HEADLINE

男「能力者ばかりの学園で無能力者のボクはいじめられる」

2015/03/24 16:00 | CM(5) | 創作・男女系 SS
1 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2015/03/24(火) 00:15:19.79 ID:OfpocTOL0.net
私立エリート学園──

この学園の生徒は、将来を約束された優秀な者ばかりである。

そしてなにより特筆すべきは、生徒たちはみな“能力者”なのである。



しかし、そんな学園にあって、一人だけ“無能力者”が存在した。

“能力者”にとって、“無能力者”はカスでありゴミでありクズである。



イジメの対象となるのは、まさに必然であった──



3 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2015/03/24(火) 00:20:05.01 ID:OfpocTOL0.net
─ 教室 ─

男「…………」

男(ハァ……)

男(この学校では入学後すぐ、“能力者”としての“数値”──)

男(通称“EP(エリートポイント)”を検査される)

男(そして……能力がしょぼかったり、“EP”が少ない者は地位が低くなる)

男(だけど、ボクの場合はしょぼいとか少ないとかそういうレベルじゃなく……)

男(ゼロだった)

男(今日もボクはいじめられるんだろうなぁ)



【 男 】  EP:0  能力:無し


4 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2015/03/24(火) 00:23:08.68 ID:OfpocTOL0.net
ザッ……

生徒A「よう、お前まだ不登校になってなかったのかよ」

【 生徒A 】 EP:850 能力:念動力

生徒B「無能力者に居場所なんかないってこと、分かってないのかな?」

【 生徒B 】 EP:780 能力:瞬間移動

生徒C「分かってないんでしょうね。アタマが悪そうですから、この人」

【 生徒C 】 EP:1050 能力:読心

女生徒「恥かきたくなかったら、とっとと帰りなさいよ」

【 女生徒 】 EP:880 能力:回復



男「ううっ……!」


5 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2015/03/24(火) 00:26:17.03 ID:OfpocTOL0.net
生徒A「たとえばさ、お前にこんなことできるか?」クイッ

パリィンッ!

生徒A「へへっ、どうだ! あんな遠くにある花瓶ですら割れるんだぜ!」

生徒B「さすが、念動力の使い手! すばらしいね」

生徒C「おみごとです!」

女生徒「こいつにこんなことできるわけないじゃない。だって無能力者なんだしさ」

生徒A「ハハッ、そりゃそうだな!」



男(くっ……くそっ! だけど、ボクだっていつまでもいじめられてはいないぞ!)

男(たまには反撃してやる……! 負けるとは分かっていても!)


6 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2015/03/24(火) 00:29:08.49 ID:OfpocTOL0.net
男「で、できるさ!」

生徒A「なんだと!?」

男「ボクは……そうだな」

男「あっちにあるもっと大きいツボを割ってやる!」

生徒A(あんなの、今のオレのEPじゃ到底割れねえ!)

生徒A「ハッタリいうな! できるわけねーだろ!」

生徒B「そうさ、強がりはよすんだな」

男「……見てろよ!」


8 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2015/03/24(火) 00:32:41.31 ID:OfpocTOL0.net
男(ここから机を拳で叩いて……)

男(うまく、あのツボまで衝撃を伝導させられれば──)

男「だあっ!」ドンッ

バリィンッ!

生徒A「な、なんだとォ……!?」

男(やった! うまくいった!)

男「(ホントはイカサマしただけだけど──)どうだ、ボクの勝ちだ!」

生徒A「う、ぐぐぐ……!」

生徒B「だったら……オレと勝負しろ! 校庭に出ろ!」

男「分かったよ! やってやる!」

男(こうなったら、やれるとこまでやるしかない!)


11 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2015/03/24(火) 00:37:13.21 ID:OfpocTOL0.net
─ 校庭 ─

生徒B「100メートル走で勝負しよう」

生徒B「ここからスタートして、先にあのゴールに着いた方が勝ちだ!」

男「分かったよ」

生徒B(オレの能力は“瞬間移動”──)

生徒B(まだEPは低く、100メートルまでしか移動できないけれど)

生徒B(逆にいえば100メートルまでのスピード勝負なら絶対負けないってことだ!)

生徒B(無能力者め……格の違いを思い知らせてやる!)

