HEADLINE

P「春香をもっと輝かせたい」

2017/05/09 23:00 | CM(0) | アイドルマスター SS
1 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/05/09(火) 20:40:54.25 ID:mw4agl0xo

春香「はあ?」

P「春香はアイドルとしてもっと高みを目指せると思うんだ」

春香「は、はい……」

P「だから俺が春香をもっと輝かせてやる!」

春香「………」

P「輝かせてやる!!」

春香「あ、ありがとうございます」

P「ふっ、礼なんていらねえぜ……」

春香(プロデューサーだからそれが当然ですよねっていうツッコミは止めておこう)


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1494330053



2 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/05/09(火) 20:41:57.45 ID:mw4agl0xo

P「でだ、具体的なプランだが」

春香「はい」

P「………」

春香「………」

P「………」

春香「………?」

P「春香は……アレだな」

春香「はい?」

P「普通に可愛いよな」



3 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/05/09(火) 20:42:56.07 ID:mw4agl0xo

春香「へ?」

P「いや、うん……可愛い、普通に可愛い」

春香「そ、そうですか?」

P「おう、ホント可愛いよ、だって普通に可愛いもん」

春香「え、えへへ ありがとうございます!」

P「うんうん」

春香「えへへへ~」


P「バカヤローーーー!!」

春香「えふぇ!?」



4 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/05/09(火) 20:44:03.03 ID:mw4agl0xo

P「なんで照れてるんだバカヤロー!怒れむしろ罵ってこい!!」

春香「え?だって褒めて……」

P「褒めてねえよ!微妙にバカにされてるんだよ!」

春香「ええ!?」

P「普通だぞ!?アイドルが普通に可愛いって言われてるんだぞ!?」

春香「は、はい……嬉しいです」

P「んーーー!!違う違うんだよ!はるるん!」

春香「なに真美達みたいなこと言ってるんですか」

P「普通じゃダメなんだよ!そこで満足したら試合終了なんだよ!」

春香「なに安西先生みたいなことを言ってるんですか」



5 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/05/09(火) 20:44:50.04 ID:mw4agl0xo

P「アイドルとして正しい手本を見せてやる、美希ー!美希ぃーー!!」

美希「なんなのプロデューサー?ミキ眠いんだけど」

P「美希、この世で一番可愛いものはなんだと思う」

美希「ミキなの」

P「聞いたか春香!これがお前に足りないものだ!」

春香「え?ただの小娘の戯言じゃないですか?」

P「内容が問題じゃない、美希の言葉から学ぶものがあるだろ!」

春香「え~学びたくないなあ」



6 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/05/09(火) 20:45:21.78 ID:mw4agl0xo

P「美希のこの自負心を見ろ!己に絶対の自信を持つ強者のオーラを放っているだろ?」

美希「世界はミキの為に回っているの」

P「素晴らしい!」

春香「素晴らしいんですかコレ!?明らかにヤバイ思想にはまってますよ!?」

P「いいんだよ、アイドルなんだからこれくらいで」

春香「いいのかなあ……」

P「春香は感性が一般人のそれだからなあ、良くいえば親しみやすく悪くいえば普通」

春香「はあ……」

P「……春香、今のは怒るところなんだぞ?」

春香「え?そうなんですか?」



7 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/05/09(火) 20:46:07.18 ID:mw4agl0xo

P「はあ~……春香見とけよ?おーい美希!」

美希「ん~なんなのプロデューサー?ミキはイチゴババロアを食してる最中なんだけど?」

P「美希って普通に可愛いよな」

美希「ありがとうなの、そこの人」

P「聞いたか春香!?怒りのあまり一瞬で呼び名がプロデューサーから、そこの人呼ばわりだよ!」

春香「は、はい」

P「プロデューサー呼びになるまで、また時間がかかるんだろうなあ……」フフ

春香「なんかすみません……」



8 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/05/09(火) 20:47:19.68 ID:mw4agl0xo

