HEADLINE

姉「タブレットになった

2015/03/17 01:58 | CM(0) | 創作・男女系 SS
1 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/16(月) 22:54:56.60 ID:BIzUiQOt0
姉「久しぶりだね! 弟くん!」

男「……」ポカーン

姉「弟くんのことが心配で戻ってきちゃった!」

男「ごめん意味がわからない」

姉「突然すぎたかな?」

男「どうしてこうなった」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1426514096



2 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/16(月) 22:55:50.04 ID:BIzUiQOt0
都心の大学への進学が決まって

幼いころから暮らした祖父母の家を出てひとり暮らしを始めた

初めてのことだから何かと準備が必要で

アパートを掃除した後

家電量販店に買い物に行ったんだ



必要最低限の家電を買って

ついでにちょっと時間つぶしのためのアイテムが欲しくなった

バイトをしていたのでお金はあるし

そこそこのものが買えるだろうと思っていた


3 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/16(月) 22:57:00.06 ID:BIzUiQOt0
ゲームはある日を境にやらなくなった

正直パソコンとかそういうのもあまり詳しくない

いろんなものを見ているうちに

このタブレットが目に止まった



メーカーは知らないところだった

僕がそれを手に取ろうとすると若い女性の店員

……というより販売応援らしき人が現れてしきりにそのタブレットを勧めてきたのだ



販売員「この商品を手に取られるなんてお目が高いですね!」

販売員「スペックは最高ですよ!」

販売員「オフィスもバッチリ!」

販売員「内臓アプリも充実ぅ!」

販売員「何を隠そう最後の1台!」

販売員「あっサポートは終了しますけど!!」アハハ!


4 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/16(月) 22:58:10.75 ID:BIzUiQOt0
本体のデザインはシンプルで色は真っ白でとても綺麗

画面にはデモ用と思われる動画が映し出されている

観たことがある映画のワンシーンで

とってもリアルだし音にも臨場感があるように感じた



本体のスペックとか難しいことはよくわからなかったけど

どうしようもなく手に入れたい衝動に駆られてしまった僕はその販売員の話を聞くことにした



5 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/16(月) 22:59:18.77 ID:BIzUiQOt0
販売員「いまなら色々サービス致します!!」

男  「でも……高いんでしょう?」

販売員「ここだけの話ですけど……もう最終在庫なのでかなりお安くできます!!」

男  「そうなんですか……インターネットとかも見れますか」

販売員「Wi-Fi対応ですね! スマホのデザリングでオッケーですよ!」

男  「よくわからないけどわかりました」

販売員「どうなさいますか?」

男  「お願いします」

販売員「ありがとうございます~!!」

男  「いいのかな……他のと比較したらタダ同然じゃないですか」

販売員「そういうものです!!」

男  「そうなんですか……ありがとうございます」


6 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/16(月) 23:00:07.47 ID:BIzUiQOt0
男「……でアパートに帰ってきて」

男「開封してセットアップして」

男「ユーザー名に僕の名前を入れて何故か生年月日を入れて」

男「OSのユーザー登録して起動」

男「そしたら画面の中で姉ちゃんがポーズとって笑ってた……と」

姉「不思議だね!!」

男「すっごくビックリしたんだけど!!」

姉「ごめんごめん」エヘヘ


7 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/16(月) 23:01:18.32 ID:BIzUiQOt0
男「ちょっとまって僕どうしてタブレットと会話してるの!?」

姉「ちがうよお姉ちゃんだよ」

男「いやタブレットだよね!?」

姉「そうとも言う」アハハ

男「シャットダウン」ポチ

姉「ちょっと待っ」ヒュウ

男「気のせい気のせい」


8 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/16(月) 23:02:14.60 ID:BIzUiQOt0
男「じゃあ再起動」ポチ

男「ん……アップデート……?」

男「終わった……」



姉「パワーアップして降臨!」

男「化粧して着替えただけじゃねーか!!」

姉「見惚れた? ん?」

男「僕疲れてるのかな……」


10 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/16(月) 23:03:09.43 ID:BIzUiQOt0
姉「本物だよ……本物のお姉ちゃんだよう」

男「ンなわけあるか!!」

姉「ヘックシ!!」

男「なんでクシャミしてんだよ!!」

姉「コンピュータウイルスに感染したかも」ックシッ!

男「マジで!?」


11 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/16(月) 23:04:01.73 ID:BIzUiQOt0
男「えっと……アンチウイルスソフト!」アセアセ

姉「もうダメかも……弟くん……私……」

男「待て待て待て待て!! これだキター!!」クリック!

姉「おっ? おおっ!?」パァァ

男「……やったか!?」ドキドキ


12 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/16(月) 23:04:42.40 ID:BIzUiQOt0
姉「治ったーーーー!!!!」イェェエエイ!

男「危ないところだった」ホッ

姉「いやホントありがと」

男「どういたしまして……って大丈夫かなこのアパートのネット環境」

姉「全くツイてないわ」ハァ

男「ツイてるタブレットってあるの!?」エェェ!?


13 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/16(月) 23:05:58.90 ID:BIzUiQOt0
姉「生き返ったとたんコレだもんな……」

男「……生き返った???」

姉「先に○んじゃってごめんね?」テヘ

男「そういうこと言うなよ思い出すじゃねーか!!」

姉「だからごめんって……」


14 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/16(月) 23:06:50.84 ID:BIzUiQOt0
男「すっごいピンポイントでマジ悪趣味なAIだなオイ!?」イラッ

姉「お姉ちゃんのこと嫌いになったの?」

男「大好きだったから許せない冗談もあるんだよ!」

姉「ちょ……ねえねえもっかい言って?」モッカイ

男「だーかーらー……あっ」カァァ

姉「ん? んん?」ドキドキ

男「シャットダウ……」

姉「待って待って待って!! せっかく会えたのに!!」

男「……」


15 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/16(月) 23:08:18.19 ID:BIzUiQOt0
男「信じてるわけじゃないんだけど」

姉「なんでも質問してちょーだい」エッヘン

男「誕生日は?」

姉「○月×日」

男「大学は?」

姉「○○大学」

男「彼氏いない歴は?」

姉「イコール年齢」ショボーン


16 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/16(月) 23:09:05.59 ID:BIzUiQOt0
男「身長体重」

姉「166cm45kg」

男「スリーサイズは?」

姉「上から88・56・84」

男「嘘をつくな嘘を」

姉「すみませんサバ読みました特に胸」

男「本人と確定」

姉「そこかよ!!」プンプン


17 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/16(月) 23:10:15.94 ID:BIzUiQOt0
男「その……説明してもらえないかな?」

姉「まあ簡単に言っちゃうと超常現象」

男「どんなレベルの!?」

姉「現在の科学のレベルがすっごく上がれば解明できる話……だと思う」

男「知らんがな!!」

姉「ちょっと見ないうちに精悍な顔つきになったね」

男「どうやって見てるんだよ」

姉「そのカメラのレンズから」


18 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/16(月) 23:10:57.44 ID:BIzUiQOt0
男「……」スッ

