が変な事言ってるって事にさえ気が付いていないの!?アンタどんだけ欲求不満なんだよ!?」

女騎士「くっ!殺せ!的なアクシデントはどこかにおちていないものだろうか……」

オーガ「私の話聞いてる?」





6 ◆cZ/h8axXSU [saga]:2015/02/24(火) 17:23:02.53 ID:31EzNMaX0
女騎士「仕方がない、オーガの娘よ。ちょっと討伐任務に付き合え」

オーガ「ハァ!?何で私まで!?」

女騎士「司法取引だ!万引きの罪を許してやる代わりに私と共に悪を討つぞ!」

オーガ「そんな危ない事するくらいなら大人しく警察に行くよ私!?」

女騎士「煩い!!殺されたくなければ私について来い」ジャキンッ!!

オーガ「助けておかあさああああああん!!」ブワッ





7 ◆cZ/h8axXSU [saga]:2015/02/24(火) 17:23:50.45 ID:31EzNMaX0
――――――
―――



山道


女騎士「ここら辺に盗賊のアジトがあるとの情報が入っている」

オーガ「嫌だぁ……死にたくないよぉ……だれか助けてよぉ……」エグッエグッ

女騎士「黙れ!ここで死にたくなければ私に協力しろ!!」ジャキン

オーガ「ひぃッ!?」

女騎士「フフフ、盗賊ともなれば汚らしく、臭くそして醜い……!!フッハハハ!!やっと私は連中にくっ殺せ発言が出来るというものだ!!」

女騎士「待っていろ竿役!!ビバ姫はじめ!!私の未来はどん底だあああ!!ダッハッハッハ!!」

オーガ「この人倫理観全部捨てちゃってるんだ」





8 ◆cZ/h8axXSU [saga]:2015/02/24(火) 17:24:18.30 ID:31EzNMaX0
ワイワイ
ガヤガヤ


女騎士「見つけた!あいつらだな!」

オーガ「あれ?えっと……何だろう」

女騎士「何だ?言ってみろ助手!!」

オーガ「助手って……まぁ言わせてもらいますけど」

女騎士「ふむ!」





9 ◆cZ/h8axXSU [saga]:2015/02/24(火) 17:24:57.64 ID:31EzNMaX0
オーガ「盗賊にしては……」


女盗賊A?「アハハー」キラキラ

女盗賊B?「ウフフー」キラキラ

女盗賊C?「オホホー」キラキラ


女騎士「がああああああ!!全員女じゃねーかチクショウ共があああああ!!」ジャキンジャキン!!

女盗賊A?「キャアアアアーーーーー!!」





10 ◆cZ/h8axXSU [saga]:2015/02/24(火) 17:25:23.72 ID:31EzNMaX0
女盗賊B?「暴漢よー!!」

女盗賊C?「皆にげてええええー!!」

女騎士「うだらああああ!!死に晒せゴミ虫どもがああああ!!汚物は殲滅だああああ!!」ジャキンジャキン!!

女盗賊A?「いやあああああ!!」


オーガ「……しかもなんだかこの人達盗賊じゃないっぽいし」





11 ◆cZ/h8axXSU [saga]:2015/02/24(火) 17:25:59.61 ID:31EzNMaX0
――――――
―――



オーガ「貴族の娘さん達が山奥に集まって不良の真似事してただけだってねー」

女騎士「はい!尋問官にボコボコにされました!」ヒリヒリ

オーガ「よかったじゃないですか、くっ殺せって言えたんでしょ?」

女騎士「ふざけるなと言われ上司にも顔面パンチを食らいました!」ヒリヒリ

オーガ「……じゃあ私はこれで」

女騎士「待てィ!!」ジャキン

オーガ「おかああああさああああああん!!」ヒィイ





12 ◆cZ/h8axXSU [saga]:2015/02/24(火) 17:26:45.34 ID:31EzNMaX0
女騎士「確かに今回は標的が間違っていたという事は認めよう。思わせぶりな態度を取った奴らがいけないのだ、私は悪くない」