P「まあそんなわけでですね、春香にはもっと自信と傲慢さをもってほしい……です」

春香「明らかにテンションが下がってますね」

P「春香ももっと自分に自信を持ってくださ……い?」

春香「やる気ないなら止めません?」

P「安心してくれ……俺がダメでも代わりがいる」

春香「代わり?」

P「ああ、春香にはその道のプロに指導を受けてもらう」

春香「え!?わざわざプロの先生を呼んでもらったんですか!?」

P「そうだ、自尊心三銃士を連れてきたよ」

春香「自尊心三銃士?」



9 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/05/09(火) 20:48:20.57 ID:mw4agl0xo

P「先生方どうぞ!」

春香「うわ~どんな人達なんだろ~?」

P「胃袋と矜持は宇宙級?四条貴音!」

貴音「どうもよろしくお願いいたします」

P「水瀬財閥のご令嬢、才色兼備なお嬢様!水瀬伊織!」

伊織「ま、適当に頑張るわ」

P「傲岸不遜とはこの娘の為にある言葉!星井美希!」

美希「ちっ」

P「以上、この3名のプロの先生が春香を鍛えてくれるぞ!」

春香「うわ~ありがとうございますって765プロのアイドルじゃないですか!」



10 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/05/09(火) 20:49:20.23 ID:mw4agl0xo

P「まあ……うん。」

春香「うん。じゃないですよ!こういうのは偉い大学の先生とかを」

P「うるせーーーー!外部から人を呼ぶ金なんかねえよ!!」

春香「ぎゃ、逆ギレ?」

P「それになあ、こいつ等以上に自尊心が高い奴なんていねえ!貴音ぇ!」

貴音「はい」

P「世界で一番美しいものはなんだ!?」

貴音「世界で一番……ですか?」

春香「うぇ……その質問は」

貴音「申し訳ありません、存じ上げておりません」

春香「うんうん、それが普通の回答ですよね」

貴音「ですが、宇宙で一番美しいものは存じ上げています。それは私、四条貴n」

春香「あ~貴音さんもそっち系か~、その上あっち系も混ざってるのか~」



11 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/05/09(火) 20:50:32.36 ID:mw4agl0xo

伊織「にひひ、春香も大変ね」

春香「も~、笑い事じゃないよ……って、伊織はまともそうだね」

伊織「まあ貴音や美希みたいな世間知らずではないわね」

春香「ああ良かったあ」

伊織「ふふ、でも私は厳しいわよ覚悟しなさい」

春香「ほ、ほどほどで普通にお願いします」

伊織「………春香」

春香「ん?」

伊織「別にプロデューサーの意見に賛同するわけじゃないけど」

春香「うん」

伊織「春香はもう少し向上心を持った方がいいと思うわ」

春香「はい?」

伊織「普通でいいと思ってるならトップアイドルなんて夢のまた夢よ?そもそも……」

春香(あ、正論すぎて一番面倒なタイプだ……)



12 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/05/09(火) 20:51:27.91 ID:mw4agl0xo

美希「………」

春香「美希?なんかさっきから出ずっぱりだね、ごめんね」

美希「別にいいよ、春香のことは好きだし別に嫌じゃないの」

春香「え?そ、そう」テレ

P「はっはっは、美希よろしく頼むぞ」

美希「ペッ」

P「………」ペチャ

春香「ちょっ!美希なにやってるの!?」

P「いいんだ、春香」

春香「良くないですよ!プロデューサーさん唾を吐きかけられたんですよ!?」

P「いいんだ!」

春香「いいえよくありません!美希、プロデューサーさんに謝って!」

P「いいんだよ……だって」

春香「でも!」

P「俺にとってはご褒美だから」

春香「ペッ」



13 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/05/09(火) 20:52:48.08 ID:mw4agl0xo

