HEADLINE

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- | CM(-) | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真姫「音楽室の音泥棒」

2015/05/06 06:00 | CM(0) | ラブライブ! SS
1 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/05/04(月) 16:08:32.50 ID:zZZmx4PA0
夕日が差し込む放課後の音楽室
一人ピアノを弾いていると、そいつは突然現れた


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1430723302



2 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/05/04(月) 16:10:22.32 ID:zZZmx4PA0
真姫「う~ん…ここのメロディーはちょっと違うかしら…」

真姫「少し変えて…って、もうこんな時間か…」

真姫「…これで最後にしましょう」

そう思い、鍵盤に乗せた指にぐっと力を入れた
はて、音が出ない
もう一度…やっぱり出ない!
故障かしら? そう思い少し調べて見るけれど、おかしいところは見つからない

いみわかんない

そう独り言をつぶやいた
はずだったのだが、それは声にならなかった
そして気が付いた
真姫は耳が聞こえなくなっていたのだ
そのあまりの衝撃に膝から崩れ落ち、思考は停止した


4 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/05/04(月) 16:24:27.53 ID:zZZmx4PA0
どれくらい時間が経ったのだろうか
すっかり暗くなった音楽室にぜえぜえと自分の息遣いだけが聞こえた
なにがなんだかわからなくなって真姫は荷物も持たずに音楽室を飛び出した

~♪~♪~

海未「それはオトカクシの仕業かもしれないですね」

真姫「オトカクシ?何それ」イミワカンナイ

音楽室での出来事はその後も度々続き、困り果てた真姫は先輩の海未に相談したのだった

海未「ええ。真姫はご存じではないのですか?」

真姫「そんなの聞いたこともないわ」

海未「真姫が知らないなんて意外ですね。真姫はなんでも知っていると思ったので」


5 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/05/04(月) 16:36:53.88 ID:zZZmx4PA0
真姫「別に私にだって知らないことくらいあるわよ。…それで、そのオトカクシってなんなのよ?」

海未「実は私もあまり詳しくはないのですが…オトカクシという生き物が近くにいると音が聞こえなくなってしまうそうです」

真姫「へえ、変わった生き物がいたものね。…でも、本当にそいつのせいなのかしら?そう言い切るには証拠が少なすぎるわ」

海未「それがオトカクシは美しい音色に誘われて現れるそうなのであながち間違いではないかもしれないです。真姫のピアノは特に上手ですし」

真姫「…別に褒めても何もでないわよ?でも確かにオトカクシの可能性はあるかもしれないわね。病気かと思って診てもらったけど特に異常がなくて…でもこれで手がかりがひとつ手に入ったわ」

海未「病気じゃなくてよかったですね。それで、これからどうするのですか?」

真姫「そうね…とりあえず音楽室から追い出してくれない?」

海未「わ…わたしがですか?」

真姫「他にだれがいるのよ。いいでしょ?あなたの方が詳しいんだし」

海未「ですから、わたしもあまり詳しいわけではなくて…そういったことはちょっと…」

真姫「海未…お願いよ。あなたしか頼れる人がいないの」

海未「うぅ…そう言われてしまうと断ることはできませんね。乗り掛かった舟です。最後までお付き合いしましょう」

真姫「ありがとう」

海未「いえ、後輩の頼みですし。それでは、早速図書室でオトカクシについて情報収集しましょう」



6 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/05/04(月) 16:51:11.96 ID:zZZmx4PA0
~♪~♪~

海未「相変わらず広いですね」

真姫「まあまあね。図書室なんて久しぶりに来たけど、確かにここの本はまだ全然読んだことないわね」

海未「学生が閲覧可能なもので1000万冊あると聞いたことがあります」

真姫「学生の間に全部読めるかしら…」

海未「真姫ならやってのけそうなのが怖いですね…」

真姫「あら、あそこにいるの凛じゃないかしら?」

凛「…zzz」

真姫「…寝ているだけみたいね」

海未「またですか…。いつものことなんでほっといて、本を探しましょう」

真姫「そうね。生物学系でいいのかしら?」

海未「ええ。それならあっちのほうですね」


7 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/05/04(月) 17:19:57.27 ID:zZZmx4PA0
真姫「なるほどね。一通りは目は通したわ」

海未「流石ですね。それで、どうでしたか?」

真姫「簡単に要約すると、オトカクシは音の波の中に生息する虫である。彼らの奇怪なところは「音」を餌とする特殊な食性である」

海未「音を食べる…つまり真姫は耳が聞こえなくなったわけではなく、音そのものがオトカクシによって食べれてしまったことで何も聞こえなくなったと」

真姫「そのとおり。彼らが好む音は地域や個体によって違いがみられるが、楽器の音を好むものが多い。基本的に夜行性、夕方~明け方に活動する…だって」

海未「すべて条件に当てはまりますね」

真姫「ほぼ確信に近いわね。それで退治の仕方なんだけど…」


8 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga sage]:2015/05/04(月) 17:33:59.33 ID:zZZmx4PA0
ちょっと用事できました
夜に戻ります


9 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/05/04(月) 21:02:43.35 ID:zZZmx4PA0
~♪~♪~

海未「真姫…本当にやるのですか?」

真姫「最後まで手伝ってくれるんでしょ?それにこれが一番手っ取り早いし」

海未「うう…どうして私が…」

真姫「うじうじしてないで武士の潔さと意地を見せなさい」

海未「わ…わかりましたよぅ!」

真姫「それじゃあまずは私がオトカクシをおびき寄せるから、そっちのタイミングでお願いね」

海未「…はい」

真姫はゆっくりとピアノを弾き始めた
1曲、2曲、そして3曲目の途中で音は消えた


10 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/05/04(月) 21:09:47.40 ID:zZZmx4PA0
海未「……ぁあああああああああああああああああああ!!!!」

