HEADLINE

腐女子魔王「勇者マジ邪魔」

2015/04/30 11:37 | CM(0) | 創作・魔王勇者系 SS
1 ◆WnJdwN8j0. [saga]:2015/04/29(水) 13:46:57.49 ID:8Q1QErHF0
魔王「ぐあああああぁぁぁ」ダンダンッ

魔王「あのアバズレ!クソビッチ!死ね!」ダンダンッ

側近「どうしたんですか魔王様、そんなに魔力を滾らせて」

魔王「これを見ろ!」

側近「魔法の鏡…ですか」



悪魔『クッソォ、覚えてろよぉ~!!』バッサバッサ


側近「おや、悪魔が敗走ですか。これは由々しき事態…」

魔王「そっちじゃねぇ!!」

側近「?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1430282807



2 ◆WnJdwN8j0. [saga]:2015/04/29(水) 13:47:42.73 ID:8Q1QErHF0
賢者「戦士、大丈夫かい?今、回復魔法をかけるね」

戦士「あぁ、すまねぇ。お前の魔法には世話になりっぱなしだな」

賢者「とんでもない。君に最前線で戦わせて、こっちは守られてばかりで申し訳ないよ」

戦士「ははは、俺みてぇな脳筋にできるのは、こんなことだけだからな」


3 ◆WnJdwN8j0. [saga]:2015/04/29(水) 13:48:23.26 ID:8Q1QErHF0
側近「これは…勇者一味の戦士と賢者ですね」

魔王「ぐおおおおぉぉぉ」

側近「どうしました」

魔王「体は大きいけどちょっと子供っぽい戦士に、知性派メガネの賢者、2人とも素敵すぎんだろ!!ふざけんな!!」ハァーハァー

側近「あぁ、両者とも顔は整っている方ですね」

魔王「そんな素敵な2人が絡むことによって、無限大の萌えが生み出されるんだよ!見ろよこの絡み、流石に女でも勃起するだろ~」ハァハァ

側近「はぁ…」

魔王「ところがだっ!!」ダンッ

側近「はい」

魔王「このアバズレクソビッチがよおおぉぉ!!」


4 ◆WnJdwN8j0. [saga]:2015/04/29(水) 13:49:04.70 ID:8Q1QErHF0
勇者「ううぅ…」

戦士「勇者どうした?」

勇者「さっき遭遇した魔物、強かったよねぇ…」

賢者「うん、そうだね。この辺に来て魔物のレベルが一気に上がったね」

勇者「うん…」

戦士「怖いのか?」

勇者「………」コクリ

戦士「ハッハッハ、勇者も女の子だなぁ」ポンポン

賢者「大丈夫だよ、僕達で君をサポートするから」

勇者「ごめんね…皆にはいつも助けてもらっちゃって」モジモジ

賢者「何を言っているんだい、僕たちは仲間じゃないか」

戦士「そうだそうだ、じゃあ行こうぜ」


5 ◆WnJdwN8j0. [saga]:2015/04/29(水) 13:49:36.86 ID:8Q1QErHF0
側近「ふむ…どうやら勇者はパーティーで1番レベルが低いようですね」

魔王「…んの、クソビッチがあぁ!!」ダンダンッ

側近「どこがですか?見る限り、セックスアピールの少ない地味系に見えますが…」

魔王「そういうのが男ウケするって計算の内に決まってんだろがァ!!」

側近「そうなんですか?」

魔王「おう、見ろやこの目!!どう見ても男に媚び売ってる目だろ!!」

側近「うーん…気が弱いだけに見えますが」

魔王「こうやって戦士と賢者の気を引いて、2人の絡みの間に入りやがって!この女マジ邪魔!!」

側近「はぁ…。ところで、彼女についてはどう思うんですか?」

魔王「ん?」


6 ◆WnJdwN8j0. [saga]:2015/04/29(水) 13:50:11.53 ID:8Q1QErHF0
盗賊「クンクン…おい、あっちからお宝の匂いがすんぜ」

