HEADLINE

【キン肉マン】ガンマン「このウソつきめ!」

2015/05/22 21:27 | CM(2) | その他 キン肉マン SS
1 ◆ZeBo7btR1E :2015/05/22(金) 18:38:23.28 ID:9lKLQLZHO
ガンマン「待て…お前、なんだそれは? ふざけるな!」

キン肉マン「なんのことじゃい!」

ガンマン「私の“真眼”をなめるなよ、このウソつきめ!」カアア

キン肉マン「おわ~!!」

テリー「ゲェェ~~ッ キ、キン肉マンのマスクが!」

ガンマン「シャバババ~ やはりマスクであったか! この大ウソつきめが! さあ、本来の姿で正直に戦おう!」

真弓「スグルよ、とうとうやってしまったな……」

キン肉マン「パパ……」

ガンマン「シャバ?」

真弓「キン肉族の掟により自決してもらわねばならん」

ガンマン「シャ、シャバ?」

テリー「こ、こんな卑怯な手が完璧始祖のやり口か! 汚いぞ!!」

ガンマン「い、いや私は……」

アシュラ「そうだ! 我々悪魔だって相手のマスクに手をかけるなどという事はしなかった!」

ガンマン「ま、待て!」

ロビン「貴様は悪魔にも踊る畜生超人だ~~ッ!!」

カナディアンマン「国に帰れ国辱超人!」

『わーわーわーわーッ!』


ガンマン「………………」

ガンマン「」チラッ







サイコマン「いや、そんな『どうしよう……』みたいな眼で見られても………」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1432287503



2 ◆ZeBo7btR1E :2015/05/22(金) 18:39:14.12 ID:9lKLQLZHO
ガンマン「待て…お前、なんだそれは? ふざけるな!」

テリー「なんのことだ!」

ガンマン「私の“真眼”をなめるなよ、このウソつきめ!」カアア

キン肉マン「うわ~!!」

ラーメンマン「ゲェェ~~ッ テ、テリーの義足が!」

ガンマン「シャバババ~ やはり義足であったか! この大ウソつきめが! さあ、本来の姿で正直に戦おう!」

テリー「ば、バカな! この義足は黄金のマスクの力によって本物の足になったはず! 何故!?」

ミート「そうか! 今は金のマスクと銀のマスクに分離してしまい、黄金のマスクの庇護が届かなくなってしまったんだぁ~~!!」

ガンマン「足もない不完全超人がこの私と戦おうなど宇宙単位で早過ぎるという事を教えてーーー」

イワオ「おぉ凄い! 昔に我々がやった事をあの完璧始祖もやっている!」

ガンマン「シャバ?」

キン骨マン「つまり我々の戦い方と完璧始祖の戦い方が同じ! つまり我々は完璧始祖と同等という事だわさ~! ムヒョヒョヒョ~!」

ガンマン「シャ、シャバァ~~! あ、あんなのと私が同等だと!?」

キン骨マン「そりゃー、やったれやったれムヒョヒョヒョヒョヒョ~!」

ガンマン「………………」

ガンマン「付けろ」スッ

テリー「なに!?」

キン骨マン「ムヒョ!?」

ガンマン「貴様みたいな奴を殺しても汚点にしかならん。さっさと付けろ」






ジャスティス「荒っぽいだけだったガンマンもとうとう一つ大人になったようだな」

ミラージュマン「あんなのと一緒にされては当然だろうな」


3 ◆ZeBo7btR1E :2015/05/22(金) 18:40:29.13 ID:9lKLQLZHO
ガンマン「待て…お前、なんだそれは? ふざけるな!」

ラーメンマン「? 何のことだガンマンよ」

ガンマン「私の“真眼”をなめるなよ、このウソつきめ!」カアア

ラーメンマン「ウ、ウワァァ~!!」

テリー「ゲェェ~~ッ ラ、ラーメンマンの顔がまん丸になってしまった!!」

ガンマン「シャバババ~ やはりその妙に長い顔は偽物であったか! この大ウソつきめが! さあ、本来の姿で正直に戦おう!」

ラーメンマン「ついにバレてしまったか。フフフ、私も老いたものだ」

ロビン「そ、そう言えば昔読んだ文献で見たことがある。中国では顔の長い超人の方が魅力的とする習慣があると! そうか、あの弁髪はそういうことだったのか」

テリー「どういう事かミーにも説明してくれ」

ロビン「纏足と同じようなものだ。ラーメンマンは幼少から顔を長くする為の器具を取り付けていた。そしてその器具こそがあの弁髪だ!」

ミート「そ、そうか! あの弁髪は超人のパワーを吸い上げる仕組みになっているんだ! つまりラーメンマンは、顔を通る超人パワーが他の超人よりも多い! その作用であんなに顔が長かったんだ!」

