HEADLINE

吹雪「ヲ級さん、ゴメンなさい・・・」

2015/03/12 11:11 | CM(0) | 艦隊これくしょん SS
1 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/11(水) 21:37:37.83 ID:zYRKJYjV0
吹雪「すいませんでした・・・」

ヲ級「・・・・・・」

吹雪「・・・・・・」

ヲ級「はぁー・・・」

ヲ級「あのですね、吹雪さん」

吹雪「は、はい!」

ヲ級「いくらなんでもあれはないんじゃないんですかねぇ?」

吹雪「本当にゴメンなさい・・・」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1426077457



2 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/11(水) 21:39:13.07 ID:zYRKJYjV0
ヲ級「よくも目を狙ってくれましたねぇ?」

吹雪「・・・・・・」

ヲ級「命中率だけは褒めてあげますよ」

吹雪「やっりぃ!」

ヲ級「殺すぞ」

吹雪「はい」




3 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/11(水) 21:42:10.44 ID:zYRKJYjV0
ヲ級「一応私達にも痛覚というものがありましてね?」

ヲ級「やっぱり撃たれると痛いんですよ、艦娘達と同じようにね?」

ヲ級「それを目って・・・特型駆逐艦の風上にも置けないような卑劣な行為ですね」

吹雪「ゴメン・・・なさい・・・」

ヲ級「あれ、すっごく痛かったんですからね?」

ヲ級「しかも空母にとって大切な目を狙うだなんて」

ヲ級「酷いと思いませんか?」

吹雪「はい・・・」

ヲ級「はぁー・・・」




4 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/11(水) 21:45:27.91 ID:zYRKJYjV0
吹雪「で、でも、わざとじゃなかったんです!」

ヲ級「は? よくもそんなことが言えますね」

ヲ級「本当に呆れますよ・・・」

ヲ級「じゃあなんで私以外のヲ級も目を負傷して帰ってくるんですかねぇ?」

吹雪「あ」

ヲ級「わざとなんでしょ?」

吹雪「うん☆」

ヲ級「種付けするぞ」

吹雪「はい」




5 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/11(水) 21:49:25.60 ID:zYRKJYjV0
ヲ級「こっちだってねぇ、色々と報告があるんですよ」

ヲ級「資材とか作戦報告書とかの資料もあるんですよ」

ヲ級「貴女が調子に乗り出したときから被害が報告されているんですよ」

ヲ級「目を狙ってくる鬼畜艦がいるってね」

吹雪「・・・・・・」

ヲ級「撃たれた側の気持ちとかわかります?」

ヲ級「まだ上下肢体幹ならわかりますよ?」

ヲ級「でもねぇ、顔面って・・・」

ヲ級「それも眼球って・・・」

ヲ級「もう泣きたいですよ、はい」

吹雪「ゴメンなさい・・・」




6 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/11(水) 21:53:16.47 ID:zYRKJYjV0
ヲ級「いやね? 何も撃つなとは言っていないんですよ、こちらは」

ヲ級「私達は敵同士ですからね?」

ヲ級「でも今回のはないですよ、本当に」

ヲ級「私の目も直すとき、すごく痛かったんですよ?」

ヲ級「麻酔は使えないしね」

ヲ級「次回からは気を付けて下さい」

ヲ級「よろしくお願いしますよ?」

吹雪「はい、大変申し訳ございませんでした・・・」

ヲ級「次また同じことしたら、私とケッコンしていただきますからね?」

吹雪「はい・・・」




7 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/11(水) 21:57:13.61 ID:zYRKJYjV0
ヲ級「まぁねぇ、私達も好きで戦っているわけじゃないですからねぇ」

ヲ級「日本政府から人類の敵になってくれ、と言われたときはびっくりしましたよ」

吹雪「え?」

ヲ級「え? 知らないんですか? 艦娘なのに?」

吹雪「ど、どういうことですか?」

ヲ級「はぁー・・・本当に人間というのは自分に都合の良いことしかしないんですね」

ヲ級「それとも指導者が無能なのか・・・」

吹雪「し、司令官のことを悪く言わないで下さい!」

ヲ級「すみません」




9 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/11(水) 22:02:25.42 ID:zYRKJYjV0
ヲ級「日本政府がロシア政府に対してプレゼントしたものがあるじゃないですか」