戦士「お、流石盗賊」

賢者「うーん、お宝よりも先に進みたいなぁ」

盗賊「何言ってんだ、このガリ勉!あたしらは平和の為に日々戦ってんだ、これ位の息抜き許されていいだろ」

戦士「仕方ねぇなぁ」

賢者「どうする勇者?」

勇者「うん、じゃあ行こう」


7 ◆WnJdwN8j0. [saga]:2015/04/29(水) 13:50:58.38 ID:8Q1QErHF0
魔王「あー、盗賊ね」

側近「彼女こそ結構肌を露出しているし強欲だし、どうかと思うのですが…」

魔王「いや、ああいうサバサバ系は結構好きだわ」

側近「そうなんですか?」

魔王「そうそう、露出はしてるけど媚びてないし、男前だし結構いい女じゃん」

側近「うーん、勇者のように多少は女性らしい方が…」

魔王「勇者は駄目!勇者って役割を背負ってる割に役立たずだしイライラする!」

側近「まぁ敵として張り合いはないですね」

魔王「敵…そう勇者は敵!女の敵!!」

側近(自分を女性代表のように言っている…)


8 ◆WnJdwN8j0. [saga]:2015/04/29(水) 13:51:40.93 ID:8Q1QErHF0
悪魔「たっだいま~。わっり、やられちまった~」

側近「ここ最近お前はヘマばっかりしているな」

悪魔「イャハハハ怒らないで側近~。あれ、どしたん魔王、鏡なんて見て?ん、これ勇者一行?」

魔王「マジ勇者邪魔!!」

悪魔「ん?あ、そだね~」

魔王「男同士の桃源郷に土足で踏み入るクソビッチは排除してやらなきゃなぁ…!!」ゴゴゴ

側近「え、あ、魔王様?」

魔王「ちょっと勇者殺しに行ってくる!!」ダッ

側近「えぇー…」

悪魔「行ってらっしゃーい♪」


9 ◆WnJdwN8j0. [saga]:2015/04/29(水) 13:52:15.29 ID:8Q1QErHF0
魔王「さて確か奴らはこの辺に…あ、いた」


賢者「少し疲れてきたねぇ…」

戦士「ははは、もやしめ。さっき休んだばっかだろ」

賢者「う。わ、悪かったね」

戦士「しゃーない、ほら。荷物貸せよ、持ってやるから」

賢者「あっ。その…ありがとう」


魔王(うほおおおぉぉぉ、こりゃ勃起するわ)ハァハァ

勇者「あ、あのぅ…」モジモジ

魔王(間に入るんじゃねぇよクソビッチ)チッ

戦士「どうした勇者」

勇者「ちょっと…おトイレ行きたい」

賢者「わかった。待ってる」

戦士「行ってこい」

魔王(ハッ、ぶりっ子してても出すもんは出すんじゃねーか。お前なんか堂々とそこでもらして、おもらし女と呼ばれりゃいいんだよ!)

魔王「ちょっと待てよ…これってチャンスじゃん」


10 ◆WnJdwN8j0. [saga]:2015/04/29(水) 13:52:59.75 ID:8Q1QErHF0
勇者「ふぅ~、良かった丁度良く公衆トイレがあって」

魔王「クソビッチはクソらしく野グソでもしろよ!!」

勇者「きゃあ!?」ビクッ

魔王「お前マジ許さねーかんなぁ!!お前を消して桃源郷を死守する!!」

勇者「あ、貴方は!?」

魔王「私か?私は魔王、お前を滅ぼす者だ!!」

勇者「魔王…!!」キッ

魔王「あァん、睨みきかせてどうしようってんだテメー?」

勇者「どうするも何も、私は勇者…貴方を討つ者」

勇者「今こそ、力を解放するっ!!」ゴオオォッ

魔王(…!!この力は…)

勇者「いざという時の切り札、創造神の守護の力…!!」

魔王「お前、やはり…」フルフル

勇者「え?」

魔王「そんな力がありながら、男の前ではブリッコしやがってたなああああぁぁ!!!」ゴオオオォォッ

勇者(す、凄い魔力…!!)


11 ◆WnJdwN8j0. [saga]:2015/04/29(水) 13:53:34.23 ID:8Q1QErHF0
魔王「大体、創造神てあのヤリチン野郎か!そんな奴の守護を受けるとは体でも使ったのかクソビッチ!!」

勇者「ななっ!創造神の侮辱は許さない!!お前を討つ、魔王!!」

魔王「オラァ来やがれ!!」

勇者「でやーっ!!」


ゴオオォォ、カキンカキィン


勇者(うっ…あ、あまり効いてない…!!)