ウォーズマン「ああ、俺の計算でも一般超人の50倍」

ガンマン「シャバババ~~ モテる為に顔を変形させるなど超人として恥ずべき行為! さあ、ウソ偽りなしの姿で戦おう!」

ラーメンマン「フフフ、この姿の私に勝てると思うのか」スッ

ジェロニモ「それでラーメンマン先輩! その顔でどのくらいモテたズラ?」

ラーメンマン「」

ラーメンマン「ゲボッ!!」

ガンマン「シャバァ!?」

テリー「ラ、ラーメンマン~~~!!」

ロビン「と、吐血しただと!」

ウォーズマン「俺の見立てでは再起不能だ。心の傷が深すぎる」

ガンマン「シャバ……どうしたのだ」

ラーメンマン「こ、この顔に……いい思い出などない。10を数える頃から周りにはハニワマンだとかタケノコマンだとか馬鹿にされ」

ガンマン「ハニワだと?」

ラーメンマン「顔が長いという理由で告白も成功せず、日本に来てからはキン肉マンに杵代わりにされ餅をつかされた」

ガンマン「もち………」

ミート「なにやってるんだ王子は」

テリー(ミーも一緒にやった事は黙っておこう)

ラーメンマン「本来なら躱せていたはずのスクリュードライバーもこの長さのせいで受けてしまうし、この前生き別れになった実の妹の拉女にすら、あった途端笑われる始末。一期一会の風情も糞もない」

ラーメンマン「庭に立っていたら父に杭と間違えられてハンマーで一撃されたこともあったか。タンコブのおかげで顔が5センチも伸びた記憶がある」

ガンマン「げ、元気を出せ」

ラーメンマン「もはや私は生きている価値もない。あの時ウォーズマンに殺されておくべきだったのだ……」

ガンマン「ま、待て。少し待っていろ! 知り合いのイケメンの所に行ってモテる秘訣を聞いてくる!」ダッ!




ガンマン「と、いうわけなのだがどうすればラーメンマンはモテる?」

カラスマン「ネバーモアー」



4 ◆ZeBo7btR1E :2015/05/22(金) 18:42:58.83 ID:9lKLQLZHO
ガンマン「待て…お前、なんだそれは? ふざけるな!」

ブロッケンJr.「なんのことだ!」

ガンマン「私の“真眼”をなめるなよ、このウソつきめ!」カアア

ブロッケンJr.「うわ~!!」

テリー「ゲェェ~~ッ ブロッケンJr.の髑髏が!」

ロビン「今のブロッケンは超人ではなく人間だ! ひとたまりもないぞ!」

ガンマン「シャバババ~ やはり人間であったか! この大ウソつきめが! さあ、本来の姿で正直に戦おう!」

ブロッケンJr.「ち、畜生!」

ハラボテ「待ちんしゃい! このリングはあくまで超人レスリングの為のもの! 人間であるブロッケンJr.は失格とする!」

ブロッケンJr.「な、なんだって!?」

ガンマン「シャバァ!? それは困る。我々の粛清対象には貴様も入っているのだからな。早く髑髏を付けろ!」スッ

ブロッケンJr.「ありがてぇぞ畜生! よし、ベルリンの赤い雨!!」

ガンマン「シャバァ! “真眼”」

ブロッケンJr.「うわ~!!」

テリー「まずいぞ! ブロッケンJr.の手に付いている刃が取れた! まるで付け替えができるT字カミソリの刃のようだ!」

ミート「あれ、イメージじゃなかったんですね」

ガンマン「シャバババ! そんな刃物に頼る卑怯な技、私が食らう、か………ってシャバァ!? また髑髏が!」

ブロッケンJr.「く、くそ!!」

ガンマン「あーあ、仕方ない。早く付けんか」スッ

ブロッケンJr.「あ、ありがてぇ畜生! よし、ベルリンの赤い雨!!」

ガンマン(今度は帽子に当てないように下を狙って)

