HEADLINE

花陽「雨にもまけず」

2015/03/01 15:28 | CM(0) | ラブライブ! SS
2 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/02/28(土) 23:23:11.58 ID:bFHVGTfR0


星空家



ザーーー


凛「はぁー…」

花陽「どうしたの凛ちゃん? ため息ついちゃって」

凛「かよちん。どうしたもこうしたもないよ、見てよほら」

花陽「えっ?」


ザーーー


花陽「ああ…… ここのところずっとだよね」

凛「もう3日前からだよ? つまんないつまんなーい!」

花陽「し、しかたないよ。そういう時期なんだし」

凛「でもこのままじゃ遊べないよ。踊るのもできないし、凛いやだにゃー!」

花陽「凛ちゃん… 大人しく待つしかないよ」

凛「えー、どうにかならないかなぁ〜」


凛「凛のテレビ」

花陽「雨の話じゃなかったノォ!?」





3 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/02/28(土) 23:24:49.06 ID:bFHVGTfR0


ザーーー(砂嵐)


凛「何言ってるのかよちん? どう見てもテレビが壊れて映らないって話にゃ」

花陽「そうだけど、その、流れ的に納得いかないといいますか」

凛「流れって?」

花陽「なんでもないよ…」

凛「もー、なんで映らないんだろ? 修理に出したら直るかなぁ。これじゃマリ○もダン○ボも出来ないにゃー」

花陽「うん…」




4 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/02/28(土) 23:26:48.60 ID:bFHVGTfR0


ザーーー


凛「あーあ、早く梅雨終わんないかな。せっかくお休みなのに外で遊べないなんて」

花陽「そっちだよぉ、私が思ってたの」

凛「かよちん、梅雨っていつまで?」

花陽「えっ? うーん、6月いっぱいは続くし、7月あたまくらいまで…かな?」

凛「まだまだにゃ……はぁ… 凛、雨きらいだなー」



花陽「あ、いけない! そろそろ帰らなきゃ」

凛「えっ? かよちん、まだ晩ごはんの時間じゃなくない?」

花陽「今日お母さん帰りが遅くて、花陽が作ることになってるんだった。食材も買わなきゃだし… ごめんね凛ちゃん」

凛「そっかぁ。寂しいにゃー」

花陽「凛ちゃん… 大丈夫、また明日学校で会えるよ」

凛「それもそうにゃ! ばいばい、かよちん。雨だから気をつけてね」

花陽「うんっ。また明日ね、凛ちゃん」


凛「『また明日』」

凛「ーーーそれが、彼女の最期の言葉だったーーー」

花陽「凛ちゃん!? 不吉なモノローグ入れないでっ!」




5 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/02/28(土) 23:28:29.45 ID:bFHVGTfR0


ザーーー


花陽「それにしても、本当にやまないなぁ。おかけで気温はちょうどいいけど」テクテク


花陽「晩ごはん何にしよう。カレーは最近出たよね」

花陽「少し遅くなっちゃったし、お惣菜を足して楽しちゃおうかな?」

花陽「そうだ、そういえば商店街に最近…」

ピチャッ!

花陽「ぴゃあ!?」

花陽「…やっちゃった。ここの水たまり、気づきにくい上に深いから注意してたのに。足がびちゃびちゃだよぉ」




6 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/02/28(土) 23:31:40.53 ID:bFHVGTfR0


商店街



コロッケ屋「ジャンボメンチ3つお待ち」

花陽「ど、どうもっ」


花陽「すごいズッシリ。これで1つ100円ってお得だなぁ。しかも美味しいって噂だし」

花陽「お野菜も買ったから、あとはお家にあるもので作れるよね」

花陽「………」テクテク

花陽「うぅ… 足、冷たいし気持ち悪い…」ピチャピチャ


花陽「あれ、ここの靴屋さんリニューアルするんだ。セールしてる」

花陽「せっかくだからローファーの替えも準備しとこうかな? ちょっと見てみよう」

花陽「たぶん奥のほうに……」

花陽「ややっ?」

花陽「わ、これ……いいなぁ…」




7 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/02/28(土) 23:33:00.23 ID:bFHVGTfR0