P「というわけで、3人ともよろしく頼むぞ!」

貴音「はい」

伊織「わかったわ」

美希「早く目の前から消えてほしいの」

春香「美希言い過ぎだって」

P「ふふ……」ゾクゾク

春香「なんで嬉しそうなんだろ……気持ち悪いなあ」



こうして春香の特訓が始まった





14 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/05/09(火) 20:53:56.01 ID:mw4agl0xo

貴音「胃袋です!まずは胃袋を鍛えるのです!」

春香「なぜ胃袋!?」

貴音「胃袋を鍛えれば多くのものを食せます」

春香「まあそうですね」

貴音「生物界において多く食する者こそが強者の証であることは周知の事実」

春香「そうなんですか?」

貴音「地上最強と誉れ高いあふりか象は1日で約150きろぐらむの野菜を摂取するらしいですよ」

春香「おお!スゴイですね!」

貴音「ふふ、私と同じくらいの量を食べるとは、象も中々やりますね」

春香「え?」



15 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/05/09(火) 20:55:06.59 ID:mw4agl0xo

伊織「しばらくの間、春香は私の家で生活してもらうわ」

春香「わかりました!えへへ……伊織の家で合宿か~なんだか楽しそうだね」

伊織「春香には今後、私が作ったスケジュール通りに生活してもらうわ、これは明日の分 目を通しておいて」サッ

春香「どれどれ……うぇ!なにこの過密スケジュール!?自由時間がないじゃん!」

伊織「規則正しい生活こそが己を高めるのよ、自堕落な生活を送る人間に高みは目指せないわ」

春香「で、でもさレッスンやって食事して空いた時間は入浴して勉強してそれで睡眠って」

伊織「一分の隙もないパーフェクトなスケジュールだわ」ウンウン

春香「私、観たいドラマがあるから、せめてそれだけでも見せてほしいなぁ~って……」

伊織「却下よ、テレビなんて人を堕落させる害悪でしかないわ」

春香「仮にも芸能人が言っていい言葉じゃないよそれは!」

伊織「とにかく却下!特訓が終わるまでオセロ以外の娯楽は禁止!!」

春香「え~」

伊織「文句は受け付けないわよ」

春香「伊織の出演するドラマ楽しみにしてたのになあ……」

伊織「ふ、ふん!しょうがないからそれだけは観てもいいわ!う、嬉しくなんてないんだからね!」

春香「ええ?」



16 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/05/09(火) 20:56:05.26 ID:mw4agl0xo

美希「春香、整形してみたら?」

春香「いきなり美希は何言ってるのかな?」

美希「胸とか大きくしてみて、そんでもって後は適当に弄ってさ」

春香「人の体をプラモデルみたいに言わないでくれる?」

美希「あれ?春香怒ってるの?」

春香「怒ってないけど驚いてるよ!なに最初から整形を薦めてるの!?」

美希「え~、だって自信を付けたい人に最適な方法ってこの本に書いてあったよ?」

春香「否定はしない、否定はしないけどさ……敷居が高いっていうか……」

美希「そうなの?」

春香「ちなみにどういう風に書いてあるの?」

美希「『自信を付けたい人は肉体改造がオススメです』って書いてあるの」

春香「そっちかーーい!改造は改造でもそっちかーーーい!!」

美希「???」



17 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/05/09(火) 20:57:17.61 ID:mw4agl0xo

貴音「さあ今日はらあめん10玉に挑戦してみましょう」

春香「うぅ……10玉とか私のキャパを遥かに超えてるんですが……」

貴音「安心しなさい春香、ここは替え玉無料なのでお金の心配はいりません」

春香「お金じゃなくて私の体の心配をしてるんです!」



伊織「0500起床!!」ピーーー!!