ガンマン「そんなチンケな技喰らうかぁ! “真眼”」

ブロッケンJr.「馬鹿め! ベルリンの赤い雨は囮!」

テリー「おお、ブロッケンJr.の奴タックルに行ったぞ!」

ガンマン「シャ、シャバァ! マズイ!」

ブロッケンJr.「うわ~~!!」

ミート「またも髑髏が!!」

ラーメンマン「ブロッケンや~~~!!」

ガンマン「ま、まさかこんな“真眼”破りがあったなんて」ガクッ







アビスマン「モガッ、普通に肉弾戦に持ち込めば良いものを……」

ペインマン「テハハハ~ッ! あいつは昔から馬鹿だったなぁ!」

サイコマン「今もバカなんですねぇ。武道さん、完全に人選ミスしてます」

シングマン「ギラギラ……なんであんな奴と友達やってるんだろうな私は………」


5 ◆ZeBo7btR1E :2015/05/22(金) 18:45:00.69 ID:9lKLQLZHO
ガンマン「待て…お前、なんだそれは? ふざけるな!」

モンゴルマン「なに?」

ガンマン「私の“真眼”をなめるなよ、このウソつきめ!」カアア

モンゴルマン「くっ!!」

テリー「ゲェェ~~ッ モンゴルマンのマスクが!」

ガンマン「シャバババ~ やはりラーメンマンであったか! この大ウソつきめが! さあ、本来の姿で正直に戦お、う………?」

ラーメンマン「」チーン

ガンマン「シャ、シャバ?」

ラーメンマン「」チーン

ガンマン「ラ、ラーメンマン………?」ツンツン

ラーメンマン「」チーン

テリー「グゥム………やはり霊命木のマスクがなければラーメンマンは植物状態になってしまうのか」

ロビン「あぁ、それがラーメンマンに課せられた運命。可哀想に」

ウォーズマン「大体俺のせいだという計算結果を叩き出したぞ」

ラーメンマン「」チーン

ガンマン「」ツンツン

ラーメンマン「」チーン

ガンマン「」ツンツン

ラーメンマン「」チーン

ガンマン「……………………」

ガンマン「…………………………」チラッ







ジャスティス「つぶらな瞳でこちらを見るな」



6 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/22(金) 18:46:42.66 ID:3sEACNZAO
やっべ、面白い
もっと続けてくれ


7 ◆ZeBo7btR1E :2015/05/22(金) 18:46:55.47 ID:9lKLQLZHO
ガンマン「待て…お前、なんだそれは? ふざけるな!」

カナディアンマン「な、なにー!」

ガンマン「私の“真眼”をなめるなよ、このウソつきめ!」カアア

カナディアンマン「うわ~!!」

テリー「ゲェェ~~ッ カナディアンマンの顔が見る見るうちに醜悪に!!」

ガンマン「シャバババ~ やはり貴様の性根は悪行超人であったか! この大ウソつきめが! さあ、本来の姿で正直に戦おう!」

カナディアンマン「ま、待て! 俺は正義超じーーー」

ガンマン「問答無用! これでも喰らえい!!」

カナディアンマン「ぐわぁああ!!」

テリー「グゥ……あの強力なハイキックがカナディアンマンの顔に直撃した」

ロビン「カナディアンマンの顔についてる角っぽいのがひしゃげ、全部顔に突き刺さってしまっている」

ガンマン「シャバババ! 思い知ったかド下等めが!!」

ガンマン(さて、正義超人の中でウォーズマンと同等の超人強度を持つコヤツを始末した。他の下等共は怯え慄いているだろう)