オーガ「アンタめげないね」

女騎士「そこでだ、私が極秘裏に集めた情報から今度は山賊どもにちょっかいかけることにした」

オーガ「特に討伐依頼も出てないのに!?」

女騎士「山賊なんて言われてんだから別にいいだろ、そもそも誰も殺すつもりもないし」

オーガ「アンタさっきの貴族の娘さんたちに斬りかかってたよね!?」

女騎士「では私の脱初めての為にレッツゴー!!」ズリズリ

オーガ「いやああああ放してえええええ!!」





13 ◆cZ/h8axXSU [saga]:2015/02/24(火) 17:27:12.13 ID:31EzNMaX0
――――――
―――


女騎士「フフフ……忍び込んだぞ山賊のアジトッ!!」

オーガ「怖い怖い怖い……」

女騎士「黙れ!!その首掻っ切るぞッ!」ジャキン

オーガ「ひぅ!?」ウルウル

女騎士「おおいたいた……まだ影しか見えないがさぞ大柄デブの集まりに違いない!!」

女騎士「では突撃だああああ!!」ズリズリズリ

オーガ「いやだあああああ!!」





14 ◆cZ/h8axXSU [saga]:2015/02/24(火) 17:27:38.13 ID:31EzNMaX0
山賊A「ん?なんだ君は!?」キラキラ

山賊B「これはこれは、可愛いお嬢さんたちだ」キラキラ

山賊C「二人で乗り込んでくるなんて、よっぽど腕に自信があると見た」キラキラ

山賊D「へっ、面白い!たっぷりと遊んでやるぜ!!」キラキラ

オーガ「わぁイケメン揃い」

女騎士「……」

オーガ「どうしたの女騎士さん?」

女騎士「ちがああああああああああああああああああああああああああああああああああう!!」ジャキンジャキン!!

山賊A「ギャアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!!」

山賊B「うわああああああああああああああああああああ!!」

オーガ「 な ん で ! ? 」





15 ◆cZ/h8axXSU [saga]:2015/02/24(火) 17:28:37.24 ID:31EzNMaX0
女騎士「いいか!?山賊ってのはな、いいかよく聞け!?もっとこう臭くて毛むくじゃらで下品でアソコが大きくなきゃいけねぇんだよ!?」

女騎士「テメェのモノをよく見てみろ!?粗だぞ粗!!そんなもんでよく山賊なんて名乗っていられるなおいいいいいい!!」グサッグサッ

山賊C「……」

オーガ「いやあああああああ!!刺したあああああああああ!!」

山賊D「ま、まて!俺たちは別に命のやり取りまでは……」

女騎士「うるせええええ!!死ねええええええええええ!!」ザクッ

山賊D「ギャアアアアアアアアアアア!!」


オーガ「お母さああああああああああああああん助けてええええええええええええええ!!」ビエー





16 ◆cZ/h8axXSU [saga]:2015/02/24(火) 17:29:06.39 ID:31EzNMaX0
――――――
―――



女騎士「この世に悪が蔓延ることは無い」キリッ

オーガ「今度は表彰されたね……」

女騎士「チッ、しかし全員一命を取り留めやがったか」

オーガ「そのビジュアルから固定ファンが居るような山賊さんたちだったみたいで、今後はアイドルとして生きていくとか言ってましたね」

女騎士「生ぬるい、死ね」

オーガ「もうド直球で隠そうとしないね」





17 ◆cZ/h8axXSU [saga]:2015/02/24(火) 17:29:37.92 ID:31EzNMaX0
リザード兵「……何やってんだお前は」

オーガ「……だれ?」

女騎士「そ、そそそそ総隊長!!お、お疲れ様です!!上司だ!頭を下げろ!!」

オーガ「一般人の私まで何で!?」

リザード兵「お前のワケわからん行動はよく耳にするが……ハメ外すなよ、こっちだってお前を庇ってやれるのも限度があるんだからな」

女騎士「も、申し訳ございません!あくまで趣味の範囲内でとどめておきます!!」

リザード兵(遠まわしにもう変な事やめろつってんのが聞こえなかったのかコイツ!?)