春香「――っ!!」ガバッ

伊織「本日のスケジュールを伝えるわ、0530までに部屋の掃除を行い中庭に集合
   0630まで走り込みを行った後に0645から0715まで朝食、その後0740までに学校に行く準備を……」

春香「………」

伊織「……2030まで予習復習をした後速やかに2055まで私とオセロ2100よりドラマを観賞2200就寝、以上よ」

春香「サーイエッサー!!」




18 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/05/09(火) 20:58:13.68 ID:mw4agl0xo

美希「とりあえずスクワット5000回くらいやってみる?」

春香「死ぬわ!膝と腰と太ももが死んでしまうわ!!」

美希「そんじゃあ5回くらいでいいよ」

春香「少な!それだけでいいの!?」

美希「ん~よくわかんないから適当にやっといてほしいの、終わったら起こしてね」zzz

春香「………」

美希「zzz~zzz~」

春香「……私も美希のことは好きだけどさ……」

美希「zzz~zzz~」

春香「たまに、むしょ~~にムカつく時があるんだよね……」

美希「zzz~zzz~」

春香「…………顔に落書きしちゃえ」キュッキュッ

美希(肉)「zzz~zzz~えへへ……なの~zzz~」



19 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/05/09(火) 20:59:22.52 ID:mw4agl0xo


そうして特訓の日々は過ぎ去り



P「訓練も今日で終了だ。3人共ご苦労さん、そしてありがとな」

貴音「いえ、礼には及びません」

伊織「そ、そうね……一番苦労をしたのは春香だしね」

美希「口が臭いから喋りかけてこないで」

P「おっふ……と、ところで当の春香はどうした?姿が見えないが」

貴音「もう来られると思いますが」

P「そうか、いや~春香がどう変わったのか楽しみだな~」

伊織「まあ……ビックリすると思うわ」

美希「春香はとっても立派になったの」



20 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/05/09(火) 21:00:02.64 ID:mw4agl0xo

春香「みんなお待たせ!」

美希「あ、春香が来たの」



そこに現れたのは



春香「プロデューサーさん、ただいま帰ってまいりました!」

P「おー春香ー!久しぶりってデカッ!!そして太ぉ!?」



ひと回りもふた回りも(物理的に)成長した春香だった





21 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/05/09(火) 21:01:15.57 ID:mw4agl0xo

春香「はい!天海春香でっかくなって戻ってまいりました!」

P「肉体的にな!!デカくなりすぎだろ!なんだその腕は一升瓶ほどの太さじゃねぇか!」

春香「えへへ!頑張って鍛え上げましたからっ!!」

P「あと声もでけぇ!」

春香「腹式呼吸の賜物ですね!!ほら見てくださいこの腹筋!!」チラ

P「なんて見事なシックスパック……そしてアイドルの腹チラを見てるのに全然興奮しねえ俺!」

貴音「………」

伊織「………」

美希「………」



22 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/05/09(火) 21:02:18.95 ID:mw4agl0xo

P「春香、一体どんな特訓をしたらそんな姿になるんだよ!?」

春香「え~と……貴音さんと一緒に胃袋を鍛えるためにいっぱい食べて……」

P「ふむふむ」

春香「伊織の言うとおり、規則正しい生活にして……」

P「うんうん」

春香「美希の無茶振りな筋トレを頑張ってたら……」

P「………」

春香「カラダにこんな立派な筋肉が宿ったんです!!」

P「そうかそうか、本当に立派に育ったっておーーーい!三銃士!!」



23 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/05/09(火) 21:03:07.93 ID:mw4agl0xo

P「お前ら春香をなんて姿に……っていない!あいつらどこいった!?」

春香「プロデューサーさんが特訓の説明を聞いてる間にどこかに行きましたよ」

P「あいつら~逃げやがったな」

春香「素早かったですね~」

P「くっ……春香すまん!人選を誤った、こんなことになって申し訳ない」ドゲザ

春香「え?なんで謝るんですか?私はむしろ感謝していますよ」

P「感謝って……そんなおかずクラブのゆいPみたいになってるのに?」

春香「はい!」

P「一点の曇りもない、なんて純粋な返事なんだ……」



24 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/05/09(火) 21:03:48.82 ID:mw4agl0xo