テリー「またカナディアンマンがやられたぞ」

ラーメンマン「まただな。いつになっても成長せん奴だ」

ガンマン「シャバハァ?」

ウォーズマン「毎回毎回同じやられ方で何をやっているんだ」

ブロッケンJr.「流石に飽きてきたぜ」

ネメシス「全くだわい。おーい、カナディアンマンよ生きておるか~?」

ガンマン「シャバ!?」

テリー「恒例行事だ。ガンマン、こいつもついでにやってくれ」

スペシャルマン「何てことを言うんだテリー!! こら、押すな! 無言で僕をグイグイ押すな!!」








サイコマン「ところで貴方何やってるんです?」

ネメシス「死んだキン肉スグルの代理だ」



8 ◆ZeBo7btR1E :2015/05/22(金) 18:48:47.11 ID:9lKLQLZHO
ガンマン「待て…お前、なんだそれは? ふざけるな!」

ロビン「なにを言っている!」

ガンマン「私の“真眼”をなめるなよ、このウソつきめ!」カアア

ロビン「む、むぅ!!」

ガンマン「シャバババ! その仮面と鎧を剥いで………シャバ!?」

テリー「な、なんだ!? ガンマンの様子がおかしいぞ!?」

ミート「見て下さい! ガンマンの姿が!」

ガンマン「シャバ……シャバアァァ!?」

テリー「何ということだ! ガンマンの姿がクッキングパパばりのダサい原始人のようになってしまった!」

ラーメンマン「一体なぜ!?」

ミート「わ、分かったぞ! あの鎧だぁ!!」

テリー「Hey! どういう事だミート! ミーにも分かるように説明してくれ!」

ミート「あの鎧が鏡のような効果を発揮してガンマンの“真眼”を跳ね返したんだ!」

テリー「つ、つまりアレがガンマンの本来の姿だと言うのか!?」

ネメシス「ダサい」

ラーメンマン「しかしおかしくはないか? ロビンの鎧は非常に凹凸が多い。アレでは光線などを受けても散乱してしまう」

ミート「それは今は亡き王子のお陰です」

ウォーズマン「キン肉マンの?」

テリー「どういう事だ?」

ミート「皆さんは忘れたのですか? 王位争奪戦においてお二方がどのようにキャンバス・プレッサーを回避したのかを」

テリー「キャンバス・プレッサーといえばキン肉マンゼブラとパルテノンのコンビ技だ。あの時の二人は………」

ウォーズマン「そ、そうか! あの時キン肉マンの放ったフェイスフラッシュ。アレだ!」

テリー「そ、そうか! あのフェイスフラッシュは照射したものを強化するものだった! つまりロビンの鎧の原料である金属が持つ『光を反射する力』というのも同時に強化されたんだ!」