18 ◆cZ/h8axXSU [saga]:2015/02/24(火) 17:30:05.74 ID:31EzNMaX0
リザード兵「お、俺はもう行くから。さっきの山賊捕まえたみたいに励んでいけよ……」

女騎士「は、はい!ありがとうございます!総隊長!!」キラキラ

オーガ「……尊敬の眼差しってやつ?随分と目が輝いてたけど」

女騎士「総隊長……フヘヘ……くっ殺せって言わせてみたいなぁ……フヘヘ」ニヘラ

オーガ「言わせてみたい!?相手男性だよ!?ってか何で属性変わってんだアンタ!?」

女騎士「さぁ、気を取り直して次へ行くぞ!!」ズリズリ

オーガ「え!?ちょっ、もう解放してえええええ!!」





19 ◆cZ/h8axXSU [saga]:2015/02/24(火) 17:30:44.07 ID:31EzNMaX0
――――――
―――


女騎士「この際もうオークみたいなのは諦めよう、時代は触手だ。女騎士と触手だ」

オーガ「嫌だ嫌だ嫌だ……」シクシク

女騎士「泣くなオーガの娘!!戦いの中で散る花ビラは美しいと相場が決まっているのだ!!」

オーガ「なんで私まで花弁が散ることになってるの!?いやだよそんなの!?」

女騎士「黙れ!!剣の柄で破るぞ!!」ジャキン

オーガ「おかあああさああああああん!!」ビエー





20 ◆cZ/h8axXSU [saga]:2015/02/24(火) 17:31:13.93 ID:31EzNMaX0
女騎士「ここに触手の目撃情報があったと聞く……あいつだ!」


触手「うじゅるうじゅる」


オーガ「あーうー」

女騎士「フフフ、貴様も嬉しいか……私も嬉しいぞ!!異形の者にその身を捧げられるのがな!!」

オーガ「……もういいよ、もう……」





21 ◆cZ/h8axXSU [saga]:2015/02/24(火) 17:31:40.52 ID:31EzNMaX0
女騎士「突撃ああああああああ!!触手よ!我の願いを叶えたまええええええ!!」

触手「フゥン!!」ベチーンッ!!

女騎士「あうん!?へ?なに?何で私叩かれたの!?」

触手「変態の騎士が最近ここらへんに出没すると聞いて飛んで来てみれば……」






触手「アンタ女じゃないの!!何で男じゃないのよ!!」


オーガ「コイツ雌だああああああああああああああああ!!」





22 ◆cZ/h8axXSU [saga]:2015/02/24(火) 17:32:11.38 ID:31EzNMaX0
女騎士「死に晒せゴルァアアアアア!!」ザシュッ!!

オーガ「負けじと斬ったああああああああ!?」

触手「ギャアアアアアアアアア!!何するのよこのメスブタ!!私の末端はデリケートなのよ!!」

女騎士「何が触手だコイツ!!触手名乗ってるくせに見た目ほとんどローパーじゃねーか!!チクショウ思わせぶりな態度取ってんじゃねーよ死ねオラァ!!」ザシュッザシュッ!!

触手「ギャアアアアアアアアア!!ちょ、やめ、ギャアアアアアアアア!!」ズシャズシャ


オーガ「あー……あーあ……」





23 ◆cZ/h8axXSU [saga]:2015/02/24(火) 17:32:38.42 ID:31EzNMaX0
――――――
―――


女騎士「チッ、上手く逃げやがったか」モグモグ

オーガ「よく切れた触手なんて食べようと思うね……」

女騎士「中々旨いぞ、貴様も食うか?」

オーガ「いりません」

女騎士「しかし、アレだな。簡単にくっ殺せな状況に成れると思っていたのだが、世の中そう甘くは無いのだな」

オーガ「やっと正気に戻ったか」

女騎士「私はいつも正気だ」

オーガ「……」





24 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/24(火) 17:33:51.65 ID:sK1FPyvqo
支援


25 ◆cZ/h8axXSU [saga]:2015/02/24(火) 17:33:54.70 ID:31EzNMaX0
オーガ「じゃあもう日が暮れますので私はこれで……」