春香「見てください、私 蓋の空いてない缶ジュースを握りつぶせるようになりました!!」グシャブシューー

P「見たくない!そんなスチール缶をいとも簡単に握りつぶす春香は見たくない!」

春香「こんな立派に鍛え上げてもらって、あの3人には感謝に堪えません!」

P「いや、あいつらも想定外の結果だったと思うぞ」

春香「プロデューサーさん!今の私はとても自信に満ち溢れています!!」

P「だろうね、目の輝きが違うもん!恐ろしくギラついてるもん!」

春香「健全な精神は健全な肉体に宿るって言いますが本当ですね!」

P「お、おう」

春香「今の私ならどんな仕事でもこなせます!」

P「いや~今の春香をあまり世に出したくないなぁ」

春香「バンジーでも登山でも珍獣ハントでもなんでもござれです!!」

P「もうそれアイドルの仕事じゃないぞ?」



25 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/05/09(火) 21:04:38.18 ID:mw4agl0xo

春香「さあプロデューサーさん!アイドルの高みを目指すには次は何をすればいいですか!?」

P「ああ、そういえばそういう趣旨だったな。すっかり忘れてたわ」

春香「なんでもしますし なんでもできますよ!!」ギラギラギラ

P「瞳をギラつけすぎだろ」

春香「………」ギラギラギラ

P「あ~……うん……次ね……」

春香「はい!」

P「う~~ん……」

春香「………」ギラギラギラ

P「………」

春香「………」ギラギラギラ

P「とりあえず……」

春香「はいっ!!」

P「次は女子プロレスラーを目指そうか」




おわり





26 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/05/09(火) 21:05:19.58 ID:mw4agl0xo
終わりです
ありがとうございました


27 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/05/09(火) 22:11:17.10 ID:RcPZLgCWO



転載元

P「春香をもっと輝かせたい」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1494330053/





関連記事
2017/05/09 23:00 | CM(0) | アイドルマスター SS
    コメント一覧
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

インバリアントへようこそ
インバリアント -SSまとめサイト-
管理人:こばりあんと



一言:wow fantastic baby...

  • About
  • 記事一覧
  • Twitter
  • まとめ依頼
  • ランダム SS
カテゴリ
アーカイブス

2017年 05月 (273)
2017年 04月 (157)
2016年 02月 (1)
2015年 12月 (1)
2015年 05月 (261)
2015年 04月 (295)
2015年 03月 (305)
2015年 02月 (259)
2015年 01月 (283)
2014年 12月 (275)
2014年 11月 (287)
2014年 10月 (285)
2014年 09月 (262)
2014年 08月 (264)
2014年 07月 (262)
2014年 06月 (223)
2014年 05月 (218)
2014年 04月 (209)
2014年 03月 (185)
2014年 02月 (172)
2014年 01月 (191)
2013年 12月 (184)
2013年 11月 (183)
2013年 10月 (180)
2013年 09月 (153)
2013年 08月 (141)
2013年 07月 (154)
2013年 06月 (146)
2013年 05月 (152)
2013年 04月 (148)
2013年 03月 (130)
2013年 02月 (111)
2013年 01月 (123)
2012年 12月 (127)
2012年 11月 (120)
2012年 10月 (127)
2012年 09月 (117)
2012年 08月 (120)
2012年 07月 (122)
2012年 06月 (116)
2012年 05月 (122)
2012年 04月 (121)
2012年 03月 (123)
2012年 02月 (116)
2012年 01月 (122)
2011年 12月 (118)
2011年 11月 (113)
2011年 10月 (119)
2011年 09月 (110)
2011年 08月 (118)
2011年 07月 (118)
2011年 06月 (118)
2011年 05月 (123)
2011年 04月 (124)
2011年 03月 (117)
2011年 02月 (95)
2011年 01月 (109)
2010年 12月 (119)
2010年 11月 (110)
2010年 10月 (120)
2010年 09月 (74)
2010年 08月 (87)
2010年 07月 (113)
2010年 06月 (72)
2010年 05月 (67)
2010年 04月 (3)

最新記事
Ads
人気SSランキング
アクセスランキング