ラーメンマン「つまり今のロビンの鎧はそれ自体が巨大な鏡だというわけか。そのためガンマンは自分自身に“真眼”を放ってしまったのか」

ネメシス「流石はロビンマスク。やりおるわ………」





ジャスティス「気にするなガンマン。誰がなんと言おうとも、私はお前のその姿を誇りに思う」

ガンマン「ジャスティス………」

ジャスティス「だ、だから気に、す………ぶふぅ!!」

ガンマン「わ、笑うなぁ~~ッ!!」


9 ◆ZeBo7btR1E :2015/05/22(金) 18:49:33.52 ID:9lKLQLZHO
ガンマン「待て…お前、なんだそれは? ふざけるな!」

ベンキマン「なんのことです?」

ガンマン「私の“真眼”をなめるなよ、このウソつきめ!」カアア

ベンキマン「うわぁ~~!!」

テリー「ゲェェ~~ッ べ、ベンキマンの頭のウンチの造り物がモノホンに!」

ガンマン「シャバババ~ やはりそのウンチはニセモノであったか! この大ウソつきめが! さあ、本来の姿で正直に戦おう!」

テリー「と、言うことはまさか………」

ラーメンマン「」プスッ

テリー「く、臭い!」

ラーメンマン「す、すまん……我慢していたんだがつい………」

ロビン「待て、ベンキマンの様子を見ろ!」

ベンキマン「そうだ。そうだったのだ。元はこの頭のウンチは本物であった。しかしそれでは規制されると思いこのような陶器に……」ブツブツ

ガンマン「シャバババ、どうした。死の間際に念仏でも唱え始めたのか」

ベンキマン「私はベンキマン。古代より王をお守りするのが私の役目だ!! 行くぞガンマンよ!! エラードスピン!!」

ロビン「頭上のウンチが回転を始めた!?」

ガンマン「シャバババ、何をしている。そんな小細工が私に通用すると思うなぁ!!」

テリー「まずい、ガンマンはエルクホルンでお前を両断する気だ。よけろベンキマン!!」

ベンキマン「舞え、エラードボード!」

ガンマン「な、なにぃ!?」

テリー「おぉ! 遠心力により頭上のウンチを板状にして放射しそれに飛び乗ったぞ!」

ウォーズマン「あの美しいフォルム。俺のデータによるとゼブラのマッスルインフェルノに匹敵する美しさだ」

ロビン「うむ」

ガンマン「小細工しよってこのド下等が!! エルクホルンで真っ二つにしてくれる!」

ベンキマン「弾けろ! エラードスプラッシュ!」

ミート「板状のウンチが急に水しぶきのように弾け飛んだ!」

ロビン「その先にはもちろん………」

ウォーズマン「勝ったな……」

ガンマン「」ベッチャァ

テリー「ガ、ガンマンの顔が……ウンチ塗れに…………」

ラーメンマン「口の中にも入っただろうな」

ガンマン「こ、これはどうした事だ……… 何も見えぬ………」

ガンマン「く、くそ何をしよったド下等が! うぉおおお!!」

ベンキマン「ふん!!」

テリー「闇雲に突進してきたガンマンを躱した! ガンマンはそのままリング外に!」

シングマン「ギ、ギラギラ……ガンマン、と、止まれ」

ガンマン「その声はシングマン! 私の顔は一体どうなったんだ!?」

シングマン「や、やめろ! こっちに来るな! よ、よせ! よさんか~~!!」

ガンマン「助けてくれシングマン!!」





アビスマン「アレが本当の臭れ縁という奴か」

ペインマン「テハハハ、上手いではないか。座布団の代わりに私の身体へ座るがいい。さて、次はサイコマンがあのベンキマンに挑むのだろ………あれいない」

カラスマン「彼奴ならウンチが本物になった瞬間悲鳴をあげて逃げて行ったぞ」


10 ◆ZeBo7btR1E :2015/05/22(金) 18:55:23.94 ID:9lKLQLZHO
ガンマン「待て…お前、なんだそれは? ふざけるな!」

ミラージュマン「ゴバッゴバッ、何の事かな?」

ガンマン「私の“真眼”をなめるなよ、このウソつきめ!」カアア

ミラージュマン「ゴバァ~~!!」

ペインマン「ゲェェ~~ッ ミラージュマンの出したカードが勝手にめくり帰った!」

サイコマン「ふむ、8ですね」

カラスマン「カラカラ~ 8だな」

シングマン「ギラギラ~~! 残念だったなミラージュマン」

ガンマン「シャバババ~ 私に嘘は通用せん! この大ウソつきめが! さあ、本来の数を正直に告白し正々堂々戦おう!」

サイコマン「ニャガニャガ、残念でしたねミラージュさん。さあそれでは私から 5」

ジャスティス「…………………………」

カラスマン「どうしたジャスティスよ。そんな寂しい目をして 6」

ジャスティス「何をしているんだ?」

シングマン「見ればわかるだろう 7」

ガンマン「シャバハハハ! 今更混ぜてやらんぞ 8」

サイコマン「ニャガニャガ、それダウト」

ガンマン「ジャバァ!?」




ジャスティス「トランプゲームくらい“真眼”を使わずにやれ」

アビスマン「ルール上嘘をついてもいいゲームだろうに」



11 ◆ZeBo7btR1E :2015/05/22(金) 18:57:23.50 ID:9lKLQLZHO
ガンマン「待て…お前、なんだそれは? ふざけるな!」