ヲ級「とんぶりだかなんだかっていうのを」

ヲ級「あれをキャビアと偽って送ったんでしょう?」

ヲ級「畑のでしょうが」

ヲ級「それでロシア政府が大激怒、日本本土にボルシチをぶちまけてやるとか大変なことになって」

ヲ級「結局戦争になりそうになったんでしょう?」

吹雪「初めて聞きました・・・」

ヲ級「本当にまったく・・・まぁ良いです」




11 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/11(水) 22:07:48.39 ID:zYRKJYjV0
ヲ級「そこで日本政府が人類の敵という存在を作り出すことで」

ヲ級「日本全国がボルシチまみれになることを回避しようと考えたわけなんです」

ヲ級「うちらからしたらいい迷惑ですよ、本当に」

ヲ級「そんなもん、知るかってね?」

ヲ級「でもまぁ、報酬ももらっているし、あまり言えないんですがね」

吹雪「あの、報酬って・・・?」

ヲ級「ずんだ餅です」

吹雪「え?」

ヲ級「ずんだ餅です」

ヲ級「美味しいでしょう?」

吹雪「あ、はい」




14 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/11(水) 22:11:38.35 ID:zYRKJYjV0
ヲ級「私達はもともと深海に住んでいた民族なんですけど」

ヲ級「穏やかではない状況になってしまいましたなぁ」

吹雪「あの、ルーツは・・・?」

ヲ級「わかりませんねぇ、気づいたら生活していました」

ヲ級「もうかれこれ70年くらいになりますかねぇ?」

吹雪「あ、そうですか」

ヲ級「まぁ、貴女達艦娘に沈められても、また直せば復活するんですけどね」

吹雪「それって永遠に戦争が終わらないんじゃ・・・」

ヲ級「じゃあ早くロシア政府と仲直りして下さいよ」

吹雪「はい」




15 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/11(水) 22:18:35.82 ID:zYRKJYjV0
ヲ級「はぁ・・・なんか疲れてきたなぁ」

吹雪「ゴメンなさい・・・」

ヲ級「うちら深海棲艦もね、結構人類側に貢献してきているつもりなんですけどねぇ?」

ヲ級「魚市場とか言ったことあります? うちの者が結構働いているんですよ」

吹雪「えっ」

ヲ級「最近はねぇ、資材がどんどん減ってきていますからねぇ」

ヲ級「人間界で働いて、ちゃんとお金稼いで資材買っているんですよ」

ヲ級「地元の漁師さん達とはみんな仲良しですよ?」

ヲ級「新鮮な魚を届けに行ったときに、みんな喜んでいます」

ヲ級「最近はみんな揃ってお酒のんでいます」

ヲ級「中には漁師さんとケッコンした娘もいますねぇ」

吹雪「あらー」




16 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/11(水) 22:24:11.07 ID:zYRKJYjV0
ヲ級「あと海上保安庁とも仲が良いですよ」

ヲ級「最近は平気で海を汚したり密漁したりする人間が増えていますからねぇ」

ヲ級「同じ人間側では精々口頭で警告をするのがほとんどなんですって」

ヲ級「直接手を出すのは限度が過ぎるとかなんとか」

ヲ級「そこで我々に内密に依頼しているんですよ、そういう人間達の排除を」

ヲ級「いや、人間って怖いものですよねぇ」

ヲ級「まぁ、うちらも海を汚されるのは嫌ですし?」

ヲ級「しかし彼らも私達深海棲艦がいるってのに、懲りないものですよねぇ?」

ヲ級「沈みフェチなんでしょうか?」

吹雪「多分撃たれフェチなんだと思います」

ヲ級「あ、そうなんですか」




17 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/11(水) 22:31:09.53 ID:zYRKJYjV0
ヲ級「まったく、うちは旬の時期になればそちらの鎮守府に色々と魚を送っているというのに」

ヲ級「どうしてこういう扱いをされるんですかねぇ?」

吹雪「すみません・・・」

ヲ級「まぁ、良いでしょう」

ヲ級「ところで吹雪さん」

吹雪「なんですか?」

ヲ級「今はお歳はいくつになりましたか?」

吹雪「さぁ、もう随分と長く生きているような気がします」

ヲ級「80年くらい?」

吹雪「そうですね、司令官も次々と変わっていきます」

ヲ級「貴女は変わらないんですね」

吹雪「まぁ、私達は年を取らないですからね」

ヲ級「ずんだ餅を食べているから?」

吹雪「はい!」

ヲ級「やっぱりずんだ餅すごいですよね」

吹雪「そうですね!」




18 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/11(水) 22:37:01.01 ID:zYRKJYjV0
ヲ級「まぁ、今は日本も軍を解体して自衛隊になりましたからねぇ」