姉「やめてレンズ隠さないで見えないから」

男「……やかましいわ」

姉「なんで……」

男「相変わらず……」

姉「なんで泣いてるのよ」

男「うるさいなぁ……バカ姉ちゃん……」グスン

姉「涙とか落とさないでね防水じゃないから」

男「……」


19 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/16(月) 23:11:32.44 ID:BIzUiQOt0
姉「……落ち着いた?」

男「まあね……なんか複雑な気分だけど」

姉「いや本当に心配だったのよ?」

男「なにが」

姉「弟くんに変な女が寄ってきてないかって」

男「ないわー」

姉「ないのもおかしいわね」

男「姉ちゃんがいちばん変なんだけど」


20 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/16(月) 23:12:17.16 ID:BIzUiQOt0
男「すっかりタブレットと話し込んでしまった」

姉「違うよお姉ちゃんだよ~」

男「そうだったね」

姉「そろそろお風呂入って寝る?」

男「そうする……」

姉「一緒には入れないよ?」

男「いや……もうツッコミ疲れました」


21 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/16(月) 23:12:59.43 ID:BIzUiQOt0
なにがどうなっているのかわからない



タブレットのなかの姉ちゃんは

姿も仕草も

声も話し方も姉ちゃんそのもので



僕はひょっとしたら

おかしくなってしまったのではないだろうかと

ほんの少しだけ不安になりながら



それでも

とっても嬉しかったんだ


22 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/16(月) 23:14:11.71 ID:BIzUiQOt0
男「そしてなんかどっと疲れたから寝るわ」

姉「まあそんなわけでまたよろしくね! 弟くん!」

男「あ……うん……」

姉「弟くんってさ」

男「なに」

姉「新しく買ってもらったおもちゃとかよく抱っこして寝てたよね」

男「そんな頃もあったね」

姉「……抱っこしてもいいよ?」

男「……おやすみ」

姉「超絶スルー」


23 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/16(月) 23:14:47.83 ID:BIzUiQOt0
姉「ちょっと弟くん」

男「今度はなに」

姉「充電プリーズ」

男「……しなかったらどうなるの?」

姉「たぶん消滅しちゃう」

男「うおおケーブルケーブル」ヨイショ

姉「ふふ……ありがと」


24 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/16(月) 23:17:51.01 ID:BIzUiQOt0
しばらくすると

タブレットから音楽が流れてきた

僕も姉ちゃんもこの歌がとても好きだった

懐かしくて暖かいピアノのイントロが心地いい



姉ちゃんが子守唄のつもりで検索して再生してくれたのだろうか



姉「……やわらーかなー♪ 風がーふくー♪」

男「って姉ちゃんが歌うの!?」エェェ!?

姉「なんてね♪ おやすみ♪」

男「あ……うん……おやすみ……」



25 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/16(月) 23:18:44.55 ID:BIzUiQOt0
その夜

僕は懐かしい夢を見た

姉ちゃんとふたりで出かけた時の夢だった

菜の花の咲き誇るどこかの大きな花畑



風はまだ少し冷たかったけど暖かい陽射しの中ではそれもまた心地よくて

小さな丘の上に座ってふたりで無邪気に笑っていた



そんなことがあったなと思い出す

その記憶もタブレットの中に入っているのだろうか



おぼろげな意識のなかで

何故だかとても悲しくて



幸せだった


26 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/16(月) 23:19:41.31 ID:BIzUiQOt0
姉「弟くん! 朝だよ!」

男「ん……もう少しだけ……」

姉「お・き・て?」

男「……姉ちゃん!?」エェェ

姉「……おはよ♪」

男「なんかすごい目覚まし機能だね!?」

姉「……萌えた?」

男「べっ……別に起こされなくても起きられたんだからね!?」

姉「ツンデレか」


27 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/16(月) 23:21:10.58 ID:BIzUiQOt0
姉「まだ入学式までちょっとあるね」

男「それまでヒマだなぁ」

姉「ゲームの続きとかやらない?」

男「なんの……ああアレ?」

姉「ひょっとしてクリアしちゃった……とか?」

男「いや……そのままだけど」

姉「続きやってくれてもよかったのに」

男「勝手に続きやって怒られたくないから」

姉「バカね……」

男「我ながらそう思う……それに」

姉「それに?」

男「セーブデータ更新したら姉ちゃんが本当にいなくなる気がした」


28 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/16(月) 23:22:03.21 ID:BIzUiQOt0
姉「弟くん?」

男「なに?」

姉「私はいまこんなんだけど」

男「……」

姉「泣くことができるって知ってた? ねえ知ってた!?」グスン

男「ごめん……そんなつもりじゃなかった」

姉「……いいよ……嬉しい」



29 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/16(月) 23:23:02.98 ID:BIzUiQOt0
姉「でもゲーム機もソフトもないね」

男「買いに行こう」

姉「はあ!? 取りに帰ればいいじゃん!」

男「新しいゲーム機も出てるし」

姉「おうっ?」ズギャーン

男「興味あるんじゃん」

姉「まっ……まあもう大人なんだし好きにすればいいとお姉ちゃんは思うけど」



30 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/16(月) 23:23:34.82 ID:BIzUiQOt0
男「っつーか姉ちゃんのタブレットでゲームのアプリないの?」

姉「ゲームを起動すると私に内容や攻略法が全てネタバレしてしまうという不親切仕様」

男「なるほど不便極まりない」

姉「わかってくれたようで嬉しい」


31 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/16(月) 23:26:24.98 ID:BIzUiQOt0
量販店「新生活応援セール実施中! 100名毎に10万円までのお買物が……」タダカモシレナイィ

量販店「他店より1円でも高い商品は……」モットタカクナルウゥ



男「ゲーム売場に行くその前に」

姉「?」

男「この間の販売員さんは……」

男「あれ? 売場なくなってる……?」

男「また今度にしよう……」


32 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/16(月) 23:27:09.71 ID:BIzUiQOt0
姉「本当にゲーム機ごと買うの?」

男「うん……ってヘッドホンで聞くとくすぐったいな……」

姉「ふう~」

男「吐息の音だけとかやめて」

姉「意外とつまらない反応」


33 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/16(月) 23:27:56.62 ID:BIzUiQOt0
姉「どうせなら弟くんと一緒にできるのがいいんだけど……」

男「どうやってやるの!?」エェェ

姉「ゲーム機のコントローラー用のUSBポートにケーブルを直結させるとあら不思議」

男「理屈はわからないけどなんかすごいね」


34 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/16(月) 23:29:56.41 ID:BIzUiQOt0
姉「マルチができるゲーム……」

男「狩りゲーとか?」

姉「いいと思う」パァァ

男「じゃあこれで」

姉「ちょっと……PSフォニャララとViゲフンゲフンとそれぞれのソフトとnasヘックシはさすがに買い過ぎだと思うよ!?」ワクワク

男「声がワクワクしてる」

姉「バレたか」アハハ


35 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/16(月) 23:30:49.74 ID:BIzUiQOt0
男 「これ下さい!」

店員「かしこまりました……全部で98,150円に……あっ」マジデ?