魔王「股のゆるい女は攻撃までゆるいなぁ、オイ。創造神もお前をただの肉便器としか見てないわけだな」

勇者「だから創造神はそんなんじゃ…」

魔王「ブリッコすんなつってんだよクソビッチがあぁ!!醜く死ね!!」ゴオオォ

勇者「…っ!!」


12 ◆WnJdwN8j0. [saga]:2015/04/29(水) 13:54:16.61 ID:8Q1QErHF0
シュバ――ッ

魔王(…っ、相殺された!?)

賢者「危ない所だったね勇者」

戦士「全く、1人でいる所を狙うたぁ、とんでもない女だな」

盗賊「けど、ここからはそうはいかないよ」

勇者「来てくれたんだ、皆…!!」

魔王「チッ…気付かれたか」

賢者「この魔力…間違いない、魔王のものだ。ここは命を捨てる覚悟で全力でいかせてもらおう」

戦士「待てよ賢者、最前線で戦うのは俺の役目だ。お前は俺の後ろにいな」

賢者「今日ばかりはそうは言ってられないね」

戦士「おいおい、慣れないことはするもんじゃないぜ?」

魔王(ふぬおおおぉぉ、生で見る絡みは目の毒ですぜ)ハァーハァー

勇者「戦士、賢者、今は言い争っている時じゃないよ」

魔王「今は言い争ってる時なんだよ空気読めよクソ女!!」

盗賊「何言ってんだ?」

勇者「さ、さぁ」


13 ◆WnJdwN8j0. [saga]:2015/04/29(水) 13:54:53.93 ID:8Q1QErHF0
戦士「一旦下がってろ勇者!魔王の奴、お前を狙ってるぞ!」

魔王「」ビキッ

賢者「僕たちで勇者を守る!」

魔王「」ビキビキ

勇者「戦士、賢者…で、でもぉ…」

魔王「」ブチブチィッ

魔王「こんなの…」ゴオオオオォォォォ

盗賊「な…何だこの魔力は…!?まだ上昇を続けてやがる!?」

賢者「まずい、ガードし…」

魔王「こんなの、私の求めていた桃源郷じゃねえええぇぇっ!!」

ズドガアアアアアァァァン


14 ◆WnJdwN8j0. [saga]:2015/04/29(水) 13:55:37.75 ID:8Q1QErHF0
盗賊「…」

戦士「」ピクピク

賢者「う…」パタッ

勇者「み、皆…痛っ」

魔王「やはり私の相手をするには早すぎたか…まぁいい、こんな腐った桃源郷なら消えた方がマシだ。今、トドメを刺してやるよ」ツカツカ

勇者「ま、待って…」

魔王「命乞いかクソビッチ?私にレズ趣味はないから、お前が体を開いた所で効き目はねーぞ?」

勇者「これも魔王に敗れた勇者の宿命…でも、でも、せめて死ぬ前に…!!」

魔王「何を言う気か知らんが、お前の言うことなど…」ゴゴゴ

勇者「戦士と賢者を陵辱して下さい!!」

魔王「…は?」


15 ◆WnJdwN8j0. [saga]:2015/04/29(水) 13:56:40.04 ID:8Q1QErHF0
勇者「さっきの悪魔なんていいですね…あ、でもオークに汚される2人ってのもなかなか…」