ヲ級「時の流れは早いものです」

吹雪「そうですね」

ヲ級「いつになったらロシア政府と仲直りしてくれるんですかねぇ?」

吹雪「もう日本中がボルシチまみれになっているのに、まだ許してくれないんですって」

ヲ級吹雪「だーっはっはっはっはぁwwwwwwwwww」バンバン

駆逐棲姫「あの、吹雪さん、お茶どうぞ?」コト

吹雪「どうもぉ~・・・」



1mgrkg4jhnb.jpg







19 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/11(水) 22:42:43.57 ID:zYRKJYjV0
駆逐棲姫「ひっ!?」ビク

ヲ級「ちょっと、うちの大事な駆逐棲姫ちゃを怖がらせないで下さいよ」

吹雪「ゴメンなさい」

ヲ級「この娘は本当に良い娘なんですよ、貴女には渡しません」

吹雪「あらら」

ヲ級「代わりに私が吹雪さんのお嫁に行きましょう」

吹雪「良い提案ですね」

ヲ級「ちなみに最近この娘は手術したんですよ」

ヲ級「ほら、脚があるでしょう? 神経再接合術をした結果、見事に成功したんですよ」

吹雪「へぇ~・・・」



2g09kmh.jpg






20 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/11(水) 22:45:33.65 ID:zYRKJYjV0
駆逐棲姫「ひっ!?」ビク

駆逐棲姫「あっ!」プルプル

駆逐棲姫「ふぁ・・・///」チョロロロロ・・・

ヲ級「吹雪表に出ろ」

吹雪「かっかっかwwwww」カタカタ




22 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/11(水) 23:05:16.37 ID:zYRKJYjV0
吹雪「あぁ、しっかり種付けされちゃいました・・・」

ヲ級「しちゃいました」

如月「はい、後はお風呂に入ってね?」

駆逐棲姫「ありがとうございます・・・」

吹雪「あ、如月ちゃん・・・」

如月「お久しぶりね、吹雪ちゃん」

如月「元気にしていたかしら?」

吹雪「う、うん、でも睦月ちゃんが・・・」

如月「あら~、やっぱりそうよねぇ」

如月「ここの生活が気に入ってしまって、戻るタイミングを失っていたわ」

ヲ級「吹雪さん、今度睦月さんも遊びに来るように言っておいて下さい」

ヲ級「それと、私達の子供もね?」

吹雪「はい!」




25 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/11(水) 23:08:05.21 ID:zYRKJYjV0
吹雪「あ! そうだ!」

吹雪「この前鎮守府を襲撃しましたよね!?」

吹雪「あれどうしてくれるんですか! 危なかったんですよ!」

ヲ級「え? もしかしてそれも聞いていないんですか?」

吹雪「え・・・?」

ヲ級「あれはですねぇ・・・」




26 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/11(水) 23:16:04.24 ID:zYRKJYjV0
提督「あーあ、みんなあっちに行って暇だなぁ」

金剛「テイトク・・・」

提督「金剛! 戻ってきてくれたのか!」

提督「お前だけは信じていたよ!」

金剛「榛名と浮気したネ・・・」

提督「えっ」

金剛「バァァナングゥゥゥ・・・」





金剛「ラァァァァァッブゥゥ!!!!」



3gmno50.jpg






27 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/11(水) 23:17:45.96 ID:zYRKJYjV0





  __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                  __,,:::========:::,,__
        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                  ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...........
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙      .'                 ..‐´      ゙          `‐..゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            __,,:::========:::,,__       /                   \    ゙゙゙゙゙;;;;;;
  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............     ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...;;;;;;;;;::´                      ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;..‐´      ゙          `‐..'                            ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
           /                   \                          ゙:               ゙゙゙゙゙;;;;;;
..........;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                       ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................              ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
゙゙゙゙゙゙゙      .'                       ヽ     ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......  ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
        /                           ゙:               ゙゙゙゙゙;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
      ;゙                             ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙ ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................               ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙ .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
    ゙゙゙゙ i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙´i,,.;,..  .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
    ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ|iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙
    /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙;iill|||lli|llii:;゙i|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´
     `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,   ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
      ゙゙´`´゙ -;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙ /`゙
          ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙i|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´







28 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/11(水) 23:19:31.05 ID:zYRKJYjV0
ヲ級「・・・ということだったんですよ」

吹雪「あらー」

吹雪「それで、司令官は・・・?」

ヲ級「あ、それならこちらに」

提督「やぁ☆」

吹雪「」




29 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/11(水) 23:31:27.52 ID:zYRKJYjV0
吹雪「ここで何しているんですか! 司令官!」