男 「……?」


36 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/16(月) 23:31:45.70 ID:BIzUiQOt0
店員「おめでとうございます!」

男 「へっ?」

店員「100人目です!」

男 「もしかして……」

姉 「タダ!?」

店員「こちらが商品になります!」

男 「いいのかな……」



客 マジデソンナノアルンダー

客 スゲー

客 ナンカオメデトー



姉「さすが私の弟!」

男「姉ちゃん……なんかした?」

姉「そんな機能はないよ」

男「デスヨネー」

姉「まあ弟くんは昔から運には恵まれてる子だったし」

男「そうだっけ??」


37 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/16(月) 23:33:01.63 ID:BIzUiQOt0
男「帰宅そして開封」

姉「弟くんごめん」

男「どしたの?」

姉「ちょっと充電と休憩」

男「……疲れたの?」

姉「タブレット本体が発熱してる」

男「そういえば電源入れっぱなしだったな……って大丈夫!?」


38 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/16(月) 23:33:52.79 ID:BIzUiQOt0
姉「ちょっと休めば大丈夫だと思うよ?」

男「気にしてなくて……ゴメン……」

姉「私も気にしてなかった」

男「じゃ……閉じるよ……?」

姉「うん……またあとでね……」

男「姉ちゃん……」

姉「どうしたの?」

男「ううん……なんでもない……」

姉「心配しないで……大丈夫だよ」

男「うん……」


39 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/16(月) 23:34:38.46 ID:BIzUiQOt0
僕は少し躊躇いながらシャットダウンした

思い返せば最初に有無を言わさずシャットダウンしたから大丈夫だとは思ったんだけど



またそのまま姉ちゃんが遠くに行ってしまうような気がして


40 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/16(月) 23:35:04.88 ID:BIzUiQOt0
男「静かだな……」

男「ひとりでいるのに慣れたと思ってたんだけどな……」

男「開封は姉ちゃんが起きてからにしよ……」



41 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/16(月) 23:35:39.62 ID:BIzUiQOt0
姉「キャラかわいいのできた! 弟くんは?」

男「もう少し……」

姉「見せて見せて!!」

男「マルチプレイの時まで待って」

姉「ケチ!」


42 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/16(月) 23:36:47.39 ID:BIzUiQOt0
姉「そっくりじゃん」フフ

男「姉ちゃんも似てるし本名じゃん」

姉「神機はショートブレードとブラスト」

男「僕はロングブレードとアサルト」

姉「私がPSフォニャララで」

男「僕がViゲフンゲフン」

姉「じゃあ開始!」ヤッタアァァァ


43 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/16(月) 23:37:48.75 ID:BIzUiQOt0
姉「うおおおおお!!」

男「おあああああ!!」

姉「っしゃ楽勝ぉーーーー!!」

男「相変わらず上手いね……」

姉「次いくよ次」

男「はいはい」


44 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/16(月) 23:38:23.05 ID:BIzUiQOt0
姉「今度のボス強いね」

男「ちょっ……マジやばいって!」

姉「時間稼いで」

男「えええ姉ちゃんなにやってるのぉぉぉ」ドゴーン!

姉「攻略法ググってる」

男「ずいぶん便利な機能だね!?」ズガァン!!

姉「終わった! いま行くね!」


45 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/16(月) 23:39:09.69 ID:BIzUiQOt0
姉「楽しかったね!」アハハ

男「久しぶりに思いっきりゲームした」

姉「明日も続きやろう?」

男「うん」

姉「……おやすみ」




楽しい

こんなに楽しいのはいつ以来だろう



なんだかんだで

タブレットの中にいる姉ちゃんとの生活は楽しかった


46 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/16(月) 23:39:49.26 ID:BIzUiQOt0
やがて学生生活が始まり

僕は毎日姉ちゃんと一緒に通学した



姉ちゃんは講義の間でも内容をしっかり聞いていて

ググってコピーした内容を文書に保存しておいたりしてくれた

バックアップ用のファイルもメールでパソコンに転送してくれた



その時の差出人の名前は姉になっていて

僕はそのメールが届くのが嬉しかった


47 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/16(月) 23:40:36.00 ID:BIzUiQOt0
姉ちゃんの好意を無駄にしないように

メールの添付ファイルは必ず確認してしっかり復習した

元々理系だった姉ちゃんも勉強に付き合ってくれて

わからないことは補足説明してくれたりした



おかげで成績はとてもよかったし

気づいたら機械オンチでもなくなっていた



48 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/16(月) 23:41:45.03 ID:BIzUiQOt0
そのまま時間は進む


49 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/16(月) 23:42:23.87 ID:BIzUiQOt0
男「……姉ちゃん」

姉「どうしたの?」

男「……誕生日おめでとう」

姉「あっ……覚えててくれたんだ」カァァ

男「忘れるわけがないよ」

姉「……ありがと」


50 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/16(月) 23:42:39.91 ID:R/bxuPKvO
ハッピーエンドで頼む


51 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/16(月) 23:43:04.87 ID:BIzUiQOt0
男「プレゼント何がいいかな……」

姉「んー……特に必要なものとかないんだよね……」

男「どこか行きたいところある?」

姉「それがいい!」

男「じゃあ……スカイツリーでも行こうか」

姉「楽しみ!」


53 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/16(月) 23:45:10.48 ID:BIzUiQOt0
男「イルミネーション……綺麗だね」

姉「もうクリスマスだからね」

男「うん……」

姉「私と一緒にいていいの?」

男「こんな秘密を抱えていまさら他の誰と一緒にいろというのか」

姉「……」カァァ

男「それに今はこうしてるほうが楽しい」


54 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/16(月) 23:46:00.95 ID:BIzUiQOt0
姉「どうしよう……」

男「何が?」

姉「クリスマスにデートスポットでタブレットと会話する弟くん……」

男「別にいいじゃんか」

姉「お姉ちゃん弟くんのことそんな男の子に育てた覚えないわー」

男「いや中学生くらいの頃から毎年結構付き合わされたよね!?」

姉「そうだったっけ」シレッ

男「また一緒にいられて……実は嬉しい」

姉「……そうだね」


55 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/16(月) 23:46:42.28 ID:BIzUiQOt0
そして季節が一周するころ



いろんなことを勉強して知れば知るほど

抱えてた不安が明確なものになり

同時に疑問が入り混じるようになった


56 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/16(月) 23:48:25.24 ID:BIzUiQOt0
僕はいつまで姉ちゃんと一緒にいられるんだろう