生徒C「では……私がスタートの合図をしましょう」

生徒C「位置について……ヨーイ、ドン!」

生徒B(ゴールまで移動!)ピシュンッ


12 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2015/03/24(火) 00:40:11.19 ID:OfpocTOL0.net
パッ!

生徒B「ふん、らくしょ──」

生徒B「!?」

男「ふぅ……」

生徒B(今……明らかにオレより早くたどり着いていた!)

生徒B「お前、いったいなにしやがったんだ!?」

生徒B「なんで、瞬間移動の使い手であるオレより先にゴールしてんだよ!?」

男(タネを明かしちゃうと──)

男(100メートルを0.0001秒で走っただけなんだよね、これが)

男(瞬間移動でもなんでもない……ただのイカサマさ)


13 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2015/03/24(火) 00:42:28.67 ID:njKoU3ifa.net
ドゥヤアアアアアアアアアアアア


14 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2015/03/24(火) 00:43:43.91 ID:OfpocTOL0.net
生徒B「ちくしょう、オレの負けだ……!」

男(よかった……イカサマがバレずに済んだ……)ホッ…

生徒C「このままでは終わらせませんよ! 次の相手はこの私です!」

生徒C「あなたの考えてることを読んであげましょう!」

男(ま、まずいっ!)

生徒C「…………」キッ

生徒C「…………?」

生徒C「なぜだ!? なぜ読めない!? 能力が無効化されているのですか!?」

男(いや……心を無にしただけさ。ボクはしょせん無能力者だからね)

男「じゃあ、ボクが君の考えてることを当ててあげよう!」

生徒C「なにっ!?」

男「なんで心を読めなかったんだ!? ──だろ?」

生徒C「ぐわぁぁぁぁぁっ!」


15 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2015/03/24(火) 00:46:31.51 ID:OfpocTOL0.net
─ 保健室 ─

女生徒「だったら次は私が相手よ!」

女生徒「この学園の保健室の設備はそこらの大学病院以上だから」

女生徒「重病人や重傷者が運ばれてくることだってある!」

女生徒「その人たちをどちらが早く回復できるか、勝負よ!」

男「いいとも!」

男(むかし、ツボ押しマッサージを習ったことがあるけど……)

男(それをやってみるしかないな……)


16 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2015/03/24(火) 00:48:18.61 ID:WvvB2ykq0.net
もう衝撃を伝導する能力取得済みじゃん


17 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2015/03/24(火) 00:49:13.93 ID:OfpocTOL0.net
女生徒「回復(ヒーリング)!」パァァ…

患者A「おお、ありがとう……。すっかり痛みがなくなったよ」

女生徒「どう? 骨折をもあっという間に治す私の能力!」クルッ



患者B「切断した足がくっつきました」

患者C「ガンが治りました」

患者D「植物状態から回復しました」



女生徒「な、なんですってぇ!?」

女生徒「あんた、なにしたのよ!? 無能力者のくせに!」

男「さぁてね」

男(ちょっとツボを刺激しただけ……なんていったらイカサマ扱いされちゃうよなぁ)


18 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2015/03/24(火) 00:52:11.01 ID:OfpocTOL0.net
男(とにかく……押し通すしかない!)

男「これで分かっただろう!?」

男「ボクだって、やればできるんだ!」



生徒A「くっ……! くそぉ……!」

生徒B「EPゼロの無能力者なんかに、オレたちが負けるなんて……!」

生徒C「こんなこと、信じられません!」

女生徒「お、覚えてらっしゃい!」



男(やった……! 無能力者の意地、見せてやったぞ!)


20 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2015/03/24(火) 00:56:28.18 ID:Xg8rq/mU0.net
もうこれはエスパーキヨタに教えを乞うしかないな


21 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2015/03/24(火) 00:57:43.06 ID:OfpocTOL0.net
しかし、この勝利はさらなる強敵を呼び寄せてしまうことになる。



不良「なんでもよォ、無能力者が調子こいてるらしいじゃねえか」

【 不良 】 EP:4200 能力:炎

女委員長「わたくしたちで“矯正”せねばなりませんね。風紀を乱す者は許せません」

【 女委員長 】 EP:3900 能力:水

科学部部長「ヒヒヒ……ワタシが感電させちゃうよ……?」

【 科学部部長 】 EP:5050 能力:雷

スポーツマン「よぉし! 無能力者に真の能力者から鉄槌を下してやろうじゃないか!」

【 スポーツマン 】 EP:4000 能力:風



学園の『四天王』が動き出したのである。


22 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2015/03/24(火) 01:01:39.62 ID:OfpocTOL0.net
─ 教室 ─

男(あの四人を撃退してからというもの、みんなからのイジメがなくなった……)

男(このまま大人しくしてれば、卒業までやり過ごすことができそうだ)



ガラッ!