翌日 放課後 講堂



海未「では、今日の練習はここまでですね」

穂乃果「えーっ!? もう?」

凛「全然動きたりないよー!」

海未「時間予約制なのですから仕方ないでしょう。久しぶりに全員で合わせられただけでも、よしとしなければ」

穂乃果「海未ちゃんのケチー」

凛「そうにゃそうにゃ!」

海未「私に言わないでください!」

穂乃果「ぶーぶー」

ことり「穂乃果ちゃん。海未ちゃんを困らせちゃダメだよ」

穂乃果「はーい…」

凛「ぶーぶー!」

花陽「凛ちゃんも。お片づけしよう?」

凛「はーい…」




8 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/02/28(土) 23:34:36.28 ID:bFHVGTfR0


穂乃果「みんな、じゃーねー!」


凛「かよちん、一緒にかーえろ!」

花陽「うんっ」



ザーーー


凛「よっと。相変わらず降っちゃってるにゃー」トントン

花陽「そうだねー。んっしょ…」ハキハキ

凛「あれ? かよちん、靴かえたんだ」

花陽「気づいてくれた? 長靴にしてみましたっ」

凛「すごーい! やっぱりかよちん、緑が似合うにゃ〜」

花陽「えへへ、ありがとう」




9 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/02/28(土) 23:37:34.93 ID:bFHVGTfR0


凛「っていうか、かよちん、こんな長靴持ってたっけ?」

花陽「ううん。実は昨日、商店街で買っちゃったんだ。晩ごはんの食材を買った帰りに」

凛「あっ、あの靴屋さんか! でも、あのお店もうすぐなくなるってお母さん言ってたような」

花陽「なくなるんじゃなくて、リニューアルみたいだよ」

凛「なぁんだ。潰れちゃうのかと思ったにゃ」




10 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/02/28(土) 23:39:21.66 ID:bFHVGTfR0


凛「でもなんで長靴なの? 雨だから?」

花陽「それもあるし、あと昨日、深い水たまりにはまっちゃって」

凛「それって、もしかして歩道橋近くの?」

花陽「そうそう。凛ちゃんも分かるんだね」

凛「あそこひどいよね! 雨降ってなくても、変に地面へこんでて危ないもん」

花陽「いつもは注意してたんだけど… それで足がびちゃびちゃになっちゃって」

凛「なるほど。でも長靴になったから、もう平気にゃー! 」

花陽「うんっ!」




11 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/02/28(土) 23:41:02.31 ID:bFHVGTfR0


翌日 放課後



凛「やっぱり雨にゃー」

花陽「やっぱり雨だね」

凛「あ、海未ちゃんが今日は練習中止だって。体育館も講堂も取れなかったみたい」

花陽「こう雨が続くと他の部活も中で練習するから、仕方ないよ」

凛「それじゃ仕方ないね。かよちん、帰ろっか!」

花陽「うん…… うん?」

凛「教科書置き勉しちゃうにゃ〜♪」ゴソゴソ

花陽「なんか凛ちゃん、嬉しそうじゃない? 気のせいかな」

凛「そう? そうかも!」

凛「なぜなら…」





12 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/02/28(土) 23:42:33.44 ID:bFHVGTfR0


凛「じゃーん!」スタッ

花陽「わぁっ、長靴!」

凛「凛も買っちゃった。かよちんと色違いのイエローだよ」

花陽「ほんとだ。すごく似合ってるよ、凛ちゃん!」

凛「かよちんとお揃いのものって、ちょっと久々じゃないかにゃ?」

花陽「そうかもっ。嬉しいなぁ」

凛「でっしょー?」

花陽「あ、それ真姫ちゃんのモノマネ?」

凛「そう! どうどう? 似てる?」

花陽「意外と…いや、だいぶ似てるかも」

凛「でっしょー?」

花陽「ふ、ふふっ。ちょっと凛ちゃん、真姫ちゃんに見つかったら大変だよ」

凛「今ならテンションあがってるから大丈夫にゃー!」

花陽「いやいや、凛ちゃんがあがってても…」




13 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/02/28(土) 23:44:48.83 ID:bFHVGTfR0


凛「それよりほら、かよちん早く! いざゆかん、雨の中へっ!」

花陽「あっ、待ってよぉ!」


凛「……あれ?」

花陽「うん?」

凛「あれあれ〜!?」

花陽「どうしたの? 凛ちゃん」

凛「………」

凛「傘がなくなってるにゃ…」

花陽「ええっ?」




14 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/02/28(土) 23:47:17.83 ID:bFHVGTfR0


