HEADLINE

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- | CM(-) | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

比叡「気合い! 入れて! 出します!」

2015/04/26 22:00 | CM(1) | 艦隊これくしょん SS
1 ◆LPojxpX9T.bD :2015/04/25(土) 23:59:08.13 ID:xdLB3gZ4O
クソスレ注意

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1429973948


2 ◆5yEVDhCu02 :2015/04/26(日) 00:00:38.49 ID:/WHIw5sLO
比叡「さぁて。比叡、夕食準備するよー」

比叡「気合い! 入れて! 出します! ふんっ!」

ブホッブリブリブリブチャ



3 ◆5yEVDhCu02 :2015/04/26(日) 00:03:55.19 ID:/WHIw5sLO
ーー執務室ーー

バンッ

提督「うっ……臭っ!」

提督「(なんだなんだ。扉が開いた瞬間に異臭が……)」

比叡「司令! 今日の夕食は比叡がご用意しました!」

比叡「自慢のレシピ、比叡カレーだよ!」

提督「(異臭の原因これか!?)」

比叡「さぁ食べて!」

提督「(いや、食べてって言われても………)」


4 ◆5yEVDhCu02 :2015/04/26(日) 00:08:04.98 ID:/WHIw5sLO
提督「……比叡、つかぬ事を聞くが、これはなんだ?」

比叡「やだなぁ司令。カレーですよ、カレー。比叡特製カレーです」

提督「(……あまりにも臭いがアレな意外は、カレーに見えなくもない、な、うん)」

提督「(……って、いや、待て。コーンが入ってる!? いやいやいや、コーンが入っていてもいいんだ。カレーにコーン。うん、合いそうだ。でもね……)」

比叡「どうしたんですか、司令? 」

提督「(臭いがアレに近過ぎるから、このコーンのおかげで、もう完全にアレにしか見えないんだよ!)」

比叡「冷めないうちに早く食べてくださいよぉ」

提督「(……よし、いったん冷静になろう。クールに。そう、クールに)」

提督「(さて、いま俺の目の前にいるのは比叡だ)」

比叡「?」

提督「(こいつは金剛のことが好きだ。姉として慕っている以上かもしれん)」


5 ◆5yEVDhCu02 :2015/04/26(日) 00:11:14.17 ID:/WHIw5sLO
提督「(じゃあ俺に対してはどうか。まぁ嫌われてはいないだろう。ということは、毒の線はないか……?)」

比叡「司令……?」

提督「(お、おい。そんな目で俺を見るな! まるで食べない俺が悪いみたいじゃないか。くそっ!)」

提督「(ええい、ままよ!)」

提督「い、いただきます!」

提督「んんっ……!!!」

提督「(な、なんだこれはっ!?)」

提督「(柔らかで、舌に乗せた瞬間にとろけ出す食感。そしてとろけ出すときに広がる濃厚な香りと苦味。これは間違いなくっ)」

提督「(ウ◯コ味だ!)」

提督「(ウ◯コ味だウ◯コ味。これはカレーじゃない。ウ◯コ味だ)」


6 ◆5yEVDhCu02 :2015/04/26(日) 00:14:28.76 ID:/WHIw5sLO
比叡「どうでした? 比叡カレーの感想は?」

提督「(昔、カレー味のウ◯コかウ◯コ味のカレー、どっちが食べたいみたいな質問があった)」

提督「(俺はそのとき、迷わずにウ◯コ味のカレーを選んだが、撤回しよう)」

提督「すまん、比叡。ちょっと用事を思い出した。急用だ。オエッ」

提督「(今なら間違いなく、カレー味のウ◯コを選ぼう。……比叡カレーはウ◯コ味のカレーだった……)」

比叡「ちょ、司令!?」

提督「じゃ、そういうことで!」

比叡「まだ残ってますよ!? それと感想。感想聞かせてよー!」

提督「すまん、また後で!」

比叡「司令!?」

比叡「はぁ……。司令は行ってしまいました」

比叡「気合い!入れて! 三日ぶりのを出したのになぁ……」


比叡編・完

比叡特製ウ◯コ味のウ◯コ食べたいれすぅぅぅ


7 ◆5yEVDhCu02 :2015/04/26(日) 00:20:04.96 ID:/WHIw5sLO
金剛「今日のdinnerは英国式のカレーを提督に作ってあげるデース!」

金剛「お腹もいい感じにゴロゴロ鳴ってマース」

金剛「ふんっ!」

ビチッビチャビチャビチャビッ


8 ◆5yEVDhCu02 :2015/04/26(日) 00:23:48.66 ID:/WHIw5sLO
ーー執務室ーー

金剛「Hey 提督。英国式金剛カレーができあがったヨ」

提督「いい匂いだな、うまそうだ」

金剛「今日は隠し味を入れてみたデース!」

提督「ん? 具が無いな」

金剛「問題nothing! 溶け込んでるのデース」

提督「ほう、そうか。ではいただくよ」

金剛「召し上がれ!」

提督「(ん!? これは!)」

提督「うまい!」

提督「ほのかな苦味と酸味を感じさせながらも、まろやかな仕上がりだ。さっき言ってた隠し味はヨーグルトか?」

金剛「Oh! さすが提督、その通りデース。昨日からしっかり熟成させましタ!」

提督「昨日からか。これはうまいよ」

金剛「そう言ってもらえると作ったかいがありマース!」


9 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/04/26(日) 00:24:45.18 ID:Cc7xNz0S0
勘弁してくれ



勘弁してくれ


10 ◆5yEVDhCu02 :2015/04/26(日) 00:29:02.85 ID:/WHIw5sLO
提督「うっ、きゅ、急に腹が……」

金剛「Oh! 提督、大丈夫デスカ!?」

提督「すまん、ちょっとトイレに……」

金剛「心配デース……」

金剛「でも、提督、全部食べてくれてよかったネ」

金剛「今朝からbathroomを我慢したかいがありマシタ!」

金剛編・完

英国式金剛カレー味のウ◯コ食べたいれすぅぅぅ


11 ◆5yEVDhCu02 :2015/04/26(日) 00:33:54.99 ID:/WHIw5sLO
榛名「今日も提督のためにカレーを作りましょう!」

榛名「榛名、頑張ります!」

榛名「さて、最近の提督はお疲れのようです」

榛名「ここは……。そうです、そうしましょう!」

榛名「包丁は、っと」

榛名「えいっ!」

榛名「うっ! あぁぁ!」

榛名「でも……まだやれます!」

榛名「あとは煮込んでっと」


12 ◆5yEVDhCu02 :2015/04/26(日) 00:43:49.50 ID:/WHIw5sLO
霧島「ちょっと榛名、今悲鳴が聞こえたけど大じょって、榛名!?」

榛名「霧島? 榛名は大丈夫です」

霧島「そんなわけないじゃない! あなたすごい出血よ!?」

霧島「今すぐ入渠してきなさい!」

榛名「じゃあ、このお鍋、見ててもらっていいですか?」

霧島「鍋?」

榛名「今、提督の夕食にカレーを作っていたんです。だから……」

霧島「ええ、ええ、わかったわ。だから早く行ってきなさい!」

榛名「では霧島、お願いしますね」

霧島「まったく……。司令の夕食どころじゃないでしょうに……」

霧島「……カレーかしら? いい匂い。それにしても……」

霧島「カレーを作るだけで、何であんな大怪我をするのかしら?」

霧島「大方ドジでもしたんでしょうけど……」

霧島「やはりそうならないためにも、日頃のチェックが大事よね」

霧島「私も今のうちにマイクチェックをしておこうかしら」


13 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/04/26(日) 00:44:24.41 ID:kRRhSC7yO
うん、このカレー美味しそう


14 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/04/26(日) 00:58:54.81 ID:NQf+r6RRO
なにこの文字通りクソを汚物で煮込んだようなスレは……


15 ◆5yEVDhCu02 :2015/04/26(日) 01:02:36.54 ID:/WHIw5sLO
榛名入渠後
ーー執務室ーー

榛名「提督、夕食をお持ちしました」

提督「ん? ああ、もうそんな時間か」

榛名「はい、今日はカレーをお持ちしました」

提督「うん、いい匂いだ。榛名の料理は毎回うまいからな。楽しみだ」

榛名「そんな、榛名にはもったいないです」

提督「どれ、さっそくいただくよ」

榛名「はい!」

提督「うん! うまい! これはレバーかな?」

榛名「はい、最近提督はお疲れのようでしたから」

提督「そうか、心配かけたな。でもこのレバー、よく煮込んであってとても柔らかいよ。おかわりをもらっても?」

榛名「(……提督が榛名のレバーを……)」

榛名「(榛名が提督の体内に取り込まれて、これで提督と榛名は一つに……えへへっ)」

提督「榛名?」

榛名「は、はい!?」

提督「どうした、ぼーっとして」

榛名「い、いえ、榛名は大丈夫です!」

提督「まぁ、それならいいが。ところでおかわりをもらっても?」

榛名「はい! 喜んで! どんどん食べてくださいね!」

榛名「提督が榛名をいっぱい食べてくださるなんて、榛名、感激です!」

榛名編・完

榛名のカレーは夜食には重すぎるのでちょっと……


16 ◆5yEVDhCu02 :2015/04/26(日) 01:18:29.41 ID:/WHIw5sLO
霧島編は真面目に書きたいから起きてから書く予定


17 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/04/26(日) 05:11:08.34 ID:6TAXAjJ0o
榛名のレバーとかマジキチ


18 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/04/26(日) 09:08:48.24 ID:be8hEfVDO
真面(キチ成分多)目にか、そうか...


19 ◆5yEVDhCu02 :2015/04/26(日) 11:50:01.45 ID:gdjTINcZO
霧島「海の底は……意外に暖かい……の、ね…」

ーー3日前ーー

霧島「朝です。爽やかな朝です!」

霧島「さぁ司令、起きてください!」

提督「……う……ん……」

霧島「し、司令? に、二度寝……でしょうか?」

提督「……いいから、霧島も……」

霧島「ちょっ! し、司令!?」

提督「いいからいいから」

霧島「ひ、引っ張らないでくださいっ!?」

提督「ほら、布団に入った入った」

霧島「え? いや 、はぁぁっ!?」

提督「ほらほら」

霧島「し、仕方ありません。す、少しだけですよ……?」

提督「うん、ほら」

霧島「まったく、仕方ないですね……」

提督「もっと寄って。布団は一枚しかないぞ」

霧島「え、いや、え?」

提督「…………」

霧島「たまには……そうですね……こうして添い寝をするのも悪くないかと……」

提督「…………」

霧島「あの……司令? あ、あんまり見つめられると……ってわぁぁっ!?」

提督「寝るときは眼鏡、いらないだろ?」

霧島「眼鏡を取ったら私……」

提督「俺はよく見えるよ」

霧島「え? いや、あの……私がですね……」

提督「……なら、これでどうだ?」

霧島「し、司令!? か、顔がちかっ」

提督「…………」

霧島「え? い、いま……」

提督「ん? どうした?」

霧島「……い、いえ、気のせいですね。私もまだ寝ぼけているのかもしれません」

提督「……そうか……。なら、一緒に二度寝をしよう」

霧島「そうですね。司令? 胸をお借りしますね?」

提督「おお」



20 ◆5yEVDhCu02 :2015/04/26(日) 12:16:30.99 ID:gdjTINcZO
ーー2日前ーー

霧島「司令、そろそろお昼ですね」

提督「もうそんな時間か。だけどまだ書類がなぁ……」

霧島「司令、分け目はきっちりと」

提督「あれ、寝癖直ってない?」

霧島「って髪型の話じゃありませんって!」

提督「そうか。まぁ、じゃあ一旦休憩にするか」

霧島「そうです。論理的思考には適度な休憩が重要ですよ」

提督「ところで今日の昼は?」

霧島「………」

提督「あれ?」

霧島「…………」

提督「え? 霧島が作ってくれるんじゃないの?」

霧島「え? 私が作る流れですか?」

提督「いや、そういうわけじゃないけど、なんとなく?」

霧島「……なんとなく、ですか?」

提督「ま、いいや。今日はどこかに食べに行こうか」

霧島「そうしましょう。私の料理はまたの機会に」

提督「ああ、そうしよう。楽しみはとっておこう」

霧島「た、楽しみ!?」

提督「料理は下ごしらえが大切って言うだろ? 霧島はいつもチェックしてるから、きっとうまいのを作ってくれそうだ」

霧島「そういうことですか。ではこの霧島、データ以上のカレーを今度ご用意いたしますね」

提督「ああ、本当に楽しみだ」

霧島「ふふ、司令のサポートは霧島にお任せください」


21 ◆5yEVDhCu02 :2015/04/26(日) 12:44:59.02 ID:gdjTINcZO
ーー3時間前ーー

霧島「辛さ良し、味付け良し。あとは盛り付けるだけね」

霧島「……司令、喜んでくれるでしょうか?」

霧島「いえ、論理的にも大丈夫です。艦隊の頭脳、霧島のリサーチに間違いはありません」

霧島「……少し多く作り過ぎた気もしますが、これも計算通りです!」

霧島「ふむ、では盛り付けますか」

霧島「!? 警報!?」

霧島「……仕方ありません。マイクチェック、ワン・ツー」

霧島「霧島、出撃よ!」




22 ◆5yEVDhCu02 :2015/04/26(日) 12:47:17.89 ID:gdjTINcZO
ーー1週間後ーー
執務室

バンッ

金剛「Hey 提督! いつまで引きこもってるデース!」

榛名「うっ、すごい臭い……」

提督「……ん? 金剛に榛名か……?」

金剛「い、いったい何してるデース……?」

提督「ああ、霧島のカレーを食べてたんだ。お前達も食べるか?」

榛名「て、提督……霧島はもう……」

提督「あいつは変なところできっちりしてるからな。味はいいぞ?」

金剛「て、提督……。食べるのをやめるデース……。それはもうwent badデース……お腹を壊しマース……」

提督「おいおい、ひどいな金剛。確かに普段論理的論理的と言ってる割に大雑把なところもあるが……」

榛名「……提督……」

提督「どうだ、榛名は食べるか? うまいぞ。ああ、すごく……うまい……」


霧島編・完


23 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/04/26(日) 14:24:33.92 ID:V4bxwob20
俺達の金剛型を返して(´;ω;`)


24 ◆5yEVDhCu02 :2015/04/26(日) 15:46:37.86 ID:c7EuD6YeO
響「…………」

響「…………」

暁「きゃぁっ! ひ、響……?」

響「ん? やあ暁。どうしたんだい? そんな顔して」

暁「ち、ち、ち、血がべったりじゃないっ!」

響「ん? ああ、これか。これはさっきトマトピューレをこぼしてしまったんだ」

暁「トマト………ピュー…………レ………?」

響「おどろかせてしまったかい?」

暁「そ、そう! 暁は最初からわかっていたわ! それが、トマト、ピュ、ピューレだって」

響「そうかい」

暁「そ、そうよ。ところで響、何をやってるのかしら?」

響「これかい? これはボルシチを作っているのさ」

暁「それにしても大きな鍋ね。人が1人入りそうだわ」

響「せっかくだからみんなに食べてもらおうと思ってね。暁も完成したら味見をしてくれるかい?」

暁「ええ、もちろんよ。ああ、そうだった」

響「ん? なんだい」

暁「司令官を見なかったかしら」

響「司令官? いや、見てないよ」

暁「そう。まったく、レディーをほったらかしにするなんて、ダメな司令官ね。困っちゃうわ……」

暁「私は司令官を探しに行くけど、できたら呼んでね」

響「ああ、もちろんさ」



25 ◆5yEVDhCu02 :2015/04/26(日) 15:48:30.37 ID:c7EuD6YeO
響「…………」

響「…………」

雷「あら、響じゃない。何をしているの?」

響「やあ雷。ボルシチを作っているんだ」

雷「へーそうなの。それにしても大きな鍋ね」

響「ああ、みんなに食べてもらおうと思ってね」

雷「そうなの。それにしてもけっこう臭うわね……」

響「そうかい?」

雷「ええ、それに……ヒッ!?」

響「?」

雷「ひ、響……? そ、その鍋から見えているのって、ひ、人の脚じゃ……?」

響「ああ、これか。まさか。豚足だよ。今回は出汁からこだわってみようと思ってね」

雷「そ、そうなの。まぁ、そうだと思っていたわ!」

響「そうかい」

雷「ええ、なんてったって雷様だもの! ところで響。司令官を知らないかしら」

響「司令官? いや、知らないな」

雷「まったく、どこに行ったのかしら? もっと私に頼ってもいいのに」

雷「まぁいいわ。私は司令官を探しに行くけど。ボルシチ、楽しみにしているわ」

響「雷、完成したら呼ぶよ」

雷「ええ、よろしくね!」


26 ◆5yEVDhCu02 :2015/04/26(日) 15:50:47.49 ID:c7EuD6YeO
響「完成したよ。さぁ、みんなで食べよう」

電「とっても美味しそうなのです」

暁「一人前のレディーとしていただくわ」

雷「美味しそうじゃない」

暁・雷・電「いただきます」

暁「あら、出汁がしっかりしてて美味しい」

雷「このお肉、ちょっと筋っぽいわね」

響「そうかい? ちょっと筋肉質だったからかもね」

電「とっても美味しいのです! ん? これはなんです?」

響「ハラショー。君はラッキーだね、電。それは一つしか入れなかったソーセージさ」

電「柔らかくてとっても美味しいのです!」

響「そうかい、それはよかった」

暁「ふぇぇ、なんかブヨブヨするものがぁ……」

響「ん? ああ、それは白子だね。二つしか入れてないもののうちの一つさ」

暁「白子……? なんか大人な食べ物ね。暁にはわかるわ」

響「みんなが喜んでくれたようでよかったよ。今回はいろいろなものを入れたからね。正直不安だったんだ」

雷「おいしかったわ、響」

暁「暁もよ」

電「なのです!」

響「ところで暁、雷。司令官は見つかったかい?」

暁「まだよ」

雷「私もまだ見てないわ」

電「電も見てないのです」

響「そうか……。いったいどこに行ってしまったんだろうね……司令官は……」

響風ボルシチ・完



27 ◆5yEVDhCu02 :2015/04/26(日) 15:59:32.94 ID:c7EuD6YeO
方向性がおかしくなってきたので、次からは最初のコンセプトに戻します。


28 ◆5yEVDhCu02 :2015/04/26(日) 16:49:11.05 ID:B0rZi4qPO
提督「大鯨」

大鯨「はい、提督」

提督「今日呼んだのは他でもない」

大鯨「なんでしょうか?」

提督「今すぐそのタイツを脱ぐんだ」

大鯨「はい?」

提督「だからタイツを脱いでくれ」

大鯨「え? はい? え? わかりました?」

提督「そうだ、脱ぐんだ」

大鯨「……はい、提督……脱ぎましたが……?」

提督「よし、ではその脱いだタイツをこちらに」

大鯨「……え? はい? え? どうぞ……?」

提督「知っているか大鯨。タイツの楽しみ方は二つある」

大鯨「ふ、二つ……ですか……?」

提督「そうだ、二つ、だ。よく見ておけ」

提督「ああああああ大鯨のタイツクンカクンカモフモフ」

提督「足汗で少し湿った大鯨タイツの足先の匂いさいこぉぉぉぉぉぉ」

提督「大鯨の可愛い足指から溢れ出した足汗を吸い込んで湿った足先ペロペロしたいよぉぉぉぉぉ」

大鯨「……………………」

提督「ああああああ大鯨のお股を包んでいた部分もさいこぉぉぉぉぉぉ」

提督「大鯨の大切な部分を蒸した香りがするよぉぉぉぉぉぉ」

提督「大鯨の足先ハァハァ。大鯨のお股ハァハァ。大鯨タンかわいすぎるよーーーー!!!!!!!」

58「いい加減にするでち!」

19「酸素魚雷6発発射するの!」

8「持ち帰った20mm連装機銃が火を噴くわ」

提督「な、お前らどこからきた!?」

提督「この大鯨のタイツは渡さんぞ!」

58「大鯨をいじめるのはゴーヤが許さないでち! 魚雷さん、お願いします!」

提督「お、おい、は、早まるっ!?」


大鯨のタイツは蜜の味・完


29 ◆5yEVDhCu02 :2015/04/26(日) 17:53:04.81 ID:B0rZi4qPO
ナレーション・霧島


マイク、音量大丈夫? チェック、ワン・ツー。よし!

昔々あるところに、金剛おね……じゃなかった、金剛太郎という若者がおりました。
金剛太郎は正直な若者でした。
ある日、金剛太郎が海辺を歩いていると。
「ひえー!」
一匹の亀がいじめられていました。
その亀は見るからにシスコンで、姉がいたら間違いなくストーカーになっていそうな亀でした。
しかも料理下手なくせに、その不味い料理を(ry
「ちょっ、霧島? 私に何か恨みでも……?」
いいから亀は黙っていてください。
「ひ、ひえー!」
さて、ともかく迷惑そうな亀が、潜水艦たちにいじめられていました。
「ゴーヤの魚雷はお利口さんなのでち」
「イクの魚雷攻撃、行きますなのね」
「わぉ、大漁大漁」
ゲームシステム上、対潜攻撃のできない戦艦は、ただ一方的にやられるしかありません。
「ひえー! ひえー! ひえー!」
そんなところに、金剛太郎が通りかかります。
金剛太郎も戦艦でしたが、話の都合上、なんとか潜水艦たちを追い払うことに成功しました。
「金剛お姉さま、流石です!」
「Oh! 今はお姉さまではありまセーン! 金剛太郎デース!」
「そうでした。金剛太郎お姉さま、助けていただきありがとうございます。お礼に龍宮城にお連れしましょう」
「Oh! 龍宮城ですカ? fantastic!」
「比叡、気合い! 入れて! お連れします!」
そうして金剛太郎は助けた亀に連れられて、龍宮城へと向かうことになりました。


30 ◆5yEVDhCu02 :2015/04/26(日) 17:54:18.79 ID:B0rZi4qPO
ーー龍宮城ーー

龍宮城へと着いた金剛太郎とシスコン亀は。
「Hey 提督! 乙姫様は提督でしたカー!Burning Love!」
「え? いや、ちょ、金剛!?」
「今の私は金剛太郎デース! もてなして欲しいデース!」
ちょ、お姉さま、勝手に話を……。
コホン。
とにかく、金剛太郎は龍宮城で司れ……乙姫様にもてなされました。
しかし、楽しい時間はあっという間に過ぎるもの。
金剛太郎も、地上がだんだんと恋しくなってきました。
「No! 私はまだstay hereしたいデース! 提督と一緒にいマース!」
だからお姉さま、そろそろ……。
コホン。
論理的に地上が恋しくなった金剛太郎は、龍宮城をさることになりました。とにかくなったのです。
さて、そんな金剛太郎に、乙姫様は玉手箱を渡しました。
「地上へ戻っても、決してあけてはなりませんよ」
そう言って。
「Wow! 問題nothing! なぜなら私はずっとここで提督とBurning Love! するからデース!」
……無視です、無視……。
そうして金剛太郎は乙姫様との別れを惜しみながら、地上へと戻ることになりました。


31 ◆5yEVDhCu02 :2015/04/26(日) 17:57:33.00 ID:B0rZi4qPO
地上へと戻ってきた金剛太郎は、驚きました。
かつての様子はどこにもなく、すっかり様変わりをしていたからです。
そうなのです、金剛太郎が龍宮城で過ごしている間に、地上ではかなりの歳月が経過していました。
知っているか人はすでになく、悲しくなった金剛太郎は玉手箱のことを思い出します。
「提督からのpresent。開けて見るネ!」
金剛太郎が玉手箱を開くと、中から白い煙が出てきました。
そしてその煙が晴れると、金剛太郎の姿は……あれ?
変わってませんね?
あれ? どうして……私の戦況分析が……。
あっ! そうです。論理的に考えて、金剛お姉さまは既に100歳を超えてますから、すでにおばあさんで変わりようがなかったんですね!
そうです、論理的に正しい!
「……Hey 霧島……?」
あ、あれ? も、もしかしてまた戦況分析を……?
「全砲門! Fire!」

榛名「めでたしめでたし?」


金剛おばあちゃん、龍宮城へ行く・完



32 ◆5yEVDhCu02 :2015/04/26(日) 18:05:25.32 ID:B0rZi4qPO
もう一つだけ書きたいのがあるので、それを書いたら終わります。


33 ◆5yEVDhCu02 :2015/04/26(日) 18:35:36.69 ID:B0rZi4qPO
夕立「夕立、提督さんにカレーを作るっぽい」

夕立「まずは隠し味の準備っぽい」

夕立「リンゴジュースをいっぱい飲むっぽい」

夕立「糖尿病になってでも戦うよ!」

夕立「準備できたっぽい」

夕立「じゃあ次はルーを作るっぽい」

夕立「さぁ、素敵なパーティーしましょ?」

ブッブブブブブリュブリュブリュブッ

夕立「あとはこれに夕立の夕立を隠し味としてかけるっぽい」

夕立「ソロモンの悪夢、見せてあげる!」

ビシャービシャビシャビシャ



34 ◆5yEVDhCu02 :2015/04/26(日) 18:37:11.64 ID:B0rZi4qPO
ーー執務室ーー

夕立「提督さん、今日の御飯は夕立が作ったっぽい」

提督「お、カレーか」

提督「(うわ、なんかすげービシャビシャしてる……)」

夕立「夕立ったら結構頑張ったぽい!」

提督「お、おお。う、うまそうだな……。い、いただきます……」

提督「(うわ、苦っ! そして甘っ! 苦さと甘さが混じって、すごく不味い……)」

夕立「あたしのカレーじゃ不足っぽい……?」

提督「い、いや! う、うん。すごく上手いよ。めちゃくちゃうまい!」

夕立「夕立、やったぽい? 提督さん、褒めて褒めて!」

提督「ああ、夕立はすごい! 夕立は偉いなぁ!」

提督「(オエッ! これはヤバイ……。逆流しそうだ)」

提督「す、すまん夕立」

夕立「まだまだたくさんあるっぽい」

提督「ああ、うん、いや、だから……な?」

夕立「選り取りみどりっぽい」

提督「そ、そうだな……。よし! 全部いただくぞ!」

夕立「素敵なパーティーっぽい!」


夕立編・完



35 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/04/26(日) 19:03:19.28 ID:7bTshJ8i0
前半はクソだが、後半の短編は面白かった乙


36 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/04/26(日) 19:08:57.07 ID:xpf344soo
ンンッ…マ゜ッ!ア゛ッ!↑


37 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/04/26(日) 19:41:46.29 ID:V4bxwob20
某こち亀定期臭がする乙


転載元

比叡「気合い! 入れて! 出します!」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1429973948/





-1000 以下、名無しにかわりまして管理人こばりあんとがお送りします :2222/02/22(金) 00:00:00.00 ID:COVARIANT




ノ ル マ 達 成





関連記事
2015/04/26 22:00 | CM(1) | 艦隊これくしょん SS
    コメント一覧
  1. 774@いんばりあん [ 2015/04/26 23:22 ]
  2. はいはいいつものうんこうんこ
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

インバリアントへようこそ
インバリアント -SSまとめサイト-
管理人:こばりあんと



一言:ちょくちょく更新してこうかと。

  • About
  • 記事一覧
  • Twitter
  • まとめ依頼
  • ランダム SS
カテゴリ
アーカイブス

2016年 02月 (1)
2015年 12月 (1)
2015年 05月 (261)
2015年 04月 (295)
2015年 03月 (305)
2015年 02月 (259)
2015年 01月 (283)
2014年 12月 (275)
2014年 11月 (287)
2014年 10月 (285)
2014年 09月 (262)
2014年 08月 (264)
2014年 07月 (262)
2014年 06月 (223)
2014年 05月 (218)
2014年 04月 (209)
2014年 03月 (185)
2014年 02月 (172)
2014年 01月 (191)
2013年 12月 (184)
2013年 11月 (183)
2013年 10月 (180)
2013年 09月 (153)
2013年 08月 (141)
2013年 07月 (154)
2013年 06月 (146)
2013年 05月 (152)
2013年 04月 (148)
2013年 03月 (130)
2013年 02月 (111)
2013年 01月 (123)
2012年 12月 (127)
2012年 11月 (120)
2012年 10月 (127)
2012年 09月 (117)
2012年 08月 (120)
2012年 07月 (122)
2012年 06月 (116)
2012年 05月 (122)
2012年 04月 (121)
2012年 03月 (123)
2012年 02月 (116)
2012年 01月 (122)
2011年 12月 (118)
2011年 11月 (113)
2011年 10月 (119)
2011年 09月 (110)
2011年 08月 (118)
2011年 07月 (118)
2011年 06月 (118)
2011年 05月 (123)
2011年 04月 (124)
2011年 03月 (117)
2011年 02月 (95)
2011年 01月 (109)
2010年 12月 (119)
2010年 11月 (110)
2010年 10月 (120)
2010年 09月 (74)
2010年 08月 (87)
2010年 07月 (113)
2010年 06月 (72)
2010年 05月 (67)
2010年 04月 (3)

人気SSランキング
アクセスランキング


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。