不良「よぉう」ジロ…

男「うっ!」ビクッ

不良「テメェが近頃チョーシぶっこいてる、EPゼロの無能力者ってやつか」

不良「ちょいとツラ貸してもらおうか」メラメラ…

男(くっ、見逃してもらえそうには……ないな。行くしかない!)



生徒A「あれって、四天王の不良さんじゃねえか!」

生徒B「終わったな……。さすがにアイツに同情したくなるよ」


23 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2015/03/24(火) 01:04:14.46 ID:OfpocTOL0.net
─ 校舎裏 ─

男「あなたたちは『四天王』ですよね? ボクになにかご用ですか?」

不良「おいおいおい、しらばっくれんなよ。分かってんだろ?」

女委員長「わたくしたちは、あなたの存在は危険だと判断いたしました」

科学部部長「無能力者にのさばられると、ワレワレ能力者の立場がないんだよねぇ……?」

スポーツマン「正々堂々とスポーツマンシップに乗っ取って、鉄槌を下させてもらうよ!」

男「くっ……!」

男(いくらなんでも『四天王』に勝てるわけがないけど──)

男「いいだろう! 無能力者の意地を見せてやる!」


24 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2015/03/24(火) 01:07:32.00 ID:OfpocTOL0.net
不良「さぁて、まずはオレからいくぜ? いっちゃうぜ?」メラメラ…

不良「オレ様の炎を受けてみやがれぇっ!」ゴォォォォッ

男「ボクだって炎くらい出せる!」

不良「なにっ!?」

男(手と手をこすり合わせて、摩擦熱で──)ゴシゴシゴシゴシゴシ…

男「…………」ゴシゴシゴシゴシゴシ…

ボワァァァッ!

不良「バカな! コイツも炎を出せるってのかァ!?」

不良「しかも、熱量も大きさもオレより遥かに上──」

ボォォォォォッ!

不良「あ……つ……い……」プスプス… ドサッ

男「や、やった……!」

科学部部長「ふうん……不良クンをあっさり退けるとはね」


25 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2015/03/24(火) 01:10:05.90 ID:OfpocTOL0.net
科学部部長「なら、四天王最高のEPを誇るワタシが相手してあげよう」

科学部部長「100億ボルトの電圧に、シビれてみるかァ~い?」

科学部部長「超・落・雷!!!」

バリバリッ!

男(よし! 根性でどうにか耐え抜いた!)

科学部部長「なにィ!?」

男「ボクだって……電気ぐらい出せる!」

男(制服をこすりまくれば、静電気が発生するはず!)ゴシゴシゴシゴシゴシ…

男「…………」バチバチバチバチ…

科学部部長「な、なんだァ……? このかつてないエレクトリック感……!」

男「静・電・気!!!」

バリバリバリィッ!

科学部部長「うぐおおおおっ!? ワタシが感電するなんてええええ!」


26 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2015/03/24(火) 01:15:36.61 ID:OfpocTOL0.net
スポーツマン「やるね! しかし、もう力は残っていないと見たよ!」

スポーツマン「台風以上の風に巻き込まれ、アメリカまで飛んでいくがいい!」

ビュゴォォォォォォッ!

男(うわっ!)

男(ホコリが大量に鼻に入って──)ムズムズ…

男「ハ、ハ、ハックション!」

ビュオッ!!!

スポーツマン「うそぉぉぉぉぉ!? ボク以上の風使いィィィィィ!?」

男「あらら……くしゃみしたら鼻が出てきちゃった」タラー…


27 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2015/03/24(火) 01:18:19.76 ID:OfpocTOL0.net
女委員長「やはり、あなたは危険な存在のようです」

女委員長「わたくしの水で存在そのものを洗い流し──」ジャブジャブ…

男「あっ、これはまずいぞ!」タラー…

男「鼻水が……止まらない!」ドバババババババ…

女委員長「いやぁぁぁぁぁぁっ! 流されるぅぅぅぅぅ!」

女委員長「いいやぁぁぁぁぁっ!」

ドババババババババババ……!