ずっと一緒にいられるようにするにはどうすればいいんだろう



タブレットは電子機器で消耗品だ

バッテリー然りメモリー然り

存続させるにはいつか必ずメンテナンスしなければならない日がくる



サポートらしき電話番号に電話をしてみたが使われていなかった

いろいろアプリを使ってみたがそれらしい請求もなく

メーカーはググっても出てこない



他の人に相談するわけにもいかない

つまり誰にも頼れないということだった


57 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/16(月) 23:51:27.31 ID:BIzUiQOt0
だから僕は

自分の将来の夢と進路を決めた

明確な目標を持って行動するのは初めてのことかもしれない



そんな僕の気持ちを察したのか

姉ちゃんはインターネットを検索しては

すごくレベルの高い論文や学説を僕に教えてくれた

中には既存の概念から外れるようなものもあったが

いつ理解したのかわからないけど姉ちゃんは姉ちゃんの言葉で親切に理屈を教えてくれる



僕はそれが嬉しくて夢中になって勉強した


58 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/16(月) 23:52:16.21 ID:BIzUiQOt0
そして

その日は突然やってくる



59 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/16(月) 23:53:00.89 ID:BIzUiQOt0
姉「でね、この論文の公式の解が実はこうじゃなくてね……」

男「うん」

姉「……で……ザザッ」

男「えっ?」

姉「……ザザッ……こう……ってね」ザザッ

男「スピーカー!?」

姉「……くん!?」



60 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/16(月) 23:53:51.99 ID:BIzUiQOt0
僕は音が出なくなったスピーカーの代わりにヘッドホンをした



姉「弟くん……」

男「聞こえてるよ」

姉「……そろそろ壊れちゃうのかなあ」

男「らしくないよ! 大丈夫だよ!」

姉「朝……起こせなくなっちゃったね」

男「ヘッドホンして寝るわ」



61 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/16(月) 23:54:31.04 ID:BIzUiQOt0
姉「でも弟くんの顔はハッキリ見えるんだ」エヘヘ

男「うん……」

姉「写メとかもあったりして」

男「いつの間に……」

姉「ムービーもあるよ?」ホラ

男「やめてえぇぇ」


62 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/16(月) 23:55:41.60 ID:BIzUiQOt0
修理しないといけない

相変わらずサポートには繋がらない

かと言って自分で修理を試みるのも怖い



姉ちゃんを他の端末に移すことはできるのだろうか

そんなことも考えた

だけどやっぱり完全に引越しをするのは不可能なのではないか

いずれにしろ失敗すればとんでもないことになる


63 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/16(月) 23:57:07.34 ID:BIzUiQOt0
男 「量販店来てみたけど……」

男 「やっぱりいるわけないか……」

男 「すみません……このタブレットなんですけど……」

店員「当店では取扱いのない商品ですね……」

男 「いやでもここで買ったんですよ?」

店員「アウトレットかもしれません……少々お待ち下さい」

姉 「あんまり困らせちゃダメだよ?」ヒソヒソ

男 「いや困ってるの僕の方」ヒソヒソ



64 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/16(月) 23:57:35.67 ID:BIzUiQOt0
店員「お待たせしました」

男 「……どうですか?」

店員「店舗保障対象外ですし……わかりませんね……」

男 「そうですか……」

店員「新機種などご覧になられますか?」

男 「いえ……また来ます」



65 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/16(月) 23:58:54.98 ID:BIzUiQOt0
状況は好転しないまま数週間が過ぎた

僕は不安を掻き消すように必死で勉強した

そうすれば何か解決の糸口が見えるかもしれなかったからだ



66 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/17(火) 00:00:38.36 ID:pI+2U8Ob0
それが実を結んだのかどうかはわからない

成績が良く日頃から教授の覚えがよかった僕は新設された研究室への出入りを許可された

もちろん周囲は大学の先輩だけだったし僕のことを快く受け入れてくれたわけではなくて最初は戸惑ったけれど

姉ちゃんから教わったいくつかの理論を自分なりに分析して統合した論文を教授に提出したらそれが何かで発表されて注目を集めることとなり

みんな歓迎してくれるようになった

その理論は数年後の世界で最先端エネルギー工学の基礎理論の根幹を担うことになるのだけど

ハッキリ言って僕にはどうでもよかった


67 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/17(火) 00:01:24.11 ID:pI+2U8Ob0
姉「さすが私の弟くん!」

男「ありがとう……姉ちゃんのおかげ」

姉「あれ……?」

男「どうしたの?」

姉「……?」

男「姉ちゃん?」

姉「音が聞こえないかも」

男「ちょっと……姉ちゃん?」

姉「やっぱり聞こえないわ」ヤレヤレ

男「ヘッドセットなら……」

姉「音声データがあるから声だけならいつでも聞けるけど」アハハ



68 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/17(火) 00:01:59.91 ID:pI+2U8Ob0
男「姉ちゃん……僕……」

姉「大丈夫だよ……私は大丈夫」

男「僕は大丈夫じゃない」

姉「何度も悲しい思いさせてゴメン」

男「謝らないで……なんとかする……なんとか……」

姉「待ってる……」


69 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/17(火) 00:03:27.60 ID:pI+2U8Ob0
男「姉ちゃん」

姉「なあに?」

男「明日……出かけよう」

姉「どこへ?」




まだカメラは大丈夫なはず

僕は

いつか夢の中で見たあの風景を

どうしても姉ちゃんと見たくなった



何故明日にしようと思ったのかはわからない



ひょっとしたら明日には会えなくなるかもしれない

あの時のように



そんな気がしたからかもしれない


70 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/17(火) 00:04:05.87 ID:pI+2U8Ob0
男「覚えてる?」

姉「……?」

男「いつか行った……花畑」

姉「……覚えてる」

男「夢で見たんだ……姉ちゃんと再会してすぐ」

姉「うん……でも」

男「どうしたの?」

姉「ううん……なんでもない」


71 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/17(火) 00:05:09.32 ID:pI+2U8Ob0
姉「今日は弟くんと遠出」フフ

男「咲いてるかな……綺麗なんだろうな……」

姉「……」

男「一緒に見ようね」

姉「うん……」

男「……元気ない?」

姉「そんなことない」フルフル



72 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/17(火) 00:05:41.08 ID:pI+2U8Ob0
男「確かこの駅で……」

姉「そこからバスだよ」

男「よく覚えてるね」

姉「マップで検索してGPS使ってる」フフ

男「ありがとう」


73 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/17(火) 00:06:21.76 ID:pI+2U8Ob0
男「なんか……雰囲気違うな……」キョロキョロ

姉「……」

男「こんなに住宅とか多かったっけ……確かに見覚えあるけど……」

姉「次の角を左に曲がったところ……だよ」

男「うん……」



74 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/17(火) 00:08:10.46 ID:pI+2U8Ob0
その場所にたどり着いて