アビスマン「なにぃ!」

ガンマン「私の“真眼”をなめるなよ、このウソつきめ!」カアア

アビスマン「うぉあ~!!」

ペインマン「ゲェェ~~ッ アビスマンのサーモンが朽ちてゆく!!」

ガンマン「シャバババ~ やはりトラウトサーモンであったか! この大ウソつきめが! さあ、本来の姿で正直に戦おう!」

シングマン「おい馬鹿! そんな事をしては相手チームが何も食べずに一皿得たことになるではないか!」

ガンマン「なにぃ!? だ、だが嘘を許すわけには……」

サイコマン「貴方は100円のお寿司に何を求めているんですか。全く……」

アビスマン「モガモガ~」

ジャスティス「おいアビスマン。それは私が頼んだ『たまご』だ」

アビスマン「モガモガ堅いことは言うんじゃねえよ。ほら、早くもう一度頼み直せ」

カラスマン「ぐ、ぐぅぅ………」

ペインマン「どうしたのだカラスマン」

カラスマン「さ、刺したい……このマグロを、突き刺したい………」

ジャスティス「モズマンならいざ知らず、カラスにははやにえの修正はないだろう」

ガンマン「シャバババ。カラスのくせに奥義をはやにえナンチャラにするのが悪い! この隙にこの店の皿を全て食い切ってしまうわ! このロール巻きでも食ってやろう」

サイコマン「ニャガホ~!? 私のえびアボカドロールが!」

アビスマン「モグモグ~」

ジャスティス「だからそれは私のたまごだ」

ミラージュマン「ゴバゴバ~ 皆、アレを見ろ」

ガンマン「どうしたのだガンマン」

アビスマン「そんな事言って俺たちの早食いを阻止するとかいう魂胆だろうよ。その手には乗る、か………」

ペインマン「テハ、ハハ………アレは……………」






12 ◆ZeBo7btR1E :2015/05/22(金) 18:58:52.80 ID:9lKLQLZHO







ザ・マン「」ズーン






ミラージュマン「」
アビスマン「」
ペインマン「」
ジャスティス「」
ガンマン「」
シングマン「」
カラスマン「」
サイコマン「武道サン…一人で、カウンターで……100円寿司に………………」


シングマン「だ、誰か誘わなかったのか……?」

カラスマン「わ、私はてっきりシングマン辺りが誘ったのもかと」

ペインマン「右に同じ」

ジャスティス「誘ったところで100円寿司に来なさそうとは思っていたが」

ガンマン「まさか誘ってすらいなかったとは」

サイコマン「ど、どうします? 私ですら誘ってもらっているのに一人だけ誘ってもらってないと知ったら…………」

アビスマン「あの風体で一人カウンターに座っているとは……流石はかつて神であった者」











ザ・マン「…………………………」


ザ・マン「『たまご』ひとつ」


13 ◆ZeBo7btR1E :2015/05/22(金) 18:59:23.33 ID:9lKLQLZHO
ガンマン「待て…お前、なんだそれは? ふざけるな!」

店員「な、なんですか!?」

ガンマン「私の“真眼”をなめるなよ、このウソつきめ!」カアア

店員「やめてぇ~!!」

客「ゲェェ~~ッ 店の奥が丸見えに!!」

ガンマン「シャバババ~ やはりワンオペであったか! この大ウソつきめが! さあ、本来の姿で正直に戦おう!」

店員「し、しかし一人でもこのお店をなんとかしなくちゃいけなくて……」

ガンマン「シャバババ、心配するな人間よ。私に任せておけ!」

店員「ヒィィ!」

ガンマン「なにもカウンターに入ってプロレスをしようというわけではない。安心しろ」







ネメシス「グリムよ。このような店に何の用だ」

グリムリパー「ニャガニャガ、武道サンからもう少し仲良くするようにと言われましてねぇ。ご一緒に昼食でもと思いまして」

ネメシス「くだらんことを」

グリムリパー「初めから他の方々を誘うよりも、まずはネメシスさん一人の方がなにかと上手くいくと思いまして」

ネメシス「よりにもよってなぜ牛丼なんだ」

グリムリパー「ここで別の店に行くことをしたら我々を作り出した神に怒られると思います。とにかく入りましょう」



♪リングに~イナズマ走り~




ガンマン「へいらっしゃい!」


14 ◆ZeBo7btR1E :2015/05/22(金) 18:59:57.03 ID:9lKLQLZHO
グリムリパー「」

ネメシス「完璧・漆式、なぜここに?」

ガンマン「おお、ネメシスに完璧・拾式ではもがっ!?」

グリムリパー「完璧・漆式サンお話があります! ネメシスさんは先にあちらへ」

ガンマン「お、おいどこへ連れて行く」





グリムリパー「なにやってるんですか貴方は! なぜ超人墓場から出てきているのです! それにそのいつもの姿の上にしているエプロンはなんですか気色悪い!」

ガンマン「シャバババ! 彼奴に牛丼を食べたい旨を伝えたら自分の分も買って来いと放り出されたわ」

グリムリパー「閻魔サンは何を考えて…………」

ガンマン「姿に関しては日頃から悪趣味な格好をしている貴様に言われる筋合いはないぞ!」

グリムリパー「わ、分かりました。閻魔サンが許したのなら特に言うことはありませんが…… 今の私はグリムリパーですからねくれぐれも完璧・拾式と呼ばないように」

ガンマン「シャババハハ! 任せておくがいい」

グリムリパー(大丈夫でしょうか本当に…………)