男「あ~、スッキリした」

男(スポーツマンな人と風紀委員長は、ボクが風邪をひいてると思って)

男(戦わないで帰ってくれたのかな)

男(助かったぁ……)ホッ…


29 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2015/03/24(火) 01:22:51.44 ID:OfpocTOL0.net
学園の『四天王』が、よりにもよって“無能力者”に敗北してしまったという事実。



この衝撃的なニュースは、瞬く間に学校中に行き渡った。

『四天王』を倒すほどの生徒をいじめる道理などあるはずがない。

これでようやく、男のスクールライフは安泰であるかのように見えた。





しかし──ついに最強の生徒たちが動き出してしまうのである。


30 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2015/03/24(火) 01:27:16.26 ID:OfpocTOL0.net
─ 会議室 ─

学園最強の三名──教師でも頭が上がらない、通称『三頭』がそろい踏みする。

生徒会長「諸君……よくぞ集結してくれた」

生徒会長「今、この学園の秩序が乱されつつある」

生徒会長「あの“無能力者”によってな」

生徒会長「ゆえに……なんとしても彼を排除せねばならない」

番長「会長殿のおっしゃるとおりだ」

番長「我が舎弟である不良もヤツにやられた。よもや生かしてはおけぬ」

アイドル「能力ないのに調子に乗るなんて、許せないよねっ☆」

アイドル「そーゆーやつは、あ、た、し、が、消しちゃう☆」



学園最高権力者、生徒会長──

学園のアウトローを統べる、番長──

学園人気ナンバーワン、アイドル──

無能力者のはかない抵抗は、彼らを本気にさせてしまったのである。


31 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2015/03/24(火) 01:30:36.20 ID:OfpocTOL0.net
─ 教室 ─

男(『四天王』の人たちに、勝ちを譲ってもらったし……)

男(これでもう、ボクがいじめられることもなくなっ──)



ズンッ!!!



男「!」



生徒A「あ、あの人は……! あのお方は……!」

生徒B「『三頭』の一人、番長さんだ!」

生徒C「能力を発動させていない状態でも、とてつもない迫力です!」

女生徒「まさか、『三頭』が動きだしちゃうなんて……!」


33 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2015/03/24(火) 01:36:39.68 ID:OfpocTOL0.net
番長「キサマか……」

番長「“無能力者”にも関わらず、“能力者”を次々打ち倒しているというのは……」

男「打ち倒してるってわけじゃ……(イカサマして勝ってるだけだし)」

番長「なんでもいい」

番長「『四天王』までもがキサマに敗れたのは紛れもない事実なのだからな!」

番長「さっそく、我の“能力”を見せてやろう!」

番長「ぬぅおおおおおおおお!!!」ミキミキメキメキ…



【 番長 】 EP:78000 能力:最強肉体



番長「最高のパワー、スピード、柔軟性、硬度を兼ね備えた我が最強肉体!」ジャキーン

番長「いかなチンケな能力も、全て我の前にはひれ伏してきた!」

番長「さぁ、我が能力の前に砕け散れいッ!」ブオンッ


34 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2015/03/24(火) 01:42:14.52 ID:OfpocTOL0.net
男(純粋なパワー勝負か、望むところ!)ブオンッ

メキィッ!!!

番長「なあにいい!?」ピシピシ…

番長「我が肉体が……砕けたァ!?」ピシピシ…

番長「地球上の全核ミサイルを撃ち込まれても、ビクともしない我が肉体がッ!」

番長「我が最強の肉体がァ~~~~~~ッ!」

男「こっちだって、筋トレをがんばってやってるんだ!」

男「無能力者の意地、思い知ったか!」

番長「ぐぐぅ……!」ガクッ…



生徒A「国家規模の軍隊ですらたやすく壊滅させる、番長さんがあっさりと!」

生徒B「アイツ、あんなに強かったのかよ……!」


35 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2015/03/24(火) 01:46:19.08 ID:OfpocTOL0.net
アイドル「やるぅ~☆ だったら次は、あたしが、お、あ、い、て☆」



ワー……! ワー……! キャー……! キャー……!