僕は立ち尽くした



予感はしていたんだ



そこにあの頃の面影はなく

どこまでも冷たいコンクリートと砂の更地

あとは数台の重機があるだけだった


75 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/17(火) 00:08:49.13 ID:pI+2U8Ob0
男「菜の花は……?」

姉「弟くん」

男「一緒に遊んだ丘は……?」

姉「弟くん!」

男「……」



76 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/17(火) 00:09:16.15 ID:pI+2U8Ob0
姉「あの頃のからたくさんの時間が流れたの」

男「……」

姉「変わらないものなんてない……いつか消えていくの」



77 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/17(火) 00:10:30.68 ID:pI+2U8Ob0
姉「だけどね」

姉「形を変えてまた誰かの新しい思い出を作るの」

姉「私もそう」

姉「こうしてまた会えたけどいつかいなくなる……弟くんより先に」



男「……」フルフル



姉「弟くんがあの頃のことを覚えていてくれて嬉しかった」

姉「今日は連れて来てくれてありがとう」



男「姉……ちゃん……」


78 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/17(火) 00:11:12.82 ID:pI+2U8Ob0
姉「泣かないで……」

姉「今の私には……」

姉「……泣いてる弟くんを抱きしめることのできる腕がないの」



男「……っ!!」



姉「だから……もう泣かないで」


79 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/17(火) 00:11:56.53 ID:pI+2U8Ob0
バスで来たそこまでの道のりを僕は歩いて駅まで戻った



辺りはすっかり暗くなってて

風が冷たかった

僕はずっとタブレットを抱きしめていた



姉ちゃんは何も言わなかった



80 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/17(火) 00:12:39.93 ID:pI+2U8Ob0
そしてまた数週間が過ぎた頃

それは起こった


81 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/17(火) 00:13:28.64 ID:pI+2U8Ob0
男「画面が……つかない」

姉「どうしたの……? 弟くん……」

男「姉ちゃんが……見えない」

姉「弟くん……おーい!!」

男「姉ちゃん……」ギュッ

姉「ねえ……どうしたの……?」



82 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/17(火) 00:13:37.10 ID:a0wJYBbBO
ふえぇ


83 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/17(火) 00:14:38.78 ID:pI+2U8Ob0
僕と姉ちゃんを繋げるのはヘッドセットを使った会話とメールだけになった



姉ちゃんからは僕が見えているらしいけど

僕は不安でたまらなかった



毎日決まった時間にメールを送受信したり

会話をすることで

互いの存在を確かめ合う日が続いた


84 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/17(火) 00:15:13.83 ID:pI+2U8Ob0
たぶんもう時間がない

その焦燥は僕を突き動かした

2年生の間に卒業に必要な単位をほぼ全て取得し

自分の研究に没頭した


85 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/17(火) 00:15:53.66 ID:pI+2U8Ob0

教授「やあ……天才少年」

男 「もうハタチ過ぎました」カタカタカタカタ

教授「またここにいるのかい」

男 「使わせてもらってます」カタカタカタカタ

教授「今度は何の論文だい?」

男 「今は言えません」カタカタカタタン

教授「鬼気迫る……とはこういうことを言うんだろうね」

男 「時間がありませんから」カタカタ



86 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/17(火) 00:16:44.75 ID:pI+2U8Ob0
教授「君の研究内容をいくつか見せてもらったよ」

男 「そうですか」カタカタ

教授「率直に言うと……理解に苦しむ」

男 「常識に当てはめたからでしょう」カタカタ

教授「さすがだね」

男 「……」カタカタ

教授「ここから先は聞き流してもらって構わない」

男 「……」カタカタカタカタ

教授「君の研究はひょっとして……『自我のデジタル化』じゃないのかな……感情と思考と……記憶」

男 「……」カタッ!


87 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/17(火) 00:17:35.46 ID:pI+2U8Ob0
教授「やっとこっちを見てくれたね……当たらずとも遠からず……というところかな?」

男 「残念ながら……もっと幼稚でオカルトめいたことですよ」

教授「君の書いた論文や研究内容をたくさんの科学者や企業が見たがっている……医療や福祉……環境……次世代エネルギー開発に量子コンピュータ……分野は様々だ」

男 「興味がありません」

教授「その中にVRの最先端技術を持つ海外の企業あってね……研究用の機材やデバイスを提供してくれることになった……君の考察した理論を元にアーキテクチャを再構築したら格段の進歩を遂げたらしい」

男 「……」



88 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/17(火) 00:18:15.89 ID:pI+2U8Ob0
教授「それを使って何かできないかな? 君にとってはオモチャみたいなものだろうけど」

男 「理屈をこねるのと実際に作るのとは全く違う行為ですから僕にはそれをオモチャとか言う資格はありません」

教授「正論だね」

男 「ひとりじゃ壊れたタブレットひとつ満足に直せませんから」

教授「誰かの力を借りることも時には必要だと思うんだけどね」

男 「条件は何ですか?」

教授「そんなものあるわけないだろう」

男 「どうしてですか」

教授「君にそれだけの価値があるからだ」

男 「僕はただのシスコンですよ」


89 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/17(火) 00:19:29.35 ID:pI+2U8Ob0
教授「初耳だな……まあいいか……君が自分のことを話してくれるなんて珍しいし」

男 「本当にいいんですか」

教授「VRのことかい? 私的なことでも構わないさ」

男 「ありがとう……ございます」

教授「うおおやっと教授らしいことしてあげられるぞマジで」

男 「いきなりざっくばらんになったよ!?」

生徒「さて……ようやく俺らの出番かな?」

生徒「まったく……後輩のくせに水臭い子ね」

男 「ってかなんでみんないるんですか!?」

教授「君もやっと笑ってくれた……それが何より嬉しい」



90 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/17(火) 00:20:22.07 ID:pI+2U8Ob0
教授 「システム一式はその企業から明日届くのだけど」

男  「ずいぶん早いですね」

教授 「あちらの研究員も同行してくれるそうだ……素敵な女性なんだがどうしても君に会いたいらしくてね」

男  「それは光栄ですね」

教授 「当然だけど私たちもプロジェクトに協力させてもらうよ?」

生徒 「どんなVRなのかわからないけど」

生徒 「サポートなら私たちに任せて」

男  「……ガッカリしないで下さいね?」


91 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/17(火) 00:20:56.55 ID:pI+2U8Ob0
機材が運び込まれた

開発にいったいどのくらいの金額がかかったのだろうか



企業のエンジニアの中には見覚えのあるような人もいる

たぶんサイエンス誌か何かに出ていた人だろう



僕たちは準備を進めた



大勢の人たちとワイワイ何かをするのは本当に久しぶりで楽しかった



92 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/17(火) 00:21:44.09 ID:pI+2U8Ob0
着々と準備は進み



男「姉ちゃん!」

姉「弟くん!」

男「明日会える」

姉「えっ?」

男「僕がそっちに行くね」

姉「よくわからないけどワクワクする」ドキドキ

男「じゃ……明日」

姉「約束ね?」

男「うん……おやすみ」

姉「おやすみ」


93 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/17(火) 00:24:00.13 ID:pI+2U8Ob0
当日