花陽「教室には持っていってないの?」

凛「それはないよ! 朝、確かにここの傘立ての端っこに置いたの、覚えてるもん」

花陽「そっかぁ」

凛「盗まれたにゃ…」

花陽「うーん、あり得なくはないけど、誰かが間違えて持っていっちゃったのかもしれないよ?」

凛「凛のはちゃんと中にクラスと名前書いたシール貼ってあるし、開いたら分かると思うけどなぁ」




15 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/02/28(土) 23:48:59.17 ID:bFHVGTfR0


凛「うぅ、テンション下がるにゃー」

花陽「凛ちゃん…」

凛「別の人の傘をとるのは…ダメだよね」

花陽「だ、ダメだよ。それこそ悪循環が生まれちゃうよ」

凛「うむむ…」


凛「かよちん、傘一緒に入ってもいい?」

花陽「うんっ。もちろんいいよ」

凛「わーい! おじゃましまーす」ヒョイッ

花陽「傘、あんまり大きくなくてごめんね」

凛「ううん。入れてくれてありがとうにゃ」




16 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/02/28(土) 23:52:02.71 ID:bFHVGTfR0


凛「あれ? そこの赤毛の美少女はひょっとして」

真姫「…?」

花陽「真姫ちゃんっ」

真姫「あら、花陽に凛」


真姫「ずいぶんと仲睦まじいわね… あら?」

真姫「二人とも、長靴なんてはいてた?」

凛「新しく買ったにゃ」

花陽「かわいいし、水たまりも平気ですごく便利だよ」

真姫「へぇ…お揃いなのね。それに相合傘だなんて、ずいぶんと見せつけてくれるじゃない?」

凛「えっへへー。羨ましいでしょー?」

真姫「そうね。いいんじゃない、恋人みたいで」

凛「にゃっ!?」

花陽「こ、こいっ…!?///」カァァ

凛「り、凛たちまだそんなんじゃ…!///」テレテレ

真姫(ウブかッ!)




17 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/02/28(土) 23:53:53.15 ID:bFHVGTfR0


凛「それで、真姫ちゃんはなんでこんなとこで木みたいに突っ立ってるにゃ? いあいぎりで切られたい系?」

真姫「何系よそれ」

真姫「別に…ただ人を待ってるだけ」

花陽「!!」

凛「そ、それって…!」

真姫「先に言っとくけど、今凛と花陽が思ってるようなのじゃ絶対ないから」

凛「じゃあ、誰を待ってるの?」

真姫「どうしても言わなきゃダメ?」

凛「じー…」ドキドキ

花陽「じー…」ドキドキ

真姫「…わかったわよ。といっても、別に隠す必要もなかったんだけど」


真姫「パパを待ってるの」

凛・花陽「「!!?」」




18 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/02/28(土) 23:56:20.68 ID:bFHVGTfR0


凛「真姫ちゃんが……パパと…!?」

花陽「禁断ノ恋シチャッタノォ!!?」

真姫「はぁ!? どうしてそうなるのよっ!」


凛「なーんだ、ただのお迎えか」

花陽「えへへ、早とちりしちゃったね」

真姫「しないでしょ普通… まあ、珍しくパパが休みだからどこかディナーにでも行くかもしれないけど」

凛「や、やっぱり…!?」

花陽「『父と娘、夜のドライブ 〜ディナーはア・タ・シ〜』」

真姫「タイトルがなんかリアルだからやめてくれる!?」

凛「かよちん、お上手〜」

花陽「お褒めに預かりまして」

真姫「まったくあなた達は何考えて…… あ、来たわ」


ブロロロロ…


凛「左ハンドルにゃ…!」

花陽「か、かっこいい…」

まきパパ「お待たせ、真姫」

真姫「もう、遅かったじゃない」

まきパパ「はっは、ごめんごめん…… あっ」


まきパパ「なんか今のやりとり、デートの待ち合わせっぽいな!」

真姫「アンタもかっ!!」スパァン!