ネメシス「グリムリパーよ。なにか問題でもあったか?」

グリムリパー「いえいえなんでもありませんよ、オホホホ。注文も決まっているようなのでボタンを押しましょうか」


♪ピンポーン



ガンマン「シャバババ、またせたなネメシスに完璧・拾式ーーー「グリムリパーです!」」

ガンマン「そうだったか? とにかく注文はなんだ」

ネメシス「牛丼のメガ盛り。つゆ抜き」

グリムリパー「アイスで……」

ガンマン「なぜ牛丼屋に来てまでアイスを頼むのだ」

グリムリパー「どこかの誰かさんのせいで食欲が失せましてね」

ガンマン「まったくしょうのない奴だ。では持ってくる」

グリムリパー「お願いします」



ネメシス「グリムリパーよ。顔色が悪いが」

グリムリパー「お気になさらず」

グリムリパー(いっその事ここでずっと働いてくれませんかね……)





ガンマン「シャババババ~~!」










ザ・マン「」




ザ・マン「私の牛丼はまだか」


15 ◆ZeBo7btR1E :2015/05/22(金) 19:01:10.21 ID:9lKLQLZHO
ガンマン「待て…お前、なんだそれは? ふざけるな!」

バッファローマン「ハァ!?」

ガンマン「私の“真眼”をなめるなよ、このウソつきめ!」カアア

バッファローマン「ぐわぁあああ!!」

テリー「ゲェェ~~ッ バッファローマンのカツラが!!」

ガンマン「シャバババ~ やはりカツラであったか! この大ウソつきめが! さあ、本来の姿で正直に戦おう!」


サイコマン「ニャガぶふぅ!」
ジャスティス「ぐっ………ゴホッゴホッ!」
ザ・マン「グ、グロロ~」
ネメシス「ふっはっはっは! はっははは!」

ウォーズマン「おぉ! 他の始祖たちが皆腹を抱えて笑っている!」

ミート「そりゃそうでしょう。あのパンチパーマからつるっぱげですから。しかも見てください!」

ウォーズマン「どうした」

ミート「バッファローマンのカツラは、2本のロングホーンの事を考えて穴が空いてるんです! 僕のパンツにソックリです」




サイコマン「ッ~~~~~!」
ジャスティス「ッ~~~~~!」
ザ・マン「ッ~~~~~!」
ネメシス「ッ~~~~~!」



ウォーズマン「感情を捨てたはずの始祖が涙を流しながら笑っているぞ!」

ミート「彼らは感情を捨てることの愚かさを身を以て体感しているはずです」



グリムリパー「そ、そう言えば……私がバッファローマンのロングホーンを最初に掴んだ時………なんかニセモノっぽいと思っ………ぶふぅ!」

ジャスティス「ゲホッ! ゴホッゴホッ!」

ネメシス「は、腹が……捩れ…………驚異的な柔軟性を誇る私の肉体が………」

ザ・マン「~~~~~~~!」←死にそうなくらい笑っている



バッファローマン「」

ガンマン「シャバッハハハ! それでやっと私と同じ舞台に立てたのだ! さっさとかかって来いヘボ牛!」

ガンマン「言っておくがな、私はウソつき相手に微塵たりとも負ける気はせんぞーーーーっ!!」


ウォーズマン「ガンマンのカナディアンバックブリーカー。このままではバッファローマンは何もできずに負けてしまう」





バッファローマン「ぐうぅ」









16 ◆ZeBo7btR1E :2015/05/22(金) 19:02:37.02 ID:9lKLQLZHO
悪魔将軍「バッファローマン」

バッファローマン「しょ……将軍様!」

悪魔将軍「バッファローマンよ。お前は一体なんのために我が元に戻ってきたのだ。私にただ傅くためか? ならば今すぐ死んで失せろ!」

バッファローマン「!?」

悪魔将軍「私がお前を呼び戻したのはお前が完璧超人殲滅の切り札になると考えたからだ」

悪魔将軍「その私の期待を裏切ることは許さん。私に忠誠を再び誓ったのであれば、どんな手を使ってでもそやつを倒せ。そして!」

悪魔将軍「シルバーの後継者であるそこのキン肉マンでは………キン肉マンは今はいないがとにかく……」



ミート「王子……うぅ」

ウォーズマン「キン肉マン……」



悪魔将軍「我が流れを汲むお前が先に……」




悪魔将軍「髪をも超える新たな力を手に入れろ!」ドヤァ










ザ・マン「」シャキーン
ガンマン「」シャキーン
サイコマン「」シャキーン
ジャスティス「」シャキーン
ネメシス「」シャキーン
テリー「」シャキーン
ブロッケンJr.「」シャキーン
ラーメンマン「」シャキーン
ウォーズマン「」シャキーン
ミート「」シャキーン



~死後の世界~

ミラージュマン「」シャキーン
ペインマン「」シャキーン
シングマン「」シャキーン
カラスマン「」シャキーン