VRシステムルームに入って全身にデバイスを装着する

まるでアニメに出てくるパワードスーツのようなそれはいかにも仰々しくて自身が試作品であることを強調しているようだった



タブレットからの情報はスパコンへと抽出され補完される

スパコン内には僕の身体データが構築されていて

現実の身体の動きがVRデバイスを通して仮想現実の身体に反映される

仮想現実の僕の身体は現実の僕に本当にそっくりでイケメンだった



94 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/17(火) 00:25:25.11 ID:pI+2U8Ob0
教授 「自分で言うな」

研究員「台無し」

生徒 「少しは自重しろ」



95 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/17(火) 00:25:57.68 ID:pI+2U8Ob0
また仮想現実上の環境が作り出す刺激はVRシステムとデバイスを介して僕の現実の身体に影響を与える

擬似神経接続を応用したおかげで従来のものとは精度が違うらしい



視覚情報はすべてVRHMDから直接網膜に投射され音声は全方位サラウンドだ



リアルタイムで発生するそれらすべての事がスパコンによって並列処理されることによってほぼ完全な仮想現実が成立するというわけだ




96 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/17(火) 00:26:35.58 ID:pI+2U8Ob0
しかしあくまでもぶっつけの臨床試験だ

何かトラブルが発生した場合には被験者である僕に対して悪影響がないとは言い切れない

むしろリスクの方が高いだろう



だけど僕には関係ない

なにしろ現実には存在しないはずの人に会いに行くのだから



それを望んだのは僕なんだ


97 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/17(火) 00:27:08.00 ID:pI+2U8Ob0
教授「いいかい? 相当高度なVRシステムの上に検証結果もほとんどない」

男 「はい」

教授「大抵の人間は立っていることすらままならないのだそうだ」

男 「そうらしいですね」

教授「異常を感じたらすぐにオフにするからね?」

男 「乗り物酔いはしたことないですから……」

教授「そういうレベルの話なのコレ!?」エェェ!?


98 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/17(火) 00:27:51.43 ID:pI+2U8Ob0
生徒「制御システム……オンライン」

生徒「電圧異常なし」

生徒「血圧・心拍数ともに問題なし」

生徒「擬似ニューロリンク開始……状況判断AI正常……脳波検知レベル正常……VRデバイスオールグリーン」

生徒「……行けます!!」

男 「いってきまーすアハハ」

教授「君だけ緊張感ないね!?」


99 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/17(火) 00:28:20.55 ID:pI+2U8Ob0
緊張感ならある

不安だってある

でも高揚感のほうがそれを上回っていたんだ




100 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/17(火) 00:30:07.39 ID:pI+2U8Ob0
研究員「カウントダウン開始」

生徒 「3……2……1……」

教授 「……」ゴクリ

研究員「起動!!」カチッ!



男  「ぐわああああ!?!?!?」ガハアッ!!



研究員「えっ!?」

教授 「男くん!!」

学生 「大丈夫なのかコレ!?」



男  「なーんちゃって」エヘヘ



全員 「「「っざけんな」」」ブフッ



101 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/17(火) 00:31:26.90 ID:pI+2U8Ob0
些細な冗談だったが

これでオペレータ側で何か異常が検知されたとしても

僕が我慢さえすれば実験は止まらない……はずだ

きっと姉ちゃんに会える


102 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/17(火) 00:32:21.94 ID:pI+2U8Ob0
真っ暗だった



宙に浮いているような感覚が全身を包む

なるほどと思う

これでは上も下もわからない

これは立っていられない



落ち着け

ここはVRシステムルームだ

僕はその床に両足で立っているはずだ



地面の感覚を想像して重心を足下へと落とす

すると地面がそこに現れた


103 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/17(火) 00:33:11.32 ID:pI+2U8Ob0
おそるおそる身体を見るとそこにデバイスはなく自分の手足がある

僕は手のひらを見て指を動かした

タイムラグもなく現実のそれと変わらないように動く



身体に触れると感覚もある



そして僕が見ているのは虚空

これが仮想現実の世界なのかと思う


104 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/17(火) 00:34:09.73 ID:pI+2U8Ob0
こんな……

こんな真っ暗で何もない空間が

姉ちゃんの住んでいる世界……




男「……姉ちゃん!!」



僕は声の限り叫んだ

その声は波形データに変換され送信されるはずだ



男「……届いてくれ」



科学の実験の最中だと理解していたが

僕は祈った


105 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/17(火) 00:34:50.30 ID:pI+2U8Ob0
どれくらいそうしていたのだろうか

長いと思っていたのは自分だけで

ひょっとしたら僅かな時間だったのかもしれない



106 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/17(火) 00:36:04.34 ID:pI+2U8Ob0
何もなかった空間に変化が訪れた

たくさんの光の粒が天空に散らばる星々のように煌めいて

やがて集まって形を作った


107 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/17(火) 00:37:04.82 ID:pI+2U8Ob0
それは映像だった



育った家のリビング

そこにいるのは幼い頃の僕

楽しそうに笑っていた

その後ろにいるのは父さんと母さんだろうか



それが写真やビデオだとしたら

その映像の中の僕はカメラのレンズをまっすぐ見ているんだろう


108 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/17(火) 00:37:38.14 ID:pI+2U8Ob0
今度は流星が集まって

別の映像を作った



姉ちゃんの部屋で

怒っている僕だった



そうだ

大切にしていたマスコットをとられて怒ったんだ


109 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/17(火) 00:40:05.21 ID:pI+2U8Ob0
次の映像は映画館のスクリーン

タブレットのデモ動画で流れていた映画だった

ふたりで観に行った時

僕は泣きそうになって恥ずかしくて姉ちゃんに見られないようにうつむいていた


110 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/17(火) 00:40:57.61 ID:pI+2U8Ob0
そんな映像や画像がひとつ

またひとつと現れてどんどん増えていって

暗闇の中に道を作った



それは思い出の回廊だった



姉ちゃんの記憶によって紡がれる螺旋の通路を誘われるように僕は進んでいく


111 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/17(火) 00:41:46.86 ID:pI+2U8Ob0
最後の映像は殺風景な病室

ちょっと大人になったのに泣いている僕

その頭を撫でる白くて細い手が映り

ほどなくして画面がぼやけ始めたかと思うとその映像はブラックアウトした



僕はまた暗闇にとり残された


112 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/17(火) 00:43:04.49 ID:pI+2U8Ob0
「……弟くん」



不意に自分のことを呼ぶ声が空間に木霊した

間違えるはずもない聞きなれた声

待ち望んでいたことに鼓動が高鳴る

僕は最初に声のした方向に顔を向けた



その何もない空間に明かりが灯ったかと思うと

それはみるみるうちに膨れ上がり

まばゆい輝きを放ち空間を包み込んだ


113 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/17(火) 00:43:32.48 ID:pI+2U8Ob0
男「……っ!!」