ほのパパ「痛いっ! 嬉しい!」




19 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/02/28(土) 23:57:40.05 ID:bFHVGTfR0


凛「いろんな意味で衝撃的なパパだったにゃ」

花陽「でもダンディな人だったね。真姫ちゃんのパパ、って感じがしたよ」



ザーーー


凛「また強くなってきたね、雨」

花陽「ますますやみそうにないね… 黒い雲がずっと続いてる」

凛「あっ! にこちゃん!」

花陽「えっ? どこどこ?」

凛「ほらあそこの雲! 歩道橋の上! 黒髪ツインテール!」

花陽「なんだ、雲かぁ。わ、でも本当に似てる!」

凛「だよねだよね、ここはいっちょ写メを…」

ピチャッ!

凛・花陽「「あっ…」」




20 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/02/28(土) 23:58:21.05 ID:bFHVGTfR0


花陽「また…同じ水たまりはまっちゃった」

凛「にこちゃんのせいにゃ」

花陽「ええっ? それはにこちゃんが可哀想だよぉ」

凛「………」

花陽「………」

凛「ぷっ」

花陽「ふふっ」

凛・花陽「「あははははは!」」




21 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/01(日) 00:00:17.16 ID:JUPEo0Bt0


花陽「ね、平気でしょ?」ピチャッ

凛「うん。ローファーならアウトだったけど、長靴じゃびくともしないにゃ」ピッチャピッチャ

花陽「さっそく大活躍だね」

凛「ヘイヘイッ、ダン○ボしちゃうにゃ!」ピッチャピチャピチャピッチャピチャピチャ

花陽「ひゃあ! り、凛ちゃん、跳ねてる跳ねてる!」


凛「そうだ! いいこと考えたにゃ」

花陽「いいこと?」

凛「かよちん、長靴ぬいでよ」

花陽「えっ、ここで!? 濡れちゃうよぉ」

凛「左足だけ。凛につかまってていいから」

花陽「うーん? 左だけならまぁ…」ヌギヌギ




22 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/01(日) 00:02:18.42 ID:JUPEo0Bt0


花陽「脱いだけど、これでいいの?」

凛「うん。それから凛も左足脱いで…」ヌギヌギ

花陽「…?」

凛「かよちんの長靴を凛がはいちゃうにゃ! じゃーん!」

花陽「わぁ、左右で色違い…!」

凛「どう? オシャレさんにゃ?」

花陽「うんっ、すごく可愛いよ! ○ッキーナみたい!」

凛「でっしょー?」

花陽「それはマッキーナだねっ!」

凛「………」

凛「ちょっと寒くないかにゃ? じゃ、凛はこれで」スッ

花陽「ちょっと凛ちゃん!? 花陽まだ片足だよぉ!」




23 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/01(日) 00:04:31.66 ID:JUPEo0Bt0



ザーーー


凛「おなかすいたにゃー」

花陽「どこか寄り道しちゃう?」

凛「名案にゃ! ラーメン行こうよ!」

花陽「ら、ラーメンはちょっと… 晩ごはん前だし。商店街のクレープ屋さんは?」

凛「うーん、でも凛、今はなんとなく甘いものより辛いもの食べたいかなぁ」

花陽「そっか。サッと寄れるところでなんかあるかな?」

凛「マ○クは金曜に行ったし… スーパーの前の焼き鳥屋さんとか?」

花陽「あっ! いい…」

花陽「と思ったけど、あそこ、今もうやってないや」

凛「そうなの!? あそこの焼き鳥のタレ美味しかったのに、ショックにゃー」

花陽「うーん」

花陽「あ、じゃあ…」




24 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/01(日) 00:06:44.34 ID:JUPEo0Bt0


コロッケ屋さん


凛「ここが新しく出来たコロッケ屋さん?」

花陽「うん! 一昨日おかずに買ったんだけど、味が少しだけ濃く作ってあってソースなしでもすごく美味しくて、白米とのマッチがそれはもう…」

凛「おじさーん!」

花陽「あ、り、凛ちゃん聞いてよぉ!」


コロッケ屋「らっしゃい」

凛「どれにしよっかなー。ポテサラ、メンチ… カレー味とかもあるんだ。全部1個80円かぁ」

花陽「どれも美味しいと思うけど、メンチは間違いなくおすすめだよ」

凛「迷うなぁ〜。かよちんは?」

花陽「花陽は…もう一回メンチにしようかな?」




25 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/01(日) 00:09:11.60 ID:JUPEo0Bt0