アビスマン「冗談が上手くなったと思ったが勘違いだったようだ……」シャキーン












キン肉星

銀のマスク「」シャキィン




17 ◆ZeBo7btR1E :2015/05/22(金) 19:03:08.48 ID:9lKLQLZHO
おわり


18 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/22(金) 19:41:00.24 ID:3sEACNZAO
面白かった
キン肉マンSSは貴重だしまた何か思い付いたら書いてくれぃ


19 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/22(金) 19:48:47.46 ID:9B2YUn48o
まさかのガンマンネタwwww


転載元

【キン肉マン】ガンマン「このウソつきめ!」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1432287503/






キン肉マン 50 (ジャンプコミックス)
ゆでたまご
集英社 (2015-04-03)
売り上げランキング: 1,025

関連記事
2015/05/22 21:27 | CM(2) | その他 キン肉マン SS
    コメント一覧
  1. 774@いんばりあん [ 2015/05/22 22:33 ]
  2. キン肉族の素顔を見られたら死という掟は完璧超人の負けたら死が歪んで伝わったものという説があるとか聞いた
  3. 774@いんばりあん [ 2015/05/22 23:11 ]
  4. 始祖たちが仲良しなのを見るとほっこりするw
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

インバリアントへようこそ
インバリアント -SSまとめサイト-
管理人:こばりあんと



一言:wow fantastic baby...

  • About
  • 記事一覧
  • Twitter
  • まとめ依頼
  • ランダム SS
カテゴリ
アーカイブス

2017年 06月 (126)
2017年 05月 (311)
2017年 04月 (157)
2016年 02月 (1)
2015年 12月 (1)
2015年 05月 (261)
2015年 04月 (295)
2015年 03月 (305)
2015年 02月 (259)
2015年 01月 (283)
2014年 12月 (275)
2014年 11月 (287)
2014年 10月 (285)
2014年 09月 (262)
2014年 08月 (264)
2014年 07月 (262)
2014年 06月 (223)
2014年 05月 (218)
2014年 04月 (209)
2014年 03月 (185)
2014年 02月 (172)
2014年 01月 (191)
2013年 12月 (184)
2013年 11月 (183)
2013年 10月 (180)
2013年 09月 (153)
2013年 08月 (141)
2013年 07月 (154)
2013年 06月 (146)
2013年 05月 (152)
2013年 04月 (148)
2013年 03月 (130)
2013年 02月 (111)
2013年 01月 (123)
2012年 12月 (127)
2012年 11月 (120)
2012年 10月 (127)
2012年 09月 (117)
2012年 08月 (120)
2012年 07月 (122)
2012年 06月 (116)
2012年 05月 (122)
2012年 04月 (121)
2012年 03月 (123)
2012年 02月 (116)
2012年 01月 (122)
2011年 12月 (118)
2011年 11月 (113)
2011年 10月 (119)
2011年 09月 (110)
2011年 08月 (118)
2011年 07月 (118)
2011年 06月 (118)
2011年 05月 (123)
2011年 04月 (124)
2011年 03月 (117)
2011年 02月 (95)
2011年 01月 (109)
2010年 12月 (119)
2010年 11月 (110)
2010年 10月 (120)
2010年 09月 (74)
2010年 08月 (87)
2010年 07月 (113)
2010年 06月 (72)
2010年 05月 (67)
2010年 04月 (3)

SS検索
Ads
最新記事
Ads2
人気SSランキング