思わず目を閉じたけれど

その状態でも真っ白で眩しい

何が起こったのかわからない


114 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/17(火) 00:53:10.67 ID:pI+2U8Ob0
「……ゆっくり瞳をあけて?」



少し戸惑いながら

穏やかに響き渡る声のままに目を開ける

真っ白だった景色がだんだんと形をとり始め

僕は息をのんだ



きっと

これからもずっと

目の前に広がった光景を一生忘れることがないだろう


115 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/17(火) 00:53:54.56 ID:pI+2U8Ob0
やわらかな陽射し

突き抜けるように高く青い空

ゆっくりと流れる雲

そしていちめんに咲き誇り

風に揺れるたくさんの菜の花



もう見ることのできなくなったあの風景がそこにあった



116 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/17(火) 00:54:43.17 ID:pI+2U8Ob0
鮮やかな黄色に染まった野原をゆっくりと歩き出す

踏みしめる土のやわらかい感触

小鳥のさえずりが聞こえ

ひらひらと蝶が舞う



一歩足を踏み出すたびに心臓が高鳴る



もうすぐそこだ

手を伸ばせば届く



立ち止まって深呼吸してから

僕は丘の上を見上げた


117 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/17(火) 00:55:35.05 ID:pI+2U8Ob0
綺麗だった



陽光にキラキラと輝きながらストレートの長い黒髪が春風にふわりと揺れる

透き通るような白い肌

細い手足



姉ちゃんは

小さな顔に微笑みを浮かべて

潤んだ瞳で僕をまっすぐ見つめ

その場所に立っていた


118 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/17(火) 00:56:24.73 ID:pI+2U8Ob0
姉「……弟くん」

男「来たよ……僕はここまで来た」

姉「また……こうして会うことができるなんてね」

男「約束……守ったよ……」

姉「ふふ……嬉しい」



姉ちゃんが僕の頬に指を近づける

僕はそっと目を閉じその瞬間を待つ

最初に感じたのはしなやかな指の触れる感覚

そして手のひらが頬をやさしく包み込む


119 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/17(火) 00:56:55.96 ID:pI+2U8Ob0
姉「懐かしい……」

男「ちょ……くすぐったい」

姉「ずっと……ずっとこうして触れたかった」

男「……うん」

姉「弟くん……」

男「なに?」

姉「これで弟くんにちゃんとお別れが言える」



120 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/17(火) 00:57:25.13 ID:pI+2U8Ob0
男「聞きたくない……僕もずっとここにいたい」

姉「私はもうすぐいなくなるよ?」

男「どうして!」

姉「弟くんがこれからどうするのか……どうやって生きていくのか見守っていたいから」



121 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/17(火) 00:57:59.83 ID:pI+2U8Ob0
姉「私のためにいろんなことを頑張ってくれた弟くんは」

姉「たくさんのことを覚えて」

姉「たくさんの人の夢を叶えて」

姉「あっちの世界にとって必要な人になった」

姉「それがとても嬉しいの」

姉「これからもそんな弟くんを見ていたい」

姉「この世界のどこかで」ニコ



122 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/17(火) 00:58:29.92 ID:pI+2U8Ob0
男「僕はもう……ひとりには戻りたくない」

姉「弟くんの周りには素敵な理解者がたくさんいるよ?」

男「……知ってる」

姉「きっとみんな弟くんのことを見てくれてる」

男「……うん」

姉「だからもう弟くんは大丈夫」


123 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/17(火) 00:58:57.59 ID:pI+2U8Ob0
姉「最後にもう一度だけ弟くんに触れたい」

男「最後なんて言わないでよ……」

姉「ふふっ……」ギュッ

男「いつか……また……」

姉「……ん?」

男「いつかまた会いにくるよ」

姉「うん……約束ね……」ザザッ



姉ちゃんの身体が光に包まれていく

同時にノイズが走る


124 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/17(火) 00:59:40.45 ID:pI+2U8Ob0
男「姉ちゃん……」

姉「私は……私はずっと……」ザザッ

男「……うん」

姉「そばに……いるから……」ザザッ

男「うん……」

姉「だから……もう泣かないで」ギュウ



姉ちゃんが僕を強く抱きしめる

僕も姉ちゃんのことを思いっきり抱きしめた

だけど身体に伝わってくるその感覚が次第に途切れ途切れになっていく



125 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/17(火) 01:00:14.32 ID:pI+2U8Ob0
僕は姉ちゃんの瞳を見つめた

全身から溢れる光の粒子が

静かに拡散していく

それはまるで涙のよう


126 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/17(火) 01:03:45.08 ID:pI+2U8Ob0
姉「弟くん……ありがとう」ザザッ

姉「愛してくれて………」ザザザッ

姉「私も……大好き」



最後の微笑み

最後の言葉

それと同時に

姉ちゃんはたくさんの小さな光の粒となって僕を包み込んだ



127 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/17(火) 01:04:16.15 ID:pI+2U8Ob0
風が吹いて

姉ちゃんのかけらは一斉に空へと舞い上がり

まるで粉雪のように

菜の花畑に降り注いで

やがて消えていった



僕はすべてを見届けた後で

静かに瞳を閉じた



128 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/17(火) 01:04:49.18 ID:pI+2U8Ob0
実験のデータはかつてないほど精巧で膨大だった

基礎データのスパコンへの送信時に莫大な負荷がかかり

先に送信元のタブレットのほうがハングアップしたのだろう



企業の研究員の女性は長時間のデータを取得できたことがよっぽど嬉しかったのか

綺麗な瞳に涙を浮かべながらそう言った


129 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/17(火) 01:05:16.25 ID:pI+2U8Ob0
姉ちゃんのタブレットは再び起動することはなかった

試しにメールも送ってみたが返信はなかった



僕は僕自身のわがままを聞いてくれた教授に

そして手伝ってくれた人たちに感謝の気持ちを伝え

今回の試みの実行に至るまでの経緯を説明した



全部モニタリングされていたのだから今更隠しても仕方がない



130 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/17(火) 01:05:58.59 ID:pI+2U8Ob0
もちろん僕の生い立ちや

姉ちゃんの生涯

タブレットの中に姉ちゃんがいたことも全部

タブレットがどんどん壊れていって

どうすることもできなくてとても辛かったことも

それがきっかけだったことも



最初はドン引きしてた人も僕の話を真剣に聞いてくれるようになった



131 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/17(火) 01:06:26.85 ID:pI+2U8Ob0
いくつかの謎や疑問は残る



タブレットは誰が作ったのか

どうしてそのタブレットに姉ちゃんの人格が入っていたのか

それは人の意識がデジタル化したものだったのか

あるいは魂そのものではなかったのか……とか色々



132 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/17(火) 01:07:10.78 ID:pI+2U8Ob0
でも教授も研究室のみんなも企業の研究員もみんな口を揃えて