凛「じゃあ凛もかよちんとおーなじ! おじさん、メンチコロッケふたつください!」

コロッケ屋「……これ」チョンチョン

凛「む?」

花陽「あ、そういえばジャンボサイズだと2個分で、お値段100円なのです!」

凛「そうなんだ! ならそうする? 凛は全然一緒に食べるのでもいいけど、かよちんもそれでいい?」

花陽「うんっ、私も全然いいよ」

凛「決まりっ。じゃあおじさん、それでお願いします!」

コロッケ屋「あいよ」



26 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/01(日) 00:10:56.68 ID:JUPEo0Bt0


コロッケ屋「お待ち」

凛「わぁ、けっこうボリュームあるにゃ」

花陽「そうだね。それでいて美味しいから、人気出ると思うなぁ」

凛「んー、いい匂い! 早く食べよう!」ガサゴソ

花陽「あはは、歩きながら食べちゃおっか」


凛「…! かよちん! このコロッケ…」

花陽「えっ? あれっ…!?」

凛「元からこういう形なの?」

花陽「ううん。一昨日は普通に丸い感じだったよ」

凛「そ、そっか…」

花陽「う、うん…」

凛・花陽(ど、どうしてハート形なの…?///)



凛「………」

凛「かよちん。はい」

花陽「えっ… 凛ちゃん、これって」

凛「あ、あーんにゃ」

花陽「は、はい……ぱくっ」

花陽「うん、美味しい…」

凛「じゃ、今度は凛が傘もつから…」

花陽「あ、うん」

花陽「それじゃ凛ちゃ(以下略



27 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/01(日) 00:12:05.18 ID:JUPEo0Bt0


花陽「美味しかったけど…」

凛「うん…」

花陽「な、なんか恥ずかしかったね」

凛「うん…」

花陽「凛ちゃん?」

凛「うん…… えっ?」

花陽「もしかして、あんまり美味しくなかった?」

凛「ええっ? そ、そんなことないよ? ただ…」

花陽「ただ?」

凛「あ、ううん。すごくおいしかったよ」

花陽「よかったぁ。花陽がおすすめしたから、もし好みじゃなかっら、すごく申し訳ないなって」

凛「本当においしかったよ! 凛、メンチ大好きにゃ!」

花陽「そっか。ふふっ」

凛(うぅ、恥ずかしくてあんまり味覚えてないにゃー…)




28 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/01(日) 00:13:34.82 ID:JUPEo0Bt0


ザーーー


凛・花陽「………」テクテク


凛「あれ、かよちんの家、ここ曲がらないと遠回りじゃない?」

花陽「うん。でも今日はちょっと遠回りしたくって」

凛「雨なのに?」

花陽「雨だから…かな」

凛「ふうん? 凛はこっちが近いからいいけど」

花陽(傘持ってないから送っていく、なんて言ったら、凛ちゃん走って帰っちゃうよね)

凛「雨やまないね」

花陽「そうだね」

花陽(それに…もう少しだけ凛ちゃんと一緒いたいもん)



29 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/01(日) 00:15:10.82 ID:JUPEo0Bt0


ザーーー


凛「………」テクテク

花陽「………」テクテク


凛「…かよちん」

花陽「なあに?」

凛「凛、ちょっとだけ変わったよ」

花陽「うん?」

凛「雨、少し好きになったかも」

花陽「あは… 花陽もね、今ちょうどそれ思ってたんだ」

凛「ほんと? かよちんと一緒にゃ」

花陽「えへへ… 凛ちゃんと一緒だ」




30 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/01(日) 00:16:37.09 ID:JUPEo0Bt0


ザーーー


凛・花陽「………」テクテク


花陽(雨の日は、少ししんみりしちゃうけど、その分心が落ち着いて、物事をゆっくり考えられる)

花陽(そういうとき、私はいつもは考えないようなことを考えてしまう)

花陽(過去のこと、いまのこと、そして、これからのこと…… μ’sはどうなっていくんだろう、とか、将来は何を目指したらいいんだろう、とか)

花陽(凛ちゃんとはずっと一緒だけど、それがこれからも続いていくのかな、とか)



サーーー


凛「あ… 雨、少し弱くなったね」

花陽「あ、ほんとだ」


花陽(永遠に、なんて保証はない。ずっとかどうかなんて、そんなの誰にも分からない)