女騎士「おう、また明日も着いて来い」

オーガ「まっぴらごめんだよ!?何で私ここまで連れてこられたのホント!?」

女騎士「万引きの罪はまだ償えん」

オーガ「大人しく警察に事情を話に行くよもう!?」

女騎士「まぁそういうな!なんなら今日も私と一晩過ごしていいんだぞ!?飯くらい奢ってやる!!ぶっちゃけ言うと一人で色々散らすとか怖いんだよ!!」ギリギリ

オーガ「だからって私を巻き込むなよオイ!?大体その後ろに転がってる触手振る舞う気だろ!?いやだって言ったのが聞こえなかったのかアンタ!!」ギリギリ


ズルッ


オーガ「あっ」

女騎士「あっ」


チュッ





26 ◆cZ/h8axXSU [saga]:2015/02/24(火) 17:34:38.00 ID:31EzNMaX0
女騎士「ッ!!」

オーガ「っとと、ご、ごめんなさい私……」

女騎士「……貴様ッ!」

オーガ「ヒッ!」




女騎士「……わ、私の初めてを……よくも奪ってくれたな!!」

オーガ「は?」


女騎士「こ、この責任は取ってもらうぞ!!」

オーガ「ハァ!?女の子同士だよ何言ってんのアンタ!?」

女騎士「私は目が覚めた!!こんな近くに求愛対象が居る事に気が付かなたっか自分を恥じる!!さぁ全てを曝け出そう、フヒッフヒッフヒヒヒヒヒヒ!!」ヌギヌギ

オーガ「いやああああああああ助けておかあさああああああああああああん!!」


その後、他人に言えない事情があった後、女騎士は騎士をクビになりましたとさ


オーガ「元々向いてなかっただけでしょうわあああああああああああああああああ!!」




女騎士「くっ!殺せ!」オーガ「人違いです」
おわり




27 ◆cZ/h8axXSU [saga]:2015/02/24(火) 17:35:50.82 ID:31EzNMaX0
終わった
書いたはいいけど内容ほとんど覚えてない

もしお付き合いしていただいた方がいましたら、どうもありがとうございました


28 ◆cZ/h8axXSU [saga]:2015/02/24(火) 17:36:28.70 ID:31EzNMaX0
29 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/24(火) 17:39:34.57 ID:sK1FPyvqo



転載元

女騎士「くっ!殺せ!」オーガ「人違いです」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1424766045/






ショタ魔王は、勇者と淫魔に迫られる (二次元ぷち文庫)
キルタイムコミュニケーション (2014-08-13)
売り上げランキング: 39,222

関連記事
2015/02/25 17:00 | CM(0) | 創作・魔王勇者系 SS
    コメント一覧
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

インバリアントへようこそ
インバリアント -SSまとめサイト-
管理人:こばりあんと



一言:wow fantastic baby...

  • About
  • 記事一覧
  • Twitter
  • まとめ依頼
  • ランダム SS
カテゴリ
アーカイブス

2017年 05月 (232)
2017年 04月 (157)
2016年 02月 (1)
2015年 12月 (1)
2015年 05月 (261)
2015年 04月 (295)
2015年 03月 (305)
2015年 02月 (259)
2015年 01月 (283)
2014年 12月 (275)
2014年 11月 (287)
2014年 10月 (285)
2014年 09月 (262)
2014年 08月 (264)
2014年 07月 (262)
2014年 06月 (223)
2014年 05月 (218)
2014年 04月 (209)
2014年 03月 (185)
2014年 02月 (172)
2014年 01月 (191)
2013年 12月 (184)
2013年 11月 (183)
2013年 10月 (180)
2013年 09月 (153)
2013年 08月 (141)
2013年 07月 (154)
2013年 06月 (146)
2013年 05月 (152)
2013年 04月 (148)
2013年 03月 (130)
2013年 02月 (111)
2013年 01月 (123)
2012年 12月 (127)
2012年 11月 (120)
2012年 10月 (127)
2012年 09月 (117)
2012年 08月 (120)
2012年 07月 (122)
2012年 06月 (116)
2012年 05月 (122)
2012年 04月 (121)
2012年 03月 (123)
2012年 02月 (116)
2012年 01月 (122)
2011年 12月 (118)
2011年 11月 (113)
2011年 10月 (119)
2011年 09月 (110)
2011年 08月 (118)
2011年 07月 (118)
2011年 06月 (118)
2011年 05月 (123)
2011年 04月 (124)
2011年 03月 (117)
2011年 02月 (95)
2011年 01月 (109)
2010年 12月 (119)
2010年 11月 (110)
2010年 10月 (120)
2010年 09月 (74)
2010年 08月 (87)
2010年 07月 (113)
2010年 06月 (72)
2010年 05月 (67)
2010年 04月 (3)

最新記事
Ads
人気SSランキング
アクセスランキング