「今はそんなことはどうでもいい」

「どうせ君が解明するんだろう?」



笑いながらそう言って



例えVRの世界であれ

僕が姉に再会し

心を通わせ触れ合うことができたことを



「頑張ったね」



と言って褒めてくれた

だからもう泣くなと



そのことが嬉しかった

とっても嬉しかったんだ


133 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/17(火) 01:08:03.80 ID:pI+2U8Ob0
その時の記録映像はカメラワーク等も含め再編集されてVR企業のPRに使用され

情報工学のみならず宇宙科学やロボット工学

はたまた映画業界などジャンルも関係なくたくさんの人々の知るところなり

そのときのモデルは誰だったのかとかシスコンだとか世間で話題になったりしたのだが

そんなことはやっぱりどうでもよくて



また研究に没頭した


134 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/17(火) 01:08:35.38 ID:pI+2U8Ob0
現在ではいろんな分野の仲間が大勢いる

隣にはもちろん姉ちゃんのいたタブレット

もう動かないけれどそれは僕のいちばん大切なもの



135 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/17(火) 01:09:15.53 ID:pI+2U8Ob0
それから数年の月日が流れ

教授や研究室のみんなが頑張って築き上げた理論が元になって

量子コンピュータが一般的になったり

エネルギー問題など世界共通の懸案事項だった事象のいくつかが解決に向かう頃



僕はおそらく自分にとって最後になるであろう実験を試みた





「この世界のどこかで」



そうだ

僕には確信がある


136 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/17(火) 01:10:01.41 ID:pI+2U8Ob0
教授 「本当にやるのか?」

男  「あとのことはお願いします……教授」

教授 「これは何だい?」

男  「今後の発展に必要だと思われる理論を自分なりにまとめました……よろしければ使って下さい」

研究員「……戻らないつもり?」

男  「気が向いたら戻ってきます……メールも送りますよ」

教授 「……幸運を」

男  「僕はツイてるらしいですよ?」

教授 「相変わらずだな君は」ハハッ

研究員「科学者の会話とは思えないわね」アハハ



137 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/17(火) 01:10:31.61 ID:pI+2U8Ob0
研究員「カウントダウン開始」

生徒 「3……2……1……」

教授 「……」ゴクリ

研究員「転送!!」カチッ!



男  「うおおおおお!!」バリバリバリバリ!



教授 「……やったか!?」ドキドキ

研究員「この場面で使う言葉ですか!?」


138 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/17(火) 01:11:01.48 ID:pI+2U8Ob0
生徒「……通信来ました!!」

教授「早くね!?」エェェ!?

生徒「モニター出ます!」



男 「いってきまーすアハハ」ザザプツッ



全員「」ポカーン


139 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/17(火) 01:12:01.32 ID:pI+2U8Ob0
生徒 「生命維持装置正常……冷凍睡眠シークエンス開始……って本当に精神だけ向こうに行っちゃいましたね……」

研究員「マジでバカですよね……わたしみたいなイイ女に目もくれないなんて」

教授 「なんかすっごく楽しそうだったな……」

研究員「まあ戻って来るのを」フフッ

教授 「気長に待つとしようか」アハハッ


140 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/17(火) 01:12:41.53 ID:pI+2U8Ob0
またいつか会いに行く





男「……やっと辿り着いた」





大きな青空と白い雲





姉「弟……くん……?」





頬を撫でるやさしい風に





男「会いたかった……ずっと……」





たくさんの菜の花が微笑む





姉「……私もだよ」…ギュッ





……約束の場所へ


141 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/17(火) 01:13:08.85 ID:pI+2U8Ob0
おわり!!


142 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/17(火) 01:13:33.05 ID:YVxEedvoO
おつ!


143 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/17(火) 01:13:39.11 ID:xmW4aGz60
乙ッ


144 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/17(火) 01:13:40.17 ID:ds4YTTlZO
泣いた!!


145 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/17(火) 01:17:35.55 ID:tENFrGgWo
感動した


146 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/17(火) 01:18:58.37 ID:cO33Dyf5O
雰囲気がすごくすき



147 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/17(火) 01:19:25.50 ID:bNb5yTwo0
おつ!感動した!
天国ってデシタルの中にあったんだな


148 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga sage]:2015/03/17(火) 01:21:20.48 ID:pI+2U8Ob0
みなさんありがとうございます!!
初めてスレ立てました!!
最後まで読んでもらえて本当にうれしいです!!

本当にありがとうございました!!


転載元

姉「タブレットになった

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1426514096/







関連記事
2015/03/17 01:58 | CM(0) | 創作・男女系 SS
    コメント一覧
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

インバリアントへようこそ
インバリアント -SSまとめサイト-
管理人:こばりあんと



一言:wow fantastic baby...

  • About
  • 記事一覧
  • Twitter
  • まとめ依頼
  • ランダム SS
カテゴリ
アーカイブス

2017年 08月 (120)
2017年 07月 (180)
2017年 06月 (139)
2017年 05月 (311)
2017年 04月 (157)
2016年 02月 (1)
2015年 12月 (1)
2015年 05月 (261)
2015年 04月 (295)
2015年 03月 (305)
2015年 02月 (259)
2015年 01月 (283)
2014年 12月 (275)
2014年 11月 (287)
2014年 10月 (285)
2014年 09月 (262)
2014年 08月 (264)
2014年 07月 (262)
2014年 06月 (223)
2014年 05月 (218)
2014年 04月 (209)
2014年 03月 (185)
2014年 02月 (172)
2014年 01月 (191)
2013年 12月 (184)
2013年 11月 (183)
2013年 10月 (180)
2013年 09月 (153)
2013年 08月 (141)
2013年 07月 (154)
2013年 06月 (146)
2013年 05月 (152)
2013年 04月 (148)
2013年 03月 (130)
2013年 02月 (111)
2013年 01月 (123)
2012年 12月 (127)
2012年 11月 (120)
2012年 10月 (127)
2012年 09月 (117)
2012年 08月 (120)
2012年 07月 (122)
2012年 06月 (116)
2012年 05月 (122)
2012年 04月 (121)
2012年 03月 (123)
2012年 02月 (116)
2012年 01月 (122)
2011年 12月 (118)
2011年 11月 (113)
2011年 10月 (119)
2011年 09月 (110)
2011年 08月 (118)
2011年 07月 (118)
2011年 06月 (118)
2011年 05月 (123)
2011年 04月 (124)
2011年 03月 (117)
2011年 02月 (95)
2011年 01月 (109)
2010年 12月 (119)
2010年 11月 (110)
2010年 10月 (120)
2010年 09月 (74)
2010年 08月 (87)
2010年 07月 (113)
2010年 06月 (72)
2010年 05月 (67)
2010年 04月 (3)

SS検索
Ads
最新記事
Ads2
人気SSランキング