アイドル「一瞬で消してあげちゃうっ☆」

男(アイドルちゃん、とっても可愛いなぁ~)

男(なんたって学園のアイドルにして、国民的アイドルなんだもんなぁ)

男「──なんて思ってる場合じゃない!」



【 アイドル 】 EP:90000 能力:消滅


36 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2015/03/24(火) 01:49:40.56 ID:OfpocTOL0.net
アイドル「あたしの能力はね、なんでも消すことができるの☆」

アイドル「特にあたしが“消したい”と思って触れたものはぁ~☆」

アイドル「みぃ~んな、分子よりずっと細かいレベルで消えちゃうの☆」

アイドル「それはもう、跡形もなく、ね☆」

アイドル「はい、タッチ☆」ポンッ

男「ぐ……ぐ……!」ググ…

アイドル「!?」

アイドル(なんで、なんで消えないのよ!?)

男(よし……ふんばれば、イケる! なんとか消えずに耐えられる!)ググ…

男(体を鍛えておいてよかった……!)

男「ぬがあああああっ!!!」ブオンッ

アイドル「きゃああああっ!」

アイドル「あたしの能力が……通じないだなんて……!」


37 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2015/03/24(火) 01:52:27.87 ID:OfpocTOL0.net
生徒会長「やはり……他の二人では勝てないか。私の出番のようだ」

男「!」

生徒会長「時間を停止させ──」

生徒会長「動けずにいる君を、存分に処刑させてもらう」ピッ



【 生徒会長 】 EP:120000 能力:時間操作



生徒会長「!?」

男「ぬおおお……!」ググッ…

生徒会長「動いてる!? たしかに時間は停止しているのに!?」

男(時間は止まってるけど……鍛えておいたおかげで動けるぞ!)ググッ…

生徒会長「し、信じられん! ならば次の攻撃に移ろう!」


38 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2015/03/24(火) 01:55:27.98 ID:OfpocTOL0.net
生徒会長「君の時間を急速に進める! つまり老化させる!」ピッ

生徒会長「これで、君の人生は完全終了──」

生徒会長「!?」

男(老化スピードに負けないよう、アンチエイジングすれば、耐えられる!)サササッ

生徒会長「まったく老けない! ……それどころか若返っている!」

生徒会長(すでに実年齢500歳は越えたはずなのに、お肌ツヤツヤ!)

生徒会長(くそっ、若返るのでは意味がない! ──老化解除!)ピッ

生徒会長「こうなれば……最後の手段だ!」

生徒会長(タイムスリップして──彼の両親を抹殺する!)

生徒会長(彼は今、中学を卒業したばかりだから、17年ほど遡ればよかろう!)


39 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2015/03/24(火) 01:58:17.60 ID:OfpocTOL0.net
─ 17年前 ─

父「なんだね、きみは?」

母「なにかご用?」

生徒会長「学園の秩序を守るため、お二人には時空の彼方に消えていただく」

父「ほう?」

ズドドドドッ! ドドドッ! ドゴォッ!

生徒会長「げ……はぁ……っ!」

父「いきなり無礼なヤツめ。きみこそ、時空の彼方へ飛んでいけっ!」

ドゴォンッ!!!


40 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2015/03/24(火) 02:01:54.01 ID:OfpocTOL0.net
父(なんだったんだ、今の若者は……。ホントにどこかに飛んでいってしまった……)

父「……で、ハナシというのは?」

母「うん、できたみたい……赤ちゃん」

父「おおっ! よくやった!」

父「今の時代、“能力者”でない者は要職にはつけなくなってしまった」

父「ワシは無能力者、きみも無能力者、おそらく生まれる子供も無能力者だろう」

父「だが、それでいい!」

父「無能力者なりに、やれることはやる! それでいいじゃないか!」

父「これから生まれる子供も、そうやって育てようと思う!」

母「ええ、がんばりましょう! あなた!」


41 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2015/03/24(火) 02:02:42.43 ID:hoiYNCe2M.net
面白い


42 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2015/03/24(火) 02:04:39.73 ID:OfpocTOL0.net
─ 教室 ─

生徒会長「あ、が……が……」ピクピク…

男「大丈夫ですか!?」

男「すぐツボ押しで回復します!」ブスッ

生徒会長「!」シャキーン

生徒会長「フッ……」

生徒会長「今のタイムスリップで、きみの強さの秘密が少し分かったかもしれない」

生徒会長「私はようやく、自らの過ちに気づいたようだ」

生徒会長「“能力者”にも“無能力者”にも差はない」

生徒会長「人類皆平等、だと──」

男「会長……!」



ワー……! ワー……! ワー……! ワー……!