びりびりと音楽室の窓ガラスが揺れるほどの大声で海未が叫んだ
すると、真っ白にぼんやりと光る小さな虫がピアノの脇から転げ落ちた
音の波に生息するオトカクシが大きな振幅波から弾き出されたのだ

真姫「! 出たわよ、海未!」

海未「は、はい!」

持っていた虫網を構えてそれを捕まえようとした時、虫は勢いよく海未の方に向かって飛んでいった

海未「ひぃっ!?」

真姫「ちょっと! 何やってんのよ、海未! ほら、今度はそっ

海未(また音が…!真姫が口をパクパクしてます…。なんだかちょっと可愛らしいですね。ってこんな時にふざけている場合じゃ…)

海未「……あああああああああああああ!!!」

真姫「海未ッ!!後ろよ、後ろ!」


11 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/05/04(月) 21:26:05.73 ID:zZZmx4PA0
海未「くっ!ちょこまかと…」

真姫「今度はそっちよ!!」

海未「ああ!もう!」バサッ

真姫「そこの楽器の後ろに入ったわ!」

海未「ぐぬぬ…ちょっと真姫も手伝っ

真姫「」パクパク

海未(なっ!またですか…。やれやれ…)

真姫「……未ッ!!!出てきたわよ!!!」

海未「!? は、はい!…よしっ…捕まえました!」

真姫「ふぅ…お疲れ様。なんとか捕獲できたみたいね」

海未「はい。これがオトカクシ…」

真姫「まったく、こいつには随分してやられたわね」

海未「私はもうこりごりです」

真姫「…私もよ」

海未「これ、どうしましょう…」

真姫「さ、さあ…?私は…虫とか苦手だしなんとかしてよ」

海未「わ、わたしだって好きではありませんよ!それに言い出したのは真

真姫「」パクパク

海未「………ぁあああああああああああ!!!」

海未「目の前がふらふらします…」ゼエゼエ

真姫「…ご苦労様。とりあえず生物室に持っていきましょう?先生がいるかもしれないし」

海未「はい…」ゼエゼエ



12 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/05/04(月) 21:37:25.43 ID:zZZmx4PA0
~♪~♪~

夕日が差し込む放課後の音楽室
一人ピアノを弾いていると、そいつは突然現れた

真姫「…いつからそこにいたのよ」

海未「1曲目からずっといましたよ」

真姫「1曲目って…1時間以上も前じゃない…。外で聞いてないで入ってくればよかったのに」

海未「ふふ、真姫が一人で弾いているピアノの音が好きなんです」

真姫「何それ…」イミワカンナイ

海未「別に理由なんてないですよ?好きなものは好きなんです」

真姫「そう……それより新しい曲作ってみたんだけど、聞いてくれない?」

海未「ええ、喜んで!」

真姫「ふふ♪」

夕暮れ時の空には2つの月がうっすらと肩を並べて光り輝き始めていた




13 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga sage]:2015/05/04(月) 21:40:20.98 ID:zZZmx4PA0
あ、終わりです
ファンタジー系増えると嬉しいな!


14 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/04(月) 21:47:01.24 ID:oTzPVqYWO

この二人好き


15 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/04(月) 22:00:02.38 ID:Eff8nP5UO
おつ


16 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/05(火) 19:56:16.95 ID:iFtCgrADO
すき


転載元

真姫「音楽室の音泥棒」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1430723302/







関連記事
2015/05/06 06:00 | CM(0) | ラブライブ! SS
    コメント一覧
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

インバリアントへようこそ
インバリアント -SSまとめサイト-
管理人:こばりあんと



一言:ちょくちょく更新してこうかと。

  • About
  • 記事一覧
  • Twitter
  • まとめ依頼
  • ランダム SS
カテゴリ
アーカイブス

2016年 02月 (1)
2015年 12月 (1)
2015年 05月 (261)
2015年 04月 (295)
2015年 03月 (305)
2015年 02月 (259)
2015年 01月 (283)
2014年 12月 (275)
2014年 11月 (287)
2014年 10月 (285)
2014年 09月 (262)
2014年 08月 (264)
2014年 07月 (262)
2014年 06月 (223)
2014年 05月 (218)
2014年 04月 (209)
2014年 03月 (185)
2014年 02月 (172)
2014年 01月 (191)
2013年 12月 (184)
2013年 11月 (183)
2013年 10月 (180)
2013年 09月 (153)
2013年 08月 (141)
2013年 07月 (154)
2013年 06月 (146)
2013年 05月 (152)
2013年 04月 (148)
2013年 03月 (130)
2013年 02月 (111)
2013年 01月 (123)
2012年 12月 (127)
2012年 11月 (120)
2012年 10月 (127)
2012年 09月 (117)
2012年 08月 (120)
2012年 07月 (122)
2012年 06月 (116)
2012年 05月 (122)
2012年 04月 (121)
2012年 03月 (123)
2012年 02月 (116)
2012年 01月 (122)
2011年 12月 (118)
2011年 11月 (113)
2011年 10月 (119)
2011年 09月 (110)
2011年 08月 (118)
2011年 07月 (118)
2011年 06月 (118)
2011年 05月 (123)
2011年 04月 (124)
2011年 03月 (117)
2011年 02月 (95)
2011年 01月 (109)
2010年 12月 (119)
2010年 11月 (110)
2010年 10月 (120)
2010年 09月 (74)
2010年 08月 (87)
2010年 07月 (113)
2010年 06月 (72)
2010年 05月 (67)
2010年 04月 (3)

人気SSランキング
アクセスランキング


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。