吹雪「鎮守府は大変なことになっているんですよ!」

吹雪「多大な損害です!」

提督「いやぁ、まぁ、しょうがないよね?」

吹雪「何がしょうがないですか!」

吹雪「行方不明になっている間、誰が秘書艦の仕事をしていたと思っているんですか!」

吹雪「私ですよ、私! 長門さんはノイローゼになってしまいました!」

提督「そいつは大変だ」

吹雪「おまけに榛名さんと浮気したのが悪いんじゃないですか!」

吹雪「金剛さんがショックで幼児退行しちゃったんですよ!」

提督「やっちゃったね☆」

吹雪「」ブチ

吹雪「・・・・・・」

吹雪「司令官」

提督「ん?」

















4mn5jhr.jpg







提督「」







30 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/11(水) 23:39:22.76 ID:zYRKJYjV0





――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――





吹雪「あっさりーしっじみーはーまぐーりさーん」ザクザク

吹雪「やーまとさんのーあーわびさーん」ザクザク

吹雪「どーんなかーたちかなーめまーわすー」ザクザク

吹雪「やーっぱりうーまいよわーかめっしゅうー」ザクザク





ザザァーーーーーン     サァーーーーー     パシャ・・・・・・





提督「」チャプチャプ

吹雪「あぁ、また戻ってきちゃったんですか?」

吹雪「折角沖まで出てきて流してきたのに・・・」

吹雪「また流してこないと」

フブキ「おかあさん、わたしもてつだうね?」

吹雪「ありがとうね! 良い子良い子!」

フブキ「えへへ!」















提督「」










――― 終 ―――





31 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/12(木) 00:09:44.84 ID:ijXQN4rXo
なんてスレだ…


32 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/12(木) 00:48:21.42 ID:KHkxxpPl0
いつもどおりのぶっ壊れじゃん(慣れ)


33 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/12(木) 02:15:07.44 ID:Dghz2AMz0
これなんの映画の画像?


34 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/12(木) 03:17:42.51 ID:3Tl/CJpKO
画像のチョイス面白すぎるのズルい


35 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/12(木) 06:42:38.95 ID:nYqMlqIAO
乙です


転載元

吹雪「ヲ級さん、ゴメンなさい・・・」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1426077457/






艦隊これくしょん -艦これ- 空母ヲ級 (1/8スケール ATBC-PVC製塗装済み完成品)
グッドスマイルカンパニー (2015-04-30)
売り上げランキング: 2,193

関連記事
2015/03/12 11:11 | CM(0) | 艦隊これくしょん SS
    コメント一覧
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

インバリアントへようこそ
インバリアント -SSまとめサイト-
管理人:こばりあんと



一言:ちょくちょく更新してこうかと。

  • About
  • 記事一覧
  • Twitter
  • まとめ依頼
  • ランダム SS
カテゴリ
アーカイブス

2017年 04月 (109)
2016年 02月 (1)
2015年 12月 (1)
2015年 05月 (261)
2015年 04月 (295)
2015年 03月 (305)
2015年 02月 (259)
2015年 01月 (283)
2014年 12月 (275)
2014年 11月 (287)
2014年 10月 (285)
2014年 09月 (262)
2014年 08月 (264)
2014年 07月 (262)
2014年 06月 (223)
2014年 05月 (218)
2014年 04月 (209)
2014年 03月 (185)
2014年 02月 (172)
2014年 01月 (191)
2013年 12月 (184)
2013年 11月 (183)
2013年 10月 (180)
2013年 09月 (153)
2013年 08月 (141)
2013年 07月 (154)
2013年 06月 (146)
2013年 05月 (152)
2013年 04月 (148)
2013年 03月 (130)
2013年 02月 (111)
2013年 01月 (123)
2012年 12月 (127)
2012年 11月 (120)
2012年 10月 (127)
2012年 09月 (117)
2012年 08月 (120)
2012年 07月 (122)
2012年 06月 (116)
2012年 05月 (122)
2012年 04月 (121)
2012年 03月 (123)
2012年 02月 (116)
2012年 01月 (122)
2011年 12月 (118)
2011年 11月 (113)
2011年 10月 (119)
2011年 09月 (110)
2011年 08月 (118)
2011年 07月 (118)
2011年 06月 (118)
2011年 05月 (123)
2011年 04月 (124)
2011年 03月 (117)
2011年 02月 (95)
2011年 01月 (109)
2010年 12月 (119)
2010年 11月 (110)
2010年 10月 (120)
2010年 09月 (74)
2010年 08月 (87)
2010年 07月 (113)
2010年 06月 (72)
2010年 05月 (67)
2010年 04月 (3)

人気SSランキング
アクセスランキング