花陽(でも、だからこそ、誰かとずっと一緒にいたいって、そう思えるんじゃないかなと… 私は思います)




31 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/01(日) 00:18:36.65 ID:JUPEo0Bt0


サーーー


花陽(大事なのは、ずっと一緒にいたいって気持ちを大事にすること。大事にすることが、きっと大事)

花陽(特別な関係 とか、1番好き とか、そういうのじゃなくてもよくって……)


凛「………」テクテク

花陽「………」テクテク


花陽(そばにいて、落ち着いていられるような)

花陽(「好き」とか「嫌い」とか、関係なく…… ただただ、気兼ねなく一緒にいられるような)





凛「ねぇ、かよちん」

花陽「なに? 凛ちゃん」



凛「手、つないでいい?」

花陽「……うんっ!」




花陽(そういうものに、私はなりたい)




32 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/01(日) 00:19:15.28 ID:JUPEo0Bt0


翌日



真姫「あ、今朝は晴れてるのね。何日ぶりかしら」



真姫「んーっ、登校日和、です!って感じ?」テクテク

真姫「あがったばっかりなのね。虹が綺麗に…」

ピチャッ!

真姫「ヴェエエ…」


真姫「私も長靴にしようかな…」











花陽「雨にもまけず」

fin.






33 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/01(日) 00:21:37.43 ID:JUPEo0Bt0

以上です。

関係ないって言ったけど最後だけ使わせていただきました
みんなも長靴はくにゃー


34 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/01(日) 00:48:21.94 ID:KARESUGv0
乙!!

やっぱこういうりんぱな好きだわ
真姫パパはお堅いイメージしかないけど意外な一面って感じで良いかも


35 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/01(日) 12:25:13.85 ID:pLNmZYt7O


sidのまきパパお堅いからな


転載元

花陽「雨にもまけず」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1425133268/







関連記事
2015/03/01 15:28 | CM(0) | ラブライブ! SS
    コメント一覧
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

インバリアントへようこそ
インバリアント -SSまとめサイト-
管理人:こばりあんと



一言:wow fantastic baby...

  • About
  • 記事一覧
  • Twitter
  • まとめ依頼
  • ランダム SS
カテゴリ
アーカイブス

2017年 11月 (18)
2017年 10月 (11)
2017年 09月 (2)
2017年 08月 (161)
2017年 07月 (180)
2017年 06月 (139)
2017年 05月 (311)
2017年 04月 (157)
2016年 02月 (1)
2015年 12月 (1)
2015年 05月 (261)
2015年 04月 (295)
2015年 03月 (305)
2015年 02月 (259)
2015年 01月 (283)
2014年 12月 (275)
2014年 11月 (287)
2014年 10月 (285)
2014年 09月 (262)
2014年 08月 (264)
2014年 07月 (262)
2014年 06月 (223)
2014年 05月 (218)
2014年 04月 (209)
2014年 03月 (185)
2014年 02月 (172)
2014年 01月 (191)
2013年 12月 (184)
2013年 11月 (183)
2013年 10月 (180)
2013年 09月 (153)
2013年 08月 (141)
2013年 07月 (154)
2013年 06月 (146)
2013年 05月 (152)
2013年 04月 (148)
2013年 03月 (130)
2013年 02月 (111)
2013年 01月 (123)
2012年 12月 (127)
2012年 11月 (120)
2012年 10月 (127)
2012年 09月 (117)
2012年 08月 (120)
2012年 07月 (122)
2012年 06月 (116)
2012年 05月 (122)
2012年 04月 (121)
2012年 03月 (123)
2012年 02月 (116)
2012年 01月 (122)
2011年 12月 (118)
2011年 11月 (113)
2011年 10月 (119)
2011年 09月 (110)
2011年 08月 (118)
2011年 07月 (118)
2011年 06月 (118)
2011年 05月 (123)
2011年 04月 (124)
2011年 03月 (117)
2011年 02月 (95)
2011年 01月 (109)
2010年 12月 (119)
2010年 11月 (110)
2010年 10月 (120)
2010年 09月 (74)
2010年 08月 (87)
2010年 07月 (113)
2010年 06月 (72)
2010年 05月 (67)
2010年 04月 (3)

SS検索
Ads
最新記事
Ads2
人気SSランキング