こうして戦いは終わった。男は無能力者としての誇りを守ったのである。


43 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2015/03/24(火) 02:08:25.46 ID:OfpocTOL0.net
この一連の戦いを経て、私立エリート学園は生まれ変わった。



“能力者”も“無能力者”もない、

真に愛と正義の心に満ちたエリート養成組織となったのである。



結局、男はこの後も能力を開花させることはなかったが、無事学園を卒業し、

立派なエリートになったという──





─ おわり ─


44 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2015/03/24(火) 02:17:02.25 ID:0/7irg4O0.net
こういうのもいい
おもしろかった
おつ


45 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2015/03/24(火) 02:18:56.60 ID:hoiYNCe2M.net



46 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2015/03/24(火) 02:35:05.03 ID:PSN/7AmBK.net



転載元

男「能力者ばかりの学園で無能力者のボクはいじめられる」

http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1427123719/







関連記事
2015/03/24 16:00 | CM(5) | 創作・男女系 SS
    コメント一覧
  1. 名無し [ 2015/03/24 17:22 ]
  2. ドラゴンボール並のインフレにワロタ
  3. 774@いんばりあん [ 2015/03/24 17:50 ]
  4. 筋トレ万能だなw
  5. 774@いんばりあん [ 2015/03/24 17:51 ]
  6. ギャグマンガ日和っぽくて面白い
  7. 774@いんばりあん [ 2015/03/24 19:22 ]
  8. 三頭の次は双璧とか出てくる番だと思ったのにw
  9. 774@いんばりあん [ 2015/03/25 19:54 ]
  10. ワンパンマンとやってること同じな気がしてきた
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

インバリアントへようこそ
インバリアント -SSまとめサイト-
管理人:こばりあんと



一言:ちょくちょく更新してこうかと。

  • About
  • 記事一覧
  • Twitter
  • まとめ依頼
  • ランダム SS
カテゴリ
アーカイブス

2017年 04月 (93)
2016年 02月 (1)
2015年 12月 (1)
2015年 05月 (261)
2015年 04月 (295)
2015年 03月 (305)
2015年 02月 (259)
2015年 01月 (283)
2014年 12月 (275)
2014年 11月 (287)
2014年 10月 (285)
2014年 09月 (262)
2014年 08月 (264)
2014年 07月 (262)
2014年 06月 (223)
2014年 05月 (218)
2014年 04月 (209)
2014年 03月 (185)
2014年 02月 (172)
2014年 01月 (191)
2013年 12月 (184)
2013年 11月 (183)
2013年 10月 (180)
2013年 09月 (153)
2013年 08月 (141)
2013年 07月 (154)
2013年 06月 (146)
2013年 05月 (152)
2013年 04月 (148)
2013年 03月 (130)
2013年 02月 (111)
2013年 01月 (123)
2012年 12月 (127)
2012年 11月 (120)
2012年 10月 (127)
2012年 09月 (117)
2012年 08月 (120)
2012年 07月 (122)
2012年 06月 (116)
2012年 05月 (122)
2012年 04月 (121)
2012年 03月 (123)
2012年 02月 (116)
2012年 01月 (122)
2011年 12月 (118)
2011年 11月 (113)
2011年 10月 (119)
2011年 09月 (110)
2011年 08月 (118)
2011年 07月 (118)
2011年 06月 (118)
2011年 05月 (123)
2011年 04月 (124)
2011年 03月 (117)
2011年 02月 (95)
2011年 01月 (109)
2010年 12月 (119)
2010年 11月 (110)
2010年 10月 (120)
2010年 09月 (74)
2010年 08月 (87)
2010年 07月 (113)
2010年 06月 (72)
2010年 05月 (67)
2010年 04月 (3)

人気SSランキング
アクセスランキング