魔王「…何を言っている?」

勇者「どうせ死ぬんだし、白状しちゃいますけど…」

勇者「私、男同士が大好物なの!!」

魔王「」

勇者「私の大事な仲間2人が魔物に汚されるなんて…!!そんなのいけない、いけないけど…でもそれが見られるなら死んでもいい~っ!!」

魔王「…勇者よ」

勇者「はい?」

魔王「仲間!」ガシッ

勇者「えっ」


16 ◆WnJdwN8j0. [saga]:2015/04/29(水) 13:57:35.48 ID:8Q1QErHF0
>魔王城

オーク「ブヒイイイイィィィ」

戦士「うわああぁぁ、来るな、来るなあああぁぁ!!」ダッ

賢者「ひいいいぃぃぃ!」ダッ


勇者「しっかり逃げてねー、捕まったら犯されるよー」

魔王「オークから逃げる為に手を取り合う2人…これもイイ」ジュルリ

勇者「でも魔王がまさか同類だったなんて…フフッ、カミングアウトしてみるものだね」

魔王「全くだ、ブリッコしやがって。これからはオープンにいこうオープンに!」

勇者「実は私…そちらの側近と悪魔の組み合わせもいいなって思ってたの。だから間にいる魔王が邪魔だな~ってずっと思ってたの」

魔王「おぉ…身近だから思いつかなかったが、確かに悪くない組み合わせだな」

勇者「あと創造神も男がイケるクチなんですよ」

魔王「おおぉ!その話詳しく!!」フンガー

勇者「えぇいいですよ。やっぱり創造神に相応しいのは女よりも美少年ですよ!」



こうして勇者と魔王は手を取り合い、世界に平和が訪れた。
ホモは世界を救い、ホモのない世界に愛はありあえないのである。

願わくばこの平和が、永遠に続くように…。



Fin



魔王「どう考えても守られている側の賢者が受けだろ!」

勇者「何言ってるんですか、筋肉質な戦士がベッド上では受けになるからいいんじゃないですか!!」

ゴゴゴゴ

側近(この平和、長くは続かんな)


17 ◆WnJdwN8j0. [saga]:2015/04/29(水) 13:59:46.48 ID:8Q1QErHF0
読んで頂きありがとうございました。
腐女子同士でも派閥ってあるので大変みたいですね。


18 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/04/29(水) 14:00:51.93 ID:qwryOy/zo


最近の流行は石膏らしいぞ


19 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/04/29(水) 14:11:21.37 ID:18Yr8oys0



20 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/04/29(水) 14:31:47.35 ID:qu3Bv2hAO
軽薄ショタめっぽい悪魔と切れ長眼鏡感溢れる側近の間にいる時点でブーメランだろ

とか思ってたらホントに勇者も腐っててワロタ


転載元

腐女子魔王「勇者マジ邪魔」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1430282807/






英雄教室2 (ダッシュエックス文庫)
新木 伸
集英社
売り上げランキング: 6,608

関連記事
2015/04/30 11:37 | CM(0) | 創作・魔王勇者系 SS
    コメント一覧
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

インバリアントへようこそ
インバリアント -SSまとめサイト-
管理人:こばりあんと



一言:wow fantastic baby...

  • About
  • 記事一覧
  • Twitter
  • まとめ依頼
  • ランダム SS
カテゴリ
アーカイブス

2017年 08月 (133)
2017年 07月 (180)
2017年 06月 (139)
2017年 05月 (311)
2017年 04月 (157)
2016年 02月 (1)
2015年 12月 (1)
2015年 05月 (261)
2015年 04月 (295)
2015年 03月 (305)
2015年 02月 (259)
2015年 01月 (283)
2014年 12月 (275)
2014年 11月 (287)
2014年 10月 (285)
2014年 09月 (262)
2014年 08月 (264)
2014年 07月 (262)
2014年 06月 (223)
2014年 05月 (218)
2014年 04月 (209)
2014年 03月 (185)
2014年 02月 (172)
2014年 01月 (191)
2013年 12月 (184)
2013年 11月 (183)
2013年 10月 (180)
2013年 09月 (153)
2013年 08月 (141)
2013年 07月 (154)
2013年 06月 (146)
2013年 05月 (152)
2013年 04月 (148)
2013年 03月 (130)
2013年 02月 (111)
2013年 01月 (123)
2012年 12月 (127)
2012年 11月 (120)
2012年 10月 (127)
2012年 09月 (117)
2012年 08月 (120)
2012年 07月 (122)
2012年 06月 (116)
2012年 05月 (122)
2012年 04月 (121)
2012年 03月 (123)
2012年 02月 (116)
2012年 01月 (122)
2011年 12月 (118)
2011年 11月 (113)
2011年 10月 (119)
2011年 09月 (110)
2011年 08月 (118)
2011年 07月 (118)
2011年 06月 (118)
2011年 05月 (123)
2011年 04月 (124)
2011年 03月 (117)
2011年 02月 (95)
2011年 01月 (109)
2010年 12月 (119)
2010年 11月 (110)
2010年 10月 (120)
2010年 09月 (74)
2010年 08月 (87)
2010年 07月 (113)
2010年 06月 (72)
2010年 05月 (67)
2010年 04月 (3)

SS検索
Ads
最新記事
Ads